« 鶏天カレーうどん | トップページ | 骨盤探究 »

2011/12/04

ベトナムの民族音楽 音色変幻

Photo
ベトナムの民族音楽 音色変幻

民族音楽のアルバムを紹介するのも久しぶり
このアルバムもずいぶん前に入手したのですが
長い間聴いてませんでした

インドシナ半島にあるベトナムという国もインドや中国という大国の真ん中に位置しますが
両国の影響を受けつつ独自の個性があるようです
このアルバムを聞く限りではインド音楽のような濃さは感じません
とてもあっさりとした印象が残りました
楽曲のアレンジもあるんでしょうがとてもシンプル
それでいて余韻が残る癒し系の民族音楽のようです

ダン・バウという一弦琴・チョン・デと呼ばれる太鼓・ダン・ティ・パというリュートや琵琶に似た楽器などはベトナムで独自の進化を遂げ近隣の国とは一線を画した音色をたててくれます
アジアの音楽の中ではちょっと違う旋律のようにも聞こえるのですが・・・

ダン・バウの動画を探してきたのですが
か細くも美しい音色です

|

« 鶏天カレーうどん | トップページ | 骨盤探究 »

コメント

どちらかというと中国的ですね
中国琴との近似性を感じますが
こちらの方がプリミティブな印象なので
シルクロードを通ってイスラームから
やってきたのかもしれませんね
中近東の楽器についての知見がないので
なんともいえませんが
こんな楽器の存在をはじめて知りました
とても面白いですねー

投稿: アルティマ | 2011/12/04 21:23

おっしゃるとおりだと思います
私も同じようなことを感じたのですが上手く表現していただき胸のつかえがとれました

世界中の楽器の起源の多くは中東かインドあたりではないかと考えていますがおそらくこれもシルクロード経由なんじゃないでしょうか
まさにプリミティブな印象が強く
今回ご紹介したアルバム全体の印象が原始的でひとつひとつの楽器の音色が際だつような感じでした

投稿: ひろ | 2011/12/05 05:12

写真を拝見、ありがとうございます。

音は、pc未設定ゆえ、聴こえなくて残念。

探してみたいと思います。

投稿: 唐糸 | 2012/08/27 18:13

コメントありがとうございます

世界中の楽器には民族の特性がでるのかもしれません
いろんな面から世界に触れてみるのも面白そうです

投稿: ひろ | 2012/08/27 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/53306314

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの民族音楽 音色変幻:

« 鶏天カレーうどん | トップページ | 骨盤探究 »