« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/31

今年を振り返って

037

一年の締めくくりに食べ物の画像が出てくるあたり
いかにもこのブログらしいとは思いませんか

今年の5月5日に福島県に行ったとき
とてもお世話になった佐藤様宅でご馳走になったタラの芽の天ぷらです
今年食べたもので一番印象に残っていて
この一年を象徴するものとして画像をアップしました

ずっと行きたいと思っていた東北に行くことも叶いました
多くの人たちと出会いいろんな出来事があって
私にとって大変意義のある旅になりました

仮設住宅や平田村で大勢の方に施術させていただきました
どこへいっても準備が済んだ段階で施術を受けたいという方がたくさん集まり
本当に盛況で福島へ行った甲斐があったというもの
多くの方に喜んでもらいこの仕事の原点に触れたような気がします

たとえどれだけ優れた技術を持とうとも
誰にも相手にされなければお話になりません
一生懸命頑張って施術しても喜んでもらえなければ職業として成り立ちえません

これでもかこれでもかというほど
多くに人たちに集まっていただき
多くの方に喜んでいただいたことは
これから先私が今の仕事を続ける上で
大きな財産になるだろうと思います

私の独りよがりな気持ちも
福島で出会えた人々のおかげで
とても素晴らしいものに昇華したように思うのです

気がつけばその一年も終わろうとしています
明日から始まる一年にはどんなことが待っているのでしょう
きっと今年よりもさらにワクワクできることが待っているように思います
来なければ自分で探してでも実現したいです

| | コメント (4)

2012/12/30

本日休業

今日は今年2回目のお休み
厳密に言うとGWは東北に行ったので
もう2日閉めたことになりますが
あのときもずっと整体をやってたので
一応そういうことになります

毎年12月30日は餅つきと正月の買いだしのために
お休みをいただいております
途中経過は随時アップするかもしれません

尚、明日は通常通り営業いたしますので
爽やかな身体でお正月を迎えたい方は
ぜひお越しくださいませ
まだ空きはあります

| | コメント (0)

2012/12/29

デミグラスソースで作る鶏肉とキノコのカチャトゥーラ風

006

なんかエライ雰囲気のある名前の料理なんですが
わずかに残ったビーフシチューを有効利用しようとネットで探してたら見つけたレシピです
市販のルーを使った何の変哲もないビーフシチューなんですが
2日間かけて牛すじをとけるまでに煮込み
玉ねぎもとけるほどになったのでもったいないと思い使ってみました

レシピは簡単
先に玉ねぎとシメジをオリーブオイルで炒め
塩コショーで軽く味付けをします
いったん皿に取り出し
バターで鶏肉を炒めこちらも塩コショーで軽く味付け
これらを一緒にして軽く炒めてから
デミグラスソースをかけてしばらく煮込みます

バターを使っているのでデミグラスソースの酸味は消え甘さが引き立ちます
溶けてなくなった牛すじと玉ねぎが味に深みを与えます

カチャトゥーラって本当はトマトを使って煮込むイタリア料理だそうですが
それでアレンジだとそのサイトには紹介してありました

ハッキリ言ってメチャ旨です

| | コメント (1)

2012/12/28

読書タイム

毎月何冊か本を読んでいますが
サラリーマンのころなら通勤電車が一番落ち着いて読めました
人によってはトイレの中が一番落ち着くという人もいるらしく
それぞれの慣れた環境がいいようで
意外と机に向かってさあ読むぞと思っても
落ち着かなければ読みにくいもの

今の私の環境では予約が空いているときが本を読みやすいのですが
それでもやはり仕事中ですので
次の時間に来られる方のことが浮かんでくると
なかなか本に集中するというわけにもいきません
それと机の前にはPCがあるので
ついつい安易にネットの方に走ってしまうので
意外に時間があってもゆっくり本を読むということは難しいようです

ここ10年ほど枕元で読むのが一番落ち着きます
しかも寝る前に読むのではなく
早く目が覚めたときが一番集中して読んでいます
あまり早く起き過ぎてもやることもないので
とりあえず起床するまでの時間つぶしとして本を読む
これが私のスタイルとして定着してもうずいぶんになりました

ところが最近どうもいけません
あまりの寒さにおちおち本を読んでいられません
昨日の明け方は氷点下だったそうで
本を読んでいると肩や首が寒くなり震えてくるのです
ここ何年か自宅では冷暖房を使いません
慣れるとなんとなくそれでもいけるものなんですが
この寒さはいけません
30分も読んでいれば自然に震えてくるのです

貴重な読書タイムを震えて過ごす私
しばらくすると耐えられず頭から布団をかぶって寝るしかありません
これからが冬も本番
春とは言わないまでももうちょっと快適な読書タイムにならないものでしょうか?

| | コメント (0)

2012/12/27

洋ナシ

005


ルレクチエという名の洋ナシをいただきました
産地は新潟なんですがそれでも洋ナシです
「洋ナシ」という響きにどことなく親近感を覚えてしまいます

最近、珍しい果物をいただく機会が多く
先日は生まれて初めて食べたキウィフルーツに次いで
洋ナシも食べるのが初めて
その気になればお店でも売ってるんでしょうが
関心がなければ手に取ることさえありません

長いこと生きてたらいろんな物を食べられるもんです

| | コメント (2)

2012/12/26

慣れてないことをやると

暮れも押し迫ってくると何かと忙しくなるもの
しかも普段やらない作業で堪える人が増えてきます
ルーティンワークというか慣れた動きであれば
動きの中で使われる筋肉も慣れたもので楽々こなせます
ところが普段滅多にしない動きには筋肉が対応できないのです
老若男女を問わず皆同じ筋肉を持ってはいるのですが
それぞれの筋肉の能力には個人差があります
筋肉というものは使わないと衰えるもの
本人はいつでも当たり前に使えるだろうと
根拠のない自信を持っているんでしょうが
予想以上に能力は落ちています

こんなことくらいできるだろうと思って作業を始めるのです
確かにやってみると意外にできるんです
しかし問題はその後
1~2日後に身体が悲鳴を上げます

「高をくくる」という言葉があり
「高」とは金額や物の数量をいい
それらを計算することから生まれた言葉だそうですが
「高をくくり」見積もった計算が外れるときに使います

要するにこれくらいの作業や運動は問題なくできる体力があるはずだと見積もったところ
計算違いがあり数日後に痛い目を見るわけです
いつまでもあると思うな金と体力
年をとると体力が低下するのはみんな知っています
それなのになぜ自分だけが「できるだろう」と思うのですか?
おかしいじゃないですか

だから普段しないことやるなというのではありません
やらなきゃさらに衰えるのみです
たまには痛い目をしながら普段の運動不足を知るのも悪くありません
「痛感」とはこういうことを言うのかもしれません
でも気をつけることでその程度を変えることはできます
作業開始の前に軽くラジオ体操をしたりするのも一つの手
根を詰めてやらずに適当に休憩するのもいいでしょう
本当は普段から少しずつそういう動きをやっておくにこしたことはないんですけどね

押し迫ってから慌てて大掃除にかかる人もいます
買い物、部屋の整理いろんなことをしなければなりません
毎年、年末年始はそういうことが原因でお越しになる方が少なくありません
多少のことなら笑い話ですみますが
腰が痛くて動けないというのでは
楽しいはずのお正月も寝ていないといけません

極端に寒い日が多い今年の冬
用事をやる前に準備体操をするといえば
人に笑われるかもしれませんけど
グキッととやればもっと笑えませんよ
今年はそういう方が何人来られることでしょう

| | コメント (0)

2012/12/25

しぶとく残る

009

吹きつける木枯らしに葉もとっくのむかしに吹き飛ばされたというのに
いくつかの柿の実が枝にぶら下がります
渋柿なのかカラスにさえ相手にされないいくつかの柿の実

世知辛いご時世、あまり景気のいい話も耳にしません
むかし勤めていた会社も危なそうなんて情報も飛び込んできました
この世界に入るとき会社に残った連中には決して負けるまい
そんな意地が支えになって頑張ってきたのですが
複雑な気持ちが広がります

ふと見た柿の実に自分を映し
こうありたいと思ったのは今の周りの環境ゆえかもしれません

せめて実は落ちても種が芽を出し育っていく
そんな姿を想像したのです

しかし北風は冷たいもんです

| | コメント (2)

2012/12/24

ヒマなときには

005

近頃極端な寒さと暖かさが交互に襲来します
こういうときは忙しくなるのがいつものパターン
予約が埋まってなくても油断できません
いったん電話がかかりだしたらけっこう続いてかかってきて
その日の予約が全部埋まることもあります

それでもそうそう忙しい日ばかりではありません
しかしそんな時にもやるべきことがたくさんあります
年賀状も早くやってしまわないとすぐにお正月が来てしまいます
とりあえずこれで年賀状は完成
それでもやってしまわなければならないことはまだまだ残っています

| | コメント (0)

2012/12/23

ホワイト・クリスマス ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

年内最後のアルバム紹介
毎週日曜日はこれをやっているわけですが
それでもネタはつきません
気がつけば腰痛館にある音楽CDも
500枚を超えてしまいました
置く場所に難儀しております

41cwg4hqndl_sl500_aa300_
ホワイト・クリスマス ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

その中でクリスマスソングのアルバムって何枚持ってるのか数えたことはありませんが
おそらくその中でこのアルバムが正統派の雰囲気があるように思います

アマゾンのレビューを見ているとビル・エヴァンスの影響を受けているとか
すごくマニアックな評論もありますが
そこまで理解できる耳もない私にとっては
聴き心地のいいイージーリスニングという位置づけ
もちろんステキな演奏だからこそ一日中BGMで流れていても嫌味がないわけで
ゆったり流れる時間を演出してくれるアイテムといっていいでしょう
もうすぐこういう音楽が聞けなくなるのも寂しいもの
この季節限定で楽しめる極上の音楽です

| | コメント (2)

2012/12/22

牡蠣のオイル漬け

結構な量の牡蠣をいただきました
しかし家族は牡蠣が食べられません
そこで保存のきくものをと考えました

010

牡蠣に塩を振ってからしばらくおいて水で洗います
十分水を切ってから(ペーパータオルで水気をとりました)
オリーブオイルで炒めます
炒める前に鷹の爪を入れておくと辛味がつきます
塩コショーを降って水気がなくなるまで炒めて
オイスターソースをからめて第一段階終了
この工程で半分の牡蠣を食べてしまいました(笑)

012

冷めてから容器に移し替えオリーブオイルをひたひたになるまで入れます
ローリエとガーリックパウダーを入れて冷蔵庫で2日間ほど保存

004

たまたまあった山芋を短冊にして敷いた上にオイル漬けを乗せました
山芋短冊に少し塩気が足りなかったので醤油をかけていただきました

しばらく保存するつもりがすぐになくなったのが誤算
これならいくらでも食べられますから…

| | コメント (2)

2012/12/21

121220074240

昨日の朝の風景です
近くにある田んぼに霜が降りていました
こういうのを見るのはずいぶん久しぶりのような気がします
この日の大阪は1℃を割り込むほどの寒さだったそうで
土が見えるところは一面に白くなっていました
この隣の畑にある白菜も上の部分が白くなっています
雪景色とはまた違う光景ですね

この写真を撮ったあとお墓参りに行ったら
花を供える筒に中には氷が張っていました
やっぱり外に出てこそ冬を実感できるようです

| | コメント (2)

2012/12/20

見えてきたこと

「どこまで深い層の筋肉を緩めることができるか」
それが修業時代の大きな課題でした
おそらく皆が「自分こそが一番」と思っていたかもしれません
判断基準が不明確で判断の仕方すらあいまいなものほど
自分に有利に解釈しがちです
今から考えればこの世界に入って間もない者同士
ああでもないこうでもないと競い合うもたかだかレベルはしれています
それでも大海を知らぬ自称かわずたちは「我こそは」と思い
いずれこれで飯を食おうと切磋琢磨したのでした

そのころ拘縮した筋肉をどれくらい弛緩させることができるかが
一番興味のあったことでどういうテクニックをどのように使うか苦心したものです
懐かしそうにむかしを語ってはいますが
実はいまでもその命題は変わってなかったりします
さすがに筋肉を緩めたらそれだけで済む
そういう一元的な発想はなくなりましたが
それでも筋拘縮を解くというのはそんなに簡単なことではありません
今もなお同じことで苦労していることにはかわりません

それではあのころから何も進歩していないかというとそうではありません
当時は筋肉が硬くなってしまったという事実に対して
硬さの程度という次元のみで見ていたのですが
今では硬さの質や硬さの奥行き
あるいは硬くなった原因や時間の推移を探ろうとします
各部位でどのような関係性を持ち
どういう順番でやれば効率がいいか
けっこうそんなことまで感じて考えるようになりました
これが十数年の積み重ねなんだろうと思います

それでも思う通りの結果が簡単に出るかといえば答えはNo
組み立てはできるようになったとは思いますが
それでもまだまだ足りないことが多いということなんでしょうね
あと10年ほど経って振り返ったとき
今の私が可愛らしく思えるようにしないといけません
人の身体は奥が深い
そんな当たり前のことが身にしみて感じる今日この頃です

| | コメント (2)

2012/12/19

暖かくなっても寒くなっても

先日の土曜日から突然暖かくなりました
何でも最高気温が17℃になったとか…
ちょっと前に最高気温が7~8℃だったのに
わずか数日で10℃近く上がりました

当日忘年会で梅田に出かけました
少し時間があったのでリニューアルした阪急百貨店を覗いてみました
ギョーカイから離れてずい分年月も経ちましたが
やっぱりこういうのは気になるわけです

しかしすごい人出です
お歳暮とクリスマスプレゼントの需要で
2~3週目の土日が年間の売上で一番大きい日であることは
私も嫌というほどわかっています
わかってはいても突然の暑さと人の多さにすっかり参りました
しばらくは頭はボーっとしたまま
やっぱり慣れていないといけませんね

どうやらこの日からの暖かさに参ったのは私だけではなかったようです
翌日の日曜はひっきりなしに電話がかかり予約はいっぱい
結局残業つきで一日が終了
そのほとんどの方は急激な気温の変化で自律神経が乱れたと思しき症状ばかり
寒いときならいざ知らず
暖かくなって体調不良など誰が予想するでしょう
でも温度変化は寒くなっても暑くなっても
身体に大きな変化をもたらします
調子が良ければすぐさま対応してアジャストできるんですが
それが上手く作動しなければどこかに不調が起きます

今度はまた寒くなるとか…
暖かい穏やかな気候に慣れたタイミングでの寒さは
あまりに酷といえば酷
今度もまた気をつけなければいけませんね

| | コメント (0)

2012/12/18

こむら返り

先日ある場所でこむら返りの話をしていたんですが
こむら返りが発生するメカニズムについて考えていると
自分自身まったく知らなかったことに初めて気付きました

まあだいたいのところ冷えたときとか疲れたときに起きる現象で
あとは夏場汗を大量にかきミネラルが不足すると起こりやすい
そんな程度の認識しかありませんでした

それと「こむら」というのは「腓」と書き
ふくらはぎの腓腹筋の痙攣のこといい
それ以外の部位の痙攣はこむら返りとはいわない
その程度のことはなんとなくわかっていました

一応そのとき頭をひねって考えたのは
不随意な筋肉の収縮だから筋紡錘から脊髄までのシステム異常
つまりは「α運動ニューロン」の異常ではないかと思ったんですが
帰って調べてみると詳しいメカニズムは未だはっきりとせず
α運動ニュウーロンを含む下位運動ニューロン終末部の過興奮の問題として捉えられているそうですが特定にはいたっていないといいます

調べてみたらこういった痙攣っていろんな原因で起こりうるそうなんです
脱水・電解質代謝異常・腎不全・血液透析・甲状腺機能低下症・妊娠・脊髄性筋萎縮症や多発神経炎などの神経原性筋萎縮をきたす疾患・下肢静脈瘤
ウィキペディアで拾ってみたらこれだけ多くの原因がありました

単なる疲労や冷えで起きるケースがほとんどでしょうが
甘く見ているとこれだけ多くの原因があるので
命の危険を伴う場合もあるんですね
ケースバイケースで慎重な判断をして
速やかに専門医の診断を要する場合もある
そう肝に銘じておかないといけませんね

なんとなく知ってそうで知らなかったこむら返り
普段よくある現象で気楽に考えてたんですが
現代医学でも解明できていない部分もあるようです

| | コメント (0)

2012/12/17

分習法と全習法

Tj
月刊トレーニングジャーナル1月号

今月の特集は「分習法と全習法」
スポーツに限らず学習における課題の解決方法として
最初からひとまとめにして全体を反復練習する全習法と
問題点だけをピックアップして練習する分習法とがあります
ケースバイケースでやりようも変わるでしょうが
両者をうまく組み合わせて取り組むことが必要です

体育の授業で生徒たちにサッカーを教えるのでも
ずいぶん本格的な方法があるんですね
スポーツは身体でやるもの
そんな既成概念を覆した指導法には感動します
考えながらスポーツに取り組みまた考える
そして生徒たちに問題意識を持たせて取り組ませ
問題解決を実現させることで「生きる力を育む」という大きな目的を果たす
学校教育の大きな変貌に期待したいものです
知識を詰め込むだけの学習がどれだけ役に立つのか
私自身が通ってきた道の中で抱いた大きな疑問
それに対する一つの道筋であり光明でもあります
こういう発想が学校教育の現場で広く実現されんことを切に祈ります

今回の特集を拝読しむかしと今のスポーツの捉え方の違いに感銘を受けました
スポーツだって勉強だって体力・気力・知力
そして考える力が必要なんだろうと思います

005

連載コラム「からだことばに学ぶ知恵」
38回目のテーマは「どっこいしょ」
これだって立派な「身体言葉」
いつの間にか立ちあがるときに「どっこいしょ」というようになりました
まさか「どっこいしょ」に語源があるとは知りませんでした

たまたま観ていた映画「座頭市」で
祈祷師が「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」と祈るシーンを見かけました
「六根清浄」が「どっこいしょ」の語源となったいきさつは?
スポーツで声を出すのはなぜ?
老化が進む私の未来はどうなるの?

声を出して、元気を出して今日も頑張りましょう

| | コメント (0)

2012/12/16

Fragrance of Notes

51jk08i4xwl_sl500_aa300_
Fragrance of Notes mama! milk

生駒祐子(アコーディオン)と清水恒輔(コントラバス)のデュオ
2008年リリースのアルバムですが今はもう売ってないんですね
この二人の独特の世界観が好きです
ノスタルジックな音楽が異国情緒を呼び起こします
それでいて無国籍というか特定のジャンルに偏らない音楽は
リリースされるアルバムごとに個性豊か

hourglassのテルミンはあまり馴染みのない楽器ですが
か細い音色印象に残ります
ちょっと怪しい感じの曲調もmama! milkらしいですね

こみ上げそうな感情をグッと抑えたクールな大人の音楽
北風が吹く中、音の温かみが恋しくなる
そんなアルバムです

| | コメント (0)

2012/12/15

鶏肉のクリームソース煮

003

来週くらいから鶏肉の値段が上がりそうなので先に食べておきます
小麦粉を牛乳でといてバターを熱した鍋に少しずつ入れていき
へらでかき混ぜながら煮込んでいきます
コンソメと塩コショーで味付け

フライパンで鶏肉を焼いて焦げ目がつきだしたころ
クリームソースを入れて弱火で煮込みます
焦げないように気をつけながらやらないととんでもないことになります

クリームソースの味加減がわりとよく
我ながらいい出来栄えだと思います

| | コメント (0)

2012/12/14

整体師走る

ここしばらく寒い日が続きました
最低気温が2~3℃という日が多く
出勤がつらい今日この頃

職場についてすぐに暖房を入れても
オープンの時間までに部屋は温もりません
午後3時ごろになってようやく室温が20℃を超えます
ひと冬に何回かはこんな日があるんですが
今年の冬はなかなか手厳しい
連続で極端に寒い日が続くんですもんね

冷えるのは部屋だけではありません
私自身の身体も冷え冷え
普段準備体操をしっかりしているともりではありますが
それだけでは身体が充分温もりません
最近、室内でベッドの周りをクルクル回りながらランニングをしています
手っ取り早く身体を温めるには一番いい方法なんです

しかし狭い部屋で2mたらずのベッドの周りを何度も何度も走る有様は
ハムスターが回し車で遊ぶ姿さながら
どう見ても格好のいいもんではりません

それでも冷えた身体で仕事をすると疲労も倍増
いい仕事なんてできるはずもありません
軽く汗をかくくらいでやめておけば
いいウォーミングアップになります

「師走」という言葉を身体で感じながら今日も走ります
週末からは気温が上がるそうです
これはこれでいやな予感がします

| | コメント (2)

2012/12/13

こんなときに限って

去年の今頃もヒヤヒヤだったんです
年賀状を印刷する前にパソコンから異音が出だし
調子が悪くなりました
修理に出したらまず年内には帰ってこない
それでは不都合がありすぎるので
だましだまし使って事なきを得ました
その後パソコンは修理に出すも
結局電源ユニットの不調ということで
金額的にパソコンを買えるくらいになるということだったので
そのまま引き取り音が出だしたら電源ユニットの掃除をしながら誤魔化しています
一応替えの電源ユニットも手に入れたのですが
作業が困難で今のところ手つかずです

さて今年ですが…
今度はプリンターが言うことを聴きません
エラーが出て調節をしても正常に動きません

009

修理に出しても本体を買う方が安いでしょうし
当然年内に間に合う見込みもありません
結局安~いプリンターを買うはめに…
どうして年末を狙って故障がおきるのでしょうか?
余裕を持って年の瀬を過ごしたいのに…

001

あとインクが到着したら年賀状にかかることにしましょう

| | コメント (0)

2012/12/12

どこかにいってしまったものたち

41c7x1rweyl_sl500_aa300_
どこかにいってしまったものたち クラフト・エヴィング商會

嘘と出鱈目は似て非なるもの
「いつわり」を生み出す過程がまったく逆
サイコロを振った「出た目」を語源とする出鱈目は出たとこ勝負
つまり成り行き任せのいい加減なことを言います

その点嘘は違います
いやしくも人を欺罔せしめんとする目的があるわけですから
用意周到なものでなければ人を欺くことはできません

両者の差は意識・能力・努力という様々な点において正反対といってもいいでしょう
だからといって「嘘」が素晴らしいものであるとは言えないわけで
その目的が利己的でありなおかつ他人に損害を与えるものならばもってのほか
非難されてしかるべきでしょう
しかしながら他人を幸福にするための嘘ならばその虚構にも価値はあると思います
「嘘も方便」といいますが利他の精神から生み出されるものはむかしから認知されているようです

さて「どこかにいってしまったものたち」という本
クラフト・エヴィング商會という架空の商品を扱う架空の会社が
かつて取り扱って今はない商品を紹介したもの
当然架空の商品であるからそれはまったくの嘘っぱちなんですが
当時の宣伝用チラシや取扱説明書の写真まであるわけですから
状況を知らずに読めば混乱してしまうこと請け合い
ここまで用意周到な嘘は傾聴に値します

暗闇を作る「アストロ燈」
一生に一度だけ使用可能な「全記憶再生装置」
「瞬間永遠接着液」などの「かつてあった商品」は奇想天外
「いったい何に使うんだろう」という興味がわいてきます
その興味の上に重ねる嘘は大人のファンタジー
きれいにまとめ上げた文章に「粋」を感じます

昭和・大正・明治に広がる幻想的な世界が本書の舞台
ノスタルジックな味わいにニヤリと笑えるユーモア

同じくクラフト・エヴィング商會の「ないもの あります」という本を読んで
独特の世界観が気に入りソッコウでアマゾンアタック
頭の柔軟体操にはうってつけの本です

| | コメント (2)

2012/12/11

行ってきました

009

平野区役所です
ここに来るのも久しぶり
去年に母親の介護の手続きかなんかで寄ったきり

ちょっと野暮用がありどうせ出かけるならと初めて不在者投票をしてきました

010

選挙管理委員の方もすごく丁寧に接してくださり
手続きもスムーズ
意外と楽に投票できました

日曜日に行けないこともないんですが
朝6時過ぎに喜連まで来て
朝食をすませ、昼食の準備をして洗濯をしてから
再び瓜破に帰り投票するのもすごく時間のロスがあり
慌てて戻って仕事の準備にかかるのもイヤなんで
今回初めて不在者投票をしてきました

誰に入れるとかよりも唯一の国政に対し意思表示できる場面
これに行かずして文句をつけるのもアレなんで
とりあえずは民主主義の制度に乗っかってみました

これで16日は仕事に専念できそうです

| | コメント (0)

2012/12/10

降雪

121209062434

昨日の朝の写真です
6時過ぎに家を出るとき頭の上に大きな水滴がポトリ
雨かと思えばそうでもなさそう
雪が解けて電線か屋根から落ちたんでしょう
でもそのときは真っ暗であたりが見えず
雪が降ってたなんて思いもよりませんでした

通勤経路も半分を過ぎたころ
駐車場に止めてあったこの車を見て仰天
そのとき初めて雪が降ってたことを知りました
大阪で年内に雪を見ること自体珍しいのに
ましてやうっすらとでも積もるのを見るのは何年ぶりのことでしょう
去年も12月に一度だけ雪を見ましたが
一瞬チラリ降るのを見ただけでしたからね

あまりの珍しさに思わずひき返して写真を撮った次第です
気持ちの問題なんでしょうね
とたんに指先がかじかんできました

| | コメント (2)

2012/12/09

クリスマス・イブ 上松美香

B00005oo1h09lzzzzzzz
クリスマス・イブ 上松美香

街に出るとクリスマスソングが溢れています
正直食傷気味なんです
学生時代スーパーでバイトしてたとき
年末はかきいれどきでみんな殺気立って働いていました
社会人になっても百貨店で仕事をしてたので
やっぱり雰囲気は同じようなもの
そのときにバックで流れているのがクリスマスソング
当時は夢でもクリスマスソングが流れうなされてましたからね
いい印象があるはずありません
だから購買意欲を刺激するようなアップテンポのものはいまだに身体が受け付けません

インディアンハープとも呼ばれるアルパのソロ
これなら落ち着いて聴くことができます
パチンコ屋の軍艦マーチみたいなクリスマスソングとは正反対
とても優しい音楽です
わずか3曲のマキシシングル
これなら連続して聴いても穏やかな気分になれそうです

メドレーは聴きごたえあり!

| | コメント (0)

2012/12/08

里芋饅頭のあんかけ

私が日頃から一目置くうどん好きのあゆさん
彼女のブログからレシピを拝借しました

002

適当な大きさに切った里芋、細かく刻んだレンコン・ニンジンに小エビ
それをダシ・醤油・酒・みりんで味付けして煮ます
そこから里芋だけを取り出してつぶしたのち
レンコン・ニンジン・小エビを混ぜて団子にします

005

それに片栗粉をまぶして油で揚げます

材料を煮た煮汁におろし生姜を加え味を微調節したのち
シメジを入れしばらく煮込みます
仕上げに片栗粉でとじてあんかけにして
揚げた団子の上からかけて出来上がり
食べる前に柚を添えたら香りも抜群

007

レンコンのシャキッとした食感がいいですね
生姜の利いたあんとの相性もなかなか
具材を煮るとき若干薄味にしておいて
あんの味を少し濃くしたのがよかったと思います
これは温まりますよ

| | コメント (6)

2012/12/07

ただいま奮闘中

月が変わると焦るとまではいきませんがのんびりとしてられません
月刊トレーニングジャーナルの原稿を仕上げないといけません
追われると落ち着いて仕事ができませんので
毎回時間に余裕を持って投稿していますが
やはりこの原稿が読者の目に触れる
そう思えばそれなりの緊張感はあります
OKが出るまで毎月この時期は気が張ります

今月はそれプラス協会の臨床レポートも書き上げないといけません
いつもなら11月中には書きあげているはずなのに
今年はまだできていません
先日催促のメールが届きました
今週中にはなんとか書き終えないといけません

アタックネットのブックレビューも今書いております
こちらもほどなく投稿できそうです
この年の背は書き物が多いようです

そうそう…
年賀状もそろそろ考えないとsweat01

| | コメント (2)

2012/12/06

調べてみると

いまどきは便利です
何かわからないことがあればネットで調べられます
辞書を引く必要もありませんし
百科事典のお世話になることもありません
ときには専門書を買って読まないとわからないようなことでも
ネットを見れば結構どこかに説明があったりします

この間もわからないことがあって調べ物をしていました
もちろんグーグル検索が一番使いやすいのですが
いくつかのサイトを比較していると
その中の何番目かにこのブログがありました

自分で書いてたのをすっかり忘れていましたsweat01
たまに調べ物をして備忘録としてブログにアップすることもあるんですが
何年もたったら忘れているんですね
しかも自分で書いた説明が一番わかりやすかったりするので
思わず笑ってしまいました
書いた本人が知らなかったというのも
実にいい加減な話です

| | コメント (0)

2012/12/05

準備

004

2013年の手帳を買ってきました
以前は手作りの予約表を長らく使ってましたが
こういう手帳に書いた方が手間も省けるし見栄えも悪くありません
この一年使った手帳がサイズ的にもコンパクトで使いやすいので
同じものを買ってきました

普段からお気楽に過ごしているので
年末になろうと正月が来ようとどこ吹く風
自分には関係ないと思っていたんですが
そろそろ年明けの予約がチラリホラリ入ってきました
関係ないでは済まされません
慌てて本屋で買ってきたんです

地球上の生物の中で新年が来ると騒いでいるのは
おそらく人間だけなんでしょうね
人間以外の動物にとっては
今日の次の明日にしか過ぎません
いや、今日とか明日という概念すらないんじゃないでしょうか?
時間に区切りをつけて動く人間って面白い動物ですね

さてこの手帳にはどれくらいの人の名前や行事が書きこまれるんでしょうね

| | コメント (2)

2012/12/04

寒いから

005

スリッパを冬用にかえました
去年の冬は気がつかずにそのまま夏用で通しましたけど…sweat01

これから足元は冷たいですからね
施術を受ける方はすぐにスリッパは必要なくなるからいいですけど
付添いや送ってこられた方にはこちらのスリッパの方がいいとでしょうね

こういう細かい気遣いはどうもできないようで…
男所帯はこういうところがいけません

| | コメント (0)

2012/12/03

ジャンパー膝を治す

Sq146
月刊スポーツメディスン146

今月の特集は「ジャンパー膝を治す~分類に基づく診断、エコーによる診断、そして運動療法」

ジャンパー膝とはバスケットやバレーボールのように
ジャンプをする頻度の高い種目で発生する膝の障害
実際のところその程度の認識しかありませんでした

今回の特集ではジャンパー膝の定義から損傷部位による分類
さらにはその病態についてまで詳しく解説されています
従来、治療法として大腿直筋のストレッチが施されていたのですが
実はあまり効果がないことまで明らかにされています

私個人としてヒアルロン酸の作用機序は勉強になりました
膝が悪い方でヒアルロン酸の注射を打たれるケースを耳にしますが
それがどのような効果があるかは知りませんでしたので参考にさせていただきます

運動療法に対する解説も興味深いです
自分の症状をきちんと整理した上で
どうやって治していくかも重要なこと
ジャンパー膝になった理由を探り
それに対処する方法を知ることも忘れてはいけません

少々の痛みは辛抱する
スポーツの世界ではありがちなことかもしれません
しかしきちんと状態を把握することと辛抱することは決して矛盾しないことだと思います
むしろ受診したら必ず競技ができなくなる
そんな誤った理解のもとに放置し
最終的には重篤な症状に陥りスポーツができなくなる
それでは本末転倒

きちんと状況を把握した上で
どう対処するかを理解し休むなり練習するなり
あるいはリハビリをするなりの決定がなされるのが大切であることは
ジャンパー膝に限ったことではないと思います

| | コメント (2)

2012/12/02

LIVE de 同窓会

A1

この人のワンマンライブも久しぶり
門馬綾子さんのライブが新大阪のKOKO CAFEで行われました
大阪でのライブは愛嬢天音ちゃんがまだお腹の中にいるときですから5年ほど前
ホント月日のたつのは早いもの

A2

ピアノの名倉学さんは逆瀬川のバックステージのときにお会いしました
今回のスペシャルゲストがテナーサックスの岡嶋直樹さん
ボーカルとの掛け合いも見ごたえがありました

A4

もうひとりのスペシャルゲストはKOZさん
どうもこのメンバーになると反射的に片隅で整体やらんといかんような気になります
去年から東北支援スマイルアゲインを立ち上げて福島でもコンサートをやりました
その傍らで整体をするのが当たり前のようになってましたからね
どうもイスに座って観ているのに慣れていません

037

一緒に福島県に行った仲間たちが集まります
同窓会さながらの風景です
みなさんのお顔を見られたのが嬉しいじゃないですか

A3

とても穏やかな気持ちになれるコンサートでした

| | コメント (0)

2012/12/01

初めて食べるイモの茎

002

珍しいものをいただきました
サツマイモの茎を茹でて冷凍したものです
イモの茎というと戦時中母親が食べたことがあると聞いていました
食糧難の時代、食べるものがなくて仕方なしに食べる
そんなイメージを抱いていたのですが
けっこう今でもフツウに食べてるそうなんで
どうやら私のイメージは母親の子供のころの思い出が
そのまま刷り込まれていたようです

003

とはいえどんなレシピがいいのか私も知らず
皆さんからかきあげの天ぷらが美味しいとか教えていただいたのですが
今回はシンプルに鶏肉と薄揚げで煮物にしてみました

イリコダシに醤油・酒・みりんで味付け
これ以上ないオーソドックスなレシピでいただきました

ワラビやゼンマイにソックリの食感
味は淡白なのでクセもありません
だから山菜の煮物を食べている感じなんです
これは旨いです

どうも今まで食べるものがなくて不本意ながら食べたというエピソードに騙されていたようです
しかしスーパーではイモの茎は売ってませんから
とても珍しいものをいただきました

| | コメント (4)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »