« Sportsmedicine No.134 | トップページ | 窓の外は »

2011/10/06

明日は我が身

先月は久しぶりにヒマな月だったんですが
10月の声を聞くと同時に忙しくなり始めました
もちろんその原因は急に寒くなったから・・・

月曜に「ぎっくり腰になったときの対処法」という記事をアップしましたが
とたんにぎっくり腰になったというお電話を数軒いただきました
エライもんでひとつの症状が出だすと重なるというのが傾向としてあるようです

お気の毒だと他人事みたいに言ってる場合ではありません
元々私も腰痛持ちですからその心配は自分自身にも当てはまります
まさに「明日は我が身」というわけです

腰痛になるのを予見しておいて実際になるのも恥
忙しい時に体調不良で休むというのはプロとして失格ですからね
「腰痛のため休みます 腰痛館」
こんな張り紙、体裁悪くて出せません

毎朝、入念に準備体操をしています
夏場に比べると倍くらいの時間は費やしています
疲れたと思ったら休憩のたびにストレッチをやってます
それでもこれだけやれば絶対ということはありません
だって「年」なんですもん

昨日も準備をしていると
背中にビキッと痛みが走りました
程度が軽かったのでそのあと入念にその付近を動かして事なきを得ました
でもね。。毎朝不安にかられながら動いているんですよ
シャレにならない事態だけは避けたい
それだけが午前中のモチベーションとなるわけで・・・

|

« Sportsmedicine No.134 | トップページ | 窓の外は »

コメント

プロとは、何か?
意識がやはり全然私とはちゃいますね。
それでも歳には敵わないんですか。
現実は厳しい(>_<)

私も自分の仕事、プロとして背筋伸ばして頑張ります。

投稿: うどん好きのあゆ | 2011/10/06 07:11

プロを意識しつつ飲みすぎる毎日を深く反省しつつ生きています(笑)
「年」というのは諦めることではなく適正に評価し
その不利益を回避するための具体策をとることをいいます
それが「若さ」を維持することだと思うんです

投稿: ひろ | 2011/10/06 07:32

こんばんわ!

ぎっくり腰って、急になるものですよね。
私も、以前、なった事があります。
辛いと言ったら・・・。

ほんと、気をつけないといけません。

投稿: うさうさ | 2011/10/06 22:33

どんな痛みもイヤなもんですが
突然電気が走るようなぎっくり腰も怖いです
ある程度予防もできますし、万が一なってしまった後の対処によっては軽傷で終わることもあるというお話でした

投稿: ひろ | 2011/10/07 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/52913473

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は我が身:

« Sportsmedicine No.134 | トップページ | 窓の外は »