« 変遷 | トップページ | 惜敗 »

2012/08/08

夏の過ごし方

大阪では連日猛暑日が続いております
だからといって特別暑いというわけではなさそうで
天気予報を見ているとこの気温で平年並みというから
近年の夏の暑さにあらためて恐れ入る次第です
外出した時の日差しが容赦なしに降り注いできます

ここのところぎっくり腰の方が急増しています
この時期特有の問題点といえばクーラー
暑い暑い夏の救世主たるクーラーも
付き合い方を間違えると地獄からの使者になりかねません
涼しいのはいいんですが外気温との温度差は5℃までが限度
一般的にはそのように言われています
でも35℃を超える猛暑でエアコンを30℃の設定にする人がいますか?
私だってごめんです

しかし外と内の気温差が高いと体温調節機能が右往左往して
いつしかコントロールが利かなくなるおそれがあります
体温調節機能は自律神経系によりコントロールされるのですが
こういうところから自律神経の働きそのものがおかしくなり
自律神経に関連した機能に広く及ぶこともあるようです

暑いこの時期熱中症にならないために水分補給をします
そんなこと考えてなくても暑いからのどが渇いて水分を飲みます
しかし誰も冷えたものを飲めとはいってないのですが
やっぱり冷たいものが欲しくなるのが人情というもの
ついつい冷たい飲み物を飲むわけですが
それも量が多いと胃腸を冷やします

それでなくても自律神経が乱れやすいというのに
冷たいものを飲みすぎてしまうと真っ先に調子が狂うのが胃腸
その程度がひどくなると冷えた胃腸がお腹全体を冷やしてしまいます
お腹を触ってもすごく冷たい人が多いのです
こういう方はお腹だけじゃないにその後ろにある腰の筋肉まで冷えてしまいます

冬場寒い時、体中の筋肉が冷えるのですが
こういうときは動きづらいものです
だからぎっくり腰になる方も増えるのですが
暑いはずの夏場にお腹だけ冷えてしまい
果ては腰の筋肉の体温まで奪われ
まるで冬と同じような状況におかれて
それでさらに寝ている間にクーラーで冷やしてしまうと
これはもうとどめを刺すようなもの…

もちろんこういう不幸な方はそう多くはおられないでしょう
しかしいつ自分の身に襲い掛かってくるかはわからないもの
しかもほとんどの方はぎっくり腰になってもそういう状態に気付かず
わけがわからないままに痛む腰を押さえながら過ごさないといけないわけです

すべてクーラーが悪いというわけではありません
普段の疲労、冷たいものの飲みすぎ、クーラーで冷やしすぎ
あるいは精神的なストレスがあるかもしれません
偶然いくつかの原因が重なりあって不幸な結果を呼ぶのだと思います

夏の過ごし方にはいくつかの注意点があります
水分補給はしても過度に冷たい飲み物を飲みすぎない
あるいはクーラーで冷やしすぎない
オリンピックに夢中になって睡眠不足にならない
などいろいろ気をつけてほしいことがあります

そしてこちらのサイトには一番大切なことが書かれています
夏こそ身体を動かして元気に過ごそう!
こちらは知人の西村典子さんが書かれたものですが
とてもわかりやすく夏の過ごし方が紹介されています
私もよく拝見するのですがいつも勉強させていただいています
みなさんにも是非ご覧いただきたいです

|

« 変遷 | トップページ | 惜敗 »

コメント

こんばんわ!

猛暑日が続くと、ほんと、体がきついなと
感じます。
今日は、ちょっとだけと思って草取りしたら
もういけません。
疲れを、感じます。

ぎっくり腰の方が多いとは、私も気をつけよう。

投稿: うさうさ | 2012/08/08 22:44

こんな記事を書いたら昨日から少し涼しくなりました
これが意外に落とし穴でして身体が冷えて調子崩す人が多かったです

投稿: ひろ | 2012/08/09 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/55364228

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の過ごし方:

« 変遷 | トップページ | 惜敗 »