« 千枚漬け | トップページ | ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》・第9番《クロイツェル》 »

2013/12/22

冬至

朝6時過ぎに出勤するとき
夜空に煌々と月が輝く今日この頃
寒さもMAXで首をすくめて自転車を走らせます

暗い中、家を出るようになって一ヶ月ちょい
ドンドン暗くなる空に不安を覚えていましたが
それも今日で折り返し
今日は一年でもっともお日様の恵みが短い日
そう、冬至です

暗闇の中でもここから次第に明るくなると聞けば
なんとなく希望も湧いてくるというもの
「陰極まれば陽となる」っていうやつですね

冬至といえばかぼちゃを食べる日という認識がありましたが
大阪では「かぼちゃ」といわず「南瓜」といいます
ひらがなで書けば「なんきん」となり
「ん」が2つも入っていることから
「運」がつくというシャレが事の始まりだとか…
昔は「南瓜を食べると中風にならない」といわれてましたが
今でいうと脳血管障害のこと

そろそろ同世代でそういう病に倒れる友人もチラホラ
50を超えるとそういうリスクも高まってくるようです
とりあえず南瓜でも食べて「運」をつけましょうか…

002


|

« 千枚漬け | トップページ | ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》・第9番《クロイツェル》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千枚漬け | トップページ | ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》・第9番《クロイツェル》 »