« 手の日本人、足の西欧人 | トップページ | 夏の終わりに »

2011/09/06

今日と同じ明日はない

台風も過ぎ去ってようやく青空がのぞきそうな気配です
でも台風は夏を持ち去り秋をもたらしてくれそうで
大阪ではしばらく熱帯夜から開放されそうです
しかし気をつけなければいけないのは
最低気温が22~3℃になるとさすがに半袖のTシャツ一枚で寝ることはできません
風邪を引いたり身体を冷やして体調不良になる可能性が出てきたというわけです
しばらくの間ずっと暑かったですから
気温のことを考えるのは「上」ばかりで、「下」を気にする必要はありませんでした
ところがこれからはそういうわけにはいきません
なんといってもまだ9月涼しくなったとはいえ最高気温はまだまだ30℃を超える日がしばらくは続きそう
だからなかなか頭の中では「秋」をイメージしづらいのが本音
しかし明け方の気温がしっかりと秋の気配を見せます
昼間だったら何とでもなるんですが
寝ている間は意外と無防備になりがちです

最近は枕元に長袖のパジャマを用意しています
寝るときに暑ければ着ませんし
明け方にひんやりしてきたときにだけ羽織るようにしています
寒いからといってわざわざ起きてたんすの中から着るものを探すのも邪魔くさいですからね

木曜日くらいまでは涼しくて金曜日からまた暑さがぶり返すみたいです
これからは三寒四温の逆で冬に近づきます
「今日と同じ明日が来るだろう」
そんなふうに油断していたら体調不良を招くこともありえます
常識的にはこれから3ヶ月ほど時間をかけて冬になっていきます
今までとは少し違う明日が来るのが当たり前かもしれません

さあ!秋がやってきます

|

« 手の日本人、足の西欧人 | トップページ | 夏の終わりに »

コメント

本当にこれからは気をつけないといけませんね。
私は真夏も足元に肌がけを置いてました。
最近無意識にかけている事があります。
少し肌寒かったのでしょうね。

先日腰に鈍痛を感じてからは、腰を固定し、そして、日曜日に久し振りにスポーツクラブに行きましたが、鈍痛なくなりました。
これからも油断しないようにしなければと思います。
ご心配ありがとうございましたm(__)m

投稿: persian | 2011/09/06 09:45

昨夜も寝る前長袖のパジャマを着ましたがやはり正解でした
本当は冷えてから気付くのでは遅いんです
何事も先手必勝ですね
そして適度な運動が重要なポイントになってきますよ

投稿: ひろ | 2011/09/06 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/52643515

この記事へのトラックバック一覧です: 今日と同じ明日はない:

« 手の日本人、足の西欧人 | トップページ | 夏の終わりに »