« 慢性足関節不安定症 | トップページ | 稲穂 »

2016/09/01

痛風性関節炎

勘違いのないよう先に申し上げておきますと
整体では痛風は治りません
速やかに病院に行って受診してください

ただたまに間違って来られるケースもあるので
多少は痛風のことも知っておかなければなりません

世の中では痛風は足の指に激痛が走ることで知られています
ところが発症部位は必ずしも足の指とは限らないのです
間違って整体を受けに来られる方は
たいてい膝に痛みを感じてこられます

足・膝・腰・肩・肘・手などに出るといわれています
以前心臓から遠い位置に発症すると聞きましたが
足の指に出るというイメージは強いですからね

「痛み」という言葉は一つでも
それぞれの原因により痛みにも特徴があります
それで我々が扱ってはいけないケースを判断しなければなりません

痛風は炎症による痛みですので
その段階で守備範囲外ということ
関節の機能障害においては
ある一定の動きに対して制限があり
その場合に痛みを発生するというのが原則です

だから何もしないで激しい痛みがあれば
その段階でアウト
極端な話、ドアを開けて入ってこられた瞬間に
こりゃアカンとなるのです

仮にそういう激しい痛みの場合
痛風でなくてもまず病院で検査してもらう必要があるからです

わけもわからずとりあえず施術をするのは危険です
そういったリスク回避も仕事の上では大事な要素ですね

|

« 慢性足関節不安定症 | トップページ | 稲穂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慢性足関節不安定症 | トップページ | 稲穂 »