« 仕事始め | トップページ | 橙 »

2017/01/03

自在力

41yx9jss3il_sx346_bo1204203200_
自在力 塩谷信男

かつてシドニーオリンピックの新体操チームが採用した塩谷式正心調息法
この本の著者である塩谷先生が考案されたそうですが
正しい心をもって呼吸をするというのがポイントだそうで
「すべてのことを前向きに考えて行動する」
「感謝の心を持つ」
「愚痴を言わない」
という気持ちを常に持って腹式呼吸をすることで
心と身体に自信がみなぎってくるんだとか

こういうのってよくありがちなお話なんですが
著者自身が100歳を超えても現役で活躍された医師というからまやかしのそれとは違うようです

今の時代ならすぐに「エビデンスがない」といって否定されるかもしれませんが
私が好きな中村天風先生にしても同じようなことを提唱されています
こういう呼吸法や考え方って共通する要素があるんですが
少なくとも多くの人に成果を上げているわけですから
科学的根拠がはっきりしていないことを理由に切り捨てるのもいかがなものかと思うわけです

むしろ今の人類の科学が森羅万象を説明できるものでもないでしょうから
判断材料の一つという位置づけにしておいた方がいいでしょう
「今」というタイミングで、将来解明されるかもしれないことを決定づけたら
科学の自己否定にもつながると思うんですよ

それはそうと本書でプラシーボの話に触れられているくだりがありますが
偽薬といわれるプラシーボ効果なんて
まさに心の力の産物といえるわけですから
強く思う力でありえないことを起こすのも
人という動物の面白いところではないでしょうか?

本書に書かれていることが
誰にでもできるとは思いませんが
想いの強さが望む方向に導いてくれることは
科学や医学を論じるまでもなく一般人でもわかることではないでしょうか?

手技療法という特殊な仕事をしているからこそ
そういう要素って意外に強い効力を持っていることも経験してきました

あらためて呼吸法の面白さと奥行きの深さに触れた一冊です

|

« 仕事始め | トップページ | 橙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仕事始め | トップページ | 橙 »