« 豚の酒蒸しとキャベツの和えもの | トップページ | 月刊トレーニングジャーナル6月号 »

2012/05/20

NOBODY'S TUNE

5199dofhyml_sl500_aa300_
NOBODY'S TUNE ウーター・ヘメル

だいたいジャズ歌手の声ってハスキーであったり豊かな声量だったり
なんとなく力強く個性的なイメージがありますが
ウーター・ヘメルの場合優しいというかソフトというか
およそジャズシンガーのイメージとは少し異なる声が特徴です
「シルクの声を持つジャズ界のプリンス」
という形容もなるほどという感じ

2009年にリリースされた「ノーバディーズ・チューン」は
そんなヘメルらしいアルバムという感じで楽曲はかなりポップより
というかジャズというジャンルではなさそうです

軽快でソフトな音楽は初夏の季節にピッタリ

|

« 豚の酒蒸しとキャベツの和えもの | トップページ | 月刊トレーニングジャーナル6月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/54586365

この記事へのトラックバック一覧です: NOBODY'S TUNE:

« 豚の酒蒸しとキャベツの和えもの | トップページ | 月刊トレーニングジャーナル6月号 »