« チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | 動くということ »

2011/10/24

屋上から

006

水道関係の工事でタンクのバルブを閉めるために屋上に上りました
夕方の5時ごろだったと思います
ちょうど夕日が沈みかけていました
あまり高いところは好きではないので
屋上に上がることも滅多にありません屋上に上がる階段は傾斜がきつく
下を覗けば吸いこまれそうな感じがして精神衛生上好ましくありません
子供のころは平気だったんですが
だんだん臆病になってきたんでしょうかね

それでもこの光景はなかなかいいもんです
たくさんの屋根がシルエットとなって輝く夕日とコントラストを演出
黄金色の風景にしばらく見とれました

今度バルブを開けるときは真っ暗
屋上に上がる階段も一層怖さが増しますsweat01

|

« チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | 動くということ »

コメント

こんにちは!

そう、子供の頃は公園のジャングルジムから飛び降りたりしてましたよねヽ(´▽`)/

臆病になってきたわけ・・・
成人して目線が高くなったこと、身軽でなくなったこと・・・そして人生で何度ものdownを経験して、もう懲りたのかも・・・crying

投稿: ジー・ロンド | 2011/10/24 12:46

今ジャングルジムから飛び降りたら病院行きは必至
身体も固いし、頭も固くなりました
それでも大人になって身に付けた狡猾さだけで生き延びておりますscissors

投稿: ひろ | 2011/10/24 13:01

一説には、高いところが苦手というひとは
物事へのこだわりが強い人なんだとか(@_@)
師匠はこだわりの強い人?

投稿: てるてるぼーず | 2011/10/24 23:49

そうなんですか?
ここ数年のテーマとして物事にこだわらないということを意識してたのですが
それもこだわりやすい性格だからなのかもしれません(汗)

投稿: ひろ | 2011/10/25 07:56

怖いといいながらも、ブログネタのためカメラを持って上がる計算高さに関心します(^^)
携帯かな?

投稿: うどん好きのあゆ | 2011/10/25 08:11

すっ!するどい!!
ご推察の通りでございます

上がりしなに夕日が差してきたから「これは!」
と思いカメラを持って上がりました

日ごろ鵜の目鷹の目でネタを探しています(笑)

投稿: ひろ | 2011/10/25 08:44

こんにちわ!

夕日が沈みかけているところですか。
何とも、いい風景です。
ふと、もう随分、見ていないのに、
はっとしました。(^^ゞ
まさに、黄金色ですね。

今日、自転車が来ます。
なんだか、嬉しいな。(*^.^*)

投稿: うさうさ | 2011/10/25 10:32

この時間帯はたいてい仕事なので外でゆっくりこういう光景を見たのは久しぶりです
高いところから眺めると一層きれいに見えます

新しい自転車、いいですね

投稿: ひろ | 2011/10/25 12:36

街並みがシルエットのように黒い中に淡いオレンジ色の夕日と空・・・。
綺麗ですね~。
なかなかこういう光景にはお目にかかれません(>_<)

私も高所恐怖症になっています。
屋上から下を見るなんてできません(>_<)
そして、歩道橋がとても怖いです。
どうしても歩道橋を渡らないと向こう側に行けないところってあるんですよね(>_<)
職場から駅に行く道は歩道橋の広いようなもの。
端を歩かなければ、まだいいのですが、下が見える位置は怖い。
このコンクリートが崩れたら・・・と思ってしまいます。
これって、他のものを信じてないって事なのでしょうかね・・・。

投稿: persian | 2011/10/30 10:33

この時間帯はけっこう忙しくてゆっくりと風景を見るチャンスがありませんでした

基本的に高いところはあまり好みませんが
屋上に向かう階段の手すりが低く間違って体勢を崩せば地上まで真っ逆さまというロケーションなんで、誰でも怖いだろうと思います
子供の頃は背丈も低かったので問題なかったのですが
大人になると腰の位置くらいまでしかない手すりは怖いですよ
誰が設計したんでしょうね

投稿: ひろ | 2011/10/30 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/53040978

この記事へのトラックバック一覧です: 屋上から:

« チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 | トップページ | 動くということ »