« 月刊トレーニングジャーナル1月号 | トップページ | 大根餅 »

2010/12/14

蕎麦屋 de Live 壱六庵

001

久しぶりに訪れた壱六庵さん

002

この日は貸し切りの看板が置いてあります
お店の中に入ると皆さん入り口を向いて座ってます
久しぶりの「壱六庵 演奏会」
あなたの「おそば」にクラシック
そんなサブタイトルでライブが開かれました
今日は「ライブハウス壱六庵」に早変わり

Img079

どうやら私の到着を待っててくださったようで
開演時間に少し遅れて入ると店内はクローズ
この日はピアノ吉山輝さんと中国琵琶エンキさんのデュオ
おふたりともすごいご経歴で吉山さんはソリストとしても活躍される超一流のピアニスト
エンキさんは中国でのオリンピックで使われた曲を作曲されたり
天皇陛下の前でも演奏されたこともあるという中国琵琶の第一人者

006

お二人の演奏は素晴らしくまずはピアノソロでスタート
ベートーベンの月光で魅了します
エンキさんが中国琵琶の紹介をされましたが
この楽器が実に奥行きの深い音色を奏でます
マンドリンの音色でゴッドファーザー愛のテーマ
三味線の音色を出したり様々な音の演出ができるようです

010

クラシックですからシューベルトやショパンもあります
もちろん中国の古典やウィグルの曲やモンゴルの曲もご披露
やはり東洋の音楽は「息」で演奏するのですが
さすがに一流のアーティスト同士ですから呼吸がピッタリ合います
最後は天皇陛下の前でも演奏されたというエンキさんのオリジナル「シルクロード」でフィナーレ
もちろんそれでも延々と続く拍手でアンコール
鮮やかで情緒豊かな音楽を楽しませていただきました

018

もちろんその後は蕎麦に舌鼓
しばらく余韻を楽しんでいるとサービス精神旺盛な吉山さんがリクエストに答えて再びピアノの前に
今度はおもしろおかしく踊りながらの演奏で皆を喜ばせてくださいます
酔うと面白い方のようです(笑

003017

これだけの至近距離ですごい演奏を聞かせていただくと感動せずにはいられません
グランドピアノのある蕎麦屋、壱六庵さんの真骨頂ですね

|

« 月刊トレーニングジャーナル1月号 | トップページ | 大根餅 »

コメント

こんにちわ!

蕎麦屋de Liveとは、粋ですね。
よく見るTVで、お蕎麦を食べながら、
日本酒飲まれてるのですが、それも、
なかなかのものだと思ったら、まあ、
ひろさん、素敵な空間にいらしたのね。

ツイッター、うさうさのツイ―トが・・・。
何だか、嬉しい。
フォローしてる人のが出るのですが? 

投稿: うさうさ | 2010/12/14 10:23

『あなたの「おそば」にクラシック』、いいサブタイトルですね~。
一見ミスマッチに思える、おそばとクラシック・・・。
だからこそ、ますます興味がわきますね~。
グランドピアノが置いてあるお蕎麦屋さんなのですね。
素敵ですね。
行ってみたいです。

投稿: persian | 2010/12/14 13:29

うさうささん

去年もピアノとヴァイオリンのライブがあったのですが
忘年会と重なって行けなかったんです
今回は中国琵琶というステキな民族楽器の音色を聞くことができました

今回サイドバーにツイッターのブログパーツを貼り付けました
 
 
persianさん

以前からこういうライブを楽しみにしていたら
お店の方からご案内の電話をいただき席を確保していただきました

身近な雰囲気で聴くライブはとても心地よかったです
とてもシャレた蕎麦屋さんですよ

投稿: ひろ | 2010/12/14 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/50277886

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦屋 de Live 壱六庵:

« 月刊トレーニングジャーナル1月号 | トップページ | 大根餅 »