« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/30

食欲の秋に

空腹でないのに何か食べたくなる ニセ食欲を撃退する3つのコツ

空腹でないのにお腹がすくニセ食欲は、“お疲れ脳”のせい?!空腹とは関係なくお腹がすいたり、口さびしいのは自律神経やホルモンバランスの乱れが影響。撃退法を紹介します。 食事の時間や量に関係なくお腹がすくのはなぜ? 旬の果物に脂ののった魚、新米など、ただでさえ食欲をそそる食材が店頭や食卓に並ぶ“食欲の秋”の到来です。ただ、お腹いっぱい食べても、食事時間でなくても、「やたらお腹がすいて、たくさん食べてしまう」「口さびしくて、つい間食してしまう」というのは正常な食欲ではありません。年齢とともに代謝が下がっていく中、こうした食欲にまかせて食べていては、あっという間に体重が増加。生活習慣病の原因にもなります。特にアラフォー以降に再び“食べ盛り”を迎える人が多いよう。なぜでしょうか。

「このナゾの食欲の原因は、自律神経の乱れとホルモンバランスの乱れにあります」と言うのは、かたやま内科クリニック院長の片山隆司先生。「空腹だから食べなさい」と指令を出す“摂食中枢”と、「満腹だから食べるのをやめなさい」と指令を出す“満腹中枢”を管理して、食欲をコントロールするのは脳の視床下部です。この視床下部は、自律神経の働きを調節し、ホルモン分泌をつかさどるところ。自律神経やホルモンバランスが乱れている時は、視床下部がオーバーワークになり、食欲コントロールがおろそかに。その結果、本当は空腹ではないのにお腹がすくという“ニセ食欲”が発生するのです。
食べ方で、ニセ食欲は撃退できる
ニセ食欲を撃退するには、食欲に影響を及ぼすホルモンバランスを整え、満腹中枢をしっかり刺激することが大切です。それには、食べ方に注意するのがコツ。
「ゆっくり食べたり、血糖値の上昇を抑える食べ方を取り入れましょう。それだけでも、かなり効果的です」(片山先生)

具体的には、「野菜から食べること」「よく噛むこと」「スパイシーなものはひかえめにする」3つのポイントを心掛けること。野菜から食べると、豊富な食物繊維が糖の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防ぐことでホルモンバランスを整えてくれます。また、満腹ホルモンのレプチンが満腹中枢を刺激するには、食べ始めてから約20分かかるため、早食いは禁物。食べ物を口に入れたらよく噛んで、レプチンが効いてくるのを待ちましょう。また、日常的にスパイシーなものをたくさん食べると、空腹ホルモンが分泌されやすくなるので控えめにしましょう。

そして、心掛けたいのが規則正しい生活です。ホルモンバランスは、規則正しい生活、十分な睡眠、運動習慣によっても整えることができます。ニセの食欲撃退のためにも、できるだけ人間本来のリズムで生活するようにしましょう。

涼しくなると美味しいものがたくさん出回ります
暑さで食欲不振に陥っていた人も美味しくいただけるようになるこの季節
それでもこんな落とし穴もあるということは知っておきたいです

胃酸過多と空腹を混同してしまい
食べすぎてしまう人もけっこういますからね
自律神経の乱れで消化器系の動きが鈍っているところに
たくさん食べてしまうと悪循環に陥る危険性もでてきます

こんな時は逆に一食抜いてしまうくらいの方が回復が早いかもしれません

| | コメント (0)

2016/09/29

ムシムシ

もう真夏の日差しはないものの
ここ数日30℃をオーバー
再びクーラーのお世話になっています

気温そのものよりも湿度が高い!
涼しい時間帯でもちょっと動けば汗が吹き出します
台風の連れてきた雲がどんよりとしています

今日の最高気温は24℃止まりだそうなので
ちょっとは涼しさが期待できそうです

清々しい秋晴れのお天気はしばらく望めそうにありません

| | コメント (0)

2016/09/28

日本人の身体能力を高める「和の所作」

51dpw2azvl_sx298_bo1204203200_
日本人の身体能力を高める「和の所作」 安田登

安田登さんの世界観が大好きです
西洋医学的な解剖生理学的な知識もお持ちである上に
古来からの日本的な価値観が見事に融合された「身体感」
一見対立しそうな概念を理路整然と説かれた内容にいつも心を奪われます

本書は能楽師である筆者が
独特の動きの秘密や機能を解説したものです
運動学的な解説ですから説得力があり
そういった動きを一般人の生活の中に持ち込めば
どういうメリットがあるかまで説明されています

誰でも簡単にできるメソッドも紹介されていますので
その場で試しながら読み進めることができました

片足を前後に軽く振るだけのエクササイズや
片手で持った新聞紙をパンチで破る「新聞パンチ」なんて空手の極意も会得できるかもしれません

今回も安田さんの身体に対する世界観に魅了されましたが
呼吸についてのくだりは感動しました
人間生まれてくるときは「産声」で息を吐き
死ぬときは「息を引き取る」といって息を吸って最期を迎えます
生きること、活動することに必要なのは
息を吸うことよりも上手く息を吐くことにあると書かれてあります

その上で腹式呼吸の具体的な説明がありますが
やはり安田さんも骨盤底筋を使った呼吸法を進められています

安田さんの本は今まで何冊か読みましたが
どの本も根っこの部分は同じなのですが
説明で使われるフレーズがとても新鮮で
目から鱗の言葉がいくつもあります

面白い本でした

| | コメント (0)

2016/09/27

積読の秋

毎年のことなんですが夏場はヒマになります
だいたいお彼岸の前後から秋にかけてがピーク

そんなヒマな夏場に時間を費やすのは読書
まあ、そのほとんどが仕事関係のものになります

今年の夏はたまってた本を一気に読むことができたのですが
8月の後半くらいから逆に読みたい本がなく困ってました

面白いもので読みたい本を探してみるとあまりないのです
その時の気分でライトなものが読みたかったり
ヘビーな本を読みたかったりするのですが
そんな気分にマッチするものがありませんでした

それがここへきて読みたい本が見つかりました
一冊購入すると到着する前にまた読みたい本が見つかりました
二冊同時に到着したらまた別の本を注文してしまいました

今度はそうなると仕事の方がボチボチ忙しくなりだしました
落ちついて本を読んでいる場合ではなくなってしまいます

毎年こんな感じで机の上に本が山積みになっていきます

| | コメント (0)

2016/09/26

横着

世間には様々な健康器具が出回っています
今も昔もよくあるのは軽度の運動だけで筋肥大を目論むもの
場合によってはまったく運動することなしに筋量アップを謳うものまでありますからね

わずかな労力で最大の効果をえようとするのは人間の本能かもしれません
それが行き過ぎると明らかに足りない力で
考えられないほどの効果を期待する人も出てきます
あたかもそのギャップをお金で埋められるかのような宣伝文句に引っかかり
高いお金を出したから何とかしてくれるに違いない
そんな確信を持つ人もいるからこそ
そういった商売が次から次へと出てくるわけです

筋肥大の難しいメカニズムは私もわかりませんが
簡単に言えばキツイ運動を繰り返すことで
身体がその負荷に耐えられるような状態に順応するようなものだと考えています
だから楽しても身体は知らん顔するのは当たり前

効率的な運動は大切ですが
横着なのと混同してはいけません

| | コメント (0)

2016/09/25

TAKE 6 グレイテスト・ヒッツ

41atqzpndsl
TAKE 6 グレイテスト・ヒッツ

言わずと知れた男性コーラスグループの第一人者
ここまで来ればひとつの生き物のような存在です

このアルバムはおいしいとこどりのベストアルバム
ゴスペルはもちろんのことR&Bなど多彩な音楽が楽しめます

サラ・ヴォーン・ハービー・ハンコック・ジョージ・ベンソン・スティーヴィー・ワンダー
大物アーティストとの融合も見ものです

| | コメント (0)

2016/09/24

トマトと卵の中華炒め

Imgp0842

ここ数年これにはまっています
玉子3個をごま油でサッと炒めて半熟状態で器に戻します

八分の一に切ったトマトを炒め
シャンタンと塩コショーで味付け
火が通って汁気が出てきたら卵を入れます
固まらないところで器に盛って乾燥バジルをふって出来上がり

玉子のふんわりした甘さとトマトの酸味
トマトの汁気が玉子に交じり半熟状態が維持できます

シンプルな中華味が妙に気に入りました

| | コメント (0)

2016/09/23

彼岸花

Imgp0911

毎年律儀にこの時期になると咲く彼岸花
きれいな花なんですが子供のころ持ち帰ったら
毒があるからと捨てられた記憶があります

なんでもリコリンという有毒成分が球根には含まれているそうです
これを食べたら彼岸に行く(すなわち死ぬ)から彼岸花と呼ばれているんだとか

いつもだったら今日が彼岸の中日となり
秋分の日になるのですが
今年に限っては22日が秋分の日となりました
今まで記憶がないなと調べてみると
116年ぶりというんですから私の記憶にないのも当たり前
一生に一度あるかないかの22日の秋分の日だったわけです
ある意味ハレーすい星よりも貴重な日なんですね

| | コメント (0)

2016/09/22

靴下

この間の台風のときから久しぶりに靴下を履きだしました
足が冷えるようになってきたからです
21~22℃くらいの最低気温だから
そんなに寒いというわけじゃないんですが
明らかに先週とは違います

空気が冷たくなっているのが感じられます
ここ数年雪駄や下駄、藁草履など
鼻緒のある履物を好んで履くようになったので
フツウの靴下が履けなくなりました

真冬になれば5本指のソックスを履くのですが
まだそこまで寒くはありません

靴下を履くのは確か6月以来のこと
暑い間は素足に靴を履いていたんですが
足元が冷えたら必ず体調を崩しますんで
一応用心のために履きだしました

素足の解放感はとてもよかったのですが
冷えてしまってはお話になりません
不本意ではありますが靴下のお世話になることにします

| | コメント (0)

2016/09/21

チャリティーコンサート@長源寺

Imgp0893

滋賀県は長浜市にやってきました
311スマイルアゲインのチャリティーコンサートもいろいろなところでありましたが
長浜市の長源寺さんで開催されるのはこれで三度目

14317387_690285914461311_4083638045

今まではHeart & Soulだけで行ってきましたが
今回は私たち癒し系グループも参加

14322430_690286587794577_1102048098

Imgp0891

そしてろっ骨エクササイズのカキラでバービーちゃんも参加
いつも福島で行われるプログラムに近いメンバーで行われました

14344069_1271675042883564_567122624

心配した雨もコンサートが終わるまでもってくれました
長源寺さんは浄土真宗のお寺
阿弥陀如来様が見守ってくださったおかげで
とても素敵な一日になりました

スマイルアゲインの活動も我々の力だけではなく
応援してくださる大勢の人たちの力とお気持ちによって成り立っていることをあらためて感じました
これこそが阿弥陀仏の本願力なのかもしれません

| | コメント (0)

2016/09/20

格闘技「奥義」の科学

91hbpouytkl
格闘技「奥義」の科学―わざの真髄 吉福 康郎

何の気なしに面白そうだと思って買ったら
かなり難しい本でした

様々な格闘技の動きを分析し
物理学的な角度から解説した本です

格闘技の動きを計算式に表しているんですから
理数系はとんと苦手な私にはしっかりと理解できるわけがありません

それでもなんとなく雰囲気で「すごいんだなぁ」
と感心しながら読み進めました

数センチ拳を突くだけで相手が吹っ飛ぶという中国拳法の寸勁
空手のの突きの破壊力は足の運びにポイントがある
ボクシンググローブをした方がダメージは強い
相撲で大きな力士が小兵力士を苦手にする理由など
様々な格闘技の不思議が物理学的な見地から解説
これ以上納得できる説明はないかもしれません

いわば格闘技のコツがここに記されているといってもいいでしょう
もちろん「奥義」を会得するには稽古の積み重ねが必要です
しかし誤った理解で稽古を積み重ねてもその道のりは遠いでしょう

理を知りその上で積み重ねた方が最短距離を進めるかもしれません
格闘技の不思議を解き明かした一冊です

| | コメント (0)

2016/09/19

神ってる

Imgp0881

昨日は滋賀県長浜市にある長源寺さんで
311スマイルアゲインのチャリティーコンサートがあり
私も参加させていただきました

近づきつつある台風の影響で天候が心配でした
昨日の予報では長浜市は一日中雨の予報
しかも午前3時から9時までは大雨とありました

3年前信州に行った帰りに
米原で大雨が降り新幹線の中で5時間ほど立ち往生
そんな記憶がよみがえりました

というわけで早い目の電車で行くことにしたんですが
家を出る時降っていた雨が外に出ると
傘が要らないくらいの小ぶりに変わりました

長浜駅までの道中ではほとんど雨も降りません
いつ振り出してもおかしくない空模様の中
チャリティーコンサートは始まり
大勢の方のお越しいただき
盛況のうちに終了

心配していた雨はなんとか持ちこたえてくれました
毎回そうなんですが福島に行くときはあまりお天気は良くなくて
2年目くらいだけがずっと快晴だった記憶がありました
しかし毎回コンサートの時間になると
必ず雨はやんでいたんで
滞りなくスケジュールが進んでいました

しかも今回は終わってから帰りの道中は猛烈な雷雨
スケジュールが終わるまで辛抱してたんでしょうな

ここまで偶然が重なれば
神がかり、今風にいえば神ってるというのでしょう

まあ、今回は長源寺の阿弥陀如来様のお力かもしれません
今回の活動に関してはまた整理してから
あらためてご報告いたします

| | コメント (0)

2016/09/18

Breathe in

61rz5l7ll_sy355_
Breathe in ルーシー・シルバス

すごく聴きやすいという印象が強いアルバムです
奇をてらうことなくオーソドックスなポップスではありますが
力強い歌声に聞きほれてしまいます

2004年のアルバムですが
最近はどうされているんでしょうね?
2007年以降CDも出されていないみたいです

| | コメント (0)

2016/09/17

豚キムチ

Imgp0786

仕事上人と話をするのでニンニクは極力さけているんですが
ヒマなときにタイミングを見計らっていただくこともあります

豚ロース肉を炒めキムチを入れモヤシを入れて
醤油だけで味付けしました

シンプルな方がキムチの味わいが引き立ちます
ビールは欠かせません

| | コメント (0)

2016/09/16

頸椎後縦靱帯骨化症

以前、手に痺れが出てなかなか取れないばかりか
次第に鈍痛が出だし症状が悪化してきたという方がお越しになられました

何軒か病院を回ったそうですがハッキリとした理由がわからないまま
年数がたってしまってご紹介で腰痛館に来られました

ある病院で検査を受けたときに頸椎後縦靭帯骨化症かもしれないといわれたそうです

Img_cord3
(画像は日本脊髄外科学会様のサイトより拝借しました)

手の痺れという症状にも様々な原因があって
後縦靭帯が骨化して脊髄を圧迫してしまう大変な病気があります
日本では厚生労働省指定の難治性疾患です

当然そんな病気が手技療法で治るはずもありません
ただ問題は一軒の病院でその可能性を示唆しただけで
他の病院ではそんな話はまったくでなかったことから
頸椎後縦靭帯骨化症の可能性はむしろ低いものではないかと思いました

むしろ身体を見れば胸郭が異常に捻じれてしまっているので
土台となる肋骨から胸椎のアライメントの異常が
頸椎に影響しているかもしれないと考えましたので
とりあえず胸郭のバランスを整えることをメインで施術しました

結果、痺れはかなり軽減して
数度の施術でほとんど症状は取れてしまいました

結局、後縦靭帯骨化症の有無は私にはわかりませんが
少なくともその方の症状とは関係なかったということになります

どうしても病院で診てもらったときに
重篤な疾患の名前を先生の口から聞けば
その可能性の高さよりも疾患の名前だけは印象に残りますからね
こういうときショックなんですよね
気持ちはわかります

椎間板ヘルニアの場合なんていくらでもこういうケースはあるんですよね
病院でヘルニアと言われたらそれが症状の原因に結びつけて考えるのは当たり前
ところが仮にヘルニアが現実にあったとしても
それが症状の原因とはならない場合だってあるんです

間違いなくヘルニアが原因だろうという場合は
いつもお引き取りいただいて病院に行くように促します
今回の件でもはっきりと後縦靭帯骨化症だと診断されていたなら
まず仕事を受けなかったはずです

ところがお医者様がポツリとひと言つぶやいた病名に対し
患者が過剰に反応し強い思い込みをされる場合って
現実には多いものです

| | コメント (0)

2016/09/15

コンディショニングの工夫

Tj
月刊トレーニングジャーナル10月号

今月の特集は「コンディショニングの工夫」
アスリートに限らずコンディションをいい状態に保つことは
一般人にとっても重要なこと
我々にとってコンディショニングを整えるというのは
言い換えれば健康でいるということにもなります

アスリートのコンディショニングとはさらに高い次元のことが要求されますので
きめの細かいケアが必要になります
せっかく鍛え上げた身体も
コンディション不良だと十分なパフォーマンスを発揮することができないわけですから
練習と同程度の重要性があるといっても過言ではありません

普段私は健康であるための要素は「食べる・寝る・動く」
この三つのバランスが大事だと言っています
この特集でもそれら三つの要素はきちんと解説されています

充分に動ける身体を準備しておくという発想は同感です
紹介されているエクササイズは私がヨガでやっているのとほとんど同じだったので驚きました

栄養面からのコンディショニングも重要です
今は食事の量より質の時代
抗酸化作用のある食事で疲労に強い身体を作らなければなりません

Imgp0868

アスリートに食べてもらいたい野菜というのを参考にして私が作ったサラダ
イチオシのブロッコリーにグリーンアスパラ
赤色の野菜は抗酸化作用が高いのでトマト
β-カロチンが含まれている南京

美味しかったです

Imgp0858

連載コラム『身体言葉に学ぶ知恵』
今月のテーマは「駄目」

意外に世間に浸透している囲碁用語
「駄目」もまた囲碁用語の一つ

碁石は呼吸をしながら盤上で展開されます
碁石の呼吸は戦うための重要な要素なんだそうです

| | コメント (0)

2016/09/14

窓の外は雨

Imgp0864

昨日からの長雨です
気温も30℃を下回りましたので涼しく感じます
それでも90%に近い湿度は
少し動けば汗が吹き出します
仕事するのにクーラーをつけるかどうか迷うところです

雨が強いときは窓も全開というわけにはいかず
雨が降り込まない程度にちょっと開けるだけ
ビミョーにフラストレーションがたまるところ

一週間ほど晴れマークはつかないようなので
ややこしいお天気が当分続きそうです

それでも雨が降った方が忙しくなるので
ちょっと喜んではいるんですけどね

| | コメント (0)

2016/09/13

秋の味覚

Imgp0857

なんきんと梨をいただきました
大阪では「かぼちゃ」とはいわず「なんきん」といいます

すごく季節感が漂います
なんきんはどうして食べるか思案中

| | コメント (0)

2016/09/12

ストレートネック

人の背骨は横から見れば
緩やかなS字カーブを描いています
これを「S字湾曲」と呼んでいます

他の哺乳類と違って常時二足歩行をしていると
重量は下へ下へと積み重なっていきます
これでは腰椎なんかはたまったものではありません
このS字湾曲はスプリングのような状態にすることで
クッションの役割を果たします

ところが人の身体には個性があって
S字湾曲のカーブにも個人差があります
年を取ると自然に背骨が丸くなり
S字カーブがなくなり腰や背中が曲がっていきます
若くても普段の姿勢が悪くS字カーブが減少する人もいます

施術するときうつ伏せにベッドに寝ていただきますが
背中の高さ・腰の位置の低さ・お尻の位置の高さを見れば
その人の自然湾曲がどの程度のものかはっきりとわかります

若い方やスポーツをなさっている方ですと
背中(胸椎8番あたり)とお尻のあたりがグッと高くなり
腰(腰椎3番あたり)が低くなり
仰向けでベッドに寝ていてもカーブが反っているのが分かります

逆に50代くらいから次第に背中・腰・お尻が一直線になりだし
70代くらいの人になると逆に腰の位置が一番高くなることもあります
これは明らかに自然湾曲が減少している証拠です

それゆえに背骨にかかる負担も増し
腰痛や肩こりなどの症状に悩まされる人が増えていくわけです

ちなみに腰痛館の常連様で90近いご婦人でも
運動習慣がある人は30代の方と変わりないS字湾曲がある方もおられます
このように単に年齢だけでなはく
むしろ背骨の老化は運動習慣の有無によるところが大きいと思っています

ここからようやく本題のストレートネックに入っていきますが
たまに老化や運動習慣によることなく
生まれてきたときから首から背中にかけての湾曲が少ない人もいます

ネットなんかを見てもストレートネックは
肩こりなどの原因になりやすいとあります
腰痛館にお越しになる方でも「よそでストレートネックだと言われた」という方がたまにおられます

ネットの情報でも「ストレートネック=肩こり」みたいな論調のものも少なくありません
しかし私個人の見解としては
ストレートネックの方でも肩こりにならない方が結構おられます
だから肩こりになりやすいのは事実だとしても
肩こりとストレートネックが必ずしも結び付くものだとは考えていません

むしろそれ以外のところに原因があり
肩こりになっている場合も少なくありません

若いころからストレートネックであって
年を取ってから肩こりになったのであれば
問題の本質はストレートネックではなく
むしろ老化にともなう体力の低下と考えた方が
正解ではないかと思うのです

もう一度整理していえば
ストレートネックが原因で肩こりになる方はおられます
しかしすべてのストレートネックにもれなく肩こりがついてくる
そんな考え方は問題の見極めに難があるというのが私の考えです

たまにストレートネックだから肩こりになっても仕方がない
そんなふうにあきらめてしまう人がいます
病院でレントゲンを撮ってもらって
動かぬ証拠みたいに言われてしまうと
ストレートネックが悪いんだとと決めつけがちで
改善するための努力を放棄することにつながります

ストレートネックは間違いなくても
それが症状の原因であるか否かは
個別に問題点を探り出さないといけません


| | コメント (0)

2016/09/11

ARCTIC SUMMER

214010472m
Arctic Summer: A Dimensional Sound Portrait

最近はご無沙汰していますが
以前は中古CDを買いあさったものです
元々メジャーなものには興味がなかったので
100円か200円程度の処分品コーナーあるものを物色していました

ジャケットを見て面白そうなのを適当に選んで買うと
たまに大当たりのCDに出会うこともあります

半面肩透かしを食らうこともあうのですが
100円でそんなに嘆く必要もありません
まあ、宝くじを買うより確率はいいと思います

このアルバムは「北極の夏」というタイトルになりますが
どんな音楽なのか?ものすごく興味を引きました
持って帰って聞いてみてビックリ
音楽ではなく北極の音を集めたCDでした

ペンギンと思われる鳥の鳴き声
クマ・セイウチ・アザラシ…
だいたいそんなところしか浮かんでこないのですが
北極の動物の声が大半
あと風の音や水の音が延々と続きます

タイトルを知らなければ北極の音であることすらわかりません
よって聞いてても涼しい感じなんてこれっぽちもありません
天王寺動物園で録音したと言われればそれで納得してしまうでしょう

ハズレというより意表を突かれた感じがしました
こんなCDを作ってどれくらい売れたのでしょう?

こんなCDであることをわかって買う人もいるんでしょうね

| | コメント (0)

2016/09/10

野菜炒め

Imgp0762

考えてみればスタンダードな料理のわりにあまり作ったことがありません
たまたま冷蔵庫にキャベツとニンジンがあって
ベランダのピーマンが食べごろだったので採ってきました

豚バラ肉をごま油で炒めてから野菜も投入
シャンタン・オイスターソースで味付け
最後にネギを入れて少し火を通します

なんとなく懐かしい感じがしました
学生のころよく通っていた中華料理屋で
野菜炒めは高いのでモヤシ炒めとメシ大を注文していました
高嶺の花だった野菜炒めが目の前にあるのは幸せなことです

ああ。。BIGになったなぁ(笑)

| | コメント (0)

2016/09/09

防災メール

7日の夜から8日の午前にかけて
かなりの雨が降りました
被害に見舞われた皆様には心よりお見舞い申し上げます

台風13号も熱帯低気圧に変わったものの
周りの湿った空気を引きつけずいぶん雨を降らせました

夜中に雨漏りがしないかと心配しながら寝ていたのですが
雨そのものよりも大阪府の防災メールが
夜中に何度も送られ
そのたびにたたき起こされる次第です

自然災害に昼も夜もありませんので
仕方のないことではありますが
せっかく寝入ってもしばらくしたら携帯が鳴りだすので
しっかり寝不足になりました

電源を切ってしまえば
防災メールの意味がありませんし
そうかといって寝静まった夜中に何度も起こされるのは嫌だし
あちら立てればこちらが立たずといったところでしょうか?

| | コメント (0)

2016/09/08

バタバタと

Imgp0834

昨日特定健診とがん検診に行ってきました
9時半から10半までって書いてたので
早い目に9時20分ごろ着いたのですが
大勢の人が待ってました
それならもっと早くに行けばよかったです

001

この番号札を渡されたのですが
呼ばれているのは30番台
なかなか順番が回ってきません

10時半までに終わるのではなく
受付が10時半までという勘違いでした
13時から仕事が入っているので
だんだん焦りだします

002

胸部レントゲンも撮ってもらい
何とか12時前には帰れそうな感じでした

採血も目をそらしながら終了
あとはバリウムによる胃がん健診のみ

お腹を膨らませる粉を飲んで
バリウムを飲めばさっきまで感じていた空腹はどこへやら
もう一食抜いてもいけそうな感じです

撮影用の機械に乗れば宇宙飛行士の訓練のように
上下左右に振り回されます
USJのアトラクションにこんなのがあったような気がします

予定終了で慌てて自転車をこいで帰れば汗だく
ご飯の支度をしてシャワーを浴びて
なんとか午後からの仕事に間に合いました

次回からもう少し余裕を持って健診を受けることにします
ホント疲れました

| | コメント (0)

2016/09/07

健康診断

Imgp0833

今日の午前中は大阪市の特定健診に行きます
会社勤めのころは毎年強制参加みたいに受けていたんですが
自営業になったら自分で出かけないといけません
毎年行こう行こうと思いながら日にちを選択できるもんだから
ついつい後回しになってしまい
かれこれ14年ほど受けていません

ある程度客観的な身体の状態は知っておいた方がいいから
人には受けた方がいいですよといいながら
当の本人は全然受けていないわけです

今回はがん検診も予約しておいたので
日にちが決まるのでグズグズ考えなくて済みます

もちろん健診やガン検査ですべてがわかるわけでもありません
ただやれることはやっておいた方がいいと思います
結果が出ても神経質になる必要もないでしょう

それにしてもバリウム飲むのは20歳の時以来ですからねぇ
イマドキバリウムの検査についてはいろいろ言われているから
気は進まないんですけど
もののついでって感じです

朝食抜きは少し辛いけど
たまにはお腹を減らさないといけません

| | コメント (0)

2016/09/06

長浜へ

9月は三連休があります
17日から19日までなんですが
18日の日曜日だけお休みをいただきます

この日は311スマイルアゲインのチャリティーコンサートが
滋賀県の長浜で行われ私も参加します
長源寺というお寺さんで開催します
こちらでは三度目のチャリティーコンサートになりますが
私自身は初参加

どんな出会いがあるか楽しみです


| | コメント (0)

2016/09/05

沈黙

1
沈黙 遠藤周作

遠藤周作の本を読んだのは19歳の時以来
っていうか小説読んだのは何年振りのことでしょう…

映画化され近いうちに公開されるとか
内容は江戸時代にキリスト教が禁じられ
布教活動のために日本にやってきた司祭のお話しです

映画もあるのでネタバレはいけませんが
元々小説事態に興味があって読んだわけではありません
むしろ最後の盛り上がるシーンで
日本という国の本質を語るくだりがありましたが
そこを読みたさにこの本を買ったのです

それぞれの国に固有の特徴がありますので
なにも日本だけがどうこうというわけではありませんが
他国から入る文化や思想なども
すべて日本流にアレンジして元々のものとは
似て非なるものに変えてしまうという指摘があります

この物語では江戸時代のキリスト教が題材となっていますが
ひょっとしたらその日本の特徴は今の時代もかわらなく
受け継がれているのかもしれません

クリスマスやハロウィンなんかはただのお祭り騒ぎになり果てていますし
海外から渡ってきた文化も全て日本流にアレンジされている気がします

聖徳太子の時代に普及した仏教でさえ
釈迦が行ったものとは異なり
武蔵坊弁慶のように兵と化した僧侶が存在したこともあります
今では葬式のMCと化した部分もあります
日本の仏教をご覧になってお釈迦さまはどう感じておられるでしょう

海外の文化に触れて昔とは違うように見える若者でさえ
個人主義を貫けずコミュニティの中で空気を読みながら上手くやっていこうとします
その在りようは農耕民族の社会と大差ありません

それが悪いというわけではありません
自動車産業のように最初は真似をしていても
年数をかけ世界に誇れる日本車を作り上げました

子供のころアメリカのアニメを吹き替えて放映していたのが
今ではアニメといえば日本のお家芸のようになりました
単なる物まねに終わらず新たなものに昇華させる力は大したものです

主人公の日本という国に対する嘆きや憤りは
伝えたはずの文化が全く異質のものにすり替えられたところに向けられますが
外国人目線で日本を見つめられた作品です

| | コメント (0)

2016/09/04

Blessing Notes

Img027
Blessing Notes 川上徹

いつもお世話になっています川上徹先生のアルバムです
出来立てのホヤホヤで届いたとき湯気が上がってました(ウソ)

届いてまだ一週間足らずですが
毎日ずっと聴いています

技術的なことはわかりませんが
実に穏やかな気持ちにさせてくれるアルバムです
チェロという楽器の性質もあるかもしれませんが
包み込むような温かさが伝わってきます
人肌の温かさって感じですかね
だから一日中聴いていても違和感がないのです

音楽って本当に人柄が現れるもんだとつくづく感じます
きっと同じ曲でも違うチェリストだったら
こんな感じにはならないかもしれません

最近横の植え込みでコオロギが鳴いています
それと音楽がマッチして何ともいい感じになるんですよ

ちょうどこれからの季節にうってつけの音楽かもしれません
楽しませていただきます

| | コメント (0)

2016/09/03

冬瓜

Imgp0742

本当にありがたいもので親戚に農家が多く
あちこちから野菜をいただきます

今回は叔母が作った冬瓜
夏の定番料理ですがあんかけにして冷やして食べました
何といっても冬瓜は皮をむくことに労力の半分以上を要します
だからいつもはそのまま野菜を持って帰る妹が
冬瓜のときだけ私が調理したものを持ち帰ります

混合節と昆布でダシをとり
醤油・酒・みりん・おろしショウガで味付け
小さく切った冬瓜をじっくり煮込み
仕上げに片栗粉でとじます

3時間ほど冷蔵庫で冷やしていただきます
ポイントは冷やして食べるので
ダシは少し濃い目にしています
3割くらいは多い目に使いました

Imgp0743


そしてこれも恒例の皮のきんぴら
冬瓜の皮とニンジンを細切りにして
冬瓜の方からごま油炒めていきます

今回は味付けを少し変え
オイスターソース・豆板醤・甜麺醤・ラー油で味付け
仕上げにゴマをふって出来上がり
いつもより深い感じの味がなかなかよかったです

| | コメント (2)

2016/09/02

稲穂

Imgp0818

台風が来てからほとんどクーラーをつけなくなりました
30℃は超えるのですが湿度が低い
昼間は50%を割り込むことがあります

大阪の暑さは気温そのものだけではなく
湿度の高さも堪えます

ここ数日は室内にいれば
涼しい風が吹いてきて
暑いながらも心地よさを感じるようになりました

まだしばらくは外に出ると日差しはきついです
でもこんな風景も見られるようになりました
稲穂をつけた稲が秋を待ちます
田んぼに赤とんぼが飛んでいる風景を見ることができます
喜連の町にもわずかながら昔の面影があります

2016年も残り三分の一になりました

| | コメント (0)

2016/09/01

痛風性関節炎

勘違いのないよう先に申し上げておきますと
整体では痛風は治りません
速やかに病院に行って受診してください

ただたまに間違って来られるケースもあるので
多少は痛風のことも知っておかなければなりません

世の中では痛風は足の指に激痛が走ることで知られています
ところが発症部位は必ずしも足の指とは限らないのです
間違って整体を受けに来られる方は
たいてい膝に痛みを感じてこられます

足・膝・腰・肩・肘・手などに出るといわれています
以前心臓から遠い位置に発症すると聞きましたが
足の指に出るというイメージは強いですからね

「痛み」という言葉は一つでも
それぞれの原因により痛みにも特徴があります
それで我々が扱ってはいけないケースを判断しなければなりません

痛風は炎症による痛みですので
その段階で守備範囲外ということ
関節の機能障害においては
ある一定の動きに対して制限があり
その場合に痛みを発生するというのが原則です

だから何もしないで激しい痛みがあれば
その段階でアウト
極端な話、ドアを開けて入ってこられた瞬間に
こりゃアカンとなるのです

仮にそういう激しい痛みの場合
痛風でなくてもまず病院で検査してもらう必要があるからです

わけもわからずとりあえず施術をするのは危険です
そういったリスク回避も仕事の上では大事な要素ですね

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »