« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/30

GW中の営業

昨日よりゴールデンウィークが始まりました
いきなり明朝からの雷雨で春の嵐で幕開け
それでも今日以降はいいお天気が続き絶好の行楽日和りだとか

GW初日より満員御礼となりましたが
例年同様当日のご予約も多いようなので
予約状況としてはまばらな状態です
それでも毎年なんとく忙しくなっていることが多く
なんとか体調万全で乗り切りたいものです

もちろんGW中もいつも通り平常営業をしておりますので
よろしくお願いいたします

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/29

Refrain

ローソン“エヴァ旗艦店”異例の人出により急遽終了決定

4月23日、箱根に登場したローソンの“エヴァ旗艦店”が渋滞など予想以上の大混雑により、当初5月17日(月)までの開催だったところを、4月25日(日)の16:00をもって急遽終了することが分かった。

綾波レイやアスカの巨大ポスターが張り巡らされた店内や限定グッズなど、店内丸ごと“エヴァ化”した「第3新東京市店」(ローソン箱根仙石原店)。オープンするや否やネット上で大きな話題となり、土日合わせ数千人が店内に押し寄せたという。

今回の中止の理由は、同店までの道路が一本しかなく大渋滞が起こったことや、それに合わせて周辺が大混雑に陥ったこと。この企画の担当者も「ご用意しておりました駐車場の不足などから、激しい道路渋滞や深夜の騒音が発生しました。今後、ゴールデンウィークの連休に向けて更に多数のお客様のご来店が予想され、混乱を回避するため企画の中止を決断いたしました。近隣にお住まいの皆様や周辺宿泊施設をご利用の皆様には、大変なご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」とコメント。ローソン側も苦渋の決断だったようだ。

また、「第3新東京市店」から徒歩5~6分の場所にある「旧仙石原中学校」のグランドでiPhoneの専用アプリを使い、“約80mの初号機”が見られるというサービスも合わせて中止。こちらは、平日だけのサービス予定だったが、今回合わせて中止することを決定した。iPhoneのARを使った新しい試みだっただけに、担当者も肩を落としているという。

GWに行こうと予定していた人や、このためにiPhoneを手に入れた人には本当に残念なニュースだが、それだけエヴァの人気が高いことを示した結果だろう。ちなみに、本日25日16:00以降は、通常のローソンに戻り営業は続けて行うという。詳細は、ローソンのホームページにも掲載。

えらいもんですな・・・
15年も前のアニメですけど今もすごい人気なんですね
コンビニに限らずこういった企画はいつでもあるんですけど
会社側も予想しなかったヒット企画になったわけですね
これなら誰もがあやかりたくなるのもわかります
ならばウチはBGMで・・・scissors


Refrain
Refrain(ルフラン) 高橋洋子

「残酷な天使のテーゼ」「Fly To The Moon」などエヴァンゲリオンではおなじみの曲が収録されています
エヴァから離れても高橋洋子さんのビシッとしたボーカルは聴きごたえがあります

お望みでしたら喋るだけで施術なしの「sound only」も承りますcatface
Seele


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/04/28

あたりまえ

先日久しぶりに熱が出ました
37℃前後だったのでさほどつらいというほどでもなく
二日酔いの方が間違いなくつらいという妙な確信を持って仕事を続けました
風邪引きではないことは確かだったので他の人に迷惑をかけることもなく仕事に穴を開けずにすみました
とはいえ身体全体のけだるさと歯が浮いてきて食事もとれない状況に多少体重が落ちるであろうという以外に楽しみもなく過ごしていました
特に歯が痛いと何を食べても美味しくなく
人生の楽しみの99.5%は奪われてしまいました

結局疲れがたまったときに気候の変化が激しく
それについていけるだけの瞬発力もなくなっていたのが根本原因じゃないかなと考えています
ご飯を食べて、仕事をして、夜にはぐっすり寝て・・・
いつもならばごく当たり前のことが当たり前にできない
このつらさは当たり前でないときにしか経験できないわけです

のど元過ぎれば熱さ忘れる
嫌なことはとっとと忘れて正常な生活に戻るのがいいんです
でもたまにはこんな目にあって人の気持ちもわかることも大切・・・
そうとでも思わんとやってられない今日この頃です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/27

お気に入り

近頃、なんとなく見てしまうテレビ番組ができました
NHKで午後10時ごろやってる番組なんですが
題名さえも覚えていません
外国の街をブラブラと散歩するような番組なんです
クイズもなければ驚くようなこともなく
ただただ散歩する人の視線でカメラが動き
ナレーションがついているだけのこと
タレントが出演しているわけでもないので
登場人物といえばその街の住人だけ

最近ネットで「最も嫌なテレビの演出」というアンケートをやっていたんですが
じらしてからCMに入る「CMまたぎ」が断トツトップでした
NHKですからこういう過剰な演出や無理やりCMを見させようとする余計なことはありませんので妙なストレスもなく心地よく時間が過ぎてしまいます

いろいろ工夫を凝らして、あの手この手で演出されているのはわかるのですが
あのあざとさが私にとってはしんどくなってきたんですよね
何にも手を加えない方が新鮮に感じるんです
ありのままを自然に伝える
基本ともいえる手法がけっこう心にしみる今日この頃です

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010/04/26

菜根譚

Saikontan
菜根譚―中国の処世訓 湯浅 邦弘


ある方から教えてもらって読んでみました
中国の古い処世訓が書かれた本です
中国の数多い処世訓の中でも最高傑作と商品説明に書かれていますが
内容に偽りはありません
難しいことではなく普段の生活の中での物事の考え方が多いのでその気になれば簡単にできそうなことばかり
それでも実際にできないのが人間の「業」というものなのでしょうか?
仏教の教えにも似たようなものがありますし
こういう類の書物では同じような人生訓・処世訓を目にします
それだけ正しい生き方は普遍的なのかなと感じました
東洋思想のいいとこどりと言ってもいいかもしれません

こちらの本では菜根譚の解説だけではなく
孔子や孟子などの言葉や、故事と比較しながら解説してありますので
しっかりと読まないとどこからどこまでが菜根譚の内容なのか分からなくなるので斜め読みには適さないかもしれません

読んでみてなるほどと思うことばかりなのですが
実行するためには何度も読み返してみる必要がありそうです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/25

とりあえずビール

仕事が終わった後のビールは旨いですよね
このときのために一生懸命働いてきた
そういってもおかしくないくらい旨いんです
疲れたときのビールがなぜ美味しいのか?

疲労したとき乳酸がたまってくるのですが
他にも水素イオンもたまるのだそうです
実は炭酸ガスには疲労物質としての水素イオンを取り除く作用があるそうなんです
こちらのサイトに詳しいことが書かれているのですが
仕事が終わった後のビールで疲れも吹っ飛ぶような感じがしてたのは
あながち錯覚ではなかったようです

ただ翌朝の打ちひしがれたような疲労感や胃腸がムカムカする理由がわからないのです
あんなに楽しかったのに・・・(爆


本当は炭酸水にレモンや梅干しに含まれるクエン酸を混ぜて飲むとより効果的だそうです
コップ一杯程度で充分なんですって
ビールだとそれでは足りませんからね(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/24

バリ・ガムランの精華

東南アジアには行ったことがないのですが
魅力的な音楽や楽器がたくさんあります
西洋の音楽と比べると神秘的な印象があります
西洋と東洋の音楽で私が感じる限り一番感じる違いはリズム
西洋のそれは定型的でそれに合わせて奏でるのですが
東洋では定型的なものはなく、どちらかというと間合いといった感じになります
人と人との空気の読みあいというかルールを作るよりも周りの環境に自らを同化させるような感じで理解しています

Photo
バリ・ガムランの精華 スカワティのグンデル・ワヤン

ガムランも音色のきれいなバリ島の民族楽器です
儀式のときに演奏される音楽だそうですが
神々しいまでに澄んだ音色は
時には落ち着き、時には高揚します

Photo_3
(画像:Wikipediaより)

一度生で聴いてみたいなぁ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/23

不安定

天候気候の変化が激しいこの季節体調不良の方も多いこの季節
調子が悪いのは人だけではないようです
3月上旬に導入したパソコンも不安定なときがあります
もちろん本体のスペック自体は格段に違いますので
動作そのものにはストレスはありません
しかしここのところWindows7の様子がおかしいのです
シャットダウンができなくて電源の長押しをしないと電源が落ちないこともしばしばあります
調べてみると同じような状態を訴える人もけっこういらっしゃるようです
評判の悪かったVistaと違ってWindows7はトラブルが少ないと思っていたら細かい部分ではあるんですね
まだ様子を見ないとわからないこともあると思いますが
XPより快適なのかどうかは疑問に思います

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010/04/22

気がつけば夏

002

昨日の午後4時過ぎ・・・
室温計が28℃を指していました
西日が入るといっきに夏がやってきます
まだ湿気がないので言うほどでもありませんが
窓を開けないとやってられません

もうすぐクーラーが必要かな?
ああ。。アイスクリームが食べたい・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/21

立場変われば

ネットを見ているとパソコンを使えない上司に困っている部下が多いとか
私がサラリーマンをしていることは各企業パソコンを導入し始めたころ
現場にまで普及するには時間はかかりましたが
事務所の人たちだけが使うものだと思っていたパソコンが
現場の隅々まで登場するようになりました
それまで伝票を書くのも資料作成も手書きで
プロジェクトの資料をまとめるのも半年くらいかけてノート一冊分びっしり書いたこともありました
それがいつの間にか時代は変わって納品伝票を書くのもパソコン登録をしないといけなくなりました
当時Windows95搭載のパソコンを20万円ほどで買って
わずか2カ月で使い方が分からず放置してあったくらいですから
その知識も程度がしれています

毎回伝票作成のとき女の子に頼み込んでやってもらったり
トラブルが発生すると大騒ぎしていたものです
おかげで休憩時間に女の子たちに差し入れするケーキ代もばかになりませんでしたsweat01
あの当時はオヤジたちはパソコンが使えないというのが共通認識だったのですが、これだけパソコンが普及してしまうとあの頃のように優しく教えてもらうことも難しいようです

そのサイトを見ているとパソコンを使えない私らと同世代の上司は縄文時代の人というから手厳しいものです
一度やってもらえば次からは当たり前のような顔をして仕事を丸投げする人もいるんでしょう
当時の私もパソコンは危険物扱いしてましたから気持ちはよくわかります

一人で整体の仕事をやりだしてからはヒマだけは掃いて捨てるほどありましたから
パソコンを覚えるのにはちょうどいい時間だったんだと思います
いつの間にか中身までいじりだしたわけですからあのころとは大違い

あのころ一緒に仕事してた女の子たちに今の雄姿を見せたいものです(笑
きっと鼻で笑われるでしょうcatface

習うより慣れろといいますが
仕事を覚えていったときと同様にパソコンも場数がものを言います
新入社員のころに戻って新鮮な気持ちでパソコンに向かえば
若かったころの元気もよみがえるかもしれませんよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/20

衣替え

004

uniさんから新しい作品を送っていただきました
さっそく自転車置き場のポスターも衣替えです
自転車の後ろの桜がとてもきれいで
暖かい季節にふさわしいポスターになりました
uniさんの作品はいつも心が暖かくなります

皆さんを気持ちよくお出迎えすることができそうです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/19

フツーに

子供と話をしててあれ?っと思うことがあります
「テストどうだった?」
「フツー」
なんとなくピンとこない返答です
言葉がかみ合っていないんですよね

うすうすは気づいてはいたんですが
彼らが使う「フツー」という単語は
我々の世代が使う「普通」とはフツーに意味が異なるようです(笑

先日NHKの番組を見てその謎が解けたのですが
どうやら世代によって「ふつう」という言葉の評価が違うそうなんです
バブルのころはみんなが浮かれてて派手な生活が憧れの的
一方「普通」という形容は見下されるべき状態だったんだそうです
そして2000年以降バブルが崩壊した後は苦しい生活を強いられ
「ふつう」である状態がある種、理想に変わったのだそうです
時代が変われば言葉も変わるもんです

私が習ったusuallyやordinaryが「普通」という言葉の英単語であるならば
今の時代、veryが「フツー」という言葉の意味というふうに理解しなければならないようです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/18

バガヴァッド・ギーター

001

先般、出版部の営業をやめられたエンタプライズで購入した
クラニオセイクラル・ワークの専門書「ザ・ハート・オブ・リスニング」
いくつか読んだクラニオ関係の書物の中でも個性的というか、ユニークというかとりわけ総論部分では精神世界的な要素もあります
ついついそれにつられてこの本に紹介されてあったいくつかの思想的な本や宗教的な本を並行して読んでいました
私の悪い癖かもしれないんですけど横道にそれたまま帰ってこないこともしばしばあります
何せB型人間は興味を持ちだすとコロコロ変わるのが特徴(笑
元々やってたことを忘れて没頭することさえあります


Photo
バガヴァッド・ギーター

インドの古典の中でも最も有名な叙事詩「マハーバーラタ」の一部である「バガヴァッド・ギーター」
神クリシュナと王子アルジュナの対話形式で書かれています
仏教でいえばお経、キリスト教でいえば聖書みたいな感じですかね
さすがにエエことが書いています
解説を読まないとわけがわからんのですが・・・

「ザ・ハート・オブ・リスニング」の中ではクリシュナという名前が出てきたのでここまで手を広げました
最初の目的からするとずいぶん遠くまできてしまいましたrun

クリシュナはインドの数多い神の中でもずいぶん人気があるそうです

ジョージ・ハリスンのこの曲もクリシュナを讃える歌だったんですね
知らなかった・・・sweat01
いろんなことがつながっていくような気がします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/17

After Hours

After_hours
After Hours 山中千尋

2007年に亡くなった世界的ピアニスト、オスカー・ピーターソンへのオマージュとしてリリースされたアルバムです
いつもは自由奔放のイメージが強い山中千尋さんですが
オスカー・ピーターソンが活躍した50年代のイメージで演奏
オスカーがよく演奏していた「All of me」「You’d be so nice to come home to」「Over the rainbow」などジャズファンならだれでも知っているスタンダードナンバーが多いのですが、彼女が演奏するとやはり「らしさ」が出ているんですよね
ピアノ・エレキギター・ベースのトリオが醸し出しますオールドスタイルの雰囲気と山中千尋さんの切れ味鋭い演奏が妙に合うような気がします
古さや泥臭さがまったくないのがすごい!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/16

誰か教えて

ここ何年か呼吸法に興味を持ちいろんなことを調べています
生きているうちならだれでもが当たり前にできる呼吸
適切な呼吸法を続けることで健康を保ったり
場合によっては病気さえ治す効果もあるのでは・・・
またそのメカニズムを理解できたら自分の仕事にも取り入れることがたくさんあるんじゃないかと思うのです

難しいことを言わなくても腹式呼吸が身体にいいということは世間一般で言われています
座禅・ヨガ・太極拳なども腹式呼吸を前提にしています
適切な腹式呼吸ができるなら歌をうたうこともいい健康法になると思うのです

いろんな本を読んでいると面白い事に出会います
お釈迦様だって呼吸法による修行をされていたそうです
お釈迦様が実践していたと言われる呼吸法は今も伝わっているそうです
昔からインドではそういった修行者が大勢おられ
お釈迦様だってその中の一人でいらっしゃったわけですから
いろいろな呼吸法が現代に伝わっているのはむしろ自然なことかもしれません

私も多くの方にゆっくり時間をかけて大きな呼吸をすることをお勧めしています
それにより体調が次第に良くなっていった方もおられます
とりわけ大切なのは息を吐くこと
できるだけゆっくりと大きく息を吐いていただくようにお願いしています
細かいことはできるだけ言わないようにしていますが
「長息」といって長い息を吐くことだけは必ずやってもらってます
なんでも息を吐くときには副交感神経が優位に立ち
息を吸うときには交感神経が優位に立つそうです

で・・・
私にとってはここからが問題なんです
何を調べても息を吐くときには副交感神経が優位に立つということは、当然のように書いてあるのですが、その具体的なメカニズムについての説明にはお目にかかったことがないのです
きっとそれで正しいのだと思います
息を吐くときには力が抜けますし、心が落ち着くのも実感できます
でもそれに対しての科学的・医学的な説明をされている人は私の知る限りおられません
どなたも「息を吐くときは副交感神経が優位に立つ」ということから次の具体的方法を述べられるばかりで私の疑問を解消してくださるに足りる説明は全くと言っていいほどないのです

どうもこのような中途半端な状態はあまり好きではないのですが
民間療法ではこういうあやふやな前提の上に立つ説明が多いんですよね
私もそのひとりですから人さまのことをとやかく言えた筋合いではありませんけど
気になりだしたらずっと気になるんですよ

何かそこの部分が一番大切なように思うんです
どなたかご存知の方がおられたら教えてくださいませんかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/15

バランスボール

005


毬つきをしようってわけでもありませんし
新体操に目覚めたのでもありません
65cmのバランスボールはずいぶん以前から使っていましたが
最近直径30cm足らずの小さなバランスボールで遊んでいます
大きなのと違い局部的なストレッチも可能になります
仙腸関節や下部胸椎に当てて身体を反らせばうめき声も出ようってもんです(笑

壁にもたれかかるようにして仙骨付近にボールを挟み
骨盤を立てて(伸展)スクワットするのもけっこうきます

百均で買ったバランスボールがまたもや活躍
まるで新しいおもちゃを手に入れた子供のようです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/04/14

雨上がりの朝に

003

昨日の朝の出勤風景です
一昨日の雨で花弁が落ち道の隅で絨毯のようになっています
どんでん返しのようにピンク色から緑色に風景が変わります
この間まで子供たちが通っていた瓜破中学も新入生を迎えました

008

こちらは職場近くの喜連幼稚園の八重桜
ソメイヨシノが散るころに咲き始める桜です
この桜が咲くころには春も後半戦に突入

010

この八重桜の後ろに見える大木はむかし幼稚園の敷地ではなかったころ
私たちの遊び場の中心にあった大きな大きな木です
この木は登りやすくてずいぶん高いところまで登ったものでした
幹が斜めに伸びているので登りやすかったんですよ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/13

緑茶が原因不明の胃痛に効く!?

緑茶が原因不明の胃痛に効く!?

 緑茶飲料の市場規模は3820億円。06年の4210億円をピークに右肩下がりの中、起爆剤になりそうな耳寄りデータが発表された。 「お~いお茶」の伊藤園中央研究所によると、緑茶に含まれる「茶カテキン」が機能性胃腸症による自覚症状緩和に効果を表すという。簡単に言うと、ハッキリとした原因が分からない胃痛や胃もたれ、膨満感などを和らげてくれるとか。  茶カテキンの作用は、ほかにも盛りだくさん。胃酸分泌抑制、抗菌、活性酸素消去、コレステロール低下、体脂肪低下などにも効くといわれている。  ちとPRくさい気もするが、何かとストレスの多いこの季節、お茶で医者いらず?


我田引水の感も無きにしも非ずのこの発表
「原因不明の胃痛」ならば作用機序もわからんのと違うかな?
とりあえず今の段階で発表しとけって雰囲気もします
カテキンの抗酸化作用が話題になったのは十数年前
その効果については確かなようですが
それで現実問題の効果の程度として人々の期待にこたえられるだけの量的なものがあるのかといえば、私自身もいまだに疑問に思っています
新しい栄養素などが見つかれば針小棒大に表現して
すべての問題がそれだけで解決されるかのような印象を持たせ
商売につなげて利益を上げたころには忘れ去られてしまう
そんなことを何度も繰り返しているうちに
こういうことに対して猜疑心が強くなる傾向ができたようです

このニュースで発表されたことが10年先にエビデンスに裏付けされたものになっているといいですね
胃があまり丈夫じゃない私としては気になるところです
お茶は毎日飲んでいるんですけどねsweat01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/04/12

限界を乗り越える

Tj
月刊トレーニングジャーナル5月号

今月のテーマはテーマは「限界を乗り越える」
トレーニングの目的は心身ともに向上し競技能力を高めることにまります
その手法において伝統的な手法と合理主義的な方法が二律背反しているかのようにも受け取られますが、私は必ずしもそれぞれが相反した概念ではないと考えます
そのためにそれぞれの方法をしっかり検証することが必要かもしれません

限界を乗り越えるためにまず必要なのは己の限界を知るところから始まることは共通認識のようです
練習目的を知り、己の限界を知れば百戦危うからずといったところでしょうか?

そうそう。。新連載のクイズも面白そうです
私にとっては難しい問題ばかりですが
知ってそうで意外にあやふやなことも確認できて勉強になります
 
 
気がつけば私のコラムも連載開始から半年です
「からだことばに学ぶ知恵」今月のテーマは「へっぴり腰」
おびえた状態を表すへっぴり腰の語原はおならをするときの姿勢からきます
今回はその謎に鋭く迫ります
もちろん腰は引けてはおりません(笑

佐伯マスオさんのイラストが絶妙です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/11

涼風

今年初めて窓を開けて仕事をしました
暖かくなったとはいえ窓を開けると肌寒く
もう少し待たないといけないなと思っていたのですが
暖かくなり始めると早いですね

そろそろハロゲンヒーターも仕舞いこまないといけません
毎年ほぼ同時に扇風機も登場するのですが
さすがにそれはまだ気が早いようにおもうのですが
でもこの分だとそんなに遠くないかもしれませんよ

今年初めてかいた汗が窓から入ってくる風に心地よく冷やされます
夕方前に差し込む西日もきつくなってきました

それでもまたこれから気温が下がってくるとか・・・
まだまだ油断できません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/10

A BIRED  大橋トリオ

Abird
A BIRED  大橋トリオ

はっきりいってこのジャケットに惹かれました
ひとりでも大橋トリオなる不思議なソロユニット
今でもこういうファッションを「モダンブリティッシュ」というのでしょうか?
私も後10歳若かったらこういういでたちをしたいものです(笑

ジャケット同様音楽もスタイリッシュです
アコースティックな音楽はジャズやボサノヴァの要素もあれば
昔懐かしいビートルズっぽい楽曲もあります
スタンダードな曲調が多いのですがそれでも新鮮に感じるのは
センスのいい曲ばかりだからだと思います

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/09

ああ勘違い

月刊トレーニングジャーナルでコラムを連載させていただいてほぼ半年
「どこまで続くか?」当初いだいていた不安はあったものの
ぼちぼちと楽しみながら今日まで来ました
ところが悲しいかな知識・情報の在庫が乏しい私としては
スラスラとよどみなく文章が書けるわけもなく
情報収集のためにいろいろと調べながらネタをくっているのです

多くのことを調べていると今まで知らなかったことにも出会えて
それが一番楽しいことなのかもしれません
もちろん入ってくる情報のすべてが役立つというわけではなく
友人、知人に教えてもらったことや本を読んで知ったこと
はたまたネットで仕入れた多くの情報のうち
実際に役に立っていることはごく一部だと思います

「氷山の一角」という言葉の通り
なんでも表面に現れるものは全体のごく一部であるということを身をもって体験するのです
それでも今まで知らなかったことを知るということは好奇心旺盛な私を満足させるに足りるわけで、ギャランティもいただいて仕事としてやらせていただいているにもかかわらず、当の本人は遊び心をみなぎらせております
こんなに楽しんで仕事をすることに多少の後ろめたさを感じつつ
「でもそんなの関係ねぇ~~」と数年前に流行ったようにこぶしを下に振るのでございます(笑

でもたまに冷や汗をかくこともあります
今までこれで正しいと確信していたことがよく調べてみると間違いであったこともあります
「完璧」という言葉があります
今ではパソコンばかり使いますので、この単語をペンを持って書くことはなくなりました
しかし今の今まで「壁」という字だとばかり思っていました
よく見ればわかるのですが「壁」ではなく「璧」という字なんです
ひょっとしたら今これを読んでドキッとしてる方もいるんじゃないですか?
「完璧」という言葉は中国の故事にある言葉で
「璧」とは宝石などの「玉」を意味します
傷ひとつない美しい玉を「完璧」というのだそうです
だから壊れない「壁(かべ)」だと思い込んでいた私の解釈は完璧な勘違いだったといえます(笑
鉄壁というのと同じように考えていたのですがこれも思い違いです

新しい知識を取得するのも嬉しいですが
人知れず過ちを正すのもスリリングでいいもんですcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/04/08

カセットテープ

002


久しぶりにカセットテープを買いました
10年ぶりくらいかな・・・?
友達があるラジオ番組に出演すると聞いたので
なんとか録音したいと思って探しました
いまどきあんまりカセットテープを扱っているお店って少ないんですね
コンビニには置いてませんでした
探しまわって見つけたのは近所の百均
ラジオ番組といっても2時間番組に主役として登場するのだから
120分テープがあって助かりました

でもよく考えてみると今のミニコンポってMDも使えるので
結局買ってきたカセットは使わずMDに録音しました
普段MDって使わないんであることさえ忘れていました

家にも学生時代からのカセットテープが数百本ありますけど
アナログのメディアが少なくなってきたら
いずれ再生機も姿を消すんでしょうね

使わなかったこのテープを使う機会ってあるんでしょうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/04/07

満開

100406072648

楯原神社の桜が満開です
少し南にある母校の喜連小学校の桜も八分咲き
今日は入学式です
例年よりも早い開花に入学式までもつのかと心配していましたが
天の粋な計らいで気温が低い日もあったおかげで
うまく調節されたようです

毎年この時期は通勤経路が桜に合わせてかわります
しかし携帯のカメラ画質悪ッ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/06

はつもの

001


今年初めてのタケノコご飯
差し入れで持ってきてくださいました
この日はラストまで予約が詰まっていたので
夕方お腹がすいたときにいただきましたが
シャキシャキした食感にひと足早い初夏を感じました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/05

わかる気もする

肥満と麻薬中毒に同じ脳変化=ラット実験で裏付け-米研究所

 高カロリーの食べ物を際限なく食べ続けてしまう肥満の人の脳では、コカインやヘロインの麻薬中毒患者と共通した変化が起きている可能性が高いことが、ラットの実験で裏付けられた。米スクリプス研究所の研究チームが29日、米科学誌ネイチャー・ニューロサイエンス電子版に発表した。  この脳の変化とは、運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。  肥満の治療は食事の制限と運動が基本だが、ドーパミンD2受容体の働きを回復させる効果的な治療法や新薬の開発が期待される。

快感物質ともいわれるドーパミン
酒やたばこでもドーパミンがでるために
常習性が強くなかなかやめられないわけですもんね
麻薬中毒の怖さはみなさんご存知でしょうが
現実問題として食べ過ぎで身体に悪影響を及ぼしている方はどこにでもいます
私自身もあまり人様のことを言えないのが現状sweat01

ただこの記事では伏せられていますが
この発表では「高カロリーの食べ物」としか書かれていませんが
インスタント食品やジャンクフードと呼ばれるものがその正体のようです

Rats Rather Starve Than Eat Healthy Food, Even When Given Electric Shocks As Punishment
読みたい方は適当に翻訳してお読みください

そうそう。。この本にもそういうお話がデータつきで載ってました

T02200220_0300030010445274971
ドクター由美の脳力育成HACKS!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/04

ポンカン

004

いただきもののポンカンです
以前は柑橘系をあまり食べなかったのですが
ここ一二年で柑橘類を食べるようになりました
人にもらったからというのが主な理由で
自分から買ってまで食べることはありません
食わず嫌いというのは得てしてこんなもんで
何かのきっかけがあって食べてみたら意外と美味しくて
それ以来食べられるようになることも多いとか・・・
そりゃ食べ物の好みも子供のころと変わるわけですから
嫌いだったものでも味覚が変わると思ってたより美味しくいただけるものです

ポンカンというのは「椪柑」「凸柑」とと書くそうですが
漢字を見てもまず読むことはできません
瓢箪のように凸ができるから「凸柑」か・・・

そのまんまやなぁgawk

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/03

フォーレ レクイエム

Photo
フォーレ レクイエム(クリュイタンス, パリ音楽院管弦楽団)

レクイエムといえば鎮魂歌
死者を弔うための曲ではありますが
死に対する恐怖はなく、むしろ主のところに帰るような安心感のある曲調が主体
まさに魂を鎮めるための音楽のようです
モーツアルトのレクイエムも有名ですが、個人的にはこちらの方が好きです
「ピエ・イェス」はオムニバスのアルバムではよく入っている有名な曲で
心洗われるようなソプラノは天から注がれるような印象を受けます

知らずに聞いていたら癒し系のクラシックとしか思えないでしょうね
レクイエムであることは伏せてこそっとBGMで流しております(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/02

そろい踏み

005

今は春休み 幼稚園もお休みです
初めて兄弟ふたりのツーショットが登場

002

お姉ちゃんの柚佳ちゃんも弟の佳寛くんを上手くリードして遊びます

006

それでも珍しいものがあると高速ハイハイでつかまり立ち

013

元気なお姉ちゃんだって疲れてしまいます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/04/01

子供の野球肘

整体といえば年寄りの行くところ
そんな誤ったイメージをお持ちの方も少なからずおられます
その実体はといえば比較的幅広い年齢層の方がおいでになられます
下は2~3歳のお子さんから、最高齢は97歳に方まで
年齢だけの話ではなく、訴える身体の悩みも様々
何でそんな子供が・・・?
疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう
実は高校生くらいまでで一番多いのはスポーツ障害
これが身体の出来上がっていない小中学生となればまだまだ身体の脆さは明白です


Sq119
スポーツメディスン119号


今月の特集は「子供の野球肘」
はっきり言って野球肘は軟骨に起こる器質的な障害が多く
その本質から我々のような手技療法には馴染みません
いつも言いますように我々が対象とすべきは器質的にはなんら損傷はないけれど、機能障害が出ている場合にのみ効果を発揮します
ところが軟骨が剥がれるなどという障害は手による施術でどうこうなるべきものではなく、基本的に整形外科で受診されることをお勧めします

今回の特集を読んで、本来門外漢である私が強く同意したのは子供の野球肘は大人が作り出した障害であることです
昔ほどではないにしろ子供たちの野球人気は高い一定レベルにあります
そこに集まるのは子供たちだけではなく管理者、指導者としての大人も大勢います
きちんとした勉強をされた大人ばかりとも限らず
昔とった杵柄という感じで前近代的なスポ根的な指導が多いのもまた事実
誤解のないように申し上げておきたいのは
スポーツには根性が不可欠であることには異論はありません
しかしながら根性だけですべての無茶なことを成し遂げられるというのは誤りです
むしろ困難なことは選手である子供たちにだけ押しつけて
自らは新しい知識を習得しようとする姿勢を見せない
指導者としての向上心に欠ける大人による指導により身体がパンクしてしまう子供たちが多いように思います
スポーツですからある程度のケガはつきものです
しかしながら誤った指導が原因で起こる障害に関しては何をかいわんやです

近年プロ野球でも球数の制限が問題になっています
議論の余地があるのは事実ではありますが
極端な投球数が障害につながることでは意見が一致しています
それにも関わらず才能もあり身体が出来上がったプロ野球選手がしないことを平気で小学生にやらせることは問題です
小学生の選手全員が体力的な資質を持っているとも思えません
無茶な投球数に耐えられる資質を持った選手はむしろごく一握りといっていいでしょう
それで飛躍的に伸びて素晴らしい成績を納めた選手はそれでいいかもしれません
反面、それでつぶれていってスポットを浴びることなく野球を辞めていく選手もいるという事実は忘れてはなりません
本当に子供たちのためになるベターな方法を考えた上での指導が将来的に必要とされるでしょう

本誌でも触れられていましたが
「モンスターペアレント」なる存在が取りざたされるようになりましたが
もし無茶な指導により取り返しのつかない障害が起きた場合
訴訟問題が起こる可能性も否定できません
管理者の過失が立証されれば、民事・刑事の責任も出てくることも考えられません
事実、熱中症で子供を死亡させた監督が業務上過失致死で立件されたという事件もありました
スポーツをやるに当たってこんなことはあるべきではありませんが
昔同様大人が強い権限をもって誤った常識を振りかざしていると
昔ではありえないことも起きないとも限りません

少なくとも子供たちには広く野球の素晴らしさを知ってもらい
大人になって野球をしなくなったときにもいい思い出がよみがえるようにしてあげたいですね

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »