« 腰痛はアタマで治す | トップページ | 久しぶりの登場 »

2011/04/06

身体の軸を感じる

寄る年波には勝てず年中身体の不安を抱えながら過ごすことが多くなりました
こんな仕事をしているからさぞかし健康体なんだろうなんて知らない人の勝手な想像に過ぎません
もちろんさしあたって大きな病気もケガもなく健康といえば健康なんですが
自分で感じる身体の裡は小さな違和感がひしめきあいます
きっとほとんどの人はこんな状態であったとしても気付かないだけなんでしょうね
毎日自分の身体に聞き耳を立てている私だから感じる違和感かもしれません

特に朝なんて身体を動かすとギシギシと音を立てる感じがします
別に痛くも痒くもないのですが
寝ている間に血液の循環が悪くなり冷え切った筋肉が伸びないようです
お若い方にはわからないでしょうが
朝の身体は大リーグボール養成ギブスを身につけているような感じがします
当然姿勢も悪くなり前かがみになりがちです
こんな姿で仕事をしてたら格好悪いばかりか腰に負担がかかります
長く続けばこっちが腰を痛めてしまうのは必然

朝は全身の筋肉を伸ばすことから始めます
ここのところずっとお世話になっているのは65cmのバランスボール
買ってからずいぶん年数も経ちますがこれがけっこう優れ物でして
ボールの上で仰向けに寝てちょうどブリッジをするような状態になります
何度か呼吸をすればわかりますが
背骨に付着する細かい筋肉が軋むように引っ張られます
できるだけ力を抜いてやればさらに伸びるのがわかります

それからいろんなエクササイズをするのですが
筋肉が緩むと身体がニュートラルなポジションにセットされるのがわかります
この姿勢がこれまた楽なんです
逆にいえば猫背などの悪い姿勢は楽なように見えて
実は余分な力が必要になります
楽だと思って長時間その姿勢を続けると少しずつ疲労がたまります
なぜかというと悪い姿勢は身体の軸が存在しないからです
いや、本来あるべき身体の軸から逸脱しているというべきかもしれません

日頃からストレッチなどをやって「いい状態」を感じてみると
身体の軸が体感できるんです
やらない人にはわかりません
やった人だけが身体で理解できる感覚です
軸に身体を乗せると実に楽に動けるし
不要な力を発生させることもありません
いわば省エネの身体活動ができるわけです

合理的な身体の使い方は疲れにくいと同時に腰痛や肩こりになりにくいといってもいいでしょう
若い間は意識せずともできていたり
あるいは少々軸からブレた状態であっても
身体の許容範囲が広いのでさほど気にする必要はなかったのかもしれません
でも年齢とともに身体の楽な使い方を知っておかないと
誤魔化し方もわからないわけです

スポーツ選手もギリギリいっぱいの身体の使い方をします
私の場合はキャパが小さくなってギリギリいっぱいなわけです
状態において天と地ほどの差はありますが
追及するものは同じだと思います

|

« 腰痛はアタマで治す | トップページ | 久しぶりの登場 »

コメント

こんにちわ!

昨日、お花見に行って来ました。
桜の下で食べるお弁当は、美味しかったです。
朝から、ちょっと喉が痛かったのですが、
お花見から帰っても、大掃除みたいな事をし、
今日は、少々、風邪気味なよう。

バランスボール、いいって聞きますね。
以前、友達の家で、乗っかってみました。

投稿: うさうさ | 2011/04/06 16:32

関西ではお花見といえばバーベキューをされる方が多いのですが
もうもうと立ち込める煙と焼き肉の臭いで桜の雰囲気が壊されるように思います
私はやっぱり家で作ったお弁当がいいですね

腰痛予防にバランスボールを使ったブリッジは有効です
痛いときには危険なのでお勧めできませんが・・・

投稿: ひろ | 2011/04/06 16:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/51260912

この記事へのトラックバック一覧です: 身体の軸を感じる:

« 腰痛はアタマで治す | トップページ | 久しぶりの登場 »