« 必生 闘う仏教 | トップページ | 耐える »

2010/11/04

「寒い」と「冷える」

毎年寒くなるこの季節になると同じようなことを言ってます
こちらのブログでも何度か話題にしたはずです
何の話かといえば「寒い」と「冷える」というのは違うことであって、必ずしも一致するものではないということです
寒い季節になると身体が冷えやすくなるのは事実ですが
これをイコールの関係で捉えてはいけません

カエルやヘビなどは変温動物ですので
外気温が下がると体温が下がり活動ができなくなります
もうそろそろ土の中で眠っているかもしれませんが
寒い季節になると身体が冷えてしまいます

それに対して我々人間は恒温動物といって外気温が上がろうが下がろうが、ある範囲内で一定の体温を維持する機能を持っています
冒頭に申し上げた「寒い」と「冷える」のがイコールの関係になるのは変温動物の話であって、恒温動物の我々は気温が下がって寒くなっても体温が一定に保たれるのが原則なはずです
それでも寒い時期に身体が冷えて体調不良を引き起こすのはそれ自体異常なことだと知っていただきたいのです
例えば若い元気な人は寒くなっても冷えるということを知りません
傾向としてはだんだん年をとって元気がなくなってきたころから冷えを感じるようになります
だから身体が冷えるということは体温調節機能が低下したことに問題の本質があります
寒くなって厚着をするのはいわば常識ですが
冷えやすい身体の人はいくら着こんでも冷えてしまうということもよくあります
これは身体の中が冷えているのであっていくら着こんでもその本質的な問題を解決しないと身体が温かくなりません
それと衣服は常温です
つまり冷えた身体を温める積極的な効果はなく
これ以上冷えないように体温が奪われるのを防ぐ消極的効果しかありません
それはそれで大切なことなんですが
体温調節機能が低下したままの状態は放置しておいて
衣服や暖房だけで問題を解決できるはずもありません

一番言いたいことは代謝能力を上げるような努力もしていただきたいのです
体温を生みだす機能を担うのは筋肉や臓器です
とりわけ骨格筋は代謝の40%を生みだします
つまり筋肉の量が多ければ代謝量も増えるというわけです

年をとって元気がなくなってきたころに身体が冷えやすくなるのは筋肉量が落ちたからというパターンにはまっているからなんです
もちろん原則もあれば例外もあります
今私が申し上げたことが問題のすべてとは限りません
しかしながら筋肉量が落ちて身体が冷えやすくなるというケースは圧倒的に多いのです
身体の外に服を着るのもいい方法ではありますが
長い目で見れば身体の中に温かい筋肉をたくさんまとった方が温かくなりそうに思いませんか?
運動をしてすぐに筋肉がつくわけはありません
でもじっとしてたら現状維持さえできず衰えていくのは誰もが知る事実でもあります
10年後、20年後に今と同じ状態でいられるはずもありません
それがわかってもらえるなら気長に運動を続けて
寒くなっても冷えを感じない身体にすればすごく若返ったような気がするんですよ

私も数年前に身体の冷えを感じだし、基礎体温が下がっている事実に気付いたのは一年に何度も風を引いたからです
それから年数をかけて冷えにくい身体を作ったのですが
ここ1~2年は雪の降る寒い日でも冷えるという感覚がなくなったんです
もちろん体温が上がって以来風邪を引いたこともありません
これは体験した私にしかわからない感覚です
身体が楽ですよ

|

« 必生 闘う仏教 | トップページ | 耐える »

コメント

夫が最近身体がおかしいなと思ってはいたのですが、最近は特にひどいです。
9月下旬頃から、エアコンの暖房をつけているんです。
29度にしてます。
自分の部屋だけならいいんですが、リビングでもそうなので(床暖房も高い温度でつけてます)、他の部屋から来ると、暑くて気持ち悪くなります。
病気だから、どんどん身体がおかしくなっているんだなと思ってましたが、きっと筋肉量が落ちたから冷えているんですね。
歩く事さえ、本当に少ないですから。
糖尿病のせいか腎臓病のせいか詳しい事はわかりませんが(私は糖尿のせいで足に来てると思うのですが、本人は、透析をしてる人は歩けない、と言います)歩くのが辛いらしく、家から5分の駅へさえ、自転車です。
自転車でも使い方によっては運動になると思いますが、のろのろです。
風邪は夫だけでなく、家族全員殆どひかないんですけどね。
これからは、風邪もひくようになるかもしれませんね。

投稿: persian | 2010/11/04 17:29

まさにご主人のケースはこれに当てはまると思います
ただしここで紹介した筋肉の問題よりもずっと重篤な内臓の問題じゃないでしょうか?
筋肉の代謝は全体の40%を占めますが、それ以外は内臓ですからね
我々素人の判断ではなくてきちんと医師に相談すべきだと思います

投稿: ひろ | 2010/11/04 17:33

僕もたまたま朝体温計ったら35.2゚だったのでびっくりしました 昼間は36.5゚だったので気にしてなかった訳です。 朝一番計る事なんてあまりないですからね 最近は35.2゚まできてます なんせ48才にもなれば仕方ないが …
これが年を取ると言う事ですね 特に体に良い事もあまりしてないし まだ60才までは骨は大丈夫だと言うが筋肉は50才から衰え始めるらしい もう後がない 体に良い事始めます たまに基礎体温計りながら 皆さんも頑張って下さい!

投稿: 永遠の青年(心が) | 2010/11/22 10:09

私も40代半ばに体調が長期的におもわしくなく
ある朝、体温を測ってみると35.8℃だったのがきっかけで関心を持ちました
以来いろいろなことを改善して50代になった現在で36.6℃が平熱になりました
年をとるのは一年にひとつずつ加算されますが老化はイヤですからね

おのずとある程度の限界はあるとは思いますが
このままの調子でさらに若返るつもりで毎日を過ごしています

投稿: ひろ | 2010/11/22 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/49916886

この記事へのトラックバック一覧です: 「寒い」と「冷える」:

« 必生 闘う仏教 | トップページ | 耐える »