« 違う考え | トップページ | ネット »

2015/07/09

湿邪

中医学には「湿邪」という概念があると聞きました
自然界の「湿」という気が身体の中に入り病気の原因となるそうです
水分は人体にとって必要不可欠なものではありますが
それでも過剰になると身体に悪影響を及ぼします

湿度が高くて気温も高くなる梅雨のこの時期
湿邪になり体調を崩す人が多いと言われます
漢方の考えでは湿邪は脾に影響を与えます
元々西洋医学の内臓とは異なり脾臓というわけではなく
「脾」とは消化器系であったり血液の流れを司る
様々な機能を持つ概念的なもの考えられています

漢方を詳しく勉強しているわけではありませんが
毎年この時期消化器系の異常が原因となる症状が増えてくる印象があります
胃腸だけではなく足の血液の循環も悪くなり
下半身全体が冷えている人が目立ちます
気温も高くムシムシするにもかかわらず
足が冷えているという矛盾したような現象は
表面上は暑くても身体の中が冷えているような感じです
実際にお腹の上から手を当ててみても一部冷たくなっている個所に気がつきます
ゆっくりと手でその部分を押し込んでみると
硬さが感じ取られ何とも言えないような鈍い痛みが感じられます
私にとって消化器系が冷えている証拠となるわけです

まだもうしばらく梅雨は続きそうです
これまでは気温も大して上がってなかったのが
ここからは気温も上昇するという予報です
冷たい飲み物も欲しくはなりますが
決して消化器系に負担をかけない程度にコントロールしていただき
上手く汗をかいて水分代謝がよくなる環境を作っていただきたいものです

|

« 違う考え | トップページ | ネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 違う考え | トップページ | ネット »