« タラの芽の天ぷら | トップページ | 腹筋と背筋 »

2012/05/13

accordionist

51otumycl
accordionist 後藤ミホコ

先日のスマイルアゲインで福島県に行った時の参加メンバーの後藤ミホコさん
おおむかしフランスにいって以来ミゼットワルツを聴くようになり
ひそかに今回の演奏を楽しみにしていました
昨年7月23日の大阪でのチャリティーコンサートにも参加されましたが
当の私が恐ろしいほどの忙しさで
とてもじゃないけど音楽を聴いている余裕はありませんでした
それでもピアソラのリベルタンゴの演奏だけはしっかり印象に残っていました

福島県で合流した後藤さんがバスに乗られ偶然私の隣に座られいろいろお話もさせていただきました
その後仮設住宅に向かったのですが
あいにくの雨でコンサートができるかどうか微妙な状況だったのですが
その間集会所で私らセラピストのチームが施術をしているとき
集会所に入ってこられBGMがわりに演奏を始められました
曲目は「パリの空の下」
さっきまで私が好きだといっていたミゼットワルツの有名な曲です
瞬間、血が逆流したような感覚は今でも忘れられません
まあ、いうなれば私のために演奏してくださったのですから
うれしくないわけがありません
こんな贅沢なBGMは後にも先にもないでしょう

翌日野外ステージでの演奏は元気印
パーカッションの枡田真さんとの共演は実にパワルル
「このアコーディオン好き!!」
それ以外に言葉はありません
次々に演奏される曲目は色とりどり
民謡あり、ブギーあり、ジプシーあり
大阪出身者らしい迫力のMCで観客を魅了
客席に降りていって目の前での演奏はまるでパリの目抜き通りを歩いているよう
少し離れた整体ブースにも雰囲気が伝わってきます

あれから日にちがたって
どうしてももっと聴きたいという気持ちがあふれてきてアマゾンアタック

アコーディオンから情熱がほとばしります
演奏で人に力を与える
音楽ってやっぱり凄いです

後藤さんの動画をYoutubeで拝借してきました
「チャールダーシュ 」といえばジプシーヴァイオリンですが
アコーディオンの演奏もメチャメチャええもんですなぁ…

|

« タラの芽の天ぷら | トップページ | 腹筋と背筋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/54690214

この記事へのトラックバック一覧です: accordionist:

« タラの芽の天ぷら | トップページ | 腹筋と背筋 »