« MASTERキートン | トップページ | Homage to Mahatma Gandhi »

2013/06/15

昔のめんつゆで食べる素麺

008

夏といえば素麺です
もちろん冷たいのでないとお話になりません
子供ころは学校のプールから帰ってきて
昼ごはんに素麺を食べて

炎天下の中虫カゴとアミを持って飛び出していく
まったくいつ勉強をしたのかまったく記憶にない夏休みを過ごしたものです

そのころは市販のめんつゆなんてありはしません
どこのご家庭でも朝のうちにめんつゆを作り
冷蔵庫で冷やすのが当たり前でした

010

干しシイタケと干しエビを前の晩から水につけておきました
それらを取り出しシイタケを細かく刻んでおきます
その間に昆布でダシを取り
醤油(薄口と濃口)・酒・みりん・砂糖で味を調えます
食べるときは冷やして食べますので若干濃目の味に仕上げます
そこに再びエビとシイタケを入れ煮込みます

冷蔵庫でじっくり冷やして
ショウガ・ネギ・錦糸卵をトッピング
たっぷりとエビとシイタケを入れてダシを注げば出来上がり

013

いくらでも食べられそうです
けっこう面倒なんですが
たまにはノスタルジックな味に浸るのもいいものです


昼からはセミとりではなく仕事です

|

« MASTERキートン | トップページ | Homage to Mahatma Gandhi »

コメント

こんにちわ!

干し椎茸は、萩の母が、こうやって、
作っていたので、懐かしいな。
干し海老も入ると、より美味しいでしょう。

素麺、買ってはいるものの、まだ出番がなく
そろそろ、明日あたり、作ろうかな。

投稿: うさうさ | 2013/06/15 10:56

初めて市販のめんつゆが売りだされたときそっちの方が美味しいと思ったのですが
所詮は化学調味料の味、ある程度で飽きてしまいました
やっぱり手間ひまをかけた本物の味にはかないません

邪魔くさいですがこれは美味しいです

投稿: ひろ | 2013/06/15 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MASTERキートン | トップページ | Homage to Mahatma Gandhi »