« My One & Only Thrill | トップページ | 連鎖 »

2017/03/13

コンディショニングで元気に春を迎えよう~凸凹っ子の発達のために~

初めて東三国の駅に降り立ちました
昨日は「コンディショニングで元気に春を迎えよう~凸凹っ子の発達のために~」というセミナー?に参加してきました
秋にも参加してとても興味深い視点に出会えたので期待に胸を膨らませて参りました

講師の栗本さんとはずいぶん長いお付き合いになりますが
直接お目にかかるのはまだ何回目かです
それでも以前から考えるプロセスがそっくりなので
お話してても本気モードになってしまうんですよね

導き出される結論は違っても考え方が独創的なので
お話を聞いててもすごくヒントになることがいっぱいあります

今回も凸凹っ子の発達のためにいろんな考え方やアイデアを紹介していただきました
私自身取り入れてみたいやり方もいくつかありましたが
やはり最も大切なのは観察眼と得た情報からどう分析していくかという思考
そしてその思考から導き出された推論を
具体的な方法を用いてどう展開していくか
こういうプロセスが大切であることを学びました

いま立て続けに神田橋條治先生の本を読み漁っていますが
共通しているのはそのプロセス
もちろん用いる方法は違って当然ではありますが
そっくりの思考プロセスをたどっていることが理解できました

どんなお仕事でも同じだと思いますが
スタートラインを間違えるとおのずとゴールも異なります
他人様のたどり着いたゴールで何を拾ってきても
それは意外と役に立たないものだったりします
すばらしい結果が残ったゴールよりもスタートラインの設定であったり
走る経過での出来事の方がヒントはいっぱい転がっているような気がしました

安易に自己肯定を認めない姿勢には頭が下がります
自らに疑いを向けていないと先に勧めませんからね
これができそうでできないんですよ

すごくワクワクした時間を過ごさせていただきました
また順に具体的なものに展開していくことにします

また津田さんをはじめとするスタッフの皆様にも大変お世話になりました
次回も参加させていただきます

|

« My One & Only Thrill | トップページ | 連鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« My One & Only Thrill | トップページ | 連鎖 »