« まつりのあと | トップページ | スイッチヒッターのすすめ »

2012/05/07

充実感

010

東日本大震災から一年あまり
ようやく行くことができた福島県
目まぐるしいスケジュールで廻った3泊4日の旅
福島交通のドライバーのお二方の気持ちのこもった安全運転で快適な旅ができました

014

まずは一軒目の仮設住宅の集会所でイベント
もちろん私の整体ブースも参加

015

車中移動の20分間で昼食なんてAKB48にでもなった気分が味わえます

016

午後からもう一ヶ所仮設住宅で同じイベント
念ずれば通ずる
降っていた雨も気合負けしてやんでくれ無事開催
終了時刻を過ぎてもブースには施術希望の方が来てくださり大盛況
後ろ髪を引かれる想いでまた移動

022

夕方は翌日のジュピアランドひらたでの野外ライブのレッスン
今までずっと練習してきた平田村の小学生たち
元気な歌声が響きます

028

とりあえずメインの予定終了
後の楽しみは…

029

ぢゃなくて…

032

野菜あんかけ定食
久しぶりに落ち着いて食べた気がします

温泉にも連れてってもらい宿泊先へ

036

今回は旅館が急遽お休みだったので
民家にわかれて止めていただきました
男性陣は吉田様宅へ招かれました

035

そこでなぜかカラオケパーティー(笑)
吉田さんの弟さんはかつてはテイチク専属のプロ歌手だそうで
かつてはソノシートも出されたことがおありだとか…
そこからしばらくは宴会
嫌いじゃないんですよ。。こんなの・・・(='m') ウププ
ご自宅にステージがあり金屏風があり
豪華カラオケセットまで…

043

朝は今回最もお世話になった佐藤さん宅で朝食

037
038
039

都会暮らしの我々にとっては圧巻のおもてなし
こんなにうれしいことはありません

040

みんなでいただく食事が楽しくないはずありません

041

残ったおこわはおにぎりに…

050

5月5日はジュピアランドひらたでイベント

055

ゴスペルグループHEART&SOULも出演

後藤ミホコさんと舛田真さんの演奏は好みの曲ばっかり
金子竜太郎さんの和太鼓も鳴り響きます
そして今回の主役、平田村のキッズクワイヤも本番で力強い元気な声で歌います

おかげさまでチームセラピストのブースも大盛況
瞬時にラストの予約まで埋まるほど大勢の方にお越しいただきました
福島の方は情に厚い方が多いようで
「ありがとう」と言いながらジュースの差し入れをいくつもいただきました
その心が嬉しいじゃないですか!

演奏の写真も撮りたかったけどそれどころじゃありません

065

驚くべきことは平田村の役員の方が地元の人々に募金を募り
再び私たちスマイルアゲインがここで子供たちと歌えるようにと多額の募金をいただいたことです
地元の人から募金を頂けるボランティアというのは私も聞いたことがありません
私たちの熱い思いが、平田村の方々の熱い思いに変わり返ってきます

帰阪するバスには大勢の方々が手を振ってのお見送り
ホントたまりませんわ

あっち行ったりこっち行ったり
まるでピンボールみたいな旅も終わります
スマイルアゲインのメンバー全員
福島の皆さん、ひとりひとりの出会いに感謝します

049

帰りに海沿いを走り災害に合われた街を見ました
昨日まで財産だったり大切な思い出だったものが「がれき」と呼ばれることに憤り感じずにはいられません
物見遊山の気持ちで写真を撮ることもできませんでした

「これから」の話をするときに高いところから話をするのではなく
一度見て、触れ合ってから考え方を決めるのも悪くないように思います

福島の皆さんがどう感じられたかは私にはわかりません
しかし自分の出来ることを精一杯させていただいたことには満足しています

この旅は主催者門馬綾子さんの強い強い思いがすべてを動かしたような気がしてなりません
いや、きっとそうに違いありません
「至誠天に通ず」
誠の気持ちを貫けば天がすべてを動かしてくれるという言葉です
それが一番印象に残ったことかな…

|

« まつりのあと | トップページ | スイッチヒッターのすすめ »

コメント

こんにちわ!

福島から、お帰りなさい!
整体ブースはじめ、色んなところで、
人と人との触れ合いがあったのだと、
写真や記事を見て、思いました。

たんぽぽって、踏まれても踏まれても
生えてくるんですよね。
逞しさ、感じます。

投稿: うさうさ | 2012/05/07 12:08

素晴らしい人たちに出会い素晴らしい時間を共有できました
「絶対にまた来てください」
なんとかそんな声にこたえたいです

投稿: ひろ | 2012/05/07 14:12

イベント中はトイレも行かれないほどでしたね。
そして、バスの中や宿泊先でも、参加者への健康相談に乗ってらっしゃって。
頭が下がります。
天に通じた。本当にそう感じるツアーでした。
ご参加いただきありがとうございました。
これが第一歩。
たくさんの場所に関西からの花を咲かせたいです。

投稿: もんち | 2012/05/07 16:59

参加者それぞれが精一杯出来ることをした
これが今回の大成功の要因だと思います
もちろん発起人および代表者としてのもんちさんの気持ちが起爆剤になったことは言うまでもありません
ツアーの最後にいきさつを伺ったとき皆涙していました

どんなことでも心をこめてやることが大切だと改めて体験したわけです

被災者の皆さんのお話を聞いているとこれで終わるわけにはいかなくなりましたね
人から必要とされるうちが華
また何かあれば声をかけてくださいね

投稿: ひろ | 2012/05/07 18:22

どうしても自宅でじっくり読みたかったのでこんな時間になりました。
壇上でともに歌う子供たち、民家で受け入れてくださり手料理の数々、またバスに手を振って見送ってくださる方々の写真に胸が熱くなりました。

誰もの宝物が「がれき」と呼ばれること、本当に悔しいしぶつけることのない怒りや無念さがあると思います。
いたるところにある皆さんの思い出ですものね。
カメラを向けられないというそのお気持ち共感いたします。想像するだけで苦しいです。

皆さんの思いが天に通じたのですね。
私は動くことが難しいのですが、自分のできる何かを続けていきたいと思っています。

投稿: うどん好きのあゆ | 2012/05/07 23:34

今回の記事に対し正面から正確に私の胸の内を察していただいたことに心より感謝します

それぞれがいろんな思いを胸に充実した時間を過ごした私たちは幸せです
しかしながらイベントが終わりまた普段の生活に戻った福島の皆さんの胸中を察すると複雑な思いがします
よかったよかったと喜んでばかりもいられません

可能な限り続けていくことができれば・・・
興奮が冷めた後の率直な私の感想です

投稿: ひろ | 2012/05/08 05:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/54644698

この記事へのトラックバック一覧です: 充実感:

« まつりのあと | トップページ | スイッチヒッターのすすめ »