« リンゴが赤くなると | トップページ | スラヴォニック »

2009/11/20

根性のクローバー

Dscf44011


神社の石段の隙間から生えていたクローバーです
誰が植えたわけでもないのに種がこぼれたんでしょうね
水をかけてもらうわけでもないのに大きく育っています
元々植物は人の手を借りずとも生きていけるわけで
朝晩もめっきり寒くなったこの季節にもこうやって存在するんですもんね

「雑草という名の植物はない」
昭和天皇のお言葉ですが、とても好きな言葉です
ひとつひとつの植物にそれぞれの命があることを尊重なさった上でのお言葉だと思います
人間にとって有益かどうかなんて植物にとっては関係ないわけですからね
いや、人間に名前など付けてもらわなくとも堂々と生きている様は見事です
よしんば冬の寒さに枯れたとしても、したたかに種を残し次の春には必ず芽を吹こうとする生命力は見習いたいものです

|

« リンゴが赤くなると | トップページ | スラヴォニック »

コメント

こんにちわ!
クローバー、神社の石段の隙間から
生えていたのですか。
ほんと、逞しいですね。
植物の生命力って、ほんと凄いなと
感じる事が、多々ありますよね。

投稿: うさうさ | 2009/11/20 11:22

この寒い季節の土が見えないところから元気に生えている姿に脱帽です
石段と一緒に踏まれることもあったでしょうに・・・

投稿: ひろ | 2009/11/20 12:03

こんばんは(^^*)/
ん~かなりの根性ですね♪
見習いたいなぁ~♪
頑張れ!クローバー!

投稿: chipa | 2009/11/20 20:35

結構見ますよね。
ホント、逞しいです。
雑草ではないですが、うちの枇杷の大木、最初は買って来た枇杷を食べた後の種を埋めたら、あっという間に大きくなったのですが、とにかく生命力が強く、この時期、あちこちから芽が出て、小さいながらもしっかりと枇杷の葉っぱが出てます。
放っておくと枇杷の大木ばかりになって大変ですが、その生命力がいとおしくて、しばらくは、抜かずに見て楽しんでます。
いずれは抜かないといけないのですけどね。

投稿: persian | 2009/11/20 21:21

chipaさん

この話を友人にして「見習いたい」といったら
「あんたの生命力の方が強い」とお墨付きをいただきました
でも何日かに一回の雨露だけではムリです
たまにbeerを欲します
 
 
persianさん

枇杷って簡単に育つそうですね
向こうも生活?がかかっているんだから人間の都合など考えてられませんよね
応援しているうちにスペースをとられますよ(笑

投稿: ひろ | 2009/11/21 07:56

カタバミやでぇwink(出遅れ指摘汗)

投稿: ひろん | 2009/11/23 12:31

えっ? なんぼでも酒飲む人?(しらばっくれ汗)sweat01sweat01

投稿: ひろ | 2009/11/23 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/46801240

この記事へのトラックバック一覧です: 根性のクローバー:

« リンゴが赤くなると | トップページ | スラヴォニック »