« Nobody's Tune | トップページ | 立ち仕事の人に腰痛が多いわけ »

2013/11/18

里夢(SATOMU)

005

世界をまたにかけてご活躍の後藤ミホコさんが
地元関西に帰ってきてのライブ
早い時間から立ち見が出る盛況ぶりです
お目にかかるのはスマイルアゲインで福島県でご一緒して以来

ミホコさんのアコーディオンには豊かな情を感じます
ファーストステージはフランスやロシアの音楽
ときには静かでときには激しく
物悲しげでそれでいて軽快なリズム
一つの楽器で物語が織られていくようです
ロシアやアメリカで撮影された写真をバックに
それぞれの想い出を音楽で奏でます

セカンドステージはパーカッションの西尾知子さんを交えて賑やかに
元気ハツラツ!ミホコさんのMCも冴えわたります

終了後は皆さんで打ち上げ
どういうわけか最近ライブを見て
そのままあっさり帰ってくることがほとんどなくなっています
たいてい打ち上げと称して飲んで食べて
こういうのが本来の音楽の楽しみ方として正しいのかと疑問に思いますが
それでもせっかくの機会を楽しまない手はありません

シャレた街並みの神戸で
シャレた音楽を楽しんできました

|

« Nobody's Tune | トップページ | 立ち仕事の人に腰痛が多いわけ »

コメント

こんにちわ!

地元関西に帰って来られてのライブは、
嬉しいものでしょうね。
神戸は、ほんとお洒落な街ですよね。

投稿: うさうさ | 2013/11/18 14:07

普段は東京で活動なさっておられるので関西に帰ってこられるのはなかなかない機会だそうです

神戸、京都、奈良、大阪など近畿の街はそれぞれ特色がありますから面白いです
とりわけ神戸はオシャレな街です

投稿: ひろ | 2013/11/18 14:24

後藤さん、福島に来ていただいた時と変わりませんね
縁があつた人達が、活躍されているのを聞くととても嬉しいですよね(^-^)
またお会いできる日が来たら最高です(*´▽`*)
よかったですね(^_^)

投稿: おけい | 2013/11/21 20:42

平田村出身の佐藤文子さんも一緒でした
パワフルな演奏はあのときと同じ
ジュピアランドひらたのときのようにこうふんしました

投稿: ひろ | 2013/11/21 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nobody's Tune | トップページ | 立ち仕事の人に腰痛が多いわけ »