« こんなはずでは | トップページ | 夏日 »

2013/05/21

月刊トレーニングジャーナル6月号

Tj
月刊トレーニングジャーナル6月号

今月の特集は「ケーブルやスリングを使ったトレーニング」
あまりこのジャンルは関心がなくって知識もないので
こんな種類のトレーニング方法もあるんだなというのが最初の印象でした

しかしそれにしても吊り下げるという状態は
通常のトレーニングでは作れない環境を構築してしまうことに驚きました
大地に足をおろしているときとは違いとても不安定になるみたいで
通常とは異なる筋肉に使い方を余儀なくされるようです

そしてその応用範囲の広さにも注目すべきです
リハビリ時に負荷を軽減する手段にも用いることができるわけですから
そのさじ加減で色々な場面に使えるみたいです
反面さじ加減の難しさは感じてしまいます


Sinkottyou

連載コラム「からだことばに学ぶ知恵」
今月のテーマは「真骨頂 愚の骨頂」

その人らしい素晴らしい働きをすれば「真骨頂」といわれますが
それがその人の本来の姿かどうか怪しいもんです
「愚の骨頂」と人から後ろ指を指されても
意外と本人は必死で頑張っているのかもしれませんよ

|

« こんなはずでは | トップページ | 夏日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなはずでは | トップページ | 夏日 »