« クリスマス寒波 | トップページ | Lumb and Mutton »

2011/12/24

ブリ大根

012

親戚が大根を持ってきてくれました
もちろん朝一番に畑で採れたもの
寒くなってからの大根は甘みも違うし煮えやすいですからね
スーパーに行くとおあつらえ向きにブリのあらが売ってました
もうこれで決まりですね

大根の皮をむいて隠し包丁をいれ
10分程度下茹でをします

水の段階から昆布を入れダシを取ります
何でも60度くらいの温度がちょうどいいそうですので
ある程度温まったところから弱火にします
10分ぐらいしたら昆布を取りだしてサバ節を入れます
ひと煮立ちさせてから味付け開始
薄口醤油、酒、みりんで味付け
基本的に砂糖はあまり使わないのでみりんの量は多い目です

ブリのアラと大根を投入してコツコツ弱火で煮込みます
前日の夕方からじっくり煮込んだので大根もトロトロ
ブリの目が恨めしそうにこちらを睨みますが
目を合わせることなくいただきました

006

スーパーで買った大根ではありませんので葉がついています
捨てるのはもったいないので細かく刻んで塩漬けにしました
もちろん皮の部分も捨てずに細かく刻んで入れました
私としてはこの漬物の方が好きだったりします
店頭に並べるスペースの問題があるんですけど
大根の葉は炒めてもいいし漬けもんでも美味しいし
捨てるのはもったいないですよね

|

« クリスマス寒波 | トップページ | Lumb and Mutton »

コメント

ぶり大根よろしいですね。
うちも今夜は大根たこうかなあ。
一大イベント、夜に即席半自家製ケーキを食べる
予定があるもので晩ごはんは極力ヘルシーに(^^;)
大根葉のつけもんは美味しいです。
お味も新鮮なものが抜群ですね。

投稿: うどん好きのあゆ | 2011/12/25 11:32

この前までの大根と違って煮えやすいですよ
朝、畑で採れたのを持ってきてくれたので迷わずブリ大根にしました
葉っぱの漬けもんは店で売られることもありませんから
自分で漬けて食べるしかありませんもんね
しかもスーパーでは葉っぱが切り落とされているからある意味貴重品かもしれません

うどんといい、ケーキといい母親が作ってくれたもんは大人になっても覚えているもんです
上等な店のケーキよりも印象深いはずです
お子さんはええお母ちゃんもって幸せです
たまにはうどん以外のもんも食べさせてやってください(笑)

投稿: ひろ | 2011/12/25 11:56

こんばんわ!

ブリ大根を作られたとは、凄いな。
自家製の大根は、嬉しいですよね。
うちも、旦那さんの母が作られてる大根
頂いています。
今朝、ちりめんじゃこに大根おろしで、
食べました。
葉っぱもあるのに、まだ使ってなくて。
塩漬けにされたとは、素晴らしい。

投稿: うさうさ | 2011/12/25 22:58

アラの部分の身は締まってて美味しいんですよね
ちょっと食べるのが手間なことが気にならなければ
美味しいダシも出るアラは大根のいいパートナーになることでしょう

寒い時期の大根は何といってもじゃこおろしに限ります
もちろん青首の部分ですよね

葉っぱの部分も陳列スペースのことと食べられる人の数を考えると切り捨てるのが合理的なんでしょうね
いつから私たちはこんなに贅沢になったのでしょう

投稿: ひろ | 2011/12/26 07:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/53502138

この記事へのトラックバック一覧です: ブリ大根:

« クリスマス寒波 | トップページ | Lumb and Mutton »