« Gayaki On Violin  Dr.N.Rajam | トップページ | 四体液説 »

2009/06/15

一駅族

例によって腰痛館では多くの方に軽い運動をお勧めしています
私には痛みを軽減することはできても、運動不足による体力低下はどうしようもないからです
運動をするといってもオリンピックに出ようってわけじゃありませんので
その程度としては「軽い」もので充分です
もしオリンピックに出たいといわれるならば違ったやり方をお勧めいたします(笑

程度は軽くていいのですが大切なことはそれを長期間継続すること
毎日やるに越したことはないのですが、場合によっては週に2~3回でもかまいません
しかしそれを数年という単位でやっていただかないことには維持するということさえできません
何もしなければ当然年齢による衰えだけは黙っててもやってきます
正当理由の有無に関わらず情け容赦なしに年々衰えます
ご立派ないい訳をいくら言ってもこればかりは通用しません

だから軽い運動をしていただきたいのですが
ヒマとお金のある方ならばスポーツジムなんかで運動をしていただくのもいいと思います
設備もいいし、運動後にはシャワーを浴びて爽快な気分でお帰りになるのも気分がいいでしょうね
お金をかけなくても運動はできます
家を一歩でれば道がついています
一足の靴さえあれば歩いていただいても走っていただいてもけっこうです
歩くだけなら特段専門のウエアも必要ありません
普通の服でけっこうです

一番問題なのはヒマがないという人・・・
「仕事が忙しくて運動をしている時間を取れない」なんていわれる方も少なくありません
最近流行しているのが「一駅族」
通勤時に少し早い目に家を出て会社から最寄り駅のひとつ手前で降りて
会社まで歩こうという人が増えているそうです
ウチに来られてる方でも何人かの方は実践されています

考えてみればとても賢い方法だと思います
通勤だから週に5日は通わなければいけません
わざわざという感じもなく、途中下車するだけのこと
その習慣さえつけば雨の日やどうしても急ぐときくらい最後まで電車に乗っても差し支えないわけだし
会社から通勤定期はあるので特にお金を使うこともないしメリットも多いことでしょう
会社につくころにはすっかり血液の循環もよくなり身体は軽く頭は冴えるはず
普通に考えても仕事の効率もアップするでしょうね
慣れるまではちょっとしんどいこともあるかもしれませんけど
慣れてしまえば逆に疲労しにくい身体になることは間違いないはず

これからのビジネスパーソンは時間の有効活用が決め手になります
仕事中だけではなく通勤時間までも自分の味方につければこれほど強いものはありません
「一駅族」の人口はこれからも増えていきそうな予感がします

|

« Gayaki On Violin  Dr.N.Rajam | トップページ | 四体液説 »

コメント

一駅歩く事で健康にもなるし、お金もかからなくなるし

エコになりますね。

セコでエコですね(笑)

投稿: みさりん♪ | 2009/06/15 08:41

でも通勤定期なら会社持ちですからねぇ(笑
昔、通勤手当もらって自転車で通ったこともありました
ばれて怒られましたけどねcoldsweats01

投稿: ひろ | 2009/06/15 09:33

こんばんわ!
なるほど、一駅族ですか。
何とも、洒落た言い方ですね~。
何をするにも、長期間継続することって
大切ですね。

投稿: うさうさ | 2009/06/15 22:09

若いOLだった頃(私にもそんなときはあったのですcoldsweats01)上司が一駅族を勧めていました。東京の地下鉄ひとつ分だから、大した距離でもなかったのですね。
私は特別気にした訳ではないのですが、帰り道に一駅分、よく歩いてました。歩くのが楽しい場所だったのです。
ひろさんのブログを読んでいると、運動不足を痛感します。どうにかしなきゃ。。。近所のジムに入ろうか入らまいか今、悩んでいます。すぐ辞めないかと不安になってしまって。

投稿: coply | 2009/06/15 22:30

一駅族という言い方は知りませんでしたが、最近よくTVで話題にしてるのを観ます。
時間のない人に、とっても良いですね。
私ももう長い事、スポーツクラブにお金を払ってますが、平均すると月1日も行ってないと思います。
もっと行かなくちゃ。
ウォーキングは最近週3日です。
この前買った、ボケを予防するという本にも歩くのがとても良いとあったからです。
その他に、隣の駅までは用事があるとたまに歩きます。
頑張ります!

投稿: persian | 2009/06/15 23:51

うさうささん

何でもそうなんですけど続けることが一番難しいようです
そのために自分の身に合ったやり方を見つけ出すことが重要です
一駅族というのも仕事で通わないといけない状況を、むしろ自分のために活用した画期的な方法だと思います
 
 
coplyさん

たいしたことでないからこそ毎日でも続けられるんだと思います
そうやっているうちに楽しさを覚えたらこんなに強いことはないはずです

ジムのほうが友達もできて長く続くんだったらその方がいいでしょう
また一駅族のようなやり方をなさるんだったらスーパーへの買い物はなるべく徒歩で行くというやり方もあります
いずれにしてもご自分の環境に合わせて楽しくやれる方法を選択してください

 
persianさん

こういう流行ならたくさんの方に無条件で乗っていただきたいですね
スポーツクラブに通っても会費を納めるだけの方も多いと思います
それでも週三日もウォーキングをなさっておられるなら充分合格点だと思いますよ
認知症の予防になるというお話は私も聞いたことはあります
効果のほどはわかりませんが・・・

投稿: ひろ | 2009/06/16 08:03

私の読んだ本は、「物忘れ外来」のお医者さんが、書いたもので、実際の患者さんの例をあげてます。
とばして読みましたが、実行して良い方向に向かってるとかいうのだったと思います。
もちろん、ウォーキングだけで良い訳ではなく、食事など生活習慣が大事だそうです。
健康に気遣っていれば、生活習慣病や認知症も防げるのかもしれませんね。
そう信じて頑張ろうと思ってます。

投稿: persian | 2009/06/17 22:40

効果を感じられるのが忘れたころになりますから
やってよかったとご実感いただくまで根気よく続けられるかどうかが鍵になります
おっしゃるとおり食・身体・心の三つがバランスよく充実しないと真の健康はありえません

すべて排除できるとは思いませんが、少なくとも自分で納得はいくと思いますよ

投稿: ひろ | 2009/06/18 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/45334026

この記事へのトラックバック一覧です: 一駅族:

« Gayaki On Violin  Dr.N.Rajam | トップページ | 四体液説 »