« 親不知 | トップページ | そっとおやすみ »

2010/05/17

評価

先日スポーツメディスン120号の紹介をしましたが
筋膜の特集で竹井仁先生が興味深いことをおっしゃってました
「マッサージしかできない人はマッサージしか使わないだろうし、関節モビライゼーションしかしない人は関節モビライゼーションしか使わない」
ごく当然の話なんですが、これはとても重要なことだと思うのです
マッサージにはマッサージの効果があるし
関節モビライゼーションには関節モビライゼーションの効果があるということです
それぞれ異なる効果機序があり現実に存在する症状の原因に当てはまるのならば、その技法を用いるべきだという趣旨なんです

ついでに紹介しておきますとこの記事には「各系とそれに対する第一義的な治療手段」の分類がなされています
感覚器系・結合組織・リンパ系・筋系・神経系・関節系・その他
(その他には頭蓋仙骨療法や内臓マニュピレーションやソマトエモーショナル・リリースなども含まれます)
私の持ち技の少なさに恥ずかしさもこみ上げるほど多くの系統の治療手段があります
初心者にありがちなことですが
「あの技は効かないけど、この技は効果があった」
こんな会話も交わされますが
「あの技」が効かなかった理由は症状の原因から外れていたのかもしれません
(下手くそであったかもしれませんが・・・)

結局はどうしてそうなったのか・・・
どこがどのようになったのか・・・
症状に対する評価をきちんとできる能力が一番大切なんでしょうね
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」 孫子の兵法はこの世界でも通用しそうです
「症状を知り、技法を知れば、臨床危うからず」なんてね

|

« 親不知 | トップページ | そっとおやすみ »

コメント

このところ、父が自律神経失調症らしき症状で行ったり来たりで忙しかったです。
ひろさんのことを思い出し、こちらの地域で同じような施術をしてくれるところを探したましたら、見つかりました。
で、早速父親をそこに連れて行き、現在治療中です。頸椎が元々悪かったのでそこから胃腸を壊し、めまい、吐き気といった症状で、普通の西洋医学の病院で治療していたら多分このまま寝たきりになっていたと思います。
やっぱりこうして読んでおいてよかったと思います。
姿勢って、大事ですね。
>>症状に対する評価をきちんとできる能力が一番大切なんでしょうね
これが出来る人はすごい、もちろんひろさんも!

投稿: コングBA | 2010/05/17 18:57

気候天候が不順なこの時期自律神経が乱れている人が多いようです
なかなか厄介な問題もあるのでそこそこのレベルの人でないと難しいのが実情です
愛知には信頼できる先輩もおられますので何かありましたらご相談ください

評価がきちんとできることは一番大切ではありますが
私にはそれがまだきちんとできないんですわな(笑
今後の課題ということで・・・

投稿: ひろ | 2010/05/17 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/48370175

この記事へのトラックバック一覧です: 評価:

« 親不知 | トップページ | そっとおやすみ »