« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

リテラシー

先日、中央公会堂で拝見した健康セミナーはとても有益な情報をたくさんいただいたのですが、後日ふとある疑問がわきあがりました
このセミナーのタイトルが「“賢く”“お得に”健康を保つためのセルフメデュケーションリテラシー」
そして川田先生の講演のタイトルは「ビジネスパーソン必須の健康リテラシー」
どうもこのタイトルの意味がわかったような?わからんような?(笑
結局「リテラシー(literacy)」という意味がわからんのです
いつもつまらないことにこだわるのが私のいいところscissors

調べてみると

リテラシー(literacy)
1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。
2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー
3 情報機器を利用して、膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用する能力。→情報リテラシー

・・・とのこと
なるほどね 単に情報を得るだけではなく活用する能力を持たないといけないってわけですね
わかったような顔をしてそのままにしておかないでよかったです

確かに情報収集だけで満足してしまい
活用することなく忘れてしまうことが多いです
どんなご立派な知識でも実行できなければないのと同じですもんね

ということは情報を反すうした上で整理し自分に合うように構築しなければ本当の活用はできません
「これを食べたら健康になれる」
テレビで聞いて我先にスーパーで買って一週間でやめる
これは「リテラシー」とはいえません
本質的なことを理解して長期的に続けられる方法を自分で探し実行する
これができてこその「健康リテラシー」というわけなんですね

いやいやいや。。。いろんな意味で勉強になりますね
「リテラシー」ね 覚えとこhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/07/30

快眠

「地下鉄がどっから入るか考えると眠れなくなるんですよね」
こんな漫才のネタも今は昔
睡眠不足で悩む人も多い中、私は毎晩気持ちよく睡眠をむさぼります
大阪では天神祭りのころが一番暑いなんていわれますが
その天神祭りが終わっても梅雨は明けません
扇風機をつけたまま眠れば少し寒いくらい
日によっては夜中に起きて窓を閉めることさえあります

例年、一番暑いこの時期にはクーラーをかけずに寝ているととっても暑い
慣れたとはいえ2~3時間おきに目が覚めてしまいます
イライラしても始まらないんで目が覚めたら本を読むことにしています
しかもできるだけ難しい本を読めば学生時代からの習慣で眠たくなるのでsleepy
そういう習性を利用してなんとか眠りについていました(笑
おかげで去年はたくさん難しい本を読むことができました

ところが今年は例年よりもずいぶん涼しく
天気予報によると8月にはいってからも雨の日が多く涼しいとのこと
お仕事によっては夏は晴れて暑くないと話しにならない
そんなところも多いとは思いますが
とりあえず私は涼しい方が寝やすくて助かります
まあ、その分勉強ははかどりませんけどね

そうそう・・・
寝る前といえば、小さいお子さんの手が暖かくなってきますよね
あれは寝る前に体幹部から末梢部に体温を移行して寝る準備をしているんです
だから手足が冷えたままだと眠れないこともあります
寝る前に足湯なんかで温めてみるのも不眠症対策のひとつとして言われています

また精神的に不安定な状態で眠れない方は横隔膜が緊張していることもあります
そういう訴えの方には横隔膜の解放をしているのですが
ご自宅なんかではみぞおちのところに蒸しタオルなんかをあてがってしばらくすると、多少でも緊張がマシになり落ち着いて寝やすくなるかもしれませんよ
その人の程度によってずいぶん差がありますので効果の保証は致しかねますが
何かのついでにでもお試しください

クーラーがなくても暑くて寝られませんが
クーラーで冷えすぎても寝にくいもんです
気持ちよく睡眠をとって夏バテに備えたいものです

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/07/29

続くときは続く

Dscf3665


頂き物の夕張メロンです
滅多に食べられないと思っていたら続くもんですね

Dscf3682

はっきりいって王様気分ですfuji
今の私に怖いものなどありません(爆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/28

川田浩志先生 大阪セミナー

Dscf3699

ここは中ノ島にある中央公会堂
ここに来るのは小学生のときの習字の展覧会以来というから実にん十年ぶり

Dscf3701

日経健康セミナーといことで川田浩志先生が来阪されました

Dscf3704

第一部はスポーツキャスターのヨーコ・ゼッターランドさん
「私のセルフメディケーション法」と題して自らのバレーボール選手だったころの経験を交えてのお話でした
プロのスポーツ選手としての自己管理法は説得力がありました
食べ物の取捨選択は一般人にとっても難しいところです
欲望との戦いは一番の命題かもしれませんね

Dscf3708


第二部は川田先生の出番です
本番前のお忙しいところご挨拶させていただきました
ブログなどのやり取りばかりでしたが初めてお目にかかれてうれしかったです

しかし川田先生のお話は実に巧みです
笑いにうるさい大阪人を時には笑わせながらテンポよくお話が展開していきます
いきなりきましたねぇ~ 先制パンチとばかりにタバコのお話から
一刀両断にアンチエイジングにタバコはありえないとキツ~イお言葉
考えてみれば私がタバコをやめたのもこのやり口(笑)にまんまと引っかかったからです
それから川田先生とのお付き合いが始まったんですよね
タバコを吸っていてひとつだけメリットがあったとすれば川田先生に出会うきっかけになったことだと思います

時折ご自身の著書を売り込んでオチにするあたりは上手いですねぇ

Photo
HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術

今頃堂島のジュンク堂書店さんでは行列ができてるんじゃないでしょうか?
セミナーに参加されなかった方もこちらをお読みいただいたらその情報は得られますよ
ただし先生の素晴らしい話術はご堪能いただけませんが・・・

Dscf3709

第三部はパネルディスカッション
それぞれがしっかりした考えをお持ちのお三方でしたので迫力のあるお話が続きました
セミナーの最中強い雨が降っていたようですけど
終了して外に出たら雨は上がっていました
川田先生は自らイラストを描かれた手書きのポップをもって書店周りをされるそうですが
どうやら天も味方をしてくれたようです

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/07/27

脳の中の身体地図

この間までキムタクの「Mr.BRAIN」なんてドラマも放映されていましたが
いま「脳」がブームなのかもしれません
わかっているようでまだまだその秘密も多い脳
その機能がひとつずつ解き明かされていくと
人類は賢明になっていくのでしょうか?

Dscf3653
脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ

いや~~この本は読み応えがありました すごいです
350ページに及ぶ中に書かれた内容が実に濃い
興味深い箇所がいくつもいくつもありました
正直この本を読むに当たり事前の基本的情報量が乏しいことから、砂浜をランニングするかのようなしんどさを覚えたのですが、書かれた内容の面白さだけで最後まで一気に読めたのです

Dscf3658

もう一度読んでみたい所に付箋を貼り付けましたが
読み終わるとかなりの量になりました

脳が外界と自らをつなげるのにこのようなきめの細かい地図を作り出していることに驚いてしまいます
この本を読んで感じたこと考えたことはたくさんあるのですが
何をどう表現していいのか私の脳ではマップが作れません(笑

例えば「痛み」を感じるメカニズムや理由に関する記述や恒常性や自律神経の係わり合いなんかは私の仕事に大きなヒントになり、利用できることもいくつかありました

以前「内臓感覚」という本をご紹介しましたが
内臓感覚は腸から見た脳との関係が書かれたものでしたが
こちらは脳から見た内臓と情緒についての説明がありました
これでなんとなく両者の関係が繋がってきたような気がします

私が興味を持っている呼吸に関しても
毎分6回にすると自律神経をコントロールすることもでき
ヨガの瞑想などを例えとしてあげておられます
その場合痛みが抑制されたり、幸福感も感じることができるとあります
もっともこの域まで達するには30年ほど続けないといけないそうですが・・・sweat01

幽霊など心霊現象の存在についても興味深く
単純に肯定したり否定するのではなく
現象面について脳がどのような発動をするかが書かれてあります

読んでいて私の脳がオーバーヒートしたのは
内容の難しさと面白さの両方が原因のようですcoldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/26

Taste of UKADAN

初めてCDというものを見たのは20歳を超えてからでした
当然それまではレコード盤が主流でした
当時お金がなかったのでレンタルレコードを借りてカセットテープに落として聴いていたものでした
なぜか今でもお金はないのでレンタルショップで借りるあたりは何の進歩もないわけでして・・・

何百とあるカセットテープですがCDが当たり前になってくると聴く機会も減ってきました
それでもどうしても聴きたい音楽はあるわけでお気に入りのいくつかはあらためてCDを買って聴いています

Taste_of_ukadan
Taste of UKADAN 憂歌団

ありゃま。。CDもすでに廃盤とは・・・sweat01
泥臭い大阪系ブルースバンドのイメージとは違って涼しげな夏の曲ばかりが収録されていて、暑い季節には必ず聴きたくなるアルバムです
私が始めて覚えたジャズのスタンダードナンバー「嘘は罪」
楽譜かってギターの練習したのは懐かしい記憶です
Boy,My Boy」は今でも大好きな名曲です
「SLOW BOAT TO CHINA」も古い古い曲ですけどきれいな歌に仕上がっています
「渚のボード・ウォーク」はハワイアン調でリゾート気分が満喫できます

コテコテのブルースを歌う憂歌団とは違った魅力がこのアルバムで楽しめます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/25

ひまわり

090724071416

昨日の朝出勤途中にひまわりが咲いているのを見つけました
まだ梅雨は明けませんが夏の舞台は整いつつあります
遠く向こうにはまだ小さい入道雲が浮かんでいました

画像がなんとなくおかしいのは携帯のカメラに指紋のフィルターがついていたからです(笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/24

まだまだ使うぞ!Office2000

先日長男からワードに落とした文章を印刷するように頼まれました
ところがここにあるパソコンでそのファイルを開いてみると文字化けしているじゃないですかsweat02

調べてみると長男のパソコンにあるのはワード2007
ここのパソコンに入っているのはワード2000
ファイルをみると拡張子がdocx
今使っているワード2000の拡張子はdocx
そりゃ開けないはずですわな・・・

互換性はないものかと調べてみると
マイクロソフトで互換ツールというのがダウンロードできるそうで早速やってみました
そうするとなんなく開くことができました

以前からOffice2007を買わないといけないのかな?
そんな心配もしてたんですけどこれでしばらくは引っ張れそうです

衆議院は解散してもウチはまだまだ粘るぞぉrock

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/23

ダメだこりゃ 皆既日食

Dscf3641

昨日の午前10:30ごろに撮影した写真です
ピークの11時過ぎには仕事が入っていたので
わずかな休憩時間に表に出て撮りました
厚い雲に覆われ太陽が欠けている気配すらありません

これにて世紀の天文ショーは終わり il||li _| ̄|○ il||li

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/07/22

左右対称

私が日ごろ尊敬してやまない同門の戦う柔道整復師(笑)かなや先生のブログで左右対称について興味深い内容が書かれていました
人の身体は左右対称でなければならないか?
こんな命題に対して必ずしもそうではないというのがその答えだと思います

身体に何らかの症状があってそのひとつの兆候として左右非対称が存在する
こういうとき我々は「ズレてますね」という表現を用います
私がこの言葉を使う場合、少なくともそういう身体的兆候に対しての原因について考えます
つまり左右非対称を生み出した原因は何であるかを探らないと次のステップに進めない
そんなふうに思うのです
いうなれば左右非対称はひとつの目安として捉えているわけです

もし左右非対称という事実を絶対的評価としてとらえ、それ以上深い考察がなければ
教科書に載っている人体の骨格図通りにはなっても、いろんな動きを生じる現実的な生活に即した事実に適合しないことも出てきます
ひとには「利き手」というのが存在します
私の場合左利きなんですが、細かい作業をしたり大きな力を使う場合無意識に左手を使います
目にも利き目があって左右どちらかの目がメインとなりもう片方は距離感をつかむために使われます
耳にも利き耳というのがあるそうです
現実問題として左右同じものがあってもその使い道は左右で異なり
力の出具合も違えば使う頻度も違う、そうなれば能力(筋力)も左右で違ってあたりまえ
これで筋力や疲労の度合いなどが左右対称になるわけがありません
テニスプレーヤーでも利き手の長さが極端に違ったりします
それそのものが悪いと即断できないこともたくさんあるのです
もちろん度を越してはいけません
その場合痛みが生じてもおかしくはないでしょう

ただ許容範囲内で左右非対称が生じた場合にどう評価すればいいのでしょう?
紋切り型に左右対称でなければならないという立場に立つと
その状態すら罪悪と判断されかねません
だから左右対称に矯正しなければならない
こんなパターンで施術が行われる可能性があります

だから左右非対称は評価そのものではなく、評価の対象となるべきではないかと考えます
つまり身体のどこかに左右非対称があるとき、それがすなわち「悪い」と見るべきではなく、なぜそうなったか?その左右非対称に対してどういう原因が存在するのかを追及することにより自然発生的なものと限度を超えたアンバランスなものとに分類することが可能だと思うのです
さらに後者であると判断された場合、その状態を生じせしめた原因も追究してから施術手順を決定した方が合理的ではないでしょうか?

確かに紋切り型に左右非対称を原因とすればクライアントに対する説明も容易だし、術者も客観的に判断しやすいというメリットはあるでしょうが、ある意味横着な判断になりかねないデメリットもあるはずです
簡単に言うとやる方が楽だからということになります
「楽」というのは手を抜いているという意味ではなく、知識がなくても経験が乏しくても左右非対称を殊更にアピールすればなんとなくもっともらしく格好がつきやすいからじゃないでしょうか?

「左右対称」は絶対的なものではなく相対的に考えた方がよさそうです

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/07/21

まだかな?

090720072038


昨日の出勤時に撮った写真です
先週いいお天気が続きそろそろ梅雨明けかなと思ったら
最後の粘りを見せているようです
毎年セミが鳴きだすと梅雨明け宣言が出るんですけど
今年は意表をつかれたようで雨上がりを見計らってセミも鳴きだします

まあ、寝るときに涼しくて助かるんですけどね(´-`)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/07/20

神秘体験

最近ではブームも下火になったようですがひところは「スピリチュアル」という言葉がテレビや雑誌などで取り上げられていました
多少下火になったとはいえ古今東西を問わずこういう話は尽きることがありません
誰だって神秘的なことに興味があり、身の回りで不思議なことが起きるとそういう類のことに原因を求めたくなる気持ちはよくわかります

人の心と身体はこの先ずっと人類の歴史が続いたとしてもそのすべてのことを解明することはできないはずですし、それでもなお永遠に探求し続けるんだろうと思います
追いかけても追いつくことのない生命の神秘に人々は畏敬の念を抱き憧れさえも感じながら歴史は繰り返されていくのだろうと思います

私たちのように毎日何人も人の身体を触り続けてきたら
誰だって不思議体験の一つや二つはあるはずです
あまり表立っては言いませんが、身内同士で話しをするとき多くのセラピストが何らかの神秘的な体験をしているものです
「そんなことあるはずがない!」といわれても経験してしまったものはどうしようもなく
その体験を消しゴムで消してしまうことはできません
だからといってそれが立証できるわけでもなく
ただただ不思議だなと感じるにとどまる人が多いだけのことだと思います
「科学的には立証できない」「現代医学では解明できない」
それはそれで事実だと思います
多くの方が説明できないからこそ表立って言わないだけだと思います

中にはそういう能力に長けた人がおられます
現実私の知り合いでも見事なまでの能力をお持ちの方がおられます
(具体的なことは差し控えますが)
セラピストでもそういう神秘的なことを特徴として活動をなさってる方も少なくないようです
少し疑問に思うのは神秘性の高いセラピーを習うに当たり
その師匠(学校)に学んだ者はもれなく特殊能力を取得できるのだろうかという疑問もわいてきます
また多くのクライアントに対して施術する場合、全員に対し神秘的な効果を出すことができるのでしょうか?
何万回に一回、不思議体験をしたからといってあたかも毎回同じようなことができるかのように吹聴する者もいるのではないか?
いくつもの疑問があります

神秘的なことに対しては「あるのか?ないのか?」と問われると「たまにある」と答えざるを得ませんし
「それは一体何なのか?」と問われると「わからんからこそ神秘的なんですよ」と答えてしまいます
「そういうことができるのか?」と問われると「私の商売ではありません」と答えます

それでもたまに何か感じることがあればアドバイスはさせていただきます
「何か霊でもとり憑いているんでしょうか?」と聞かれたら
「ここだけの話 肩に赤いきつねと腰に緑のたぬきが憑いていますよ」
「お湯をかけて3分待てば治るかもしれません」noodle

貧乏神が降臨した整体師は笑いを取れたら満足しますscissors
(痛みも取れよ!!)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/19

豆問屋 天下茶屋店

Dscf3576

説明するまでもなくタイヤキです
少しコゲあるタイヤキです

少々ご縁がありまして天下茶屋までタイヤキを買ってまいりましたbicycle

Matoya

豆問屋(まとや) 天下茶屋店
タイヤキのお店「豆問屋(まとや)」さんはその名のとおり小豆問屋茜丸本舗のお店
「あ~~ホンマ♪ あ~~まんま♪」
サンテレビのタイガース野球中継で何度も拝見したCMでお馴染みの茜丸さんですが
実はどら焼きだけの会社だと思っていたらそうじゃなくアンコの問屋さんが主なお商売だそうです
だからタイヤキの中身はぎっしり詰まったアンコでいっぱい
しかもクドイ甘さではないのでこれがけっこういけるんです
焼きたてをいただくと持っているのもつらいほどアツアツ・・・
香ばしいカリッした皮の食感は焼きたての旨さを存分にアピールしてくれます

私が言うまでもなく長い行列がその旨さの証明なんでしょうね
皮にまでアンコの色がにじみ出るタイヤキは初めてお目にかかりました
何でも千里中央の大丸プラザにも二号店をオープンされたとか・・・

むかしはタイヤキ5個買って一人で食べたこともあったんですよ
たまには甘いものもいいですね

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/18

LAZY TONE

Dscf3583

最近四天王寺さんの写真がちょこちょこ登場します
この日は近所のお宮さんの夏祭りだそうで布団太鼓が賑やかに街を練り歩いていました

Dscf3584

この日の目的地は四天王寺さんのお膝元にある「Kitchen & Bar Lazy Tone」というこのお店

Dscf3587

美人マスターchoeさんのお誕生日を記念して?ライブが行われました
南ルミコ(VO)長田TACO和承(G)西條渉(G)村治進(スチールパン)

スチールパンって楽器は夏には必ずどこかで耳にする楽器ですが
生演奏を聴くのはこれがはじめて

Dscf3590

お店にはこんなイラストがたくさん
バーテンダーだから「マスター」という呼称にこだわりを見せるchoeさん
初めて行ったのにすぐに馴染める雰囲気のお店です
どこでもすぐに馴染むのは私の特技なんですけどねscissors

Dscf3610

暑~~い夏にユルユルの南国ムードの曲が大半を占めます
元々このお店ではレゲエ系のライブが多いようです
南の孤島でトロピカルドリンク飲みながらボ~~ッとしているような感覚になってきます

Dscf3616

マスターchoeさんのお誕生日のお祝いも盛大に・・・
なぜか巨大なトンボも飛んでいました(爆

Dscf3589

これがスチールパン
大きな鍋の中にいくつかのくぼみがありそこを叩いて音階を出します

Dscf3622

村治さんのソロ演奏もエエ感じでした
陽気なイメージのある楽器でしっとりとした大人の曲は魅了されます
初めて聴いたスチールパンの演奏は今でも心の中で鳴り止みません

TACOさんのギターは独特のムードがあって
情緒的な音は後からジーンと胸に響いてきます
なんといっても下駄履きのコスチュームはユルユル感たっぷり(笑
いい意味での緊張感のなさはTACOさんの奥行きの深さを感じさせます

西條渉さんはいつも縁の下の力持ち
はじけてしまってどこまで行くかわからないメンバーを支える重要な役割を担います(笑
影のバンマスか?

こういう個性的なメンバーでこそ力を発揮するのが南ルミコさん
ホンマ いつもスタンダードを歌いませんな(笑
どんなジャンルでも上手く自分の個性と融合するのはすごいですね

終わってからもみんなでいろんな話ができて楽しかったで~~すscissors

Dscf3591


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/17

水分補給

ここにきていっきに暑くなりました
毎年この時期になると熱中症の予防が話題になります
大人の場合体内の水分量は約60~65%だそうです
スポーツなどで大量に汗をかいてしまうと熱中症や脱水症状になることがあります
だからこれからの時期は水分補給は重要な事項となります

ところが水分補給といってもビールを飲むと利尿作用が高くかえって脱水症状が進み逆効果になることもあります
むかしむかし私が8月にゴルフをしてその後宴会でしこたまビールを飲んだら見事に熱中症になってしまい、高熱を出して倒れたこともありました
何でも飲めばいいってもんじゃありませんのでご注意ください

さて水分補給の重要性についてはいろいろなことが言われていますが
体温調節にも一役買っています
体温が上がりすぎると体調を崩したり、最悪死に至ることもあるのですが
汗をかくことによって気化熱として体温を奪い平常に戻そうとします

ただやみくもに飲めばいいってもんじゃありません
漢方では「水毒」などといわれているようですが
必要以上に摂取した水分は身体を冷やすといわれます
(西洋医学ではこれについてはあまり言及されていないようですが)
だから水分を補給するときはあくまでも適量と考えた方がよさそうです
絶対に必要といわれる栄養素でも過剰摂取すると病気を引き起こすのと同じようなもんなんですね

それと水を大量に飲むと健康になるという説がまことしやかに流れていますが
これも科学的根拠は乏しいとか・・・
どちらかというと自社の商品を売るための宣伝文句と考えた方がよさそうです


何でも適量がいいってことですね

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/16

メロン

Dscf3573


昔は病気のときしか食べられませんでした
健康なときでも食べることができる今はいい時代です

この日はバタバタしてて昼ご飯にありつけず・・・
うれしさも半分のメロンでした
これでは足りんweep

やせたらどないするねん(あれへん あれへんgawk

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/15

雑感

なんとなく似ている・・・

小説「ホームレス中学生」に登場する父親と某総理
「解散」という言葉の物悲しい響き

ここからどんな悲喜劇が始まるのでしょう
物語の終わりはハッピーエンド?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/14

夏の朝

九州では梅雨が明けたそうです
大阪ではたいした雨も降らないまま梅雨が明けていくんでしょうか
梅雨明けになるとひとつ困ったことがあります
日差しがきつくなり日中焼けた屋根にこもった熱が睡眠中に襲い掛かってくるんです
もう寝るときにクーラーを使わなくなって6年目になります
以前に比べるとずいぶん慣れたと思います
それでも・・・暑いもんは暑いgawk
慣れたからといって涼しくなるわけではありません

明け方に初めて扇風機をつけました
5時くらいになって目が覚めたとき寝苦しく感じました
こんなときに涼しくしてくれるのは扇風機とベランダの風鈴だけ

少しだけ気持ちよくなって二度寝を楽しみます
ウトウトとしかけたそのときベランダからバタバタバタ・・・
耳障りな音が私の二度寝をさえぎります
それでも知らん顔で眠りにつこうとすると何度となくバタバタバタ・・・
いい加減癇に障ってベランダに出て音の主を探します

Photo

マヌケなセミがとゆの中に入り込んで羽をばたつかせていました
二週間ほどの命しかないのにとゆでその生涯を果ててしまうのも哀れなものです
私もそのもがく様子に付き合ってるほどヒマではありません
二度寝できる時間はドンドン過ぎていきます
人騒がせなセミを捕まえて放してやると遠くに飛んでいきました

あと30分しかないか・・・sweat02

これから悩まされるであろう暑さとセミの大合唱を想像しながら
目覚ましが鳴るまでのわずかな時間の幸せをむさぼりましたsleepy

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/13

わからん

「こういう友達がいたらいいのになぁ」と思うのはやっぱり弁護士と医者
いざというとき相談に乗ってくれたりすると心強くなります
ところがなかなかそう都合よく友達ができるもんではありません

身体の調子が悪いとき相談できる相手がいなければ
「仕方がないからあいつにでも聞いてみるか・・・」
ズブの素人よりか多少はマシだと思って整体師に相談される方もいます

「腰が痛いけどどうしたらいい?」
相談を寄せられた整体師としてはこういうのが一番困ります
直接会ったときに相談されたらまだしもメールなんかで相談されたら最悪sad
メールだとどういう原因で、どこがどの程度悪いのかがまったくわからないからです
実際に来られて動きとか姿勢とかを見て、じっくり話しを伺って
それから身体を触って施術を進めていってもなかなか思うようにいかないのが現実です

メールで腰痛を治せといわれても「屏風に描かれた虎を縛れ」というようなもんです
見もしない、触りもしないものに判断するのは困難を極めます
一休さんならばとんちで話を丸く収めますが
腰痛はとんちでは何ともなりません

「どうしたら美味しいうどんが作れますか?」とたずねられて
素人ならば「小麦粉に塩水をまぜて、こねて、踏んで、寝かせて・・・」
こんな話でも通用するかもしれませんが
プロだったらそうはいきません
細かいところにこだわるからこそいいものが作れるわけです

結局「2~3日様子を見てから病院にいったら?」という程度の答えしかできず
一般論を言うにとどまり、具体的なアドバイスはほとんどできません

腰が痛いから真面目に聞いているのにお茶を濁したような返答をされたとき
どう答えていいか苦悩している整体師の姿を想像していただければ幸いです
ようするにわからんわけでして・・・coldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/12

スマートフォンのある生活

Dscf3519


ゴールデンウィークの前に携帯を買い換えました
今までは普通の折り畳み式のを使っていましたが、今回は思い切ってスマートフォンを選びました
とりわけ変わった使い道を考えているわけじゃありません
一日のうちほとんどの時間ここにいるわけですし、家でもネットを見ることができるので、わざわざ携帯でネットを見ることもありません
MP3プレーヤーもあるから携帯で音楽を聴くこともありません
特に変わったアプリケーションソフトを入れているわけでもありません

私がスマートフォンを持ちたかった一番の理由はワードが使えること
これがあればいつでもどこでも文章が書けるんです
私の場合夜行性なのか夜に何か思いつくことが多いんです
ブログのネタもそうなんですが、仕事関連のことでパッとひらめくことがあるのですが、それが夜中だったりすると朝になると見事に忘れてしまって何度か悔しい思いをしたことがあります
そんなとき枕元にこの携帯があれば文章を書き込むことができます

もちろん今までの携帯でメールにして送ることもしてたんですが
いかんせん10キーでは時間がかかりすぎて
少し書いていてもバッテリーがなくなったり、夜が明けてしまうこともありました
パソコンと同じようなキーボードがあると文章を打ち込むのも早いです
小さいキーボードではありますが、意外と使いやすくミスタイプの頻度も普通のパソコンとさほど変わりません

今のところ不満があるとすれば電話を書けるのが面倒くさいことでしょうかね
それと液晶画面が大きい割りに字が小さくて見えないことかなeyeglass

面白いネタは夜作られるflair

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/11

FILIPPA GIORDANO

暑いです クソ暑いです・・・ε-(´o`;A アチィ
ハワイのようなカラッとした暑さならまだ辛抱もできますが
(ハワイに行ったことありませんけどねcoldsweats01
この蒸し暑さはなんとかならんもんでしょうか?

Filippa
フィリッパ・ジョルダーノ

ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世の前で歌ったという歌声は清涼感がたっぷり
オペラとポップスのテイストを兼ね備えているので重すぎず軽すぎず
気持ちよく耳を傾けることができます
オペラの曲を堅苦しくなく聴けるのは彼女の特徴かもしれません
敷居を下げてくれたので私みたいなオペラには無縁な人間でも楽しめます

聴いていると暑いとか寒いとかというのと別世界に連れて行ってくれそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/10

反射と反応

学生時代少しかじった心理学の授業で最初のころに習ったのが「パブロフの犬」
犬に餌を与えるときに必ずベルを鳴らしてから与え
ある程度それを続けるとベルを鳴らしただけで犬は餌をもらえると思いよだれをたらすようになったという実験でした
これを「パブロフの条件反射」といい後天的な条件付けで一定の刺激に対して一定の応答をすると教わりました
「パブロフの条件反射」はあまりにも有名でそういう話は授業を受ける前から聞いたことはあったのですが、専門的にはこれを「パブロフの条件反応」と呼び、厳密には「パブロフの条件反射」というのは誤りだそうです
ここで何が違うかといえば「反射」と「反応」という言葉の違いです
どちらも似たような言葉なんですが専門的には両者の定義づけは異なるようです

「反射」というのは神経の伝達経路において脳まで達することなく脊髄の判断で命令を下します
それに対して「反応」というのは神経からの情報が脳まで伝わり脳から指令が下ります
この二つの言葉の差は脳まで情報が伝達されるかどうかにかかってくるか否かにより区別されます

むかし脚気かどうか判断するのに膝のお皿の下を叩いて膝が伸びるかどうかを見る「膝蓋腱反射」というのも伝達経路で脳まで達することなく脊髄で膝を伸ばすという応答を決定しているわけです
火傷をするような熱い物に触れたときとっさに手を引くのも反射です
反射というのは緊急の身体に対する危機が迫っている場合少しでも早く回避する必要があるため脳までいく時間を短縮したようですね

パブロフの犬の場合もとっさの危険を回避するというわけでもなくその情報が脳まで伝わっているから「反射」というのは誤りで「条件反応」といわなければならないみたいです

学生時代は反射と反応の言葉の違いなんて気にもしていなかったんですが
今の仕事で「反射」を利用した技法を使うようになって初めてその違いがわかりました

ちなみに私が小学生のころ宿題を忘れて先生に叱られたとき
「宿題はやったんですけど、おかあちゃんがノートを間違って捨てたんです」
とっさに出た言い訳は緊急の危険を回避するためのウソではありますが
これも「反射」ではなく「反応」のようですflair

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/09

せっせとお掃除

腰痛館の玄関口のペンキを塗り替えたのが去年のお正月
前回よりも明るい目のペンキを塗ったので明るくなったのはいいんですが
一年半もたてば黒ずんで汚れも目立ちます
こんなことならもう少し深い色を選べばよかったと後悔したのですが
いまさらそれを思っても玄関口はきれいになりません

ここを改装して整体院にしたときも豪華絢爛な雰囲気にしたわけでもなく
お金もあまりかけずいたってシンプルなものに仕上げました
お世話になった方のお父さんが大工さんだったので
格安でとてもいい仕事をしていただきました

なのに汚れが目立つようでしたら申し訳が立ちません
シンプルな分だけ清潔感が命です

洗剤のいらないという白いスポンジでゴシゴシこするとけっこうきれいになってきます
研磨しているようなもんですから元の白さが蘇ってくるんですね
やりだすと意地になってきます
どこまでも納得が行くまで磨きます

修行していたころ掃除が汚いといって兄弟子から2時間近く説教されたことがあります
「見える部分が汚いのに気づかないで、身体の見えないところにある悪いもんに気づくはずがない」
多少強引な理論ではありますが、どんな仕事でも掃除ができないようではいけません
元々サラリーマンのころにも掃除は人より先に出勤してやらないと気がすまないほうでした
新入社員のころの習慣は退社するまで続きました

意地になって掃除をしているとなんとなく昔の懐かしい思い出が蘇ってきます
白く光る床よりも気分の方がスッキリとします

さあ!次はカーテンの洗濯だtyphoon

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/07/08

特需

先月くらいから妙に忙しくなってきましたが
最近、腰痛の原因を聞くと長時間車で移動してそれから痛くなったというケースが数件ありました
例のアレですな・・・
土日の高速道路が1000円ってやつですな
どこまで行っても1000円ならば遠くに行こうとするのは当然のこと
結果、長時間同じ姿勢でいることは腰痛持ちの方でなくても負担になります
長距離を走られる際には適当に車から降りて体操などされることをお勧めします
せっかくのお休みに出かけられて腰が痛くなったらバカバカしいですもんね
このあいだも長時間シートベルトを着用して激しい肩こりから腕が上がらなくなった人もいました

これも特需になるのかな?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/07/07

ドルチェ&ポワール

Dscf3537

帝塚山は姫松の交差点を北に行くと阪堺線姫松駅がすぐ見えてきます
駅の横にはこんなお店がオープンしました

Dscf3538

ドルチェ&ポワールというジェラートショップです
ポワールはすぐ南にあるケーキの老舗であり
ドルチェ&ポワールの本店になります

ある日私は職務遂行中、ポワールグループのグランシェフから重要機密ともいえるメイキング・ストーリーをうかがい、このお店の夏の主力商品としていちおしのソフトクリームの誕生秘話を知ったのですが、はやる気持ちを抑えきれず初日に駆けつけたわけです
その勢いたるや鬼気迫るものがあり、自転車で帝塚山までわずか20分で到着したのですdash
ふつう30分はかかる距離で、車とほぼ同じスピードで到着

Dscf3547

オープン初日ということもあってパンはほとんど売り切れ
それでも朝ご飯用に3つゲット

Dscf3543

これがお目当てのソフトクリーム
ちょっとコーンが洒落ている以外はオーソドックス
ところが口にしたとたんこの商品が生まれるまでのエピソードが甦ってきました
ソフトクリームが牛乳から作られていることを知らない人はいませんが
ソフトクリームを食べて牛乳の味を感じた人はそんなに多くないはずです
濃厚な味がします
でも砂糖の甘さではありません
これは牛乳の旨みです
だから後口がスッキリしてベトつきません
一度は食べておきたいソフトクリームです

お店ではカウンター席もありエスプレッソを楽しみながらパンをいただくこともできます

Dscf3545

グランシェフ御自らメニューを持って撮影協力してくださいました(笑

Dscf3549

Dscf3548

私以外にも各界の著名人がオープンを祝います
(なんかちゃうやろgawk

持ち帰って翌朝食べたパンです

Dscf3560
プチフランス
しっかりとした硬さとモチッとした食感 小麦の味が広がります

Dscf3557
ブランシェール
白(ブランシュ)からのネーミングでしょうか?
さっぱりした甘さはさすが本店ゆずりです

Dscf3559
ピザトースト
これが一番気に入りました
こんなに具材がはっきりアピールする調理パンは初めて
ゴロッとした角切りのハムが口に入ったとき驚きました
お愛想程度で具材がのせられているのでなく
それぞれの特徴がよくわかるんです

朝ごはんにしては食べすぎですかねsweat02

もっと早い時間に行けばいろんな種類のパンが並んでいるのは当然です
このあたりは洒落たお店も多く、いわば激戦地
パン好きの方やアイスが好きな方は食べ比べてみても楽しいかもしれません

 
ジェラテリア バール
ドルチェ&ポアール
(06)6628-3644

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/06

夏祭り

090705072920

地元の楯原神社で夏祭りがありました
神輿やだんじりが出るわけでもなく比較的おとなしい祭りではありますが
子供のころは小遣いをもらって友達と遅くまで遊べる唯一のチャンスでした

「夏祭りの日に雨が降ると豊作になる」
代々喜連の町で育った方は皆こんな言い伝えを言われます
今でこそ民家が立ち並ぶ人口の多い町になりましたが
子供のころは見渡す限りの田畑がありました
そんな農村の夏祭りは梅雨の真ん中に行われます
当然雨が降る確立は高いはず
人々のモチベーションを上げるための作戦だったのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/05

マリングラッセ

Dscf3532


昨日に引き続き頂き物です
マリングラッセといって魚系の洋風煮こごりだそうです

Dscf3536

煮こごりの中にはウニがたくさん入っています
北海道の味ですねぇ
ああ。。今度は冷た~~いビールがこわいbeer

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/07/04

饅頭こわい

Dscf3530


差し入れでいただいた饅頭です
普段は左党の私だって疲れてくると甘いものがほしくなります
ああ。。今度は熱いお茶がこわいjapanesetea

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/03

ヒント

施術をしていると眠ってしまう方もおられます
その方が余分な力が入らないのでこちらも好都合なのでそのままにしておきます
あるとき施術開始から15分程度で眠りについた方がおられました
気持ちよさそうにスヤスヤ眠っているかと思いきや
ハッ ハッ ハッ・・・
まるで犬のような短い寝息
とてもじゃないけど気持ちよさそうな寝息ではありません

「短息」といって緊張しているときの息遣いです
これでは寝ているときでさえリラックスできないわけです
きっと精神的な側面が原因なんでしょうが
本人さんの感じておられる主訴は身体の問題です
私としても精神的なことまで影響することもできないので身体にアプローチするしかありません
精神的な緊張により短い息しかできないのであれば長い息ができるような状態に身体を持っていけばリラックス状態になるはず
そういう仮説を立てて施術のを変えていきます
「長息」ができないということは横隔膜、骨盤隔膜など横方向の筋肉に緊張があるはず
順次アプローチしていくと徐々に息が穏やかになり長くなっていきます

この間本人は眠ったままでまったく気づかないまま終了
これで帰られてストレスのある環境で過ごしてどういう結果がでるか?
息が教えてくれたヒントでどういう答えが出るか経過を見ていきたいです

後日連絡があり調子がいいとのこと
それでも長期間持つかどうかはわからんのですけど
期待と不安が交錯しながら次の来院を待つことにします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/02

コンプレックス

「自慢は劣等感の現れである」
誰かがこんなことを言ってました
すでに周りの人が認めていることならば本人が殊更にアピールする必要はないわけで、誰一人認めていないからこそいいところを自らアピールせんといかんわけですな
その点私なんか皆から男前とよく言われるもんですから今更私が男前であるということを公表せずともいわゆるひとつの事実として認められとるわけで、あまりの当たり前さにもう誰も言わんようになってしまったようです(意味不明)

整体師のという立場において劣等感を感じることといえば「国家資格」
今更言うまでもありませんが
医師資格を持つわけでもなく、整骨院の先生みたいに柔道整復師の国家資格を持つわけでもありません
世間で言う整体師の資格というのはあくまでも民間のそれであって国のお墨付きをいただいたのではありません
整体の団体でも「厚生労働省認可」というのをアピールされておられるところもありますが
あれも昔でいう「厚生省」がその治療法を認可したというのではなく
どちらかというと昔の「労働省」が協同組合を認可したに過ぎず
中小企業等協同組合法に基づいた認可団体というのが本当のところで
療法に対して国家のお墨付きがあるというわけではないようです

最近話題になった某県知事が剣道二段という経歴が嘘だったというのあくまでも民間の認定のお話がであって、有力な団体の認定を受けていなかったということのようです
大昔は全国的な団体もなかったでしょうし、各道場ごとに師範が認定していたんでしょうね

ここ数年柔道整復師の国家資格も合格者の数が増えて昔に比べ取得が容易になったことからそちらの方へ進む人も増えたようですが、人の欲には限りがありません
以前のことなんですが、届いた封書を開けて見てみると
「10万円払ったら大学教授、20万円払ったら名誉教授にしてあげる」との通知でした
ふつう大学教授になったら研究して学生に教えてお金をいただくもんなんですが、お金を払えといわれてはつらいものがあります
もちろん私は500円払ってうどんを食べる方を選択しましたscissors

これも名誉欲を上手く利用した商売なんですね
ちなみにその大学の教授の認定を受けた人をググってみると悲しいかな同業の人や怪しげな健康食品を販売している人が多かったんです
あんまりいらんことを書くとブログを荒らされる傾向があるようなので、知ってる人もコメント入れるときは実名を入れないでくださいね(汗
まあ自慢することがなけりゃ金で買ってでもほしい
それが人の本音なんでしょうか?

そういえば最近深酒をしたときつまらん自慢話をすることがあるなぁ
ヤキがまわったのかな?sweat02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/01

やっと雨

Dscf3524

よぉ~~降りますなぁrain
今週に入ってようやく梅雨らしい天候が続きます
雨が降っているおかげで気温自体はさほど高くはないのですが
いかんせん湿気が多い・・・
湿度計を見ても雨が降っていない日の午前中なんかは80%程度あるわけですから
素肌がべとつくのも当然かもしれません

帰り際に雨が降ってきたとき傘をお持ちでない方のためにビニール傘をご用意しているのですが、そちらの方もそろそろ補充しなければいけないようです

暑いときには暑い
寒いときには寒い
晴れるときには晴れる
雨が降るときには雨が降る

これでこそ自然が成り立つわけでこちらの都合で腹を立てても詮無きこと・・・
この雨のおかげでおまんまが食べられると思えば多少は穏やかな気分で梅雨空を眺めることもできそうです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »