« 新連載!身体言葉に学ぶ知恵 | トップページ | 只今、執筆中 »

2009/11/11

こちら喜連小学校前

Dscf4355


これが毎朝私が通勤で通る道です
ちょうど私が写真を撮っている位置のすぐ右側が
ん十年前に通ってた大阪市立喜連小学校です
このあたりはホント昔とわかりません
腰痛館にお越しいただく道のりを記した地図の通りに歩いていただくとこの風景をご覧いただけます

そのむかし武家屋敷だったというお宅の外観はそのまんま
突き当たりにある楯原神社までの風景は数百年前にさかのぼってもさほど変わらないだろうと想像できます
せいぜいアスファルトの道が土の道だったり電柱や信号がないくらいのものなんでしょう
私が子供のころはこの道だけがバス通りということもあって舗装されていましたが、裏手の路地は土がむき出しの自然のまま
雨が降れば水溜りもできて、寒くなれば氷も張って、霜も降りたり
よく表情が変わる道でして、集団登校のとき我先に氷を踏みしめて割るのも楽しみのひとつでした

さてこの先何年くらいこの風景を見ることができるのでしょう?
せめて私がこの街で生活している間だけでも変わらずにいてほしいです
いや、きっと数百年先まで大丈夫だと思いますけど・・・

|

« 新連載!身体言葉に学ぶ知恵 | トップページ | 只今、執筆中 »

コメント

武家屋敷などは、いつまでも残して欲しいですね。
今は、ちょっと見ないと、どんどん変わっていくところが多いですから。
私の故郷でも、武家屋敷通りというのがあって、映画のようにズラ~ッと見事に武家屋敷が並んでます。
道も細くて、住んでる人は不便もあるのかもしれませんが、そこに行くと、素敵だなぁと思います。

投稿: persian | 2009/11/11 07:38

この写真の後ろ側は昔お城があったと聞きます
城下町だった古い町並みの面影が今もうっすらと残っています

同様に裏通りは道も細く車の通れない路地が迷路のようになっています
なれない方は必ず迷います(笑

投稿: ひろ | 2009/11/11 08:11

こんにちわ!
ご自分の通われた小学校の辺りって、
懐かしいものですね。
とは言え、通勤で通られるので、毎日
見ておられるのですね。
武家屋敷だったというお宅の外観は、
やはり、風情ありますね。

投稿: うさうさ | 2009/11/11 11:40

子供のころから変わらない風景はその存在だけでうれしいものです
当時は一番の大通りだったので交通量も凄く多かったのですが
今では周りに広い道もたくさんついてバスやトラックなどもそちらを通るようになり静かになりました

このあたり一帯は大きなお屋敷が多く昔の風情が残されています

投稿: ひろ | 2009/11/11 12:44

こんばんは(*^^*)
一瞬タイトルを「亀有公園前」と
読んでしまいました(笑)

変わらない風景って、いいですよね♪
思い出も詰まっていて・・・
そういう風景好きです♪

投稿: chipa | 2009/11/11 22:02

「亀有公園前」は私がこの学校を卒業した後で連載されましたなぁcatface

ん十年間かわらなくその姿を見せてくれるのはうれしいです

投稿: ひろ | 2009/11/12 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/46717023

この記事へのトラックバック一覧です: こちら喜連小学校前:

« 新連載!身体言葉に学ぶ知恵 | トップページ | 只今、執筆中 »