« 半月板損傷 | トップページ | 桜に鶯 »

2013/04/03

花散らしの雨

003

毎年この時期だけ通勤経路を変えます
サクラサクこの季節
この風景を楽しむためです

楯原神社に咲く桜
後ろに控える大きな緑の木
喜連の中心に位置するこの場所にある
もっとも風情のある風景です

008

満開の花の横から青い葉が顔をのぞかせます
季節は着々と次の準備をしています

一番いいところに無情の雨
これも自然の摂理と言わんがばかりに花弁を散らしても
それに対抗するように今度は目の覚めるような緑がその姿を見せます

日本人が愛する桜は
桜の花だけではなく
散り際の潔さと次に現れる青葉の息吹
諸行無常を積極的に実現するその様にあるように思います

変わりゆく日々を嘆くのではなく
主体的に変わっていく力強さとしたたかさを感じずにはいられません

|

« 半月板損傷 | トップページ | 桜に鶯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半月板損傷 | トップページ | 桜に鶯 »