« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/30

運動連鎖とスポーツ障害

Sq160
月刊スポーツメディスン160

今月の特集は「運動連鎖とスポーツ障害」

一つの運動を遂行するにあたっていくつもの筋肉が活動しますが
そのタイミングや運動量、スピードなどの要素が的確に発揮されることで
上手くて力強い、そして素早い動きが可能になります
ところがどこかに不具合があると全体の動きに影響を及ぼします
一般に「器用」とか「不器用」というのもその問題だと思います

スポーツ競技の場合よりマックスに近い出力を要求される分
連鎖が上手くいかない場合特定部分に負担が集中し
これを長期間続けることで障害が発生します
この場合痛い部分だけでなくそれにかかわるすべての部位に目を向けないと正確な評価は難しいでしょう

この特集記事では投球動作をベースに
適正な連鎖が行われているかを評価し
改善プログラムを作りだす過程をきめ細かく説明されています

個人的に一般人の疼痛も同じようなメカニズムで発生すると考えますが
運動連鎖に関しては以前から強い興味を持っています
私にとって直接投球動作が関係するわけではありませんが
ここに紹介された連鎖のメカニクスは
私の仕事にも生かすことができそうです

それにしても難しいわ…

| | コメント (0)

2014/04/29

昭和の日

今日は「昭和の日」
むかしは天皇誕生日でした
一時「みどりの日」と呼ばれていましたが
知らないうちに名前が変わってました

私が生まれたのは戦後15年たってから
戦争はもちろん知るはずもありませんが
私が生まれた城東区にはむかし軍事工場が多く
空襲で焼け野原となりそのころにも多少名残はありました

それでも私が生まれてしばらくたって
東京オリンピックが開催され万博も開かれ
経済も街並みも先進国のそれになっていく途中でした
右肩上がりが当たり前だったころ
頑張ればエラクなれるという共通の認識もありました

我々の上の世代も「戦争を知らない子供たち」と呼ばれましたが
学生時代は闘争を経験されたのに対し
自分らが高度経済成長の恩恵にあずかるものの
けっこういい目だけした世代かもしれません
20代のころはバブルで踊り
まさに昭和を満喫した世代じゃないかと思っています

仕事を頑張れば給料も面白いように上がったし
そこそこ出世もしたしいい思いをたくさんしました
だから頑張るのが当たり前という環境で育ったといえるでしょう

平成になりバブルもはじけ
頑張っても出世できず正社員の地位も得られない時代になりました
四半世紀がたちここから平成という時代も変わっていくでしょうが
それでも長いこと頭を押さえつけられた今の若者がどうなっていくか
老婆心ながら行く末を案じる次第です

昭和は遠くなりにけり
でも私の原体験がそこにあります
この日に昭和を思い出して
もう一回ネジを巻き直してみたいと思います

あ。。平成にぜんまい仕掛けのものってあったっけ?

| | コメント (4)

2014/04/28

入れ替え

004

昨日ハロゲンヒーターをしまい扇風機を出してきました
例年より若干早いタイミングですが
エアコンは使ってももうハロゲンヒーターのお世話になることはないでしょう
ここのところさらに気温が上がり
今年初めて窓を開けて仕事をしていました
もうちょっと暑くなれば扇風機を使うんでしょうが
出してきた途端に気温が下がってしまいました
今日はエアコンをつけないといけないかもしれません

めまぐるしく変わるお天気がまだまだ続きそうです

| | コメント (0)

2014/04/27

ゴルトベルク変奏曲

41bsgf76yyl_sl500_aa300_
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 レオンハルト

楽器に貴賎はありませんが
どうもチェンバロには格調高い、気品があるというイメージがあります
一度だけベルサイユ宮殿に行った時も
頭の中でチェンバロの音色が響いていました

クラシックの小難しいことはわからないのですが
レオンハルトの演奏を聴くと背筋が伸びるというか
折り目正しい演奏に気が引き締まる思いです

| | コメント (0)

2014/04/26

貝柱の炊き込みご飯

006


たまたまテレビCMで炊き込みご飯の通販をやってました
美味しそうだったので自分で作ることにしました
今ならいい羅臼昆布がありますのでこの機会を逃す手はありません

前日から昆布を水につけておきます
翌朝火をかけダシをとります
余談ですが昆布は60℃くらいの熱さで
1時間ほどゆっくりとダシをとるのが良いと聞きました
昆布をあげて細切りにします
ダシに醤油(薄口大さじ2杯、濃口大さじ2杯)と
酒・みりんを入れ冷凍の貝柱を煮込みます
乾燥の貝柱がほしかったんですが
スーパーになかったので冷凍のにしました

米4合の中に煮汁ごと貝柱を入れ
細く刻んでおいた昆布も入れます
あとは炊飯器が勝手にやってくれます

小口ネギをふって出来上がり
昆布のいいダシがしみ込んでいます
ちょっと高級感のある炊き込みご飯でした

| | コメント (0)

2014/04/25

GWの営業について

早い方ですと明日から連休に入る人もおられるそうですが
ゴールデンウィークがやってきます
基本年中無休と申し上げておりますが
ここ数年GWにお休みをいただいております
実質は施術三昧の日々を過ごしていますので
一応「出張」という形にはなりますが…

今年も東日本大震災復興支援スマイルアゲインの企画で
5月3日から5日まで福島県へ参ります
数か所の仮設住宅と平田村のジュピアランドひらたで出張施術をすることになっています

つきましては前後の日程も混雑が予想されますので
ご予約の方はお早い目のご連絡をよろしくお願いいたします
なお転送電話にしてはおりますが
出先の電波状態でつながらないこともありますので
ご了解のほどよろしくお願いいたします
例年ウィルコムの端末ではほとんど電波が届かない状態なので
今年はドコモの端末を借りてそちらに転送する予定です

今現在、次の土日と29日の祭日も若干空きがあります

| | コメント (2)

2014/04/24

安定

3月から血圧と体温を測り
エクセルに落とし込んで平均値を出しています
ずっと前から体温だけは測っていましたが
デジタルの体温計があてにならずむかしながらの水銀のにしました

寒いころは体温が低い日も多かったのですが
さすがに暖かくなってからは36.6くらいで安定しています
血圧に関しては元々そんなに高くも低くもないので117-78くらいになってます

なんとか来年の冬には体温が下がらないように
運動を続けるつもりですが
2~3年前に比べるとちょっとはマシになってきたみたいです

今の年代ならまだまだ安定した状態が期待できますが
10年もたてばそれも期待できなくなります
今から測っておくことで変化の兆しがでるころいち早く気づき
対策をうつことが目的です

まだまだ若い
いわれのない確信を持っているうちに
取り返しのつかないところまで身体が変わってしまい
大きな病気になるというパターンだけは避けたいのです

手を打つなら早いに越したことがありません

| | コメント (0)

2014/04/23

ペース

忙しいのはいいことです
何もやることがなくてボーっとしてるのも
ある程度まではいいんですが
誰からも必要とされていないような疎外感も芽生えてきますす
時間がたつのも遅く感じます

忙しいといっても最近は処理能力が上がったのか
けっこうこなせるようになりました
しかしそれは毎日決まった事柄に限られます
これが予期しない出来事だったり
苦手な事柄だったりすると途端に能力が落ちます

要するにバタバタと忙しいわけで
自分のペースが崩れているようです
仕事よりもそれ以外のことが多く
気持ちが焦るもんだから
たまにイラッとすることもあります

早くマイペースに戻りた~~い

| | コメント (2)

2014/04/22

乗っ取り

少々物騒なタイトルですが
腰痛館が乗っ取られたわけではありません
このたび乗っ取られたのはツイッターのアカウント
誰が何の目的でそうしたかはわかりませんが
昨日突然ツイッターに入れなくなり
パスワードを入力してログインしたら
同時に自分で投稿していないのに
けったいな海外のサイトのリンクが貼られていました
慌てて削除しましたが朝になるとまたもや同じ現象が…

昨日の朝、ツイッターからメールが届き
パスワードが盗まれアカウントが乗っ取られている危険性が高いとのこと
慌てますわ…
そういうことがあるのは前から知ってはいましたが
有名人にだけあることで全く他人ごとという認識でしたからね

メールも最後まできちんと読みもせず
慌ててパスワードを変えようとしても
上手くいきません
入力する項目を読まないで思い違いをしていたからです
どうもまさかの時に慌てる傾向はむかしとかわりません
朝の忙しい時間だったもんで余計気が焦ります

何回もやってるうちに
ツイッターをやめてしまおうかとさえ考えました
ツイッターもmixiもどちらかというと放置したままの状態で
あまり積極的に参加してないのでどっちでもいいかと思いました
それでもツイッターでしかつながっていない人もいますので
根気よく作業を続けるうちに間違いに気付きました
最後はなんとか無事パスワードを変えることができメデタシメデタシ

あと問題は新しいパスワード忘れてしまわないかですね

| | コメント (4)

2014/04/21

迷う

今さら人生に迷うわけではありませんが
毎朝起きてすぐに迷うのは何を着ていくか
たいして衣装持ちではありませんが
毎日の気温の変化が激しく
ちょっと夏っぽい装束で出勤すれば
帰るときに震えながら帰ることも少なくありません

なにせ朝は6時過ぎに家を出て帰るのは11時前
一番寒いころに自転車をこいで行くのですから風が冷たいのです
ついこの前まで皮ジャンのお世話になってたんですが
もうそろそろお役御免
かといって突然冷え込むとやっぱり寒いわけです

あと2週間足らずで東北に行くのですが
大阪と比べると一カ月分気温が低く
去年なんかは雪が残ってたくらいですからね
着ていく服装を間違えると体調を崩すかもしれません

大阪でも東北でももうしばらくは着るものに迷いそうです

| | コメント (4)

2014/04/20

こもれび

Komorebibig
こもれび 久保比呂誌

仕事中のBGMとして流す頻度が圧倒的なアルバムです
久保比呂誌さんとは去年福島県にご一緒したとき
仮設住宅で私が施術している傍らでBGMで津軽三味線を演奏して下しました
腰痛館にもお越しいただいたことがあります

久保さんといえば津軽三味線の名手
しかしピアニストとしても素晴らしいアーティストであることを聴き
一度チャンスがあれば聴いてみたいと思っていました

このアルバムは久保さんのオリジナル曲をご自身がピアノ演奏されたものです
ヒーリングアルバムとひとくくりにするにはもったいないほどの作品です
久保さんのお人柄そのままに繊細で情緒あふれる曲がたくさん収録されています
ストーリー性のある曲は情景がまぶたに浮かぶよう
単純に聴きやすい音楽ではなく
悲しさや切なさがベースになる優しさや暖かさが伝わってきます
だからこそいくら聞いていても飽きないのではないでしょうか
むしろ聴きこむほどに懐かしさを覚えるのが不思議です

残念なことにもう売り切れだそうで
アマゾンで中古を入手できるだけです

気安く「癒し」といいますが
安っぽい優しさでは人は癒えません
人の辛さや哀しさを理解してこそ心を許せるのではないか…
そんなことをふと考えてしまう音楽です

| | コメント (2)

2014/04/19

鶏肝焼き

005

むかしから鶏の肝が好きだったりします
会社の健康診断で赤血球の数値が低いとき
よく食べたメニューです
もちろん焼鳥屋でも鶏肝ははずせません

家で作るときは炭火もいりませんし
串もいりません
フライパンで簡単に作れたりします

タレも家の調味料でけっこう美味しく作れます
砂糖・醤油・酒・みりんを入れて炒めるだけ
一味と粉山椒を振りかけて出来上がり

後からすりおろしたショウガも入れたらよかったと気付きましたが後の祭り
それでも焼鳥屋の鶏肝と同じ感じでいただけます

| | コメント (0)

2014/04/18

非常識の医学書

Hijosikinoigakusyo
非常識の医学書 安保 徹、石原 結實、 福田 稔

どうも我々手技療法のギョーカイには病院などで行われる現代医学に対し否定的な人が少なくありません
もちろん現代医学にも問題点はたくさんあるわけですが
西洋医学が発達したことによって得られたものを否定するわけにはいきません
もし漢方などの東洋医学の方が優れているなら
江戸時代の方が治癒率が高いはず
ただ西洋医学や東洋医学双方が効果もあり
また一方で問題点を抱えているわけで
どちらが優れているかという単純な論点にすること自体レベルの低い話だと思うのです
双方のいいところ悪いところを整理して
個々のケースにどういう方法が最適なのか?
あるいは両者の併用が可能なのか?
そういう見方で論じることが有益ではないでしょうか?
いわゆる「統合医療」がさかんに言われるのも
ようやくそういった方向で考えられるようになってきたからだと思います

少し前置きが長すぎましたが
安保 徹先生、石原 結實先生、 福田 稔先生は
それぞれ医師でありながら東洋医学の考えを併せ持つお三方は皆さん有名でメディアにも出てご活躍です
安直に西洋医学を否定するのではなく
それぞれの特徴を説明したうえで原則と例外
予防と治療をきちんと整理したうえで持論を展開されていますので妙な誤解もしなくて済みます

「非常識」という単語はインパクトがありますが
あくまで偏った現代医学に対する盲信を戒めるものですから
けっこう常識的だと思います

全体的には病気を治すというよりも
病気にならないための方法論が多いようです

病気というものを考える上で
病気そのものを考えるか、身体について考えるかというアプローチがあります
古来から身体について考えアプローチする方法論がありましたが
現代医学は病気に対する研究が発展しました
以来徐々に身体に対するアプローチが軽んじられかけた現代
こういう発想を取り戻してバランスのいい医療に発展すれば
また新たな進歩が望めそうな気がします

| | コメント (2)

2014/04/17

単関節筋と二関節筋

筋肉というのはある骨から別の骨に付着します
それぞれの骨の接点を関節といい
筋肉が収縮することで関節を支点にして骨格を動かします
人の身体が動くことの簡単な説明になりますが
筋肉の種類により一つの関節をまたぐものと
複数の関節をまたぐ筋肉とに分かれます
前者を「単関節筋」と呼び後者を「二(多)関節筋」と呼びます

単純にまたぐ関節の数によりそういう分類がなされますが
実は筋肉の性質や機能が異なるといわれています
簡単に整理してみると単関節筋は赤筋が多く二関節筋は白筋が多い
単関節筋は抗重力の機能が高く
二関節筋はアームレバーが長く大きなトルクを生みだすのでパフォーマンスに作用する
単関節筋はキメの細かい動きが苦手
二関節筋はキメの細かい動きが得意

調べてみるとこれらのことが説明されています
具体的な話をすると膨大な量になるのですが
我々の仕事において一つの傾向が見えてきます
スポーツ選手などのケガに関しては単関節筋にかかわる問題もあるのですが
いわゆる慢性症状に属するものの多くは二(多)関節筋の筋拘縮が多いということです
二関節筋の厄介なところは一つの運動単位で支配する筋繊維の数も少ないことから
弛緩テクニックの選択や精度も問われ効果が上げにくいという点があります
だからもうちょっと勉強しないといけませんね

備忘録として…

| | コメント (0)

2014/04/16

計画立案のポイント

Tj201405
月刊トレーニングジャーナル5月号

今月の特集は「計画立案のポイント」
ビジネスでもスポーツでも欲しいのは結果
誰もがそのために努力するのですが
やみくもに頑張ったからといって必ずしもいい結果が出るとは限りません
それでも時間や労力には限りがあります
だからこそ最短距離で効率のいい努力をしなければなりません

そのためには計画を立てそういう手段やスケジュールが
最も効果的かを検討したのちに行動を起こします
専門的知識がない相手だと納得しない間はモチベーションも上がりませんし
きちっと信頼に足る計画立案が行わなければなりません

私も会社員だったころ会議で業務の計画立案を要求されましたが
元々無理なところを設定されたので
やる前にあきらめムードが漂い
努力しているフリをしていた記憶があります

実行可能なものでないと本当の努力は引き出せないのが人間の常
さらに計画というのはあくまでも未来のものでありますから
当然事情が変わることもあります
フレキシブルに実態に即したものに変える必要があります

今月の特集を読んでむかしのことを思い出しました

Img014

『身体言葉に学ぶ知恵』
今月のテーマは「地獄耳」
本人が聞いていないと思って言いたい放題
それでも本人の耳には入ってくるものです
悪事千里を走るといいますからね

| | コメント (0)

2014/04/15

RUGTIME大阪

004

心斎橋アクロスビルの4階にあるラグタイム大阪
今年に入ってから毎月ここにきてます

Ljtho7lmbcesoj71397435577_1

ここで古川真穂さんのステージを見るのは初めて
今まではロイヤルホースばかりでしたからね
去年の夏以来です

Eouwscxhkf1resj1397435633

毎回毎回全力投球のステージが魅力
歌だけではなくMCも楽しい
プロらしいプロって感じがいいですね
彼女の引力はスゴイですよ

| | コメント (0)

2014/04/14

今日はひとりで

004

会い出したらよく会うものです
この日はヨッシーひとりで遊びに来てくれました

010

先日百均で買ってきたヘリコプターにご執心
車とかのおもちゃが好きなんだとか

013

何でもアリで遊びます
ブドウを包丁で切って何を作るつもりでしょう?

007

年中さんともなると運動神経も備わってきます
輪投げもそれなりにできるようになりました
それにしてもちょっと近すぎません?

| | コメント (2)

2014/04/13

If the Cap Fits

51biysaauxl_sl500_aa300_
If the Cap Fits Kevin Burke

フィドルの名手ケヴィン・バークの銘盤
同じ楽器で名前が違うのも不思議ではあるんですが
ヴァイオリンはイタリア語でフィドルは英語だそうです
単に名前が違うというよりも
クラシックを演奏したらヴァイオリンと呼ばれ
民族音楽を演奏したらフィドルと呼ばれるのが現状
同じ楽器でありながら音色さえ違って聞こえるような感じがします
インドヴァイオリンなんてムチャクチャ雰囲気がかわりますから
つくづくこの楽器の奥行きの深さに感心してしまいます

ここのところアイリッシュ音楽にはまっていますが
ハープだけではなくフィドルも代表的な楽器
独特の旋律が軽快なフィドルに乗せられると
踊りだしたくなる衝動に駆られます
それでいて哀愁が漂うのは
寒い冬に耐え春を待つような印象が残ります

| | コメント (0)

2014/04/12

ポパイ丼

002

アル方のブログで「ポパイ丼」なるものを発見し
ぜひ食べてみたいと思い作ってみました
ネットで検索したらけっこうみんな作ってらっしゃるので
意外にメジャーなレシピかもしれません

豚ロースを炒め細切りのニンジン、ほうれん草と順に入れていきます
塩コショー・醤油・酒・みりんをいれ味付け
仕上がりにごま油をたらして香りをつけます

ご飯にのせてマヨネーズを添えれば出来上がり
マヨネーズでちょっとジャンクっぽい感じになりますが
これはけっこうクセになりそうです

| | コメント (2)

2014/04/11

体験してみると

先日「陰ヨガ」なるものを体験してみました
なんでも動きの激しいヨガを「陽ヨガ」と位置づけ
静止状態を長く続けるヨガだそうです
どこの業界でも似たようなものですが
従来のものをアレンジすることで新しいものの創始者におさまるというパターンかもしれません
「亜流」と軽く見ていても人々の支持を得て長く続けば
それもいつしか本流になることもあるわけです

ひとつのポーズを長時間続けるのもたやすいことではありません
古くは達磨さんが3年間パドマアーサナ(坐禅)を続けたという伝説もありますし
インドで行をされている方は何時間も同じポーズを続ける人が今でもけっこういると聞きます
まあだから新しいヨガの流派というよりも
むかしからあった修行法を今風にアレンジしたものではないかと感じました

やってみるとこれがけっこうキツイ
3分から5分程度じっとしているだけでも
フラフラになります
月刊スポーツメディスン151でストレッチの特集記事がありましたが
そこにスタティックストレッチを30秒以上やると筋力低下が認められるとありました
まさにその通り終わってから立ち上がっても膝が笑います
相当筋力が落ちているのがよくわかります
ただしこれも一時的なもので長期的にやれば
ストレッチは筋トレとかわらないくらいに筋力アップするというデータもありますので
いいトレーニングにはなりそうです

私の場合ハムストリングにかなりの筋拘縮があり
癒着もしているようなので前屈が最大の弱点
それがゆえにかつてひどい腰痛になったのは
今になったようやく解明した私の事情でもあります
少なくとも筋拘縮がある部分のポテンシャルは無いに等しいわけですから
これが正常化し伸びるようになったらその分の筋力がアップするのも当然のこと

ましてやこの年になって筋肉の量的な向上を図るよりも
質的な向上を目指した方が同じ結果を得るにしても効率がいいでしょう

そんなことを考えながら力の抜けた足を引きずって帰って行くのでした
まあ、本を読んだりデータを見ているだけでは味わえない実感を楽しみます

| | コメント (0)

2014/04/10

かわるもの かわらないもの

002

近くの幼稚園にある八重桜が咲き始めました
毎年ソメイヨシノが散ったあと
バトンタッチのように咲き始めます
どう考えても示し合わせたとしか思えないタイミングに感心するばかり

春という季節は変化の連続
いや、一年中何かが移り変わっていってるのですが
それに気づいていないだけのこと

「最近どうですか」と聞かれると
「相変わらずですわ」と答える私
変化が必ずしもいいものとは限りませんが
ちょっとは見習わないといけません

| | コメント (0)

2014/04/09

仏教ヨーガ入門

1101254686
仏教ヨーガ入門 飯島 貫実

むかし疑問に思っていたことがあって
お釈迦さまの教えにより仏教ができたのであれば
当の本人はいったい何の修行をされていたのだろう?
そんなことを考えたことがありました
王子の地位を捨て厳しく長い修行の結果悟りを開いたと聞きますが
やみくもに修行をなさってたわけではないようです

当時であれば伝統的宗教バラモンや新興宗教ウパニシャッド
そしてヨーガの行などが代表的なものだったそうです

釈迦が修行したのは宗教的なものだけではなく
肉体的実践であるヨーガの行もなさったとか

そのうち日本に伝わったのは心の智慧ともいえる部分が仏教として伝わり広まったようですが
実際に釈迦の得た悟りとは不可分一体の「心と身体の智慧」だそうです

本書はこれらの智慧は別々のものではあってはならのもので
両者は一体となってこそ正しいものになると説かれます
宗教と科学は一体のものであらねばならないということです

キリストや釈迦が起こした奇跡というのは
自然の摂理に従ったものであり
意外と科学的知識に基づいたものであったのかもしれません
人間というのは自分に理解できないものは奇跡としてすます傾向がありますからね

「医聖」といわれるヒポクラテスも立派な哲学者だといえるわけですから
むかしはそれが当たり前だったのかもしれません
逆に分離して考える現代の方法論には歪みが生じやすいとさえ思えるのです

本書は日本に伝わらなかった身体の智慧も含め
全体像を書いたものといえそうです

私自身も初学者ではありますがヨーガをかじっております
けっこうやってみると理にかなったことが多く
単なる柔軟体操というイメージとはまったく異なるものであり
現代医学でも把握していない「つながり」を感じることがあります
ちなみに「ヨーガ」という名前自体が「つながり」を意味する言葉で
心と身体、身体と身体、世界と自分などのつながりを感じることがあります

正直宗教的な要素が強いのではないかと思って読み始めましたが
宗教的要素もたくさんあれば科学的要素もかなり多のです
現代社会では二律背反するという見方が多いようですが
本書を読めばその方に無理を感じます

正直本書の内容は現代の科学にピッタリというわけではありません
人間の皮膚呼吸とかひと昔前まで信じられていたような偽科学を前提とするくだりもあるので
そこはある程度斟酌すべきだとは思いますが
血流の原動力となるのが心臓ではなく毛細血管であるという解説には一考の余地を感じました
いずれにしても発想は固定すべきではなく
自在に考え、違った角度からの考察の素晴らしさを与えてくれます

科学的であるか宗教的であるかなんてくだらない問題です
真理を追究する姿勢が大切です
「どこに行っても、いつになっても、道理と愛とにかなうものは、みな仏陀の教えでる」
こんな一節がありましたが宗教同士の違いや宗派の違いなんてどうでもいいこと
この言葉は古今宗教をめぐっての対立が今も続くこの世界において
一番必要なことだと強く感じました

| | コメント (2)

2014/04/08

再生

「日本一汚い川=大和川」が再生している…野鳥、魚の姿、水質改善示す数値も

Yamatogawa

 「日本一汚い」という汚名を着せられてきた大阪府、奈良県を流れる大和川。

 近年、水質は改善し、国土交通省の平成24年の全国一級河川の調査では、過去10年間に水質が改善された調査地点の上位4位に大和川が入り、25年の川全体の平均数値では過去最良だった。調査地点付近を訪れると、中州に止まっていた無数の鳥が舞い、岸辺を散策する人たちに安らぎを与えていた。しかし、水質ランキングではここ数年も下位に甘んじている。昭和40年代、生活排水や工場排水、ごみなどで著しく水質が悪化した大和川は再生したのか。(張英壽)

 ■四万十川に比べれば…

 大和川にかかる遠里小野(おりおの)橋。この調査地点が10年間の改善率で全国4位となった場所だ。大阪市住吉区と堺市堺区の境界になっている。

 初春のある日、この付近を訪れた。

 脳裏にあったのは「日本一汚い川」というイメージ。しかし、そこには白い鳥が中州で羽を休める姿があった。川幅は広く、水深はあまりない。遠くには、路面電車として知られる阪堺電気軌道の橋が見え、時折、電車が通り過ぎていく。鳥たちは一斉に羽ばたき、空中を舞った。ゆっくりと歩を進める首の長いサギも見えた。

 周りには工場が立ち並ぶが、橋の上から川の水を見下ろすと、透明度は高いようだった。

 川辺を散策していた堺市堺区の無職男性(68)は数年前に山口県下関市から引っ越して来たといい、ウオーキングのためによく来るという。「昔は知らないが、水は汚くないですよ。魚も見られるし、カモやサギ、そのほか白い鳥もいる。昔汚かったというのは想像できない」。

 川辺で練習をしていた私立高校陸上部の男子生徒(17)は「浅いところは底まで見える。数えられないくらい鳥の大群も来る」。ただ顧問の男性教諭(29)は、清流として知られる四万十川がある高知県出身で、「四万十川などに比べれば汚い。タイヤもあるし、ごみが多い。ひいてしまいます」と率直に感想を話した。

 川辺にはところどころごみが見えるが、それほど多いという感じもしない。生まれ育ったところで感じ方は違うということだろう。

 一帯は河口の大阪湾まで西へ5キロほど。国土交通省大和川河川事務所(大阪府藤井寺市)のホームページを見ると、河口区間は広大な干潟が形成され、ユリカモメやウミネコなどの集団休息地となり、カモ類やカモメ類が多く飛来すると記されている。魚類では、ボラやメナダなどが生息しているとしている。

 日本野鳥の会大阪支部の橋本正弘支部長は「大和川の河口付近はユリカモメが多い。鳥も異臭などがするといやがるので集まってこない。水質がよくなっていることのあらわれでは」と話す。

 ■アユ産卵、メダカも

 川の水質を示すのに一般的に使われるのが、生物化学的酸素要求量(BOD)という数値。微生物が水中の有機物を分解するのにかかる酸素量を指し、その数値が大きいほど水質が悪く、小さいほど水質がよいということだ。

 国交省と旧建設省は大和川で昭和38年からBODを調査。30年代までは人々が川遊びを楽しむ場所と親しまれていたが、高度経済成長期の昭和40年代には水質が急激に悪化。調査地点の平均で、1リットルあたり38年には4ミリグラムを下回っていたが、45年には最悪の21・4ミリグラムまで悪化した。

 悪化を引き起こしたのは、洗剤が入った洗濯や炊事場の水といった生活排水、工場排水、屎尿(しにょう)、ごみなどさまざまな要素がある。生活排水が川に流れる要因としてあげられるのが、下水道の未整備だ。下水道に流れた水は処理場で汚れを取り除くが、大和川河川事務所によると、大和川流域の普及率は、平成13年度まで全国平均を下回る状態が続いていた。またかつては大型のごみも多く、同事務所の担当者は「昔は産廃や車のスクラップも投棄されていた」と指摘する。

 国交省のBOD調査では最悪だった40年代以降、改善傾向となり、平成18年からは平均値で5ミリグラムを下回った。最新の25年では、観測史上、最も低い数値となる2・5ミリグラムを記録している。

 環境基準を満たしているかどうかをみる場合は、この平均値ではなく、複数の調査地点のデータから特別な算出をした「75%値」と呼ばれる別の数値を使う。それでみると、ここ数年、大和川は環境基準(中上流、下流で異なる)を下回っている。

 国交省が昨年8月に発表し、いまのところ最新データとなる24年の全国一級河川の水質状況では、過去10年間の改善状況として、大和川の遠里小野橋調査地点におけるBODが上位4位に入った。遠里小野橋は、前述した水鳥が飛び立った付近だ。14年は1リットルあたり6・1ミリグラムだったが、24年は2・1ミリグラムと3分の1までに減っている。

 さらに清流に生息するとされるアユの産卵が平成19年に初めて確認された。20年は確認されなかったが、21~25年も産卵が確認された。またメダカも平成2年以降、5年に一度の調査で確認されており、17年は最多の1356匹だった。

 ■11回「ワーストワン」

 大和川は全長約68キロ。流域は約千平方キロに及ぶ。一般的に、大和川など複数の都府県にまたがる大きな河川は、国が管理する一級河川だ。

 水質の改善が著しい大和川だが、昭和47年から平成23年までの国交省、旧建設省の調査で、全国の一級河川と比較したBODでは、なんと11回にわたり不名誉なワーストワンとなっている。下から2番目に悪かったのは23回、3位は5回、4位は1回。つまりこの40年間にわたり下から1~4番目に悪い水質を維持しているのだ。

 近年では、平成17年から19年まで3年連続ワーストワン。その後はいずれも下から20年2位、21年3位、22年4位、23年3位だ。全国比較ではやはり汚い川のままといえる。

 なぜ水質改善率が高いのに下位に甘んじているのか。

 「全国的に川がきれいになっている」。大和川河川事務所の担当者はそう指摘する。

 その大和川は現在、「汚れの原因の約8割が生活排水」という。流域で下水道が完全に整備されていないため、浄化されない排水が川に流入しているためだ。国交省のほか、流域自治体、企業などが協力し、水質改善に取り組み、ポスターなどで「食事を残さない」「食器やフライパンなどをふき取ってから洗う」「食べ残しなどを流さない」とアピールしている。

 「水質をよくするには、流域住民の協力が不可欠」と大和川河川事務所の担当者は強調する。

 ただ、国交省は「一級河川全体の水質が上がり、ほとんどで環境基準を達成しているうえ、同じ川でも上、中、下流で水質は異なる」として24年調査から、一級河川の平均値を出したうえでの比較をしていない。今後、大和川のランキングを知るすべはなさそうだ。

自宅から徒歩5分のところにある川です
小学生のころキリギリスを採りに来たこと
川の中で遊んでいて深みにはまり溺れたこと
高校時代通学で堤防を走ったこと
すべてが思い出です

そんな大和川が抱える悩みは日本一汚い川という汚名
見た目にはそんなに汚いという感じはなく
道頓堀川の方がメタンガスもわいてよほど汚いのですが
それでも大和川が立派に日本一の座を譲らなかったのです

二十歳のころ台風被害で堤防が決壊し
大きな被害を与えたのをきっかけに護岸工事が始まりました
同時に水をきれいにするため川底に凸凹をつけ
酸素を取り込むような工夫もなされました

それでも上流の家庭排水が主な原因ですので
そちらが改善されない限り川の水はきれいにならないわけです
長年かけて意識改革が進みメダカが戻るようになったのは素晴らしいことです

私が小学二年のとき大和川の近くにある農業用水でメダカの群れを見つけました
翌年網を持って出かけたら一匹もメダカがいなくて肩を落として帰ったのを覚えています

子供の世代や孫の世代でメダカを見ることができればいいですね

| | コメント (0)

2014/04/07

激変

暖かい日が続いたと思ったら
週末から冬が舞い戻ってきました
ここのところスプリングコートで出勤してたんですが
また皮ジャンを引っ張り出して
ニット帽・ネックウォーマー・手袋の三点セットのお世話になりました
一度暖かさに慣れた身体には堪えるこの寒さ
ひと月前だったらそんなに寒く感じなかったんでしょうが
やけに寒さが身にしみふるえながら自転車を走らせます

ようやく咲いた桜も週末を待たずに
冬の雨風でその花びらを落としました
ちょっと今年はお花見のタイミングが難しかったようです

しかしこの寒さも今日で終わるようです
明日からまた20℃を超えるそうで
木曜には24℃の予報ですから
半袖でもいけるくらいになりそうです

暑さも寒さも突然やってくるから身が持ちません
とりあえずは風邪をひかないように気をつけなければなりません

三寒四温も後半戦
昨日天気予報で今の時期が
年間で一番日々の気温差が激しいといってました

いつ用心するんですか? 今でしょ!
ちょっと前のはやり言葉を借りるとこうなります

| | コメント (0)

2014/04/06

AQUA SUPER COLLECTION

Img_0_2
AQUA SUPER COLLECTION

ギョーカイ用のCDというのがあって
これはダンス・エアロビクスなどのBGMで使われるものだそうです
AQUA SUPER COLLECTIONのシリーズはアクアビクスに特化したもの

1. September 2. Let's Groove Rap 3. Dancing Queen 4. Beautiful Sunday 5. Samba De Janeiro 6. 5.6.7.8 7. YMCA 8. Freedom 9. Never Ending Story 10. Cartoon Heroes 11. Video Killed The Radio Star 12. Ai No Corrida 13. We Are The Champions 14. Uptown Girl 15. Stand By Me

曲目を見ているととても懐かしいポップスばかり
しかしこれらは原曲ではなくダンス用アレンジとなっています
アルバム全体がひとつの流れがあり
一曲一曲の切れ目はなくメドレーのような構成

むかしお世話になっていたダンスインストラクターから頂いたCD
長いこと聴いてなかったんですが
久しぶりに聴いてみるとノリノリになりました

| | コメント (0)

2014/04/05

タジン鍋

001

ついこういうのを見ると中からハクション大魔王が出てきそうに思うのです
こういう差し入れも珍しいのですが
タジン鍋をいただきました
そもそも「差し入れ」というべきかどうかも問題ですが…

004

試しに作ってみたのがこちら
豆モヤシの上ににらを並べて
さらに上から豚肉をのせます

黒コショーと酒を大さじ一杯入れて
電子レンジで4分加熱
食べるときにポン酢をかければ出来上がり

これから蒸し野菜を食べる機会が増えそうです

| | コメント (2)

2014/04/04

連鎖

「痛い部分=悪い部分」
普通の感覚ならそう思うでしょう
事実そうであることの方が多いはずです
ただ当該個所に対するアプローチだけで問題が解消しないことだって少なくありません
私だけではなく多くのセラピストがそんな風に思っているはず
少なくともある程度の経験をお持ちの方なら同じことを思っているでしょう

ただ問題は「痛い部分」と「悪い部分」を結び付ける因果関係がはっきりとしていないこと
それぞれのセラピストが学びそういう関係性を主張されていますが
今の段階で多数の人が納得できる普遍性のあるものは少ないように見受けます
星の数ほどある手技療法でそれを学んだ者だけが盲信するというパターンもありますが
なかなかそれらをまとめて精査するという作業もできないんでしょうね

思うに一つの細胞同士が
一つの組織同士が
一つの器官同士が単独で活動することはありえず
すべてより高い機能性を求めて連鎖的に活動するからなんでしょう
それこそ天文学的な種類の連鎖があることで
スムーズな活動が展開されるはずです

だから「連鎖」というものを考えるにあたり
個別的な組織や部位からのアプローチをしていたらきりがありません
むしろ機能からのアプローチをした方が分別が多少は容易になるように思います

ここ数年で身体を見る角度が変わってきたように思います
長いことこの仕事をやってたら少しは進歩しないとウソですからね
後から付いてくる結果を見ればそれが正しいものであったかどうかもわかるでしょう

| | コメント (2)

2014/04/03

腸腰筋を診る

Sq159
月刊スポーツメディスン159

今月の特集は「腸腰筋を診る」
腰痛と腸腰筋の関係については
十数年前からそれが核心的問題だと位置付け
自分自身の中ではずいぶん研究してきたつもりですが
この特集を読んでみてまだまだ知らないことがたくさんあったことに気付きました

「腸腰筋症候群」というネーミングも初めて聞きましたが

腸腰筋内の悪性疾患の存在により起こる鼠径部・大腿・膝の痛み。身体所見として、患側の第1~4腰椎神経領域の神経障害、腸腰筋の攣縮を示唆する股関節屈曲固定がみられる

こんな定義づけがなされていました

ご高齢の方に腰が曲がった方をお見受けしますが
あれは腸腰筋が筋拘縮を起こし伸びない状態に陥ったもの
当然背骨(腰椎)にも圧迫がかかるので痛みが出ます
ただ従来ですと神経根の圧迫が痛みの原因であったり
椎間関節の痛みやヘルニアによる損傷部分が痛い
そういう説明がなされていましたが
今回の特集では大腰筋を貫通する腰神経叢自体が圧迫され
痛みやしびれが生ずるという解説もあり
私にとって謎だった疼痛の理由がわかったので
とても意義のある内容でした

またパピーポジションというストレッチや腹筋運動による
姿勢矯正体操も参考になりました

腰痛というものはわかっているようでまだまだ不明な点も多い障害です
ゆえに的確な処置がなされることなく
長年苦しまれている方が多いのが現実です
今後こういった研究がもっと進めばいいですね

| | コメント (0)

2014/04/02

満開

005

毎朝見る桜の花も満開になってきました
ここから先はお天気も定まらないようで
週末にお花見を予定している人は心配でしょうね
散り際の潔さが日本人の心をうつのですが
美しい姿を見せる日数が少ないのが残念でもあります

この間調べ物をしていたらとても興味深いことを見つけました
花の散るさまを表現する言葉は花によって異なるということです

桜は「散る」
梅やからたちは「こぼれる」
椿は「落ちる」
朝顔は「しぼむ」
菊は「舞う」
牡丹は「崩れる」

同じ現象に対し実に豊かな表現だとは思いませんか
それぞれの花の特性に合った言葉使いです

きっと咲き誇る姿だけではなく
散りゆく姿をも愛でる習慣があるからでしょうね
散るさまに「無常」を感じるという文化がこれらの言葉からも読み取れます

| | コメント (2)

2014/04/01

外反母趾

朝、玄関でモップをかけていると
ご年配の女性が私に近づいてきました
「こちらでは外反母趾って治せますか?」と尋ねられました
ほとんど間をおかず「たぶん無理ですわ」と言いました
もう少し言いようもあったかもしれませんが
妙な期待を持たせても気の毒なのであえてそんな言い方をしました

Img013

外反母趾もいくつかの原因があるそうですが
多くはハイヒールによる後天的なもの
足をきれいに見せるため幅の狭いものが多く
つま先は尖ったようになっています
当然足全体がすぼめられる上に
つま先なんて締め付けられます
とどめはかかとの高さ
体重はつま先にかかり
先にいくほど負担がかかる形状になっています

長年締め付けられた足は
親指の根元の中足骨という骨が内側にねじれてしまいます
結果親指の関節は人差し指側に向きを変えてしまいます
だから親指の骨の形が変わるのではなく
中足骨の位置が変わるのが本当の問題です
こんな状態になるためにはちょっとやそっとの期間ではムリ
何年、何十年の時間をこのような状態に変化します

世間ではいろいろな治療法、矯正法があるのは承知しています
ただ年数をかけて骨格の形状が変わったものを
安々と元に戻せるものではありません
それぞれの治療法の理論は納得できるのですが
治療に要する時間がどれくらい必要なのかはあまりいわれていません
いろんなやり方で治るかもしれませんが
何十年かけてというとピンとこないでしょうね

だから腰痛館に通うよりも
ご自宅で足の指を自由に広げられる生活習慣をお続けいただいた方が効果的だと思うのです
最近私自身も5本指のソックスを履き
鼻緒のある履物に変えています
そうすることで足の指の機能を取り戻し
正しい足裏の使い方を心がけています
幸い私は外反母趾ではありませんが
足のアーチや足の指という靴や靴下で隠された部分を
たくさん使うことが外反母趾の予防になると考えています
長年かけてなってしまった外反母趾を元通りにできるとは思いませんが
まずは悪い生活習慣を変えなければ
お話になりません

そのご婦人にはそんなお話をしてご納得いただきました
何度か外反母趾の施術をしたことはありますが
痛みは取れても外反母趾自体が治ったためしはありません
ということは同じ生活を続けているうちに
いずれは痛みが再発するのは予想できます

まずはどうして外反母趾になったのかを理解して
そうでない生活習慣を身につけることから考えないといけません

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »