« 月刊トレーニングジャーナル8月号 | トップページ | 人を見るか病気を見るか »

2012/07/19

猛暑

先日の三連休あたりから明らかに気候が変わってきました
外をブラブラ歩いてもじんわり汗ばむ程度だったのが
照りつける日差しがやたらときつく
肌が焼けるのが身にしみてわかるようになりました

最近は歩くということにも慣れてあまり疲れを感じることがなかったのですが
今、外を歩くと疲れとは違う身体の異常を感じてしまいます
この異常の量が身体の許容範囲を超えれば熱中症になるんでしょうね

今週に入ってからは大阪でも35℃近い気温が続きます
やっぱり30℃前後の気温とは迫力が違います
ここまで暑ければ「襲い掛かる」という印象さえありますね

かといって部屋に閉じこもってクーラーのお世話になりっぱなしだとこれまた体調を崩しますし
何でも「適当」というのは大事なんだろうと思います

毎年このブログでいうんですが
水分補給の必要性はあちこちで言われますが
これは汗をかくことが前提になっていることで
涼しいところでじっとしていて冷たい飲み物ばかり飲んでいると
飲んだ水分がアダとなって身体を冷やしにかかります

ここから先の季節吸収しきれない水分がお腹の中にたまっている人もけっこういらっしゃって
お腹を押さえてみると変な感じなんですよね

暑さ、涼しさ、水分、運動
いろんな要素に気をつけないといけない季節なわけです
とりわけ暑いと動くのが嫌になりますし
逆にスポーツをなさる方だと上手くセーブするのも難しいですし
各人のセルフコントロールが決め手になるようにも思います

帽子なしで歩いていると頭が暑くなり
意識も朦朧とすることさえあります
そうなってしまうと運動が毒ということにもなりかねません

いろいろな要素に対する意識と知恵を持って
これからの時期を乗り越えたいものです

|

« 月刊トレーニングジャーナル8月号 | トップページ | 人を見るか病気を見るか »

コメント

こんばんわ!

水分補給は、やはり、考えてしないと
いけませんよね。
私は、よく汗をかきます。
掃除機あてれば、もう・・・。
なので、お水や麦茶などを飲んでいます。

暑い夏、元気に乗りきらないとですね。

投稿: うさうさ | 2012/07/20 22:11

よく汗をかいてよく水分をとる
そうなれば理想的だと思います
何でも加減は必要ですが・・・

投稿: ひろ | 2012/07/21 03:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/55215021

この記事へのトラックバック一覧です: 猛暑:

« 月刊トレーニングジャーナル8月号 | トップページ | 人を見るか病気を見るか »