« 疲労骨折への対応 | トップページ | Hip Pop Bop »

2013/04/17

軽く汗をかけば

暖かい日が増えてきました
まだ三寒四温の途中ですので寒い日もありますが
それでも珍しかった暖かい日が今では当たり前のように感じるようになりました

毎朝ウォーミングアップをしていますが
すぐに身体が温まってくるのがわかります
朝に身体を動かす目的は寝ている間はほとんど身体を動かしません
当然昼間に比べると血流量も減ります
こうして心臓もお休みモードにはいるわけです
心臓だって活発に動きっぱなしでは大変です
かといって止まると死んでしまうので
寝ている間だけその活動を最小限にしているようです

ところがこの間、血流量も必要最小限にとどまりますので
身体は冷えてしまいます
体温の維持は暖かい血液が全身を流れることで成り立っています
血流量が少なければ当然身体は冷えてしまいます
冷え症の人は血液の循環が悪いのが原因となるのも同じ理屈です

さて起きぬけの身体は一日のうちでもっとも冷えています
寝ている間はそれでよくても起きて活発に動くには少々もの足りません
だからお休みモードもエンジンをかけ直してやる必要があります
それがウォーミングアップというわけ
運動で身体を動かせば次第に身体が熱くなってきます
これは血流量が増えてきた証拠
軽く汗をかく程度まで動いてやると
身体の機能全体が目を覚まします
これで一日働ける身体の出来上がり

逆にウォーミングアップをしないと
代謝量が上がりませんので長いこと身体は冷えたまま
本人はあまり気付くことがないのでわかりにくいのですが
身体の機能が幾分低下した状態で過ごさないといけません
身体感覚でいえばスッキリと身体が動かないとか
身体が重いというような感じがします
当然能力的には落ちていますので思ったように動けません
スポーツのように極限に近いレベルまで動かせばその差は一目瞭然
しかし余裕を持って動いている日常生活レベルではあまり気付くことはありません
それでも毎日身体が重たい、疲れやすいなどの自覚はあるはずなんですけどね
生活上の動きだけではありません
内臓の動きだって脳の活動だってけっこうな血流量を必要とします
とりわけ脳は身体の中でもっとも酸素や糖質を必要とします
それらを運んできてくれる血液はこれらの活動の生命線といえます
あるいは免疫力と血流量は密接な関係があります

何もハードに動けばいいというのではありません
疲れてしまいますからね
あくまでも軽く汗をかく程度が一番いいところだと思います
「鍛える」という目的ではなく
「一日を普通に過ごす」という目的ならばその程度で充分です

今日もスッキリ身体が動いてしっかりと仕事ができそうです

|

« 疲労骨折への対応 | トップページ | Hip Pop Bop »

コメント

おはようございます!

ウォーミングアップって、大切なのでしょうね。
私は、それとは違うのですが、毎朝、ちょっぴり
体動かしてます。

ここ数日は、大分暖かいので、過ごし易いです。

投稿: うさうさ | 2013/04/19 09:04

また新しいことに取り組んでいます
ウォーミングアップも手を変え品を変えでやるとけっこう飽きないです

軽く汗をかく程度が一番楽だし効果的だと思います

投稿: ひろ | 2013/04/19 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 疲労骨折への対応 | トップページ | Hip Pop Bop »