« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/31

鯖のミネストローネ

004

鯖はムニエルにします
塩コショーをして小麦粉をまぶし
フライパンで加熱

ニンジン・ダイコン・ジャガイモを1cmの角切り
その大きさに合わせ玉ねぎもみじん切り
鍋に水を入れコンソメを入れ具材を煮込みます
ニンニクのたまり漬けとローリエも入れてから
塩コショーを味を見ながら加えます

出来上がれば鯖の上からかけて
自宅で栽培しているパセリのまびき菜をトッピングして出来上がり

いただいた冷凍サバがあったので
少し工夫してみました

| | コメント (2)

2014/05/30

外旋六筋

Img024

股関節をまたぐ筋肉はたくさんあります
そしてそのそれぞれが大腿部を動かす重要な筋肉ばかりです
極端な話、腰痛は腰の痛みですが
そのプロセスにおいて必ずと言っていいほど
股関節をまたぐ筋肉がかかわってきます
ハムストリングや中殿筋、大腿筋膜張筋など
一般的に腰痛と深い関わり合いが知られる筋肉もありますし
腸腰筋のように直接の原因となるものもあります

しかしこれらのアプローチとは別に
いつも気になるのは骨盤から大腿骨に付着する
外旋六筋と呼ばれる深層筋
梨状筋、上双子筋、外閉鎖筋、下双子筋、大腿方形筋、内閉鎖筋とあります
上の図をご覧になればわかりますが
それぞれが小さな筋肉であり
股関節を動かすにあたって大きな出力を発揮するわけではありません
いわばマイナーなイメージがあるのですが
これらの役割は大きな出力で動かされる股関節の安定を保つ役割があるといわれています

イメージしていただくとわかりやすいのですが
高速回転で回る車のタイヤをつなぐ軸が
ほんの僅かでも不安定で軸回転がズレていたらどうなるでしょう
最終的には大きな故障につながるはずです

同じように二本の大腿骨に挟まれる形の骨盤との間で
外旋六筋の緊張が発生し
何らかのアンバランスがあるとしたら
股関節、股関節にかかわる筋肉
そしてそれらの筋肉のもう一方の付着部に
大きなストレスがかかることは想像できると思います
厄介なことに出力が大きい分だけ
発生する筋緊張や付着部にかかる負担も大きくなるでしょう

腰痛関連の筋肉で梨状筋が要注意の筋肉足りうるのは
坐骨神経を圧迫する可能性が高いからというだけの理由ではなく
股関節の安定性にかかわるという要素もあるからでしょう
しかも外旋六筋の中でも梨状筋はもっとも大きい部類ですから
その緊張が引き起こす股関節のアンバランスは大きいと考えるのが妥当

施術するときに後回しにされがちな筋肉ではありますが
なかなか改善しない腰痛に対し
こういう着眼点もあるのではないかと思います

(画像:動きの解剖学Ⅰ)

| | コメント (0)

2014/05/29

二代目

006

歩き方から身体全体の適正な使い方を学ぶため
雪駄を履きだしたのが去年の今頃
いろいろ試してみたいこともあったんで酷使したせいか
最後には鼻緒が引っ張られて部分断裂の診断

せっかくやりかけの試みですから
継続しないといけないということで
懲りずに雪駄を買い求めました

今回のは竹の皮ですので
夏場汗をかいた時には滑りにくいかもしれません
今まで使ってたのはビニール製なので
汗をかくと滑るんですよ
しかしその問題も適正な歩き方だと
問題にすらならないことに気づいたんですけどね

ただちょっと不満なのは今回のは
Mサイズを買ったんですが26cmあり
本来少し踵をはみ出してはくという履き方ができず大きすぎるんです
それと重量がかなりあります
その分作りが安っぽくないのですが
これが履き心地にどう影響するかが見ものです

当分はこれを愛用することになりそうです
もう全力疾走するのはやめておきます

| | コメント (2)

2014/05/28

「いじめ」を超える実践を求めて

51uqisp9f4l_sl500_aa300_
「いじめ」を超える実践を求めて―ホリスティックなアプローチの可能性

ご縁があってこの本に出会いました
「いじめ」を巡る問題はもはや大きな社会問題となっているわりに
ずっとむかしからありなくなりそうな気配すら感じません
事件となったときだけ大騒ぎして
だれに責任をとらせるかという次元で話題となるのですが
現場において有効な手段がない
あるいはそれに着手する環境が成熟していないのではないかと感じていました

本書を読んだ率直な感想が面倒くさいことがいっぱい書いてあったということ
とても言葉は悪いのですが
逆にいえば通り一遍のきれいごとで上っ面をぬぐったとしても
それは問題の本質的な解決にはならないことがよくわかりました
表面の出来事からその中に入り込み
奥底に沈澱している事柄まで考え行動しないとこの問題の取り組みとしては不十分であるということを強く感じました

子供たちは互いに手を取り合ったり
場合によっては揉めたりしながら
社会性を身につけ大人になっていくわけですから
いさかいをなくすことはこの問題の本質ではないようです
むしろ子供たちの中での反発や喧嘩の中で
コミュニティの中でお互いのことを考える習慣をいかに身につけてもらうかが大きなカギのようです

またそのための環境づくりも大切です
他人に不快な思いをさせることを強要し
それを「芸」と呼び肯定しようとするメディアが作る環境も
常々悪影響を及ぼしていると思うのですが
子供固有の問題というよりも
むしろ大人が作りだした社会を子供目線で見たものをそのまま反映しているようにさえ思うのです

問題解決のための取り組みにおいて
環境づくりというのは大切な要素でしょう

制度だけでは支えきれない大きな問題を
現場だけに負担をかけているという環境の中
閉塞しているところもないはずはないだろうと推測します

それでも本書に書かれた取り組みの内容はとても興味深く拝見いたしました
問題を排除するという発想から
子供たちの喜びを創設してみるという発想はニュース等では知ることはなかったです
「やりがい」とか「楽しみ」を共有するコミュニティでは
小さないさかいは自然と消化してしまうものです

私個人ここ数年間小学生にかかわる機会がありました
空手道場で修練する子供たちにはそれぞれ目標があります
もめごとたまにはありますが
それに没頭しているヒマはありません
福島の子供たちが大きなステージで歌うために
何度も練習しその中で築き上げた連帯感
お化け屋敷を自分たちで作るために
ずいぶん前から準備した子供たち
あんなに生き生きした目つきのお化けにはお目にかかったことはありません
そもそもお化けに出会ったこともありませんが

そんなお祭り騒ぎを毎日学校でやる時間もないでしょうが
取り組みの指針としては面白いと思うのです

現実に具体化していくには多くの問題があるでしょう
でもその場限りの取り繕いでは100年たっても同じことを繰り返すだけ
いずれにしても時間のかかることだと思いますので
長い目で見る必要もあり安直に結果を求めるられないでしょう
まずは子供を変えるのではなく大人から変わらないといけないようです

余談ではありますが
本書は数名の共著という形なんですが
一つの方向からの見方ではなく多方面からの提案があります
どんな問題に取り組む場合でもともすれば一方向からの検討が多く見受けられますが
本書のように多元的な提案を紡ぎ合わせるように議論するのは
とても次元の高い取り組みだと感じました
それにしてもインドの聖典「バガヴァッド・ギーター」まで登場するとは正直驚きです

ホリスティック教育というものに初めて触れましたが
我々の世界でもホリスティック医学というものが存在し
そのアプローチの仕方や理念も共通するものがあります
具体的な方法論は困難だとは思いますが
こういう取り組みが広がることを期待します

| | コメント (0)

2014/05/27

ジワリ

けっこう明け方と日中で気温が違うので
風邪をひかないように用心しています
もうさすがに寒いとは思わないのですが
油断していると冷えてしまうこともあるので
わりと気を使いながら生活しています

昨日と今日は天候がすぐれず
気温も低いという予報だったんですが
思いのほか湿度が高く少し動けば汗ばみます
靴下を脱いだ方が爽やかなくらい

このごろ寝汗をかくようになりました
そろそろ冬のパジャマから切り替えないといけません
このままでは寝汗で風をひいてしまいそうです
用心するのもほどほどに…
そんなところでしょうか

| | コメント (2)

2014/05/26

Coming Soon

005

2009年の12月号から月刊トレーニングジャーナルで連載されている
『身体言葉に学ぶ知恵』のコラムが書籍化され
単行本となって皆さまの前にお目見えすることが決まったのが去年の秋

ここへきてようやく近づいてきました
先日原稿の最終校正も終わりました

4年半ほど続いてきたのですが
ひとつのまとまりとなったものを読んでみると
とても読み応えがありました
正直毎月書いている私自身はその月々の内容に没頭しているのですが
客観的に全体を見渡してみると
何気なく普段使っている言葉の成り立ちやルーツに
改めて感動する一方
現代社会を生き抜くための重要なキーワードとして
今も使われる「身体言葉」のもつ重要性に気付くこともありました

自分が書いたことも忘れて読みふけるのですが
ハッキリ言って面白い内容だと思います

多くの方にお読みいただき
できればその感想もお聞かせ願えればうれしいです

「身体言葉に学ぶ知恵1」というタイトルがつく以上
「2」もあるということ
プレッシャーもありますがそれを上回るモチベーションが私の支えとなります

「JATI express」という日本トレーニング指導者協会の機関誌のインタビューも受け
だんだん近づくその日を肌で感じつつ待ちわびています
表紙の図案も見せていただきジワッと実感がわいてきました

皆さんのお手元にお目見えする日まで今しばらくお待ちください

| | コメント (4)

2014/05/25

集中

009

ココちゃん久々の登場

004

3歳という年頃は反抗と甘えん坊の顔を両方のぞかせる時期なんでしょうか
いままのように気安く笑ってはくれません

006

それでも食べることへの欲求はかわりません
後20年もすればダイエットに興味を持つかもしれませんが
今は食べて大きくなるときです

010

この日は新しいおもちゃにご執心
金魚すくいに没頭します

008

大工セットもお気に入り
ドライバー片手にネジを締めます
最初は上手くいかなかったんですが
コツを呑みこめばだんだん上手くなります
こうやってシナプスが形成されていくんでしょう

ひょっとしたら将来リケジョになるかもしれない
そんな雰囲気さえ漂わせる集中力
話しかけても返事がありません
これも成長のあとのようです

| | コメント (0)

2014/05/24

ぜんまいと豆モヤシのナムル

004

ぜんまいをたくさんいただきました
ぜんまいと聞いて浮かんだレシピといえば厚揚げとの煮物
初日はそれを作ったんですが
残り半分をどうするかで悩みました

ネットで調べるとけっこうナムルのレシピがありました
実はナムルってあまり食べたことがないので
どうかなと思いながら挑戦しました

ぜんまいを2分間茹でて
冷めたころに醤油・ごま油・砂糖・酢・ラー油をかけて合わせます

豆モヤシも2分間茹でて
醤油・ごま油・豆板醤・砂糖で合わせました

意外に簡単で美味しかったです

| | コメント (0)

2014/05/23

身体の見方は限りなく

関節可動域制限は普段仕事でかかわることの大部分を占めます
腰痛、膝痛、五十肩などの関節痛の多くに伴う現象です

先日ご紹介した月刊トレーニングジャーナル6月号の特集でも
関節可動域の特集が組まれさまざまな試みが紹介されていました
その記事でも申し上げました通り
いろいろなパターンを類型化したうえでそれぞれ個別のケースに対応し
時系列的に必要かつ有効な手段を整理する必要性を痛感しました

オステオパシーの中でもこういった関節可動域制限に有効なアプローチは数多く
たとえば筋拘縮に対する技法としてはストレインカウンターストレインやマッスルエナジーテクニックなどもあります
もちろんオステオパシー以外の技法でもたくさん存在するわけでして
それぞれのセラピストはその直接原因たる部位にアプローチをかけるわけです
セラピストの技量により適正な処置がなされるかどうかの問題は存在するのですが
それ以上に関節可動域制限が起こる原因となる部位の異常が発生した原因を遡ることの必要性を感じずにはいられません

トレーニングジャーナルの特集でもそういった観点からの言及があり
ひいては予防につなげるという試みも紹介されています
ただこういったことの検証は容易ではなく
直接痛みのある部位からフォームのチェックや
練習メニューまで様々な角度からの考察が必要となります
近年バイオメカニクスの研究も進んでいますので
手掛かりを探すうえでは大変便利になったと感じています

ただそれですべての原因が網羅できるかといえば
まだそのような段階ではないと考えます
スポーツ医科学の世界だけではなく
我々のような手技療法に携わる側の考察も参考になるときがあります
オステオパシーにこだわらなければ身体機能の連鎖に関する理論もけっこうあるので
ときにはこういうものを参考にしてアプローチしてみると
思わぬ好結果が得られる場合もあります
エビデンスも大事ですが結果はもっと大事です

私自身の考えにもいまだまとまりがないので
きちんとしたご説明もできないのですが
身体を触った上で浮かび上がってくることは
ある意味我々の真骨頂だとも思えるのです

どの方法がいいとか悪いとかのくだらない問題ではありません
そういう身体の見方もあってもいいんじゃないか
そんなふうに思うのです

| | コメント (0)

2014/05/22

冷夏

この夏 5年ぶりにエルニーニョ現象発生か

気象庁は10日、この夏は5年ぶりにエルニーニョ現象が発生する可能性が高いとの見通しを、エルニーニョ監視速報で発表した。夏にエルニーニョ現象が発生すると、日本付近では太平洋高気圧の張り出しが弱くなり、冷夏になる傾向がある。(日本気象協会)
気象庁の発表によると、3月はエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続いたが、これから夏にかけて太平洋赤道域の東部の海面水温が上昇し、夏以降はエルニーニョ監視海域の海面水温が基準値より高くなることが予測されるという。この夏にエルニーニョ現象が発生する可能性が先月の発表時(3月10日)よりも、さらに高まった。
エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象だ。エルニーニョ現象が発生すると、太平洋赤道域の東部の海面水温が上昇する一方で、太平洋熱帯域の西部では海面水温が低下して対流活動が不活発になる。このため、太平洋高気圧の日本付近への張り出しが弱くなり、日本の夏の天候は低温、多雨、寡照となる傾向がある。
前回、エルニーニョ現象が発生した2009年の夏は北・東・西日本は日照不足となった。7月に中国・九州北部豪雨が発生したほか、多くの地域で梅雨明けが遅れ、九州北部と近畿、東海は梅雨明けが8月にずれこんだ。また、中国、北陸、東北地方は梅雨明けが特定できなかった。
エルニーニョ現象やラニーニャ現象は、日本の天候に大きく影響するとみられることから、気象庁は熱帯域の海洋変動を監視し、毎月1回、10日頃にその状況を発表している。

去年は最高気温の記録を更新するなど
猛暑に見舞われましたが
今年は一変して冷夏になるといわれています

最近こんな話をしていると
今年の夏は涼しく過ごしやすくなると思ってらっしゃる方が少なくありません
実はそんなに甘くはなく

気候が不安定になりやすいので
暑い日は暑く
そうかと思えば突然気温が下がったり
大雨が降ったりという可能性があるわけで
涼しくてしのぎやすいという悠長なものではなさそうです

実際冷夏といわれる年は
忙しくなることが多いのです
だいたいウチの繁忙期って気候が不安定なときですから
過ごしやすいどころか体調を崩しやすいと考えた方がよさそうです

また自然災害も心配です
大雨による被害もありましたし
雷でなくなった方もいらっしゃいます

心配しても来るもんは来るわけですが
せめて人や農作物への被害がないことを願います

| | コメント (0)

2014/05/21

TENGO 再び…

10353579_653482928057775_4766321101

アコーディオンとヴァイオリンのユニットTENGOのライブに出かけました
アコーディオンの後藤ミホコさんとは昨年・一昨年と
スマイルアゲインでご一緒して
それ以来何度かステージも拝見するようになりました

TENGOというユニットは10年前に解散して以来の再結成ということで
今までとは違う期待感をもってました
どうしても大阪の人間が「てんご」と聞けば「悪ふざけ、いたずら」という意味を想像するのですが
聞けば天野さんの「天」と後藤さんの「後」をとったネーミングなんだとか

しかしこのお二人の音楽は濃いわぁ~~
今まで後藤ミホコさんの演奏だけでもスゴイ迫力を感じてたんですが
お二人になるとさらにパワーアップ

情の厚いアコーディオンと情の深いヴァイオリン
そんな印象が残りました

天野さんはスタジオミュージシャンをなさってた時代
映画「男はつらいよ」のテーマソングのソロを担当なさった他
シンクロナイズドスイミング曲を手掛けたそうです
あの懐かしいイントロは天野さんの演奏だったわけです
昭和生まれの人でこの人のヴァイオリンを聞いたことのない人はいないでしょうね

後藤ミホコさんも近年は日本を飛び出して
活動を世界中に広げられるという世界的なプレイヤー
全身から繰り出されるような音色は人の心を打ちます

とにかく胸に響く音楽が次々飛び出し
タンゴを演奏されたら
明日のBGMはピアソラが聴きたくなったり
次に映画音楽を弾けばやっぱり映画音楽が聴きたくなる
いい音楽を聞くとすぐ影響されるんですよね

結局ロシア音楽、ジプシー音楽、カンツォーネ、バッハのトッカータとフーガニ短調に日本の音楽と
世界中を駆け巡ってエンディング
ジャンルを問わずこのユニットならではの演奏を満喫しました


| | コメント (3)

2014/05/20

関節可動域を取り戻す

Tj

月刊トレーニングジャーナル6月号

今月の特集は「関節可動域を取り戻す」
骨折などの大きな怪我をしたあと関節の動きが悪くなり来院される方がいますが
一通りのリハビリを受けられた後の方も多く
難儀することがあります
それまでのリハビリの経過を聞きながら
可動域制限が何によるものなのかを見極めなければなりません

今月号の特集でも書かれている通り原因は様々
しかもそれらのうちどれかというのではなく
むしろ複合的に制限を作り出している場合が多く
可能性の高い方からアプローチして
結果を見ながら原因を特定していくという手探りに近いやり方にならざるを得ません

そのため引き出しを多くしておかなければ
いつまでたっても的外れなことをしていたずらに時間だけが過ぎていくことになりかねません

本特集は状況判断の材料が整理されているので助かります

Img021

連載コラム『からだことばに学ぶ知恵』
今月のテーマは「初心忘るべからず」
室町時代、世阿弥が言ったこの言葉は現代のそれとは少し目的が違うようです
極めるための修行ののポイントを的確に押さえた名言です


| | コメント (0)

2014/05/19

しびれ

腰痛などに伴う症状として多いのはしびれ
椎間板ヘルニアや椎管狭窄症でもよくありますが
それ以外の腰痛でもけっこう腰から足にかけてしびれが出ます
神経がどこかで圧迫されているのが原因ですが
どこで圧迫されているかが問題です

ヘルニアがしびれの原因である場合
外科手術でヘルニアをとらないと治らないケースもありますし
嫌だからという理由ですまされるわけではありません
ただヘルニアが見つかったからといって必ずしもそれが原因とは限らないということが近年わかり
むやみに外科手術を勧められることもなくなりました
同様に椎管狭窄症の場合も必ずしもそれが原因とは限らないといわれています

また大腰筋の中を走行する腰神経叢が
大腰筋の拘縮で締め付けられるような形で圧迫を受けることもあります

椎間板ヘルニアとは違いますが
椎骨間が狭くなり神経根が圧迫される場合もあります

そして見落とされがちなのは梨状筋
この筋肉は坐骨神経の上を走行するのですが
梨状筋の圧迫によりしびれが発生することもあります

こういったしびれが厄介なのは
痛みが治まってもしびれだけが残ってしまうケースが多いこと
ヘルニアの手術をしても2年くらいしびれが残ったというケースも聞いたことがあります
たとえば正座して足がしびれた場合でも
正座をやめて即座にしびれがなくなるわけではないということと同じで
原因となるものが取り除かれても
神経の機能が回復するまでしばらく時間がかかります

私自身もうだいぶ良くなったと手ごたえを感じていても
しびれがとれない場合もあり
それでも忘れたころにしびれが消えてしまったということも少なくありません
状態として治ってからでも余韻みたいに残ることもあります

| | コメント (2)

2014/05/18

AT STORYVILLE

51os2pp9qfl_sl500_aa300_
At Storyville Lee Konitz

1950年代のリー・コニッツの代表的なアルバム
リー・コニッツといえばクールジャズのプレイヤーという印象がありますが
どうも白人が演奏するのがクールジャズで
黒人が演奏するのがビバップというステレオタイプの発想でそう言われているのかもしれません
リー・コニッツの場合ハードバップ的な要素もあるので
実際はもっと自由に演奏しているように感じます
彼の演奏はいかにも理性的な印象が強く
ジワッと伝わるよさを感じます

| | コメント (0)

2014/05/17

わらびの白和え明太子入り

004

山菜の季節です
今度は奈良県で採れたワラビ

いつもワラビといえば厚揚げとの煮物になるんですが
ワンパターンを解消すべくネットで調べてみると
白和えのレシピを発見
しかも明太子で味付けですからこれは面白そう

ワラビを茹でて氷水で冷やし
適当な大きさに切り水を絞ります

潰した木綿豆腐に明太子を絞って入れすりゴマをかけ
ワラビと一緒に混ぜ合わせます
少し味が薄かったので醤油を足して出来上がり

白和えにすると独特のぬめり感がでて
他の食材とは違う存在感が楽しめました
明太子の味とほのかなピリ辛が
いいアクセントになっています

| | コメント (2)

2014/05/16

ガーデニング

005

ベランダのプランターに蒔いたパセリの種が芽を出しました
私が植えるものといえばネギに大葉に三つ葉
食べられないものには興味がない
とってもわかりやすい趣味なんですが
この季節は植木や庭いじりには最適の季節
GWにはゆっくり時間をかけて取り組まれた方も少なくないでしょう

007

毎年GWの終わりごろからガーデニングで腰を痛めた方がこられます
こういった作業は基本前かがみでやることが多く
しかも長時間続けると腰にはずいぶん負担がかかります
普段慣れていな作業を長時間続けると数日後に痛みだす
そんなパターンが見受けられます

人様の腰痛で季節を感じる私も因果なものですが
土いじりは休み休みした方が無難なようです

| | コメント (0)

2014/05/15

南紀紀行

002

毎年恒例ラグタイム大阪でのスージーバースディライブ

Gneidbgxk_uvhjq1400043873_2

ゲストも大勢駆け付けました

Iray4mopcjkgqzy1400043999_2

Rocoちゃん

92ng7rjcrwr7wrt1400044036

南ルミコさん

Iotfxhuw_mkc8di1400043971

元宝塚のウルさん

Xv6ovtlxochrgaz1400043936

名プロデューサーの西谷さん
ちなみにマンダムやハウスバーモントカレーのCMを手掛けたのはこの方だそうです

満員のお客さんも興奮
いつもながらに迫力と魅力がたっぷりのステージです

翌日は和歌山は南紀田辺に移動
久々に私が運転手を務めました

2d69ovqo2fiy8bb1400044443

スタートから猛ダッシュの佐々木慶一さん
20分近くにおよぶドラムのソロで
いきなり興奮
例えるならマラソンでいきなり全力疾走するランナー
スタートから度肝を抜かれました

Bh5yivbah7rdvyi1400044491

田辺のステージはいつもアットホーム
お客さんが踊りだしたりまた大阪とは違った雰囲気が楽しめます

ゲストのギタリストが演奏終了後感極まって号泣
スージーのステージではこういうことがたまにあります
客席でも泣いている人がいつもいますからね

ステージが終わった後の食事

028

これもスージーが作ったもの
多才という一言ではすませられない料理の数々

056

翌日の食事もスージー作
なかなかこれは食べられません
レシピを聞いてきたのでさっそく作ってみます

060

翌日は昼間時間があったので潮岬まで足を延ばしてみました
21年前に来て以来です

途中国道42号線で4年前にコンサートで行った日置小学校が見えました
子供たちと同じく学校給食を食べたのは忘れられない思い出
聞けば彼らも高校生なんだとか…
時の経つのは早いものです

062

燈台から見える景色も最高

夜は夜で身内でのお誕生日会

068

久々にカラオケに行きましたが
プロの前で歌うのは根性がいります

カラオケにいったときのお通しのごんぱちという山菜
こちらの方ではすかんぼといいます

「人生60歳からが本番」とおっしゃってたのはむかしの話
今では「人生70歳からが本番」と変わってしまいました
またそれがうなずけるほどのパワーがありますから納得

すごくハードでしたがとても楽しい日々を過ごさせていただきました


| | コメント (5)

2014/05/14

1400018814190.jpg

本州最南端の潮岬の灯台から写した風景です

昨日は昼間がオフだったので足を伸ばしてみました
20数年前に軽四で南紀に訪れたのですが
あまりのハードさに音をあげて今の車に買い換えましたが
奇しくもそのきっかけとなったところへのドライブが
この車のラストランになりそうです

来月には別の車に乗り換え予定です

もちろん昨日も夜遅くまで仕事でした
本日の午後には帰阪し
通常通り仕事の予定です

| | コメント (0)

2014/05/13

オーシャンビュー

1399924885636.jpg

夜が明けてきました
今日の仕事も終わり
今から寝ます

おやすみなさい

| | コメント (0)

2014/05/12

出張

本日から水曜午前中まで和歌山へ出張します
3年ぶりの田辺行きですが
先日から来阪されている黒岩静枝さんに同行します

年に数回しか大阪を出ないのですが
このところ引っ張りだこ
先週福島県に行った余韻が残る中
今度は和歌山は田辺に出かけます
帰ってきたら今度は神戸と大忙し
ずいぶんアクティブになったもんです

ご予約は携帯に転送していますので
通常通り承ります
ご不便をおかけしますが
なにとぞよろしくお願いします

| | コメント (0)

2014/05/11

I Love R&B 4

41igtf58wbl
I Love R&B 4

2000年ごろのR&Bのヒット曲を集めたアルバムです
この系統の音楽ってあまり聴くことはないのですが
とりあえず抑えておこうと入手しました

R&Bといえば若かりし頃ディスコでかかっていた音楽のイメージが強く
バブルのころよく通っていたディスコを思い出します
「あの頃はよかった」と思い出す同世代の方も少なくないんじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

2014/05/10

タラの芽とコシアブラのお浸し

093

094

毎年のことではございますが
福島県は平田村へ参りますと
佐藤様宅でおよばれにあがりまして
ご馳走をいただいた上に山菜までいただいて帰ります
厚かましいのは重々承知しておりますが
その瑞々しさと美味しさの虜になった私には
断るという選択肢は残されておらず
今年はタラの芽に加えてコシアブラもいただきました

095

昨年、一昨年と天ぷらにしたのですが
おひたしも美味しいと伺いましたの
さっそく作ってみました

099

レシピはいたって簡単
それぞれ1分半ほど茹でて
氷水につけて一気に冷やします
そうすると青々しさが保たれ見栄えがいいのです

醤油・すりゴマ、ごま油で和えて出来上がり
やや苦みの強いコシアブラには隠し味で
少し砂糖を加えました
さすが山菜の女王の異名は伊達ではありません

天ぷらも美味しいですが
山菜らしい苦みを楽しむなら断然こちらが美味しいです

お金を積んでも買えない平田村の味です

| | コメント (8)

2014/05/09

ソテツ

015

車の向こうに見えるのは小名浜港の生えるソテツです
2年前福島に来た時に見たこのソテツは
津波と液状化現象で木の大部分が沈み込み
高さ50cm程度までしかなく
かろうじて葉の部分だけが陥没を免れた状態でした

二年間で高さは数mになりましたが
葉には勢いがありません

この写真の反対側には津波で流された家の土台のコンクリートだけが残され
それが何kmも津波で流されたところと難を逃れた家のコントラストがかえって怖く感じました
このソテツの横には何隻もの船が積み木のように重ねておかれ
ガレキも無数にありました

二年という年数はそれをかたずけるには十分だったかもしれません
しかしこのソテツのように傷痕はいまだにあります
本当に時間が解決してくれるのかどうかわかりません

人の心の傷も深いところにしまいこみ
今日の生活を一生懸命におくっておられるようにも感じました

| | コメント (0)

2014/05/08

お疲れ様

001

寄る年波には勝てない
そんな言葉を肌で感じる今日この頃です
ルーチンワークであればそれなりに無理もできるんですが
普段と違うことをしたらてきめんに堪えるようになりました

おかげさまで大阪に帰ってきてからも忙しくさせていただいております
ある意味福島で勢いをつけていただいたかもしれません

やる気はあるけど身体がついてこない
そんな悲しい現実もありますが
これさえあれば何とか乗り切れそうです

福島を出るときわざわざバス停まで持ってきてもらった差し入れ
いつもコメントをくださる平田村のおけいさんから頂いたドリンク剤
しばらくはこれに頼りながら仕事することにします
至れり尽くせりですね

| | コメント (2)

2014/05/07

福島紀行

5月2日の夜に大阪を発ち6日朝に帰ってきた福島の旅
3回目を数える311スマイルアゲインコンサート
先日までの記事と重複しますがまとめてみます

Wng3bvj0mzo6fb_1399343779

今回は近鉄の高速バスギャラクシー号で出発
いきなり治療用ベッドの積み込みを拒否され
乗務員から叱責を受けながらなんとか積み込んでもらえました
できればHPにも荷物のサイズや重量を明記してもらえばこんなことにはならなかったのですが
この旅唯一の汚点が最初に訪れるとは思いませんでした

007

さすがにGW
大渋滞に巻き込まれ1時間ほど到着が遅れ
朝食をとりながら待ち合わせ

009

そこから相馬市の仮設住宅に向かうのですが

010

この通りの大渋滞

070

結局開始時間に遅れてあわただしくスタート
それでも大勢の方を施術させていただきました

088

表でもコンサートが開始

1798713_400699750072843_76928302379

終了後金子竜太郎さんご夫妻による「音浴」を受けましたが
チベットの民族楽器や音叉など
神秘的な音を共鳴させるセラピーです
とても印象的な体験でした

2日目はいわき市の仮設住宅

077

毎年この集会所のここの場所が私の定位置
さすがに3年目になれば顔なじみの方が多く
とても懐かしかったです
今回はお部屋にも訪問して集会所に来れない人にも施術をしました

先日も書きましたがここの仮設住宅も来年3月でなくなるそうです
ここは仮設住宅訪問の軸足としていたところだけに寂しい気持ちがあります

025

二日目の宿泊先は平田村の太田旅館さん

021

夕食も食べきれないほどの大サービス
しっかり食べきりましたけどね

026

三日目はジュピアランドひらたでの芝桜祭りに参加

037

今年の目玉、マイケルジャクソンのダンスの練習をしていると
それを見ていた小さなお子さんも飛び入り参加

030

一年ぶりに師弟関係を温めます
冬樹さんと中学生バンドのスパイラル
ホントお互いに嬉しそうにしてましたね

10322609_400699620072856_6130264215

途中雨が降り出すも無事全プログラムが終了
キッズクワイアの子供たちも舞台で練習の成果を発揮
年々彼らが力強くなってくるのが感じられます

3年目ということもありますが
福島の皆さんが暖かく迎えてくださったのも
涙が出るくらいうれしかったです

来年もいろいろ問題点はありますが
なんとか福島に行きたいです

| | コメント (2)

2014/05/06

帰還中

1399325943268.jpg

夜が明けてきました
21時半ごろに福島をたちようやく滋賀県まで来たみたいです

今年も色々とありましたが大満足のうちに終えることができたスマイルアゲイン
多くの人に再会し、多くの人に出会うことができました
今はただただ欲も得もなく無事大阪に帰るのみ
すべてやりつくした後ってそんなものかもしれません

三日目のご報告もしたいところではありますが
画像の整理と頭の整理をしてから改めてご報告します

GW中ということもありましてかなり交通事情が悪いようです
予定より到着が遅れそうですが
時間に余裕を見て予約を取っていましたので
本日の業務には差し支えなさそうです
なお本日はすでに予約がうまっておりますので
宜しくご理解いただきますようお願いします

しんどいなんて言ってられません

| | コメント (2)

2014/05/05

お別れ、いわき市第四仮設住宅

スマイルアゲイン二日目は恒例のいわき市第四仮設住宅
今まで色々なところに参りましたが
こちらの仮設住宅には毎回お邪魔しています

今回は新しい試みとして各お部屋への訪問施術をしました
仮設住宅といってもそこそこ広く
いつも施術をさせていただく集会所に足を運ぶことができない人もいて
そういった方にも施術をさせていただこうという試みです

お部屋での施術ですから周りには誰もおらず
色々なお話もできました
年末にあまちゃんの特別番組を見て方言の勉強はしてたのですが
さすがにばっぱの早い話口調に意味がわからないことも多く少し焦りました
それでもずいぶん痛みが楽になったと言われ私もひと安心

午後からはいつも通り集会所で皆さんに集まっていただき施術
こちらの方も開始前に予約が詰まり満員御礼
いわき市第四仮設住宅の皆さんにには
いつも温かく迎えていただき感謝の言葉もありません

最後の方で新たに施術を希望される方がいらしたので
来年もまたきますからと申し上げたら
来年の3月にひろの町にきちんとした住宅ができるそうで
みなさんここを出ないといけないとのこと
一番お世話になった仮設住宅だけにちょっとショックです
でもいつまでも仮設住宅にいるというのもいいものではありません
それは復興が進んだことに他なりません

夕方からは平田村の公民館で地元の子供たちの最終レッスン
今日のステージを前に元気な声を響かせます
一人一人の成長を感じずにはいられません
今日はお天気だけが気がかり

そして夜は最もお世話になっている平田村の佐藤さん宅で
天気あげと称する歓迎会
明日の晴天を祈願しつつ皆さんで一杯やりながら
交流を深めました
いつもいつもここでいただくタラノメの天ぷらは私の楽しみの一つ
今年は山菜の女王こしあぶらもあります
はっきりいって幸せです

さてスマイルアゲイン三日目はいいお天気に恵まれるでしょうか...

(どうも画像が上手くアップできないので大阪に帰ってからやります)

| | コメント (0)

2014/05/04

スマイルアゲイン初日

397492_588380731261036_457639522488


昨日はとにかくたいへんでした
ゴールデンウィークの交通渋滞で高速道路が混み
高速バスが一時間遅れで到着したところから予定が狂い始め
相馬市への移動も渋滞に巻き込まれ
結局開始時間の13時から30分遅れて到着
あわただしく準備をするなか仮設住宅の皆さんも集まり始め
手早く段取りをして開始

いつも人が集まるかどうかの不安がつきまとうのですが
開始するやいなや予約が詰まりひと安心

こうなると気合いが入ります
リラクゼーション部隊全員が大忙し
何人かの人に心から喜んでいただけたのが最高の見返り
それがなければ我々の仕事の価値がないわけですからね

いつもなら表でやってるコンサートを少しは見たりするのですが
昨日はそんな余裕さえありませんでした
予定終了後今回2年ぶりに参加された金子さんご夫妻による
音浴というのを受けたのですがこれが実に素晴らしいもので
魂に響く音色が心と身体に響きとても不思議な体験をさせていただきました

Imgp5993

福島県の名酒大七です
コンビニにこんなものが売ってるんですね
夜は夜でこれに癒されました

昨日の福島県は最高気温が30度だったそうです
汗をふきふき施術をしましたが
これを書いている今は暖房を入れながらホテルでブログを更新しています

今日はいわき市の仮設住宅に参ります
どんな楽しいことがまっているでしょうね

| | コメント (2)

2014/05/03

只今、走行中

高速バスに乗って八時間
今、どこを走ってるかわからないのですが
茨城県あたりではないでしょうか
あと二時間ほどで福島県に入る予定です

今回はそれなりに眠れたので体調は良好
それでもバスの窓に結露がついているので
やはり大阪の寒さとは違うことを感じずにはいられません

5月5日まで続くスマイルアゲインの旅
大勢の人達の笑顔に会えることが楽しみです

1399060868845


| | コメント (2)

2014/05/02

2台持ち

019

明日からの311スマイルアゲインの活動の準備もほぼ完了
一番気になっていたお天気も5月5日が曇りの予報が心配ですが
比較的暖かい穏やかな日になりそうです
去年の今日は大雪でしたから
今年はまったくの冬装束でなくても行けそうな感じです

去年まで一番不便だったのは電話
愛機ウィルコム端末は大阪市内をでると途端に使えなくなります
福島県でもいわき市だったらなんとかセーフなんですが
平田村に入るとアンテナがまったくない状態
連絡不能で1日半を過ごしていました

今年は母親が以前使ってた携帯を拝借しまして
持参することにしました
何がいいってこのケータイやたらと字が大きい
必要最小限の機能しかないので何も覚える必要がない
こういうシンプルなのは使いやすいですね
かくして腰痛館への電話は見事転送される運びとなりました

通常2台持ちといえばスマホとガラケーと相場が決まっていますが
私の場合ガラケーの2台持ちというちょっと変わったパターンです

| | コメント (0)

2014/05/01

壱六庵

001

地下鉄駒川中野のすぐ近く
隠れ家的な蕎麦屋さんの壱六庵
この日の夜の営業はクローズです

006

ピアニスト吉山輝先生と中国琵琶の閻杰(エンキ)さんのライブ
たぶん3年くらい前にも見に行ったんですが
なかなか中国琵琶って聴くチャンスがありませんし
至近距離からの演奏は見ごたえ十分

吉山先生との掛け合いはある意味は迫力満点
トップアーティスト同士のせめぎ合いは息をつく間もありません

変幻自在の楽器中国琵琶はマンドリンになったり三味線になったりお琴になったり
様々な音色が飛び出します
天皇陛下もお聞きになったという閻杰さんの演奏は心も身体も吸い込まれそうです

激しい音楽から情緒豊かな演奏まで
お二人の織り成す世界はジャンルもなければ国境もありません
いい音楽にはすべての人が酔えるというのがはっきりとわかりました

014

いい音楽の後はいいお味を…
美味しいお酒を飲みながらの蕎麦はまた格別
遅くまでお話も楽しめましたし
久しぶりに楽しいひと時を過ごしました

| | コメント (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »