« 筍とワカメの山椒煮 | トップページ | 主観と客観 »

2012/04/15

ZAKIR

Img020
Ustad Zakir Hussain

何度か生で聴いたことがありますが
インドの民族楽器タブラはとても不思議な音がするパーカッションです
音の響きが乾いてはじけるような感じではなく
濡れているというか水中で聴いているような独特の響きがします
あたかも細胞が脈々とうごめくような生々しい音
生命体の鼓動のような印象があります
体調が悪ければ船酔いしそうな気さえするのです(笑)

ザキール・フセインはタブラを世界に広めた名手
シタールのラヴィ・シャンカールのサポートメンバーとして世界を回りました

情緒に訴えかけるような音楽もあれば
魂に直接語りかけるような音楽もあります
物を響かせ空気を振動させるという物理的な状況が
ヒトの内心に何らかの影響をもたらす
そんな原点ともいえる音楽のようにも思えます

|

« 筍とワカメの山椒煮 | トップページ | 主観と客観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/54446627

この記事へのトラックバック一覧です: ZAKIR:

« 筍とワカメの山椒煮 | トップページ | 主観と客観 »