« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/28

Healing Forest

最近帰りによく寄るのが古本屋
本を買うことはもちろんなんですがもうひとつ目的があります
近頃では古本屋で中古CDを扱うところが増えてきました
特に大きなチェーン展開のお店ではゲームソフトやDVDと一緒に音楽CDも売っています
人気の新譜はともかくだいたい半額前後の値段設定が多いみたいです
ところが古いCDや需要の割りに供給が多いものはずいぶん安い値段で売られています
私の場合特に欲しいアルバムがあるわけではないので
250円コーナーや500円コーナーを物色して
気に入ったのがあれば買っています
250円だとレンタルとさほど変わらない値段ですから
これで気に入るのがあれば儲けものです
ジャケ買いしてハズレだったとしてもこの値段なら文句はありません

Healing_forest
Healing Forest


私としては一番欲しいヒーリング系のが豊富にあるから宝の山にも見えるんです
小鳥のさえずり、小川のせせらぎ、虫の鳴き声
自然の音とともに優しい音楽が流れてきます
なんとなく深呼吸がしたくなるアルバムです
もう少し音楽の音量が大きい方がバランスもいいように思います
注意して聴かないと音楽が流れているのが聞こえてきません
少しもったいないですね
たぶんもっといいスピーカーやアンプで聞けばいいんでしょうけど・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/27

25日の木曜日は霧がニュースになっていました
羽田空港でも濃霧のため欠航が相次いだほか
視界不良のため船舶が衝突する事故を起こすなど
大騒ぎになっていましたね
関西でも各地で濃霧注意報が出ていたそうです

ここらでは霧を見ることはなかったのですが
よく考えてみるとここ数年霧を見たことがありません
私が子供のころは年に何度か霧が発生して視界が悪いときがありました
近年温暖化の影響で霧が発生しやすい条件が整いにくいとのこと

子供に「霧を見たことがあるか?」と聞いたら
どこかの山に行ったときに見たことがあるとの答えで
大阪市内では霧を見たことがないそうです

雪と違いインパクトに欠けますので印象になかったのですが
ずいぶん長い間霧を見てないんですよ
冬に霜柱を見ることもなくなりましたし
水たまりが凍ってしまうのも滅多にお目にかかりません

母親が「むかしは大阪市内で軒先につららが下がってた」とよく言ってましたが
つららだけじゃなく、子供のころよく見た霜柱も霧も見る機会が減っていくんでしょうね
次第に冬という季節がなくなっていくような気分です

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/26

もうすぐ初夏?

暖かくなりました
2週間前にもいっきに暖かくなりましたが
今回は比較的長い周期で春の陽気が続きそうです
暖かいのはいいのですが所詮2月のこと
朝から晩まで一日中暖かいというわけにはいきません
出勤してきたときはそれなりに冷えていますので暖房を入れます
ところが昼過ぎから急激に暑くなってくるので
慌てて暖房を緩めることもしばしばあります
油断しているうちに曇り空になってくると
これまた急激に肌寒く感じることもありました
当然夕方から夜にかけて気温の下がり方は早いんですよね

このごろ朝から晩まで室温計とにらめっこしながら
エアコンの温度調節を何度もやっています
寒暖の差が激しいときには体調を崩しやすいこともあって
少しずつ忙しくなってきています
毎年3月中旬くらいからピークに入りますが
今年の春はどうなるんでしょうね

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/25

デジタル記事販売のお知らせ

はっきりいって宣伝です( ̄^ ̄) エッヘン

昨年末よりコラムを連載させていただいているトレーニングジャーナルですが
掲載中の「からだことばに学ぶ知恵」の記事がデジタルで販売されています

Photo

メディカルイーホンという医学書・医療情報のデジタル記事閲覧および販売をしているサイトがありまして
そちらでトレーニングジャーナルの記事を個別に販売しています

はじめて見たときは照れくさかったですcoldsweats01
これでトレーニングジャーナルを送付できない海外に方にも気軽にお読みいただくことが可能になります
というニーズがあるかどうかは不明ですが(笑
とりあえずお知らせまで・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/02/24

筋肉痛

最近かわった呼吸法を実践しています
「骨盤底」といって骨盤の内側にある筋肉を意識して動かしながら呼吸してるんですが
普段はなかなか集中してできないので毎晩布団の中でやっています
やってみると思ったようにできないもんですよね
本を読んでいるときは理論的に理解できるのですが実践すると勝手が違います
試行錯誤しながら続けているとある日お尻が痛くなっていました
やり方が下手なだけなんですけど筋肉痛のようです
とりあえずやってみるのが私の主義ですが
時には痛みも伴うようです

学びて思わざれば則ち罔く、学びて実践すれば則ち痛し

・・・ちゃんちゃん・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/23

夢見る年頃

骨盤というのは左右の腸骨(寛骨)の間に仙骨があり
腸骨が後下方にずれると中央にある仙骨はわずかだけ回旋して側屈します
このように仙骨が斜めに傾いた状態になると
当然、その上にある腰椎もねじれた状態になるので
さらに上にある胸椎から肋骨にかけてストレスがかかり
下部肋骨がねじれた状態になる・・・sleepy


こんなリアルな夢を見るとは・・・
ほとんどビョーキやねsad

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/22

観戦

やっぱり家に帰ってテレビをつけるとオリンピックを見てしまいます
仕事があるのでリアルタイムでは見ることができませんが
家に帰るとオリンピックのダイジェストにチャンネルを合わせます
私としては放送する側がやたら興奮して感動を押しつけようとするのには興ざめしますし、バラエティ番組みたいに人気タレントが出てるのも敬遠してしまいます
現場で見ていると意外に静かな緊張感が漂うのが普通でしょうし、その雰囲気を壊すような中継はかえって安っぽく感じられるのです

今回も数々のドラマがあります
全体的な印象として選手たちの笑顔が印象に残るのですが
インタビューなんかでもしきりに「楽しむ」という言葉を使ってるのを耳にします
「国の税金使ってバンクーバーまで行って楽しむとは不謹慎だ」
こうお怒りの方もおられるかもしれませんが
あれはおそらくメンタルトレーニングの成果なんだと思います
普通の人があの場に立てば、緊張で逃げ出したくなると思います
怖くて足のみならず身体全体が緊張に震えて当然でしょうけど
普段から自分自身に楽しむと言い聞かせ
極度の緊張状態から免れ、平常心で臨むことが
一番力を発揮しやすいはずですからね

スピードスケートの岡崎選手は残念な結果に終わりましたが
終始笑顔を絶やさず明るい表情を見せてくれました
前回のオリンピックの雪辱を果たすために
激しい腰痛と闘い、4年間必死でがんばってきた
それなのに不本意な結果が出たらどんな気持ちにおそわれるか
想像するだけで悔しいはずです
それでも笑顔で振る舞うというのは並大抵の精神力ではないと思います

高橋選手の銅メダルで終わった男子フィギアスケートでもドラマがありました
織田選手の靴ひもが切れてすべてを出し切れぬまま終わったのは無念だったでしょう
偶然だったのかどうかは別として
こういうことも勝負のあやなんでしょうね

織田選手といえば話題になっていたのが
織田信長の末裔だとか・・・
そういえば信長の若い頃と言えば
「尾張の大うつけ」と呼ばれるほどの規格外のお人だったそうで
派手で下品な服装をしていたとあります
むかしから大人物は常識の枠にとらわれることがないようです
きっと織田信長の若い頃も「品格に欠ける」と言われていたのでしょう
非常識なことは非常識として指摘されるべきですが
大きく伸びる芽を摘むようなことはあってはなりません
非常識な人間もいつ大人物に変わるやもしれません
だから温かく見守ることも大切だと思う

・・・そんな私も常識人ではありませんscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/21

違いのわからん男やけども

十年以上コーヒーが飲めなかったのですが
最近またコーヒーを飲みだしました
ブラックで飲むと糖代謝がいいそうです
糖代謝が目的で飲むのに砂糖を入れるのも矛盾してるし
小さい容器に入った植物性コーヒーフレッシュはトランス脂肪酸だそうなので敬遠した方がよさそうなんで生まれて初めてブラックコーヒーを毎日飲んでいます

Dscf5130

最近は詰め替え用のも売ってるんですね
空き瓶の処分に困らなくて済みます
資源の無駄遣いはそろそろやめにしたほうがいいですね

Dscf5132

上に乗せてポンと叩くだけで簡単に詰め替えができるんです
単純な理屈ですが妙にこういうことに感心してしまいます
きっと幼児性が抜けてないんでしょう(笑
昼食後の眠気覚ましにも一役買ってくれます


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/02/20

Round About Midnight

Roundaboutmidnight
Round About Midnight マイルス・デイビス

ジャズプレイヤーでもマイルス・デイビスほどになると
聞き手がそれぞれの世界観の中に押し込めてあれこれと論評をされています
「ふ~ん。。そうなんか・・・」
そう思っても何が正しくて何が悪いのか?
私らごときにわかるわけもなく
もっともらしい解説もできないわけで
とりあえず聴いてカッコイイと思うアルバムなんです
「クール・ジャズ」なんて呼び名もあるそうですが
力づくのプレイではなくサラッと綺麗に耳に流れ込んでくるところが好きなんですよ
乾いたトランペットが心地よく耳に響きます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/19

テーブルヤシ

100均で買ってきた観葉植物をハイドロカルチャーを使って植え替えてみました

Dscf5123


ちょうどいい大きさのグラスがあったのでそれに入れると
15cmほどの小さなものですけどけっこう雰囲気が出ますね
テーブルヤシという植物なんですが
ありえないほどショボイリゾート気分が味わえますdown
ゴージャス感が味わえるほど大きく育つ日は来るのでしょうか?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/02/18

腕組み

なくて七癖といいますが、私にも知らず知らずにしてしまう癖があります
人の話を聞くときつい腕組みをしてしまうのです
気楽な話をしているときは普通にしていますが
難しい話になってくると自然に腕組みをしてしまうんですよね

「腕組みをするのは相手(の話)を拒絶する心理が働いているから」
という話を以前に聞いたことがあります
そうなると人の話を聞いているときに腕組みをするのは無礼な話です
ましてや目上の人からの話を拒絶するとなれば問題ですもんね
しかし腕組みをしている私にとってはそんなつもりはさらさらありません
いや、むしろ話しを聞くのに没頭し始めたころ腕組みをすることが多いので
そのような心理学とはまったく逆の心理状態といえます

もし相手の方が腕組みををする私を見て拒絶していると思われたりしたら不本意なことです
見に覚えのないところであらぬ疑いをかけられるのも嫌なもんです
犯罪者のごとく一方的に決め付けられても迷惑な話です
調べてみるといろいろな説があるようで
確かに相手を拒絶するようなケースもあるようですが
他にも異なる心理状態を表現するという説もありました

他人を批判するときにも腕組みをすることがあるそうです
面白いのになるとナルシズムの現われとして腕組みをすることもあるそうです
SM○Pの稲垣○郎さんなんかもよく腕組みをしていますが
なんとなく理解できるんですよね
視線を落として深く考える自分に酔いしれるって感じですかな

何かに熱中して模索しているときの心理状態のときにも腕組みをするそうですが
腕を組むことにより自分の内面にこもり考えを煮詰めるそうです
たぶんこれが私の腕組みの理由だと思います
たいてい腕組みをするときには身体が前のめりになってしまいますから
少なくとも「拒絶」はしていないはずなんですよね
また話を内面に取り込みたい心理の現われとしても腕組みをすることがあるそうです
これなら私も納得できます

もし私が話しの最中に腕組みをしたら積極的に話を聞いて
真剣に考えているとご理解いただきたい
たとえ目が泳いでいようと、視線を斜め下に落としていても・・・
たぶんそんなことなんだろうなと思いますsweat01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/02/17

漢字と日本人

むかしむかし漢字の読み間違いをしばしばする一国の総理大臣がおりました
難しい漢字を読み間違えては天下国家の一大事とばかりに騒ぎ立てるメディアも少なくなく、政治的問題そっちのけで囃し立てる日々を過ごしていました
ネガティブキャンペーンを繰り返した甲斐あってか政権与党は入れ替わり
その総理大臣はその地位から滑り落ちました
おそらく漢字を読み間違えることのないであろう総理大臣が国の舵取りを任されましたが、未だ国民は幸せを得られないのであります
漢字を読み間違えるということはそれほどまでに重要なことだったのでしょうか?


Photo
漢字と日本人 高島俊男

漢字というのは「漢」という国の文字であって日本で生まれた文字ではないわけですよね
いわば外来文字というわけです
それを日本語に当てはめる過程でさまざまなプロセスがあったということがこの本には書かれています
英語だってなんだって間違わずに読み書きできればそれはそれで素晴らしいことではありますが、目くじら立てて守らないほど必然的なプロセスもないようです
むしろ適当にその時代に合わせて変遷してきたという点では文字も言語も生き物と同じ
昔の言葉を守り抜くよりもその時代に適した変遷を見守る柔軟性も必要なんだと知りました
それよりも的確なコミュニケーションができることの方が大切なんだと思います
「漢字の知識がない人の方が漢字をありがたがる」
本文中ではもっと過激な表現になってました
筆者の辛らつな表現ではありますが必要に応じて変化し続ける漢字に対して固定観念を持つことの無意味さを説かれています

古来日本には隣国である漢から多くの文字と言語が流れてきました
現在、グローバル化する時代の中で英語をはじめとする多くの言語が流れてきて日本語に組み込まれつつあります
おそらく数百年後の日本人には我々が使う言語は「古典」というジャンルとして扱われるのでしょう

言葉というものは守るべきものではなくはぐくむべきもの
私自身はそんなふうに思うのです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/16

ゆけ!カワグチヒロシ

Dscf5128


頂き物のかんきつ類です
野球のボール程度の大きさなのでミカンでないことは確かです
実は私あまりかんきつ類を食べないのです
好き嫌いというレベルではないので他所で出されたらミカンも食べますし
スイーツなんかについてくるのも普通に食べます
亡くなった義父がミカンを作っていたにもかかわらず
ほとんど食べたことのなかった罰当たり者です

食べない理由というのが実に横着で
皮をむくのが邪魔臭い
ましてや中の袋まで向いて食べるということなんて面倒のきわみ
ちなみにその横着さはスイカにも適用され種を出すことはありません
小学校の給食で袋ぐちのままミカンを食べて
「みかん皮ぐちヒロシ」というニックネームまで頂戴しました

頂いた名も知らぬかんきつ類は見るからに美味しそう
酸味と甘みが程よく調和しているに違いありません
横着さと食べたいという欲求がぶつかったとき食欲が勝るのは必定
手早く皮をむいてひたすら食べれば予想にたがわず完熟の旨みが口いっぱいに広がります
それでもカワグチヒロシは今も健在です


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/15

心強い援軍

バンクーバーオリンピックが開幕しました
今月は注目の高木美帆さんが表紙を飾ります

Tj3
月刊トレーニングジャーナル3月号

今月の特集は「痛みへの対応」
私達の仕事と切っても切れない関係というよりも
私達の仕事の本質といった方が適切でしょうね
痛みといっても注意信号としての痛みもあれば
すでに赤信号が灯っている場合の痛みもあります
痛みの質から何をすべきか見極める判断力も要求されます

オステオパシーの対象はソマティック・ディスファンクション(体性機能障害)と言われています
器質的な障害は我々の守備範囲外です
この国においては民間療法にすぎない私達の仕事の範囲は自ずと限られてきます
あくまでも自発的な機能回復を目的とした施術がその本質でもあるわけですから
お医者さんの真似事をするべきではないと考えます
でも逆に我々だからこそできる発想に基づく施術やアドバイスにこそアイデンティティがあるのではないかと思うのです

「痛み」というものに向き合う視点は決してひとつの方向からではなく
様々な方向からあってもいいんじゃないかと思いました
 
 
連載させていただいているコラムも4回目
今月号のテーマは「胸が躍る」
ワクワクするとなぜ胸が躍るのか?
その必然性を考えてみました

今回からこのコラムに援軍が加わりました
新進気鋭の漫画家 佐伯マスオさんです

Dscf5116

従来は編集の方でイメージ写真を挿入していただきましたが
内容に対応しきれないと根をあげられましたので(笑)
今回から佐伯さんのイラストで文章のイメージをより鮮明にしていただくことになりました

私個人的な楽しみとして私の文章をどう表現していただくか?
私の楽しみも増えるってもんです(笑
イラストが加わりよりわかりやすく読者の皆様にも楽しんでいただけるとうれしいですね

佐伯マスオさんHP
倒れない程度に前のめり(共同サイト)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/14

クレンジング

先日、百均でクレンジングウォーターを買いました
もちろん生まれて初めての経験です
夜な夜な密かに化粧をおとすためではありません
この間テレビで襟元や袖口の落ちにくい汚れをおとすには
クレンジングオイルを含ませて少しこすりあわせてから洗濯するときれいにおちるといってたので早速試してみました
数年前に買ったシャツの襟元の黒ずみがいくら洗濯してもきれいにならず気になってたんですよね

クレンジングオイルを買ったつもりがクレンジングウォーターだったのはご愛嬌
どっちにしても落ちにくい化粧品が落とせるのだからなんとかなるだろう
無条件にそう思える私は楽観主義者ですscissors

テレビで言ってたとおりやってみたら
まっさらとまではいかなかったものの
けっこう襟まわりの汚れも落ちて大満足
お主。。なかなかやるな・・・eye

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/13

ジャズ・リラクゼーション ロシア民謡集

気楽に聞ければそれでいいんです
BGMは空気みたいなもの
こちらの仕事の邪魔をせずいい雰囲気を作ってくれたら最高ですね

Dscf50871
ジャズ・リラクゼーション ロシア民謡集

100均で買ったアルバムですがこのシリーズに限らず100均のはBGMに適しているんですよね
ぶっちゃけあまりお金もかけられないでしょうからシンプルなアレンジのが多いようです
ありていに言えば人件費の節約なんでしょうね
それがかえってくどさがなく流れてるって感じになるんです
それでいて演奏そのものは充分なレベルの高さを感じるから
こちらのニーズにぴったりと合うんです

こちらのシリーズは馴染みのあるロシア民謡をジャズでアレンジ
ピアノ・ドラム・ベースのいたってベーシックなトリオですから静かに聴けます
しかもピアノとドラムは太田寛二さんでアレンジも担当という八面六臂の活躍

「トロイカ」「ともしび」「リンゴの花咲くころ」など
昔懐かしいロシア民謡が軽快に流れてきます

100均。。あなどるなかれ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/12

モール

Dscf5091


手作りのモールをいただきました
バラの花は本物のバラを薬品加工して染められています
玄関口のところに吊るしてありますが
殺風景な玄関をさりげなく飾ってくれます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/11

歯固め

Dscf5102

体幹の筋肉が強くなってきたので動きが大きくなったヨッシーこと佳寛ちゃん
前は身体を起こすことができず手足だけ動かしていたのですが
ベビーカーから身を乗り出して遊んでくれとアピールします

Dscf5104

下の前歯が生えてきているので何でも噛んで歯固めをします
オモチャを持つ手もしっかりしてきました

元気いっぱいのヨッシーは今日もご機嫌ですnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/10

只今 婚活中!

いえ。。私のことではありませんcoldsweats01
先日ご紹介した水槽の新しい仲間ベタ♂君の話です

Photo

水槽の上のほうで泡巣を作っています
これはベタ♂の求愛行動でこの泡巣にメスが産卵するという運びになっています

しかし・・・

スマンのぉ~~
メスはおらんのや~~
つらいのぉ~~crying

またエエ娘♀がおったらペットショップから連れてくるね

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/02/09

貧血

貧血:B・AB型女性はなりにくい A・O型より21%

 B型とAB型の女性はA型とO型の女性に比べて貧血になりにくい--。東京大と理化学研究所のチームが実施した約1万5000人の遺伝子解析で、こんな体質の違いが明らかになった。肝機能の状態を示すγGTPや痛風につながる尿酸など、健康診断でおなじみの検査値を左右する体質の違いにかかわる46の遺伝子型も特定。成果は8日、科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)に掲載された。

 生活習慣病へのかかりやすさや薬の効き目には個人差がある。30億塩基対からなるヒトのDNAには、関連遺伝子の塩基配列の一部が入れ替わったスニップ(SNP)と呼ばれる場所が1000万カ所あるとされ、個人差を生んでいる。

 理研ゲノム医科学研究センターの鎌谷直之・副センター長らは高性能計算機を使い、10種類の病気の患者1万4700人の遺伝子データを調べて解析したところ、46のSNPがγGTPや尿酸のほか、赤血球、白血球、血小板など代表的な血液検査項目の値に影響することを新たに突き止めた。

 このうち、赤血球のデータと血液型の関係を見てみると、B型とAB型の女性はA型とO型の女性に比べて貧血の患者数が21%少なかった。B型かAB型になる遺伝子上にSNPがある人は血色素量(Hb、ヘモグロビン)が増え、貧血を減らすと考えられた。

 チームの松田浩一・東京大医科学研究所准教授は「健康診断では各項目に標準値があるが、本来は遺伝的な個性を考慮して個々人の標準値を決めるべきで、それが今回裏付けられた」と話す。

血液型による性格診断は医学的根拠がないといわれていますが
これはそういうお話ではなさそうです
実は私が会社勤めしていたとき毎年の健康診断で引っかかったのが赤血球
γGTPではなく貧血気味というのだから驚きでした
毎年検査結果が出た翌日だけは晩ご飯のメニューにレバーが出たものです(笑
私個人としてはリハビリを兼ねて行きつけの焼き鳥屋でレバーを頻繁に食べていたんですが毎年同じ結果が出てたんですね

この研究ではB型とAB型の女性は貧血になりにくいとのことですが
B型男性の私は該当しないようです
私が貧血気味というのもひょっとしたらこういう関係があるのかもしれません
将来的に研究が進めば原因がはっきりするかもしれません
金欠の原因がはっきりしているだけに気になるところですmoneybag

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010/02/08

修行の成果

ずいぶん以前にヨガを独自でやっているというお話をしましたが、なんやかんやで3年近くやっているとそれなりにできるポーズも増えてきました
当初は絶対にできないと思っていたポーズができたときはうれしいもんです


Photo

鳩のポーズ(アプサラス・アーサナ)といいます
いかがでしょうか?この余裕の表情・・・bearing
「なんでそんなに歯を食いしばってるんですか?」とツッコミの声もかかります(笑
ダイナミックさには欠けますがここまでできただけでもたいしたもんです

ヨガ・インストラクターの方のお話によると
私の場合股関節はずいぶん柔らかくなったのですが
仙腸関節の硬さが課題だそうです
今度は仙腸関節を意識してエクササイズをやってみることにします

とりあえずなんでも実践してみるのが私の主義ですscissors

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010/02/07

疲れたときは

仕事が忙しいときに疲れるのは私とて同じ
疲れがたまるとケガをする恐れもありますし
実際に何度もそういう経験をしてきました
まあ、たいていの場合腰にくるんですが
最近では頻繁にストレッチをして
縮んだ筋肉を伸ばして血液の循環もよくして
ある程度疲労回復が可能になり
不測の事態を回避できるというわけです


Dscf5079

ずいぶん以前に購入したバランスボールですが
これで胸椎・腰椎を伸ばします
この上でブリッジをするのですが胸郭も開きますし
腸腰筋にもストレッチがかかります

たしか600円でお釣りが帰ってきたバランスボールですが
今までずいぶん助けられました
しっかり元を取ったでしょうね(笑

今日もラストまで予約がいっぱい
最後まで気持ちよく身体が動くようにお世話になるとします

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/02/06

チベット仏教の音楽 炸裂の曼陀羅

音楽のルーツを紐解くと宗教から発生したものが多く
音楽と宗教の関係は切っても切れないようです
歴史のある宗教ならばたいてい音楽がついてまわります
祈りをささげるとき無言でするよりも声や音を発した方が
より天まで届きやすいというイメージが存在したからかもしれません
シャーマニズムが発生したときから今日に至るまで
神仏に導かれた音楽が途絶えたことはありません

Photo
チベット仏教の音楽 炸裂の曼陀羅

いくつか持っている宗教音楽のアルバムの中で最も迫力があります
日本の仏教のそれとはまったく違うのです
重厚な読経にドラの音、太鼓、図太い管楽器
「炸裂」というフレーズは言いえて妙
圧倒的な迫力ゆえに体力のないときには聞くことさえためらいます
滅多に聞くことはありませんが
音楽を聞くというより対峙するという感覚になります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/05

クール&ドライ

ビールのお話ではありません
立春と同時にやってきた寒気は皮肉にも冬へと逆戻りさせました
部屋の温度が5℃を割り込むとパソコンの電源が入らないという事実も判明しました
寒い日は毎朝戦々恐々で電源のスイッチに手を伸ばします

気温だけではありません
風が強いので空気も乾燥しています
湿度計を見ると40%前後まで下がることもあります
一時ほど騒がなくなったもののインフルエンザの脅威は新型・従来型を問わず依然あるわけです
温度と湿度がウィルスの生存率に大きく関わることは例年と同じ

Dscf5082

今年からお目見えの新しい加湿器は強弱の調節ができるので助かるんですよ
去年まで使ってたのよりもタンク容量が大きいので一日一回の補充で間に合います

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/02/04

胸郭のアライメントと可動域

むかし見たテレビ番組の企画で元阪神タイガース投手の江夏豊さんが小学生にピッチングを教えるというのがありました
そこで球速をあげるために行った練習がとても変わった方法で
右ピッチャーに一週間の左投げを命じたのです
ごくまじめにひたすら左投げの練習だけを繰り返しました
一週間後右投げでピッチングをすると
あら不思議球速がアップしていたのです
もちろんその一週間で一度も右投げの練習はしていませんでした
それなのになぜ球速がアップしたのか・・・
そのテレビ番組では種明かしのないままエンディング
その後私の中ではずっと長い間謎のままだったのです

最近胸郭について勉強しなおしています
今月号のトレーニングジャーナルの特集を読んで胸郭の重要性とその他の部位との関連性に興味をもちました
それでいろいろ考えるうちに江夏さんのトレーニングの秘密がなんとなくわかってきたのです

右投手は当然右手で投げるわけですが胸郭の動きもムチのしなりとして欠かせないものになります
ところが毎日同じ方向の動きを重ねることにより胸郭のアライメント(整列性)が損なわれ可動域が減少することも充分考えられます
当然その分動きの上では損をするわけですから球速も落ちるわけですよね
いくら大投手といえども小学生の身体能力をアップさせるのに一週間という時間は短すぎます
だから身体の中で眠っていた在庫を引っ張り出してきたのがこの練習の「種や仕掛け」だったようです
ひとつの椎骨から二本の肋骨が出てそれらが前で胸骨につながります
そんなリング状のものが幾重にも重なり胸郭ができます
その分筋硬縮などが原因で一部が引っ張られるとそれが全体に及びアライメントを損ない、可動域を減少せしめることによりパフォーマンスが落ちるのです

近年、バッターでも反対の打席で練習をするみたいです
これらは失われた可動域を取り戻すためという明確な目的があるんですね
トレーニングで筋力アップするには時間がかかりますが
これなら比較的短期間で結果がでそうですもんね

ゴルフでもこの練習方法は当てはまりそうですね
いやむしろ左右対称のスウィングが基本のゴルフの方が役に立つかもしれません
八の字打法から正しい軌道で打つためのフォーム固めに最適だと思いますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/03

節分

2月3日は節分
「節分」とは季節を分ける日だそうで、明日4日は立春
暦の上ではこの日から春となるそうです
皮肉なもので待ってましたとばかりに冬将軍が北の国から降りてきて
「わが世の冬よ」と言ったとか言わなかったとか・・・
天気予報でも今日からしばらく冷え込むと伝えていました

近年では節分といえば恵方に向かって巻き寿司を食べるというのが習慣になってますが、子供のころにはそんな習慣もなく、バレンタイン同様業界の策略にまんまと乗せられてしまった形で定着しています
それでも多くの主婦はこの日だけは巻き寿司に鰯にすれば
献立を考えなくて助かるという意見もチラホラ
私とて丸々と脂の乗った大きな鰯が食べられるのはこのときだけなんですから願ったりかなったり
「年中こんな鰯が食べられたらいいのにな」という台詞を毎年ひとりごとのようにつぶやくのです

子供のころは私も「鬼は外、福は内」と豆をまいたものですが
我が家でも子供たちが大きくなってからは豆をまくこともなくなりました
掃除が面倒ですからねcoldsweats01

「鬼は外」で豆をぶつけられる敵役の鬼なんですが
病気などの災難を鬼に喩えたというのを聞いたことがあります
いくらお金があっても病気やケガをしたら幸せになれるはずもありません
健康な身体があってこそ仕事もできれば遊びもできます
お金を使うのも、稼ぐのも健康であればこそ
今も昔も豆をまきながら自分や家族の健康を祈るのが
正しい節分の過ごし方なのかもしれません

年の数だけ豆を食べたらお腹を壊すかもしれませんので
私も自重しながら豆を食べるとします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/02/02

パッチ

大阪だけでしょうか?
パッチと呼ぶのは
モモヒキと世間一般では呼ばれるようです
近年、タイツなどというハイカラな呼び名にカラフルな色彩のもあるようですが
私にとってパッチはパッチ
冬になると下半身を温める必須の肌着であることに今も昔も変わりはありません
私が子供の頃、父親が衣料品店をやっていて
年末になると小学生だった私も貴重な戦力でして
ラクダのパッチを売るために商店街中に響きわたる声を張り上げて営業努力をしたものです
これを大阪では「必死のパッチ」といいます(嘘
その環境で養われた物怖じせぬ性格は現在の礎になっていることはいうまでもありません

さて今の時代よりももっと寒かった年末にパッチを買ってくださったお客様はたいてい年輩の方でした
幼き日のイメージとしてはパッチをはくのは年輩で
若者は決してはくことのない衣類であるとの固定観念を植え付けられてしまいました

数年前にあまりの寒さが身体に堪え
足が冷えるなどと言う若者にあるまじき状態に陥ったのでした
それでもパッチをはかなかったのは
私にとってパッチが若者とオヤジを分ける分水嶺だったからに違いありません
しかし背に腹は代えられません
冷えた足はそれだけでとどまらなかったのです
次から次へと襲いかかる体調不良にたまりかね
断腸の思いでパッチに足を通したのです

それから数年、体調を取り戻すためにいろいろと試した結果
35.8℃まで下がった体温は36.6℃に戻り体調を崩すことも少なくなりました
簡単にいうと若返ったようなものです

寒いとき頻繁に使ってた使い捨てカイロも使う数が年々減り
一昨年の冬からまったく使わなくなりました
次第に足が冷えることもほとんどなくなり
この冬はパッチのお世話になることもなく過ごしています
せっかく新しいのを買ったのですが今のところ必要なさそうです
パッチをはかなくてすむということは代謝量が増えたということになり
いわば若返ったということにもなるわけです
いくらがんばっても十九・二十歳に戻るわけではありませんが
この先どこまで元気を取り戻せるか楽しみでもあります
私のアンチエイジングの旅はまだまだ続きます

ひとつわかったことは健康を取り戻すということは
数年間の時間を必要とするということです

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/02/01

出遅れ

先日、新聞の折り込みチラシを見ていると
某家電量販店でデスクトップパソコンが29800円で販売されていました
いずれチャンスがあればと思いながらいろいろと情報収集してましたが
売られていたパソコンも評判は決して悪くはありませんでした
唯一気になるのもOSがビスタであるという点
世間の評判もすぐれず私の周りでもXPをわざわざ入れ直したというから気になるところですが
それもわずかな金額でアップグレードできるだろうといういわれのない自信みたいなものに後押しされた背景には、29800円という金額に目がくらんだ事実があることはいうまでもありません(笑
しかも年末にようやく届いたエコポイントでもらった商品券があったので
実質的にはこちらが支払う金額は半分近くまでになります

これはいっとかな!
ようやく決断がついたのは夕方に近づいた頃
何しろこういうときに限って仕事が忙しいのが世の常
ようやく閉店前にお店にたどりついたとき、かすかに息が荒かったのは微妙にいつもよりも自転車のペダルを踏み込む力が強かったからに違いありません
勝手なもんですがこういうときの自動ドアは開くのが遅い
ドアが開くまでに三回ほど足踏みしたのは
決してトイレに行きたかったからではありません

パソコンコーナーは閑散としていて見つけるまでにさほど時間を要しませんでした
ただ見つけたのが「売り切れ御免」のポップだったのが
唯一シナリオになかった筋書きでした

帰ってもう一度チラシを見ると「5台限定」と書かれた文字が朝に見たときより3倍ほどの大きさで表示されていました

それでも一度こういう機会があるのならば次に高い値段で売ることはまず考えられないので、いずれ次のチャンスが巡ってくるだろう
生まれながらの楽観主義は根拠のないプラス思考を生み出します

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »