« コンプレックス | トップページ | 饅頭こわい »

2009/07/03

ヒント

施術をしていると眠ってしまう方もおられます
その方が余分な力が入らないのでこちらも好都合なのでそのままにしておきます
あるとき施術開始から15分程度で眠りについた方がおられました
気持ちよさそうにスヤスヤ眠っているかと思いきや
ハッ ハッ ハッ・・・
まるで犬のような短い寝息
とてもじゃないけど気持ちよさそうな寝息ではありません

「短息」といって緊張しているときの息遣いです
これでは寝ているときでさえリラックスできないわけです
きっと精神的な側面が原因なんでしょうが
本人さんの感じておられる主訴は身体の問題です
私としても精神的なことまで影響することもできないので身体にアプローチするしかありません
精神的な緊張により短い息しかできないのであれば長い息ができるような状態に身体を持っていけばリラックス状態になるはず
そういう仮説を立てて施術のを変えていきます
「長息」ができないということは横隔膜、骨盤隔膜など横方向の筋肉に緊張があるはず
順次アプローチしていくと徐々に息が穏やかになり長くなっていきます

この間本人は眠ったままでまったく気づかないまま終了
これで帰られてストレスのある環境で過ごしてどういう結果がでるか?
息が教えてくれたヒントでどういう答えが出るか経過を見ていきたいです

後日連絡があり調子がいいとのこと
それでも長期間持つかどうかはわからんのですけど
期待と不安が交錯しながら次の来院を待つことにします

|

« コンプレックス | トップページ | 饅頭こわい »

コメント

身体の見立てを元に、施術を臨機応変に変化させるという事…
テクニックを覚える手先の器用さとはまた別のセンスが必要そうです。

お客さんが見てない所で起こったドラマですね♪

投稿: ヒヨコ | 2009/07/03 10:41

何かを感じる意識を持って身体を触っていたいものですね
たまに共通したいくつかのエッセンスが浮かび上がって身体の中に何が起きているか教えてくれることもあって
ヒントから答えが導き出された瞬間「やったねscissors」って気持ちになります(笑

投稿: ひろ | 2009/07/03 10:52

こんにちわ!
犬のような短い寝息ってあるのですね。
寝ている時にリラックスできないというのは
何だか・・・ですね。
連絡があって調子がいいとは、嬉しいですね。
施術も、長い目で見ないといけないのでしょうね。

投稿: うさうさ | 2009/07/03 11:34

自分の寝息ってわかりませんから異常に気づかないことの方が多いんでしょうね
本質的なことに直接アプローチできたとは思えませんので
そんなに長持ちするともないかもしれません
ただそれが快復の足がかりになってくれたらいいのですが・・・

投稿: ひろ | 2009/07/03 12:07

緊張すると息が短くなるんですね。
リラックスすると、息が長くなるって言いますもんね。
悩みがあるとため息も出るし、息と精神状態は関係してるんですね。
しかし、その患者さんを長い息にアプローチして行ったひろさん、素晴らしいですね。

投稿: coply | 2009/07/03 23:35

緊張状態が長く続くと息が浅くなります
逆に意識的に深呼吸する練習をすればリラックスすることもあり
世間でもそういうことをよくやっています

それでその方の状態がいい方向に向かえばいいんですけどね

投稿: ひろ | 2009/07/04 07:37

短時間息をしてないというのは聞きますが(夫もよく泥酔してリビングで寝てた時そうでした。)、短息というのもあるんですね。
本人が気づいてない事でも、そうやって良い方向に向かうように施術してあげる・・・素晴らしいですね。
後日わざわざ連絡してくれたという事は、よっぽど良くなったんですね。
ひろさんもやりがいを感じる時でしょうね。

投稿: persian | 2009/07/04 15:05

う~む。。私も泥酔しているとき短息かもしれませんなsweat02
自分で気づかないから余計に怖くなりました(笑

経過を連絡してくださるとホッとすることもあります
(クレームは嫌いですけど・・・)

投稿: ひろ | 2009/07/04 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/45514527

この記事へのトラックバック一覧です: ヒント:

« コンプレックス | トップページ | 饅頭こわい »