« 整理 | トップページ | リメイク カレーの残りで作るミートスパゲティ »

2015/03/20

春先は

「自律神経」の話題になるとすぐにストレスと結びつけたがる人がいますが
自律神経は簡単にいえば生命維持の根幹にかかわるようなことをコントロールする神経です
循環・呼吸・消化・発汗・体温調節・内分泌機能・生殖機能・代謝などに関わります
もちろん強いストレスによってこれらの機能が乱れるjこともありますが
ストレスだけがその原因ではありません

今の時期暖かい日があれば数日で寒くなり
気圧が下がり雨もよく降ります
例えば暑い日にはそんなに代謝を上げる必要もありませんが
寒い日ですと体温を一定範囲に維持するために代謝を上げなければなりません
ところがこの季節のようにめまぐるしい変化にさらされると
中にはすぐさま対応できなくて自律神経が乱れがちになります

いったん乱れた自律神経はいろんなところに影響を及ぼします
体温調節が上手くできず身体が冷えてしまう人もいますし
内臓の動きが不安定になる人もいます
心臓など循環器系に関わる問題だと血圧が不安的にもなるでしょうし
消化器系の機能が低下する場合もあります

またその人の体力・若さなどでも個人差はありますが
いったんリズムが乱れた身体はそう簡単には元に戻らない場合もあります

真冬の寒い時期よりも3~5月が忙しくなるのは
まさに自律神経が乱れて体調不良に陥るケースの多さを表します
暖かい春は実に気持ちのいいもですが
落とし穴が潜んでいることに気づいていただきたい

そして自らリズムを狂わすような生活習慣は控えた方が無難です
規則正しい生活と軽い運動が必要です

|

« 整理 | トップページ | リメイク カレーの残りで作るミートスパゲティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 整理 | トップページ | リメイク カレーの残りで作るミートスパゲティ »