« チェンバロ協奏曲集 | トップページ | 目まぐるしい »

2013/03/11

3.11

おそらく今日は日本中のいたるところで
二年前の今日を思いだしているに違いありません
いまだ傷跡も癒えず苦悩の日々を送っておられる方も多いと聞きます
反面記憶が風化したのかあるいは意図的にさせたのか
原発問題も新たな局面を迎えようとしています

「絆」という言葉で結ばれたはずの日本人も
それぞれの考えがありそれぞれの生活があることを感じずにはいられません
それは否定すべきことではないと思います
しかしあまたの問題を抱える中
自分たちの考えを押し付けようとするだけでは
本当の進展は望めないように思うのです
少しずつでもお互いの立場を理解し
尊重した上で議論できないものかと思います
どちらか一方じゃなくてすべての人がそうあればいいのにと願わずにはいられません

今年もまた福島に行くことが決まりました
自己満足でもいいから何か自分にできることを
そんな思いだけしかありません
大それたことを考えようとしても自分にはちょっと荷が重いのです

とりあえず考えるだけよりも何かした方がいいように思うのです
日本中いや世界中の多くの人が手を差し伸べたのですが
寄付した金額や行った回数は問題ではありません
むしろ想いを持ち続けることが大切なのかもしれません

|

« チェンバロ協奏曲集 | トップページ | 目まぐるしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェンバロ協奏曲集 | トップページ | 目まぐるしい »