« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

全国大会

今日はいつも通う空手道場の選手たちが宮崎県で行われる全国大会に出場します
代表として5名の中高生が参加
これまで真剣に稽古を重ねてきた彼らが戦います

これまで稽古を拝見してきましたが
その姿は真剣そのもの
彼らが今までどれほどの汗と涙を流してきたことか
私自身今までこれだけ人が泣く姿を何度も見た経験がありません
これまで彼らの数倍の人生を歩んできた私はそれなりに苦労もしてきたつもりでしたが
彼らと比べて一番ぬるい環境の中で生活してるんじゃないかと思うほどの彼らの真剣さに胸を撃たれました
今では忘れてしまった「青春をかける」という言葉が似合います

そんな彼らが宮崎に発ちました
そして今日がその成果を発揮するときです
勝った負けたは時の運
願わくば彼らが持てる力のすべてを出し切って戦うことのみを祈ります
悔いのない戦いをしてきてください
同じ空の下から応援しています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/30

パクッてごめんね スープたこ焼き

002

これはイケル!食べてみたい!!
いつも拝見しているすくわかグルメで取り上げられた尼崎市の寿々屋さんの名物メニュー「スープたこ焼き」をさっそくパクッてみました
このあたりは罪の意識もプライドもなく
ただただ食べてみたいという衝動にかられました

もちろん明石でいう「玉子焼き」(大阪では明石焼きといいます)とは似て非なるもの
4年間明石で過ごした私としてはこの違いだけはハッキリさせておきたいのです
フワフワ、トロトロの玉子の香りがする「玉子焼き」とは異なり
大阪あたりで食べる「明石焼き」のほとんどは
フツウのたこ焼きをダシで食べるもの
アレに「明石焼き」の名を冠するのは失礼というものです

今回はこだわりもなくアッケラカ~ンと冷凍のタコ焼きを使用
しかしダシは少々凝っています
鯛のあら煮を作った煮汁をサバ節でとったダシで薄めました
使えるものは何でも使うという「もったいない精神」は貧乏ゆえ
すりおろしたショウガを入れて片栗粉でとろみをつけます
その中に電子レンジで温めたたこ焼きを入れ少し煮込みます
ベランダに鬱蒼と茂ったネギと大葉を刻んで薬味にして出来上がり

ショウガの味ととろみのついただし汁がたこ焼きとマッチ
お好み焼きとご飯を一緒に食べる(いまどきあまりしません)
そんな都市伝説がある大阪に
たこ焼きおかずにしてご飯をいただく新たな伝説がここに誕生したのです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/29

外は暑 内は冷

毎年この時期になると身体の内側が冷えている方が多くなります
表面は暑く感じるのですが、意外と身体の芯は冷えているのです
非常に荒っぽい表現で理解しがたいとは思いますが
一年で一番暑い時期に冷えていると言われてもピンとこないでしょう
しかし暑い時期だから身体が冷えないというのは変温動物の発想であり
恒温動物である人間は外気温により体温は変化しません
身体が活発に代謝を行う限り体温は気温が暑くても寒くても変化しません
もし活発に代謝が行われなければどうなるでしょう
代謝というのは我々が活動するのに必要な熱エネルギーを生み出すこと
その熱エネルギーが減少すれば身体が冷えるのは当たり前
それと大事なのは熱エネルギーが足りなければ身体の機能は低下するのです
(熱エネルギーを生み出すことができないということは即ち「死」を意味します)

「調子悪いなぁ」
なんとなく漠然と身体がスッキリしないと感じるとき
それは身体のどこかが冷えているというシグナルかもしれません
単なる疲労であれば休息をとることでいい状態に戻ります
しかしそういう状態が長く続き身体のどこかに異変が出る
それで「夏バテ」が一丁上がり
たぶん身体の内側のどこかで慢性的な冷えがあるんでしょうね

気温が30℃を超えると暑くてたまりません
しかしそれは外気に触れる体表面だけのことかもしれません
自分の感覚とは裏腹に冷えていることに気づいていないだけかもしれません
汗をかくほど暑いのに足湯をしたら意外と気持ちよかったなんてことがあります
これは足が冷えている証拠です
そのほかにお腹の中も案外冷えていることが多く
私が手でお腹を温めるとすごく気持ちがよくなり
止まっていた胃腸動きだし本来の機能を取り戻すこともあります
気付かないで冷えている胃腸に冷たい飲み物をガブガブ入れてやるとさらに冷えるのは間違いありません
こういう落とし穴が夏場には多いのです
クーラーでの冷やしすぎなんかも原因の一つ
これだけ暑いとクーラーを使わないわけにはいきませんが
冷やしすぎは厳禁です
電力不足のご時世でもありますので
節電と体調管理のためにこまめに切ることも大切です

それでも冷えてしまったら・・・
身体の中を温める方法は熱い食べ物や飲み物では無理
基本的に運動して全身に血液を回し体温を確保する方法が有効なのは言うまでもありません
暑いこの時期だからこそいい汗を上手くかいた人がいいわけです
汗をかいて水分補給をしてこそ水分代謝もいいわけです
クーラーの中で過ごして汗もかかないのに冷たい水分だけ補給してというのは理屈に合いません
どこかでひずみが出るのは当たり前かもしれません

いち早く身体の内側が冷えているのを知り
そこから上手く抜け出せたら夏バテ知らずで過ごすこともできるかもしれません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/28

昔を懐かしむ

夏休みになると出勤時の光景も変わります
私の母校喜連小学校の前を通るのが午前6時過ぎ
ちょうどそのころ首からカードをぶら下げた小学生たちが数人のグループになって登校します
ラジオ体操が始まるのは6時半ごろ
いつものように整列して集団登校するのではなく
友達同士の少人数で遊びながら歩きます

夏休みの初めのころには夢がいっぱい詰まってます
家族旅行もあるでしょうしプールで泳いだり
それぞれがそれぞれの楽しみを胸に秘めています
8月の終わりころとは気分も違います
ひと昔前だと「ルンルン気分」とでもいったのでしょう
これから起こるであろう出来事に胸躍らせたものです

屈託ない彼らの姿を見ているだけでうれしくなります
実際は塾の夏期講習で夏休みの大半を過ごす生徒もいるんでしょうね
それでも一日一日を楽しく過ごそうとする笑顔は見習いたいものです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/27

手の説得力

言葉というものは相手に対し自分の意思表示をするために存在します
なるべく自分の思いを正確に伝える必要があります
100の言葉を並べてもそれが相手に伝わらなければ言葉としての意義を失うといっていいかもしれません
人間だけではなく多くの動物たちが何らかの手段でコミュニケーションをとり
第一義的には自分の存在に有利なように言葉を操り
さらにレベルが高くなると種族や社会がよりよくなるためにこれを用います

そういった目的を果たすためにより有効に意思伝達をし
相手にそれを理解させる力が必要になります
これを「説得力」といいます
しかしこの力も使いようが大切で自分の利益のためにのみこれを行使して相手に損害を与える場合もあります
いや、むしろこのケースの方が多いように思うのは私の間違いなのでしょうか?
願わくば説得力ある言葉により相手にも利益を与える「Win Win」に導けたら最高ですよね
道具でもそうですが使う人間の気持ちによって良くも悪くも使えるものです
こういうときにこそその人の人格態度が現れるといってもいいでしょう
言葉巧みに難しい論理を振りかざすことが正しいとは限りません
その言葉により導き出される結果により誰が喜ぶかを考えれば評価はできるのではないでしょうか?

言葉には説得力が必要ですが
説得力が伴うものは何も言葉だけとは限りません
同じ歌を聴いても感動できる歌い方もあれば
心に残ることなく聞き流してしまう歌もあります
同じメロディーで同じ歌詞なのに歌い手により涙がでるほど感激することがあります
これは歌い手に説得力があるからです
歌だけではありません
歌詞のない曲の演奏でさえ我々は涙を流すことができますし
勇気をもらったり、ウキウキすることがあります
これらはアーティストの力そのものであり
説得力があり多くの人たちを感動させてこそプロとしてお金がいただけるものと考えます

それができない私から見ると「音」というものの組み合わせひとつで
人の心を動かすこと自体に感動してしまうのですが
ピアノやギターから出る音自体には言語のような意味はありません
それなのにすごいことができるものだと感心します

画家もそうだと思います
筆を持つ手に秘められた力によって
キャンバスに塗られた絵の具に価値が生じ
人々の感動を生みます

同じく私たちの手にも「力」が必要です
もちろん物理的な有形力のことではなく
手が表現する説得力のことです

こういう仕事をした人ならわかると思いますが
身体は固有の意志を持ちます
それは本人の意識とは少し違ったところにあり
本人の意識よりもデリケートな要素もあります
たとえば施術の際に「力を抜いてくださいね」と申し上げても
なかなか力が抜けません
これは本人の意識とは違う次元で身体が警戒している証拠です
身体に強い力が加えられそうな時
無意識に身体が反応して壊されないように身体を固めるのです

普段でも極度に緊張した場面に遭遇すると
無意識に肩に力が入ります
身体にすれば第一次戦闘態勢に入っているのでしょう
攻撃するより先に防御しているつもりかもしれませんし
攻撃のスタンバイをしているのかもしれません
いずれにしてもこういう場面では自分の身体が思うように言うことを聞かないものです

そんな昂った身体に対してやみくもに触りにいっても拒絶されるのが関の山
結局力に頼ることで施術の体裁を保つことはできても
そんな技が身体に対して有効に作用するとは思えないのです

「身体との対話」が必要です
この手が身体に対して何をしようとしているのかを理解させる必要があります
もちろん身体との対話には言葉は必要ありません
本人が納得しても身体が納得しなければ身体を覆う緊張は取れはしません
あくまでも手を使って身体に理解してもらえる説得力だけが必要です
それに納得してくれてメリットを感じてくれさえすれば
身体は自らを開いてくれるのですから・・・

・・・と説得力充分に説く私に
そういう芸当ができるのかというと
これまた別問題だったりするから世の中むずかしいものです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/26

動きに目覚める

Sq132
月刊スポーツメディスン132号

ずっと忙しくて読むのが後回しになっていました(汗)
確かそろそろ次号が発売されるころ・・・

今月の?特集は「動きに目覚める」
自分の身体を知るということは「どう動いているのか意識すること」に尽きると考えるようになりました
毎週せっせとヨガ教室に通うのも
普段気にも留めなかった「動く」ということを感じるという作業を通して自分の身体を見つめなおしたいから
毎週せっせと空手道場に通うのも自分以外の人が動くのを見て動きを客観的に評価する目を養い、よりレベルの高い動きをするために何が必要なのかを見つけるための勉強と位置付けています

「動く」ということを漠然と見るのではなく
そこに内在するひとつひとつのプロセスを知ることは大切なことです
痛みがあるのならそのどこかに問題を解くカギが含まれているからです

本特集の谷田部先生と渡會先生の対談は熱がこもります
一日中でも話が続く、いやたったそれだけでは時間が足りないでしょう
私ももっと知りたいことがあるので
お二方のご著書をそれぞれ取り寄せました

003

ああ。。これで積み上げた本は何冊になるかな・・・sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/25

スマイル・アゲイン

土曜日の西区民ホールは久しぶりの快晴
朝方に降っていた雨も嘘のよう
この日はここでスマイルアゲインチャリティーコンサート
8年ぶりに使うことになった折りたたみ施術用ベッドを担いで入ると
熱のこもったリハーサルが始まっていました

006

008

私のステージはこの整体ブース
周りは華やかな物品が並べられるなかで一番地味なブースです
これはきっと遊び回れると思ったのが後で間違いであると気づいたわけです

014

それでも一番楽しみにしてたのが美容院のブース
気合いを入れてもらうために髪をカット
ヘアアレンジアーティストのKEITAさんのハサミが冴えます

020

アンシンメトリーといって左右非対称のヘアスタイルは周りから絶賛されて気を良くしたところで開場
いきなり整体ブースがにぎわい始めました

022

それもで和太鼓のソロ、門馬綾子さんとのコラボは見応え充分でした

038

和太鼓の金子竜太郎さんの身体の使い方は日本古来の武道にも通じる動き方
妙なところに食いついて拝見してたわけですが
この日は音楽の楽しさや魅力を存分に楽しませていただきました

043

キッズクワイヤの歌は元気一杯
力強く歌う彼らに技術だけが音楽の魅力とは限らないことを教わりました
精一杯歌う彼らに惜しみない手拍子・拍手が鳴り止みません

プログラムを見ればこの後は「休憩」とありましたが
ここからは私の出番
気がつけば全プログラムが終了し
予定時刻を過ぎても大盛況の整体ブース
大好きなアコーディオン、初めて聴くマリンバの音色、こちらも生で聴くのは初めての三味線
横目でチラ見しながら仕事に励みます

フィナーレを飾ったSMIL AGAINクワイヤのころになると
普段慣れない順番待ちまで・・・
とても音楽を聞く余裕などありません

046

・・・で
気がつけば打ち上げ

047

豪華料理の数々で疲れた体を癒します(爆)

001

この日は音響の佐々木さんのん十ん回目のお誕生日
みんなでお祝いします

1002

この日子供たちの心をわしづかみにしたみはらさとしさんのバルーンアートのバースディケーキで盛り上がります

1003

こんなのがあったらなんかやらんとね・・・
子供も見てるのにね(笑)

私が一番楽しんだという自負はあります
こんな楽しさが大きく広がり
東北でもいっぱい楽しさが詰まったコンサートができればいいですね
一生懸命楽しめば必ず伝わると信じています

みなさんお疲れさまでした
これからですね!
 
005

・・・と友情出演の天音ちゃんもそう申しております

 
 
055

そうそう!これを忘れてはいけません
東北の物品販売のブースで買った喜多方ラーメンとキュウリの漬物

1005

私の手にかかればざっとこんなもん
私の顔もスマイルになりました(笑)


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/07/24

土用の夜は

7月21日は土用の丑の日
今度は8月2日が二の丑になるそうです
江戸時代に平賀源内が「ウナギを食え」といったとかいわなかったとか・・・
讃岐出身なんだから「饂飩を食え」といっときゃよかったのに

でも今年はウナギも高騰しているらしいですね
幸いなことにあちらこちらからウナギをもらい食べ飽きたところだったので
何か別のものにしようと思ってたら偶然スーパーできれいなイワシを発見
「てて噛むいわし」なんて大阪では言ってましたが
手を噛むほど(生きているという意味)に新鮮なイワシでした

010

我が家の財政事情も勘案しイワシの煮物に決定
あとから聞いた話によると先ずお酢だけでイワシを煮込むと骨まで軟らかくなり臭みも抜けるとか
今回はオーソドックスに酒と醤油・砂糖・みりんで味付け
細かく刻んだショウガを多い目に入れて煮込みました
後から気付いたのですが梅酒の梅も入れたら柔らかい旨みになり美味しかったのに

011

冷ご飯がたくさんあったのでチャーハンに
こちらも我が家の財政事情を勘案しベランダにあるネギと青じそがメイン
最近ご飯が傷みやすいので梅干しとシソを入れて焚いてあるんですよね
せっかくだからそれにあわせてちりめんじゃこも投入
味付けは後から入れた梅干しのシソの塩分のみ
あっさりとした爽やかな味付けで食欲も増進

「ウナギだけが魚じゃないぜ」
イワシの煮付けも久々に食べられたので満足しています
もう少し安くなったらウナギも考えてみましょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/23

The Fame

The_fame
The Fame  LADY GAGA

こういう流行りのポップスを紹介するのも珍しいことです
1980年代のマドンナでさえ見向きもしなかったのですが
なぜか気に入って聴いています
奇抜ともいわれますが徹底したエンターテイメントぶりはトップアーティストにのみ許されます
普段の言動も男前なので以前から気になってはいました

アルバムを聞いているとなぜか梅田や難波の洒落たお店にいる気分になります
日本のポップスと違うのは「力」を感じること
とってつけたような歌や踊りだと何度か見ていると飽きてきます
ルックスだけではファンがついてこないのはアメリカの実力主義なんでしょうな

ポップスも勉強して時代についていきたい今日この頃です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/07/22

日差しを遮る

012

西側の窓にブラインドをつけました
去年デスクの前の窓に同じブラインドをつけて西日を遮り快適に過ごしてのですが
写真の窓は玄関口のものでしっかり忘れ去られていました
それでも夏がやってくると容赦ない日差しが差し込み
とりわけ4時から6時ごろに西日が差し込むと玄関口の気温はいっきに上昇
部屋の奥との気温差がなんと2℃
これはきついです

台風でヒマな間にホームセンターに行ってブラインドを買ってきました
これで夕方の暑さから抜け出せそうです
節電効果も期待できそうですね

浮いたお金でどこに行こうかと検討中←取らぬ狸の皮算用

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/21

小休止

大阪に3日間も雨をもたらした台風もようやく東の海へと去って行きました
雨で予定が狂った方、外出してずぶぬれになった方
たいていの方はボヤいておられましたが
唯一救われたのはずっと続いていた猛暑

007

27℃を指していますが
この程度ならクーラーは必要ありません
もちろん湿度は限りなく100%に近い状態だったので
少し動けば汗も出ました
しかし台風の風が吹けば蒸し暑さも少しはマシ
例年なら今頃が梅雨明けなもんで帳尻があいそうな感じです

ここ3日間ほど暑くて寝苦しくて夜中に目が覚めることもありません
比較的ゆっくりと睡眠がとれました
これでようやく先週フル回転した疲れが取れたような気がします

これから8月にかけて暑さも本番
その前にちょっとの間だけ猶予をもらったような感じです

110720183043

昨日の夕方の写真です
青空が見えてきました

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/07/20

今のうちに

関西でも一昨日あたりから台風の影響で雨が降り続きます
昨日も朝から雨
しかも台風の接近を感じさせる風は
今までのそれとは違い傘を持っていかれそうな強い風
三連休の前あたりからずっと満員状態が続いていたのですが
連休も終わり小休止のようです
それでも台風が近づく中わざわざお越しいただいた方には感謝の言葉以外に見つかりません

仕事以外にもやらないといけないこともあります
アッチに行ったりコッチに行ったり・・・
雨の中こんな時にしかできないこともあります
傘がひっくり返りそうな危険を冒して東奔西走
おかげで用事を全部済ませることができました

あまり台風を歓迎する人もいないでしょうが
私の場合いいタイミングだったかもしれません

関西地方では台風が最も接近するのが今日
強い台風だとの報道がありますが
被害が出ないように祈るだけです

005


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/19

信じてたのに

むかし「皮膚呼吸ができなくなると死んでしまう」なんて言ってましたよね
もちろん私も疑いのない事実だと思っていました
ところがあるとき人間は皮膚呼吸はしていないという事実があり愕然としました

この世には多くのニセ科学があります
最初から疑わしいものもあれば
本当なのかどうか判断がしづらいものもあります
オカルトの類などは半信半疑
少しでも疑う心があれば救いもありますが
100%間違いない事実だと信用していたことが実は嘘だった
そんなこともあるから世の中の何を信じていいかわからないものです
マイナスイオンというのが商品化され大ヒットしたのは10年ほど前
有名メーカーをはじめとする信用に足りる企業がCMを通じて
マイナスイオンが出ると言われる賞品を競って売り出し
消費者は踊らされたものです
それなのに今頃になってマイナスイオンまでもがニセ科学だという意見も増えています
売るだけ売ったらあとは知らん顔
信じた我々はいったい何だったんだ?
唖然とするしかありません

ニセ科学というものは信憑性が高ければ高いほど罪作りなものです
他人事ではありません
我々の生業とする手技療法にもそんな話はいくらでもあります
厳しい見方をすればそういうのが多い業界かもしれません
オステオパシーやカイロプラクティック馴染みの深い鍼灸でさえニセ科学であるという指摘も昔からあります
所詮は人のやることですから
その時正しいと信じていたことでも、後から間違いに気づくことはいくらでもあります
手技療法や民間療法だけではなく現代医学、いや科学のすべてに内在する問題だと思います
ただその頻度に高さは我々の業界は傑出しているのは間違いありません
私の知っている人でも相当怪しいことをしている人もいますし
私自身も怪しい部分もあります
(とりわけ知識や技術の部分は怪しいです)

せめてやってる側が自分自身に疑いの目を常に持ち
自己批判にさらしながら自分自身を検証する習慣があれば
いち早く間違いに気付き修正することも可能だと思います

信じて疑わなかったことがあとで全然違ってたなんて救われませんよね
縁あって自分を信じてくださった方を裏切らないために
自分の知識や技術に対して目を向けておくことを怠ってはいけません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/18

月刊トレーニングジャーナル8月号

Tj
月刊トレーニングジャーナル8月号

今月のテーマは「3つの要素で考える」

「これさえ食べれば健康になれる」
こんな情報が氾濫した十数年前
ところが世の中そんなに簡単ではありません
たったひとつの要素だけで問題解決はなかなかはかれません

スポーツの世界だって重要な要素はたくさんあるんでしょうが
集約すれば3つくらいに絞られるみたいです
それぞれの競技で、それぞれのトレーニング方法で
重要な要素がピックアップされています

個人的に興味を持ったのは「筋活動の逆転」
たとえば外旋筋のはずの梨状筋が状況に応じて内旋・伸展・外転にもかかわるというくだり
前にも何度かその話は聞いたことがあったのですが
我々が普段むきあう運動制限にこの話を当てはめてみるといろんなヒントが浮かんできます
特集記事の主旨と異なる部分で食いついてしまいました
今までの施術のパターンも変わりそうな予感がします

110716

連載コラム「からだことばに学ぶ知恵」も22回目
今回のテーマは「武者震い」
小心者の私はいざというときすぐに緊張して震えることもあります
自慢じゃないけどプレッシャーに弱いタイプです
震えているのは貧乏ゆすりではありません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/17

青じそ

何を思ったのか?父親がベランダから大量の青じそを摘んできました
使う予定も全く何もなしに「いいのがたくさんできているから」
まことにわかりやすい理由です(笑)

しかしこのまま眺めていてもいずれはゴミ箱行き
あるものを使って何かできるものをとネットで調べれば
これが結構あるもんです

003

「キュウリと青じそのゴマ酢和え」というのが簡単そうなので試してみました
冷蔵庫に残っていたキュウリを刻んで塩を振ってしばらく(10分程度って書いてあったけど実際は5分ほど)置きます
青じそを細かく刻んでおきます

お酢・食べるラー油・醤油・砂糖を極めて適当に混ぜ合わせ味をみたらボチボチエエ感じになりました
そこに準備してあったキュウリを水洗いしギュッと絞ってタレの中に投入
その後青じそも入れてかき混ぜて食べるときにすりおろしたゴマをかけました

若干塩の量が多かったのか少し塩分が濃い感じでしたが
幸いなことに素麺と一緒に食べたのでちょうどいい感じになりました
ナムルみたいな感じがちょっとかわっててよかったですよ

それでもまだ大量にある青じそ・・・
それならばとばかりに作ったのがこちら

110717

「鶏肉のハンバーグ・モヤシあんかけソース」
とでも命名しておきましょう
家にあった食材青じそ・青ネギ・玉ねぎを細かく刻んで
鶏ミンチにまぜ玉子を入れて醤油・酒・みりん・塩で味付け
若干の片栗粉も入れたものを適当な大きさに丸めます
あとはゴマ油で焼きあげます

不本意ではありますが化学調味料の塊の中華ダシの素を沸騰したお湯に入れ
醤油・砂糖・みりん・酒で味付け
味を見てから細切りにしたピーマンを入れ
最後にモヤシを入れすぐに片栗粉でとろみをつけます

ハンバーグ自体は薄味にしたので
ソースがかかって程よい味加減

それでもベランダをみるとあざ笑うかのように青じそがたくさん茂っていました
当分青じそ中心のメニューですなsweat01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/07/16

Takeshi Plays Takeshi

110722

7月1日に久しぶりのジャズライブを楽しみました
そのとき演奏されていたピアニスト清水武志さんが
新しいアルバムを出したということで即購入
今回はソロアルバムということで全編ピアノのみのオリジナル曲
シンプルではありますがこれほど心地よい編成はありません

以来ずっと聴いています
テクニカルなことはわかりませんが
ずっと聴いていて心地いいアルバムです
一日中聴いていると飽きるのが当たり前ですが
毎日かけていても自然に音楽が心の中に入ってくるようです
BGMとして使いますが決して聞き流すわけではありません
しっかりとフレーズが頭の中に残ります

ピアノ弾いてる時以外はへんなおっちゃんですけど
ピアノ弾いたら洗練されています
喋らへんかったらカッコいいのに・・・

Takeshi Plays Takeshi 清水武志
一部地域で絶賛をうけ好評発売中です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/15

力づく

010

スーパーに行ったらサーモンとマグロのブロックが安かったので
カルパッチョを作ってみることにしました
下にオニオンスライスを敷き詰めて魚の切り身を乗せ
オリーブオイルをかけて岩塩、黒コショー
さらに水菜とカイワレ大根、ミョウガをあしらって出来上がり

とレシピはいたって簡単ではありますが
オニオンスライスをせっせと作っているとき
どうも引っかかって切れないんですよね
意地になって力づくで押したとき
指が滑って人差し指もスライスimpact
幸い指の皮が厚かったようで血も流れることなく無事だったんですが
どうもいけません

引っかかっていたということに対する原因があったはずです
それを探ることなしに力だけで問題を解決しようとするからこんなことになるんです
世の中の出来事にはすべて原因と結果があります
ひとつの結果に対してそれに対する何かの原因を探ろうともせず
問題の本質と異なるやり方で目的を遂行しようとすると失敗するといういい見本なわけです
「理(ことわり)」を無視して力に頼ろうとすること自体にそもそもの間違いがあったことに気付きました

運動でも人の身体にもそういうことはいくらでもあります
力でやろうとすれば横着な気持ちが芽生えます
それでは思うような結果は望めません

幸いにしてとても美味しいカルパッチョはできましたが
少し反省せんといけません

今日のひと言
「理なくして力に頼るは能なきなり、されどカルパッチョは旨し」

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/07/14

雨上がりの夜に

7月12日午後からはあいにくの雨
それでも午後7時前に外出すると雨も上がり
晴れ間から大きな虹が見えました

001

何年ぶりでしょう虹を見るのは・・・
自転車を走らせてふと後ろを振り返れば
もうそこには虹はありません
きっと数分の出来事だったのでしょう

出かけた先でにぎやかな音色が聞こえてきました
平野は杭全神社の夏祭り
それぞれの町でだんじりが練り歩きます

「110712-200709.wmv」をダウンロード

帰りにだんじりに出くわしました
みんな楽しそうです

元々こういったお祭りは五穀豊穣を祈願するのが由来
今では田畑もなくなり祭りそのものが目的になってしまったような感もあります
昼間に降り続いたうっとうしい雨も田畑を潤すには欠かせないもの
暑い暑いとぼやく夏の日差しも作物を育むエネルギーそのもの
そういった自然現象がバランスよく降り注いでこそ
五穀豊穣の願いも果たされるというもの

何も人間にとって都合のいい事実だけが人間を支えているわけではありません
迷惑だと思うようなことでもなければないで困ります
要はバランスが大切だということ

いつもなら蒸し暑いはずのお祭りも昼に降った雨でとても涼しい夜になりました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/13

トニーズテーブル

009

初代のベッドをひっぱり出してきました
折り畳みができるベッドで開業してから1年ちょっと使っていました
アメリカ製のトニーズテーブルと言いますが
昔はこれを車で持ち運んで出張もしていました
今は時間に余裕がないので基本的にこれを運んで仕事することはなくなりました

意外に軽くて持ち運びには便利なんですが
造りがちょっとちゃちな感じが玉にきずでした
あるとき某柔道の金メダリストが来院したいという希望をきいたのですが
その方の体重が引退されたとはいえども120kgほどあって
どうもこのトニーズテーブルでは心もとないということで
急遽後ろのしっかりしたベッドを買いました
結局その金メダリストは世界遠征でなかなか日本に帰ってこれず
いつのまにやら話はなかったことに・・・
それでもこのベッドだけは今も活躍しています
半面トニーズテーブルは引退を余儀なくされ
陽の目を見ることなしに数年間物置に放置

このたびSmile Again東日本大震災チャリティーコンサートが行われ
私も整体ブースを作ってもらい活躍の場を設けてもらいました
再び陽の目をあびることになったトニーズテーブル
こちらもスマイルアゲインといきたいところです
しかししっかりと汚れていたので
洗剤を買ってきてきれいに手入れしました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/12

買い替え時期?

002_2

毎日BGMを流しているCDコンポ
これを買ったのがこのブログを開始した直後の2004年10月
決して高級なコンポではありませんが当時はとてもうれしかったものです
もうすぐ7年となり毎日使っているわけですから相当な労働量
最近、突然異音がすることがあります
そんなには気にならないのですがなんとなく寿命かなとも思ってしまいます

一説にはレンズの耐久時間があるとかも聞きましたが
家電全般においてある程度の年数で故障するのがふつう
そろそろ買い替え時期かなと思いながら
とことん引っ張ってみるつもりです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/07/11

梅雨が明けたら

金曜に意表をついて梅雨明け宣言が出されました
前日、一日中雨が降っていたのでなんか突然って感じもします
まあ、毎年のことだから予想はしていましたが
早速やってきた猛暑
金曜から連日暑い日がやってきました

当然、梅雨が明けたら真夏がやってきます
節電を呼び掛けられる中偶然新しいエアコンに変えたのは
消費電力が3割程度カットできるというのでちょうどいい時期だったかもしれません

暑い暑い夏を待ちかねていたかのように虫たちもお目見え
外でお目にかかる分には差し支えありませんが家の中まで入ってこられるのは迷惑な話

003

いろいろ悩んだあげくに購入したのは虫よけリキッド
これで本当に虫が来ないのかにわかには信じがたいのですが
とりあえず試してみることにします

そういえば梅雨が明けたらセミの声が聞こえてくるのですが
昨日ちらほらと聞こえただけで大合唱とまではいかないようです
ずいぶん早い梅雨明けにまだ準備が整っていないんでしょう
金曜に梅雨明けで日曜にセミの声ですから今年は段取りが悪いですね

ビールが美味しいのはいいけど
寝苦しいのはつらいなぁ
夕べも3時過ぎに目が覚めてそのまま読書タイム
寝不足と引き換えに勉強がはかどるかもしれません

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/10

暑いもんね

013

久しぶりの登場はヨッシー
今年流行ろうかというタイガーカットはパパにしてもらったそうです
バリカンを使ってもなかなか難しいんですよね
私にも覚えがあります

007

そんなこともどこ吹く風
やっぱり最初はボール遊びから始まります
涼しげな頭が気持ちよさそう

018

おねえちゃんと同じことをして遊びます
これはずいぶんおねえちゃんに仕込まれた様子

017

新しく入ってきた熱帯魚は気になる様子
今日はずっと食い入るように見つめていました

025

ひとりで靴を履けるようになったのはさすがです
2歳になるとやっぱり違います


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/09

酢ゴボウ

110706071927


我が家では子供のころからおせち料理の一品として毎年お重の中を飾っていました
ここ数年酢ゴボウが作られることなく正月を迎えていたので
どうしても食べたくなり作ってみました

ゴボウを4~5cmに切りさらにそれを4分の1の細さにします
酢と塩を入れて茹でてアク抜きをします

白ゴマをすりつぶして、醤油・砂糖・お酢を混ぜ合わせ
好みの味に合わせてから茹でたゴボウを入れます

いつもどおりに適当に作ったのですが
けっこう悪くありません
よほどセンスがいいのでしょう(自画自賛)

いえ。。不味かった料理は一切紹介しないからです


久しぶりに食べる酢ゴボウ
これだけ暑ければ正月気分は味わえません
こういうシブイものを好む私も人間としての年季が入ってきた証拠でしょうか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/07/08

ろくろ首の首はなぜ伸びるのか

Photo_2
ろくろ首の首はなぜ伸びるのか 武村 政春

アタックネットでブックレビューが掲載されました
こちらをご覧くださいませ

ろくろ首のような空想上の生き物(妖怪)を医学的に考察するとどうなるか?
「空想非科学大全」という類似のシリーズもありますが
荒唐無稽のギャグに近い科学ではなく
現実味の高い科学ですから読み応え抜群です

大がかりなジョークは大人ならではの遊びです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/07/07

七夕

今日は七夕
子供が小さいときは何日か前から玄関に笹飾りがあったので「もうすぐだな」と思っていたのですが、さすがに大学生や高校生の息子たちには七夕は無縁のようです
彼らが次に七夕に関わるのは彼らの子供ができてからかもしれません

天気予報を見ると意地の悪いことに一日中雨の予報
毎年七夕の日は梅雨の真っ最中ですから
雨が降る確率が高いのは仕方のないこと

雨が降った方が涼しくて寝やすいのですが
楽しみにしている子供たちには無情の雨となりそうです
さて今夜は星空が見えるでしょうか・・・

「雨を降らすなよ ちゃんとやれ!」
そう天に向かって叫んでいる人もいるかもしれませんね
もちろんこのセリフもオフレコです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/07/06

スマイルアゲイン

7月23日(日)大阪市西区の区民センターで行われる
東日本大震災復興支援チャリティーコンサートのご案内をします

【日時】  7月23日(土)14:30~開場、15:00~開演

【会場】
 大阪市西区民センター(大阪市営地下鉄西長堀駅)

  0723map1

【内容】
 音楽部門:
  LA BARAKA(ゴスペル)金子竜太郎(和太鼓・元鼓童リーダー)
  後藤ミホコ(アコーディオン)響(ゴスペル)
 ブース部門:
  東北物産販売・絵画展示・似顔絵・チャリティ絵画販売・絵本読み聞かせ
  アロマ・ファッション・被災ペットレスキュー・震災物資サイト紹介
  ボディーペイント・整体・ヘアカット etc
【入場チケット】
 1500円(中学生以上)
【チケット取り扱い】
 西区民センター TEL:06-6531-1400 / FAX:06-6531-1402

主催:スマイルアゲイン実行委員会
協力:(財)大阪市コミュニティ協会西区支部協議会

東日本大震災復興支援のためにスマイルアゲイン実行委員会が立ちあげられました
支援の仕方はそれぞれですが
現地での入場無料野外コンサートの開催を目指して
その運営にかかる資金を集めるために
関西地区を中心としてチャリティーコンサートを随時行っています
いわば心の支援とでもいうのでしょうか?
そのひとつの形となって結成されたのがスマイルアゲイン

そして今回実行委員代表の門馬綾子さんから直々に依頼を受け
不肖私も参加することになりました
ご安心ください
私がステージで歌うわけではありません
「ブース部門」で整体コーナーを作ってもらうことになり
そこでせっせと施術に励みます
普段よりも短い時間の施術で多くの方に受けていただこうと思います
もちろんその収益はスマイルアゲインの活動費となります

今までわずかながら義援金として寄付は致しましたが
私の仕事を通じて協力できればこんなにうれしいことはありません
復興支援の多様性は必要だと思います
阪神の大震災でもいろいろなやり方で多くの方が支援してくださいました

どれくらい盛り上がるか楽しみです
当日お時間のある方はぜひのぞいてみてください
私もがんばりますよ

しかし。。。整体ブースだけヒマだったらどうしようsweat01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/05

節電したら

005

久しぶりに平野区役所に出かけました
高齢者の高額医療費を返してくださるそうで
母親の代理できたのですが普段区役所にくることがないのでどうもこの雰囲気には馴染めません

008


やはりここでも節電がうたわれています
今までならガンガンに冷房が効いていたのですが
そこそこの温度で押さえられています
しかも扇風機で風を送っているので私個人としては今までと比べるととても快適
これまでが冷やしすぎてたんですよね
これだけ冷やすと長時間いるとお腹を壊すんですよ
ちょうどいい温度に心地よい風
冷房を入れて長袖を着るのが異常なことということに気づきました
何でもそうですが行き過ぎがいいというはずがありません
やっぱり適当なのがいいですよ
外に出たとき外気温との差に閉口する事も少ないでしょうし

区役所だけではありません
スーパーなどの商業施設でも寒すぎると感じる事がなくなりました
節電というよりも当たり前の状態に戻っただけなのかもしれません
けだし夏は暑いのですから・・・

007

ゲッ!こんなものが・・・
電気だけじゃなしに飲むのも食べるのも節約した方がよさそうですsweat01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/04

動物の感覚

叫ぶカラス、砂浜にクジラ…震災前に動物異変

 マグニチュード9・0を記録した東日本大震災の直前に、野生動物の異常行動に関する目撃証言が複数確認されている。

 鳥などの不可解な動きと地震との関連は、科学的に解明されていないが、災いを避ける「知恵」として日本各地に伝えられてきた。総務省消防庁も事例を収集しており、専門家は証言を集めて分析する必要があると指摘する。(高沢剛史)

 ◆鳥

 「あれは前兆だったのでは」。現在も家屋の残骸が残る宮城県石巻市湊地区で30年以上暮らす阿部幸子さん(66)は、こう振り返る。

 この5年間、阿部さんは週に5日ほど、夫を未明の漁港に車で送り続けてきた。震災当日の午前1時50分頃、玄関のドアを開けた瞬間、鳴き叫ぶカラスの声にぼう然となった。初めての体験だった。

 暗闇の中で目をこらすと、公園で普段暮らす3倍近い約50羽が「ギャー、ギャギャギャ」と飛び回っていた。「こんな鳴き声聞いたことがない」。夫もけげんそうに暗い空を見つめていた。

 阿部さんと同じ地区に住む佐藤よし子さん(60)は、3月11日午前10時から正午頃、上空で激しく争うような数十羽のトンビの声を聞いた。普段は穏やかに飛んでいるが、この日は「ビーッ」「ビビビ」などと、けたたましい声をあげていた。強い揺れが襲ったのは、約3時間後だった。

 ◆クジラ

 震災1週間前の3月4日、茨城県鹿嶋市の海岸で、打ち上げられた小型クジラ54頭が発見された。同県大洗水族館(大洗町)によると、体長2~3メートルのカズハゴンドウで、同館の島田正幸・海獣展示課長は「遠浅の海に迷い込み砂浜に乗り上げたのでは」と推測するが、地震との関係はわからないという。

 ただ、同様の現象は、今年2月のニュージーランド大地震の前にも確認されている。現地報道によると、同国南西部の島で地震の数日前、107頭のゴンドウクジラが乗り上げた。

 ◆因果関係不明

 動物の行動と地震の関係は、科学的には未解明だが、いつ起きるかわからない自然災害を察知する「手だて」として、古くから継承されてきた。

 総務省消防庁は各地の言い伝えなどを収集し、「全国災害伝承情報」として同庁ホームページで公開している。鳥の異常行動を巡る言い伝えは特に多く、岩手や茨城、千葉、山梨、愛知県などでは、「キジが騒ぐ(鳴く)と地震が起きる」と言われていた。宮崎県串間市には「カラスが騒ぐと地震が来る」という口伝も残されていた。

(2011年7月2日14時41分 読売新聞)

「地震の前にはナマズが騒ぐ」嘘かまことか昔からそんなことが言われています
すべての動物たちには生き残るために必要な感覚をもちます
それはそれぞれの動物たち固有のものであり
人間に理解できないのは当たり前このとなんでしょう
地震を予知するということだけではないとは思いますが
彼らの身体感覚で感じる確かな異変はほんの微細な事柄でも「次」を読んでしまいます
「動物的な勘」などといいますが
あるいは彼らにとっては具体的な将来の予見であるのかもしれません

身体のどこの器官でそれを感じているのかはとても興味があります
ひょっとしたら人間にもそういった機能があり
現代では活躍する機会もなくなりを潜めているのかもしれません

「科学的に見解明」とありますが
人間の科学が森羅万象のいったいどれほどを解明したというのでしょう
おそらく全宇宙の出来事のなかでほんの塵ほどのことしかわかってないのではと思うのです

偉そうに振舞う人類も鳥やクジラに頭を下げて尋ねてみるのもいいかもしれません
彼らが気持よく教えてくれるかどうか甚だ疑問ではありますが・・・
せめて自らの裡に耳を傾けてみたいと思うのです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/03

RUGTIMR大阪

10日ぶりの雨は涼しさをもたらしてくれました
仕事が終わって駆けつけたらファーストステージが終了した後

001

このメンバーでのステージは今年二度目
個性派同士のぶつかりあいは見応えがあるんですよね

034

息のあったメンバーの掛け合いはどこで何が飛び出すかわからないので気を抜けません
こそっと繰り出す晶さんのベース演奏のギャグはノリノリの証拠

018

晶さん。。カメラ目線でこちらに向かって余裕のピースサイン

005

待望の4枚目のソロアルバムをリリースした武ちゃんは絶好調
MCばかりを集めたトークアルバムを出すことを進言してきましたが
実際に企画して編集してみたんですがボツになったそうです
マジでやろうとするあたりはまともな神経では考えられないさすがですね

039

スタンダードを歌わないことでは定評のあったルミコさんですが
ここのところ一回のステージで何曲もスタンダードを歌うのでこちらの勘が狂うときもあります(笑)
それでも時折入れる昭和歌謡になると力がこもるのは彼女のライフワークだからでしょうか?

久しぶりのライブはとても気持ちのいい時間
梅雨の晴れ間を思わせるステージでした

004_2002

今日はゲットした清水武志さんのアルバムを聴きながら仕事です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/02

ラスク

005

平野区のパン屋さんの中ではネットで評判の「ウィート・ファーム・ブレッド」さん
偶然平野区で有名なパン屋さんというのを見ていたのですが
実はここのお店の前をよく通っていたのです
このお店を通り越して角を曲がって平野川を越えると八尾の方面に抜ける裏道
ちょこちょこ八尾界隈をうろつく私にとって「いつもの道」
ウィート・ファーム・ブレッドがそんなに有名なお店とはつゆ知らず
前を素通りしていたものです

こちらのお店で評判なのがラスク

009

初めてということなのでプレーンラスクと抹茶ラスクを買ってきました
プレーンのラスクは秀逸
ごくオーソドックスなものですが甘さは控えめ
その上バターの香りがしっかりするので
単なるお菓子のイメージはそこにはありません
高級感というか風格さえ漂うラスクです
パンを差し置いてまでのラスクの評判のよさにうなづけます

もうひとつ買った抹茶のラスクも個性的
しっかり抹茶味がついた深い味わいに驚きました
紅茶なんかと相性がよさそうです

今度行ったときはゴマのラスクを買ってみることにします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/01

夏に食べようトマトカレー

110621112313

親戚が大量にジャガイモと玉ねぎを持ってきてくれました
豚汁に使ったニンジンが一本余っていました
さらにたまたまスーパーに行ったらシチュー・カレー用の牛肉が特売
これだけ条件がそろえば作らないわけにはいきません

レシピはふつうのカレーと同じ
少し工夫したのは最初お肉を炒めるときにガーリックパウダーを加えておきます
そうすれば牛肉の味が深くなります
ジャガイモ・ニンジン・玉ねぎを加えて火が通ったころ
缶詰めのトマトピューレを入れ煮込みます
それから水を加え市販の固形カレーを加え
月桂樹の葉を数枚入れて煮込んだところに
思いつきで食べるラー油をひとさじ投入

暑くなってきたからカレーで暑気払いといきたいところ
トマトの酸味が程よくいくらでも食べられそうです

某メーカーの浅漬けの元で漬けておいたキュウリがメチャ旨
これから残った野菜で漬物を作るのがマイブームになりそうな予感がします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »