« 正しいラジオ体操のやり方 | トップページ | 始動 »

2012/09/21

仙骨マッサージ

001

この写真はちょうど骨盤あたりの末梢神経系を表したものです
脊髄神経というのは背骨だけでなく一番下の仙骨からも四対出ています
ヘルニアとか座骨神経痛などの症状で腰椎の4番5番あたりの話はよく耳にしますが
仙骨から出ている神経というのはあまり話題にのぼりません

ところが私にとっては仙骨あたりの神経というのはとても重要で
とりわけ女性特有の症状と大きなかかわりを持ちます
ややこしい話になるかもしれませんので軽く説明しておきますが
仙骨から出る末梢神経はS1~S4と表され
その中でもS2~S4は骨盤神経節と呼ばれ
大腸・膀胱・生殖器に向かう神経(骨盤内臓神経)が集まります
これらは自律神経の中の副交感神経に属するのです

これらの臓器の機能障害を話し出したらきりがないほどですのであえて割愛しますが
特に婦人病と呼ばれるものの多くがこれらに関係します
病気とまでいかなくても調子が悪いという人も含めたら
相当多くの女性が悩みをお持ちだろうと思います

最近、この仙骨から出る神経に対するアプローチを多用しています
むかし、修業してたころの主任講師の先生から教わった手技なんですが
仙骨に対するマッサージ的な手技をここのところ頻繁に使うようになりました
当時は単に気持ちがいいからと遊びのついでに教えてもらったんですが
骨盤内臓神経の勉強をするにあたり
大勢いらっしゃる女性特有の症状に対するアプローチを探していたところ
ずいぶんむかしに教わった仙骨マッサージ(たぶんそんな名前だったように記憶しています)が有効かもしれないということで試してきました
正直いって「これをやればどんな症状でもたちどころに…」
そんなレベルの手技ではありませんが
少なくとも症状の緩和程度に有効なケースがあることがわかってきました

むかしから「女性はお尻を冷やしたらダメ」なんて言われます
毛糸のパンツといえば女性のためのものでしたし
今でもお尻を冷やすことの害悪は大勢の方が実感されているでしょう
本当はお尻ではなく「お尻の内側」の問題いだったようです
しかも我々手技法をやる者にとって骨盤の内側なんて手が届くはずのない難所
直接的なアプローチなんてあるはずもありません

だからこそ骨盤神経を介してのアプローチはある程度の有効性があるはず
元々はどちらかと言うと慰安目的の手技ですから
気持ちのよさは相当なもの
これで具体的な効果が高いレベルになればいうことなし
他の手技との組み合わせも含めていろいろ試しているところです
とりあえずはすごくリラックスしていただけるので
やってみる価値は充分あると思います

ここから一段と朝晩の冷え込みが本格的になります
足元が冷えると骨盤の内側も必ずと言っていいほど冷えます
ニーズが増えそうですね

|

« 正しいラジオ体操のやり方 | トップページ | 始動 »

コメント

こんにちわ!

骨盤のあたりのには、末梢神経がたくさん
あるのですね。

仙骨という言葉は、あまり聞き慣れないので
知識もありませんが、女性に関わると聞くと
大切なのだろうなと思います。

投稿: うさうさ | 2012/09/21 11:45

仙骨は腸骨ら(寛骨)とともに骨盤と呼ばれていますので
単体で耳にすることはあまりないでしょうね

しかし婦人特有の身体の悩みにはここが関係するケースが非常に多いです

投稿: ひろ | 2012/09/21 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正しいラジオ体操のやり方 | トップページ | 始動 »