« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/30

好転反応

長いことブログをやってると似たようなネタで何度も書いているんですけど懲りずに「好転反応」のお話です
オステオパシーに限らず多くの手技療法を受けた翌日に身体がだるくなたりしんどく感じたりするのを好転反応とかめんけん現象などと呼びます
オステオパシーの目的が自然治癒力を正常化しその本来の能力を引き出すことにあるからです
病気やケガをしたとき自然に治るのが動物としての原則です
(当たり前ですが機械にはそういう芸当はできません)

さて病気やケガだけじゃないなしに疲労回復のときに一番大切なのは安静にすること
「寝てたら自然に治った」というのが大原則だと思います
(もちろん例外もありますけど)
だから自然治癒力が発動すると眠たくなることがあります
施術中でもいびきをかいて眠ったりされるのは単に気持ちがいいから眠るだけじゃなしに
身体の中で治ろうとする力が活発になってきたとも考えられます
施術を受けた夜に深い眠りにつくと緊張していた筋肉は弛緩します(程度の差はあります)
緊張していた筋肉が緩むとその筋肉中にある毛細血管は弾力性を取り戻し血液の循環が良くなります
オステオパシーのローレンス・ジョーンズ博士もこれを「洗い流し」と呼び
施術後2~3日の間は血液の循環が良くなり、場合によっては軽い発熱を伴ったり
けだるさを覚えたりすることもあるといわれています

身体がいい状態に戻ろうとするときの排泄という現象が起きることもあります
すべての場合というよりもむしろ少数派だとは思いますが
身体の中にある「悪いもの」や「不必要なもの」を出すことにより
元のいい身体に戻ることもあります
最近では「デトックス」という言葉で表現されることもあるようです
傷んだ食べ物をとったときに下痢をするのも立派なデトックスです
間違えても下痢止めの薬を飲んで毒を身体の中にとどめておくべきではありません
出してしまわないと命に関わるからこそ身体は排泄しようとがんばるのです
だから出るものは出ないといけない理由があると思っていただきたいのです

以前私が施術した方でも施術中に突然滝のような汗をかきだして
しばらく苦しいからといって休憩していると
数分後には汗も引いて、同時に「すごく身体がすっきり楽になった」といわれました
私の推測ですがその方の場合水分代謝が悪くて身体がつらかったんでしょうね
もちろん汗をかかせる技なんて私が知っているはずもなく
施術で身体の機能が回復してきて、だから汗をかくとういう反応が出たのだと思います

その他に鼻水や涙が同時にでて、それが2~30分ほど続き
治まると同時に身体がとても軽くなったという方もおられました

たまにあるのは施術中にぷ~~dashとされること・・・
やってしまったら恥ずかしいもんですが
これも腸の運動機能が回復してきた証拠だと思います

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/29

模型

Dscf3515

これらは開業するときに買った人体解剖チャートです
「骨格」「骨格筋」「末梢神経系」の三種類があって
説明するときにこれがあるとたいへん便利です
立体の骨格モデルがあればなおいいんですけど
ちょっとしたもので5万~10万円くらいはするし
ひとりでいるとき話しかけられたら怖いのやめときました(笑

背骨と骨盤だけのもあったんですが
修行時代はそれを両手に抱えてエアギターの練習ばかりしていたので買いませんでしたpunch

整形外科や整骨院などでもこういうのを置いてあるところは多いのですが
説明するとき一般の方にはイメージできるので納得していただきやすいです
こういう人体模型の類は種類がたくさんあって
頭蓋骨、膝、肘、肩といろんな部位の骨格もありますし
内臓の分解モデルだってあるんです

こういう器具などを専門的に扱う業者さんがあって毎年カタログが送られてきます
たいていのものは開業時に買ったのでいまさら新しい物を買うことはなくなりましたが
それでもご丁寧にカタログは送られてきます

時代が変わっても人体の構造が変わることもないので
同じような製品が毎回カタログに掲載されているのですが
中には新製品ということでかわったものを発見することもあります

Photo

なんと「脂肪肝指導模型」というのがあったんですよ
正常な肝臓、脂肪肝、肝硬変の3つがセットになっています
見るからに怖いですねshock

Photo_2

こちらの模型も驚きです
「脂肪」の模型と「筋肉」の模型です
しかも肉の模型は1kgで7000円ほど・・・
100gで700円だったら本物を買いたいです

「脂肪だったら私のを持っていって!」と言いたいアナタ
残念ながらいつも自分のをつまんで説明してますから・・・pig

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/28

遊び全部

高度経済成長期のころ「モーレツ」という言葉が流行りました
この言葉で某灯油のCMを思い出してニヤリとしているお父さん方もおられるでしょうwink
そういえば「モーレツ社員」なんて言葉もありました
家庭を顧みず仕事に打ち込み「仕事が趣味だ」なんてひともおられました
仕事ひと筋でカッコよさげではありますが
個人的には仕事がすべてみたいな感じで余裕を感じません

私の理想としては「趣味は仕事だ」というスタンスの方が好きですね
楽しく打ち込んでそれを仕事として飯が食えるならこんないいことはないと思います
どうすれば楽しくなるかといえば、上手くいけば楽しいわけで
スポーツ選手でも自分の思うとおりのプレーができたら楽しくて幸せなはず
そのための練習ならさほど苦しくも感じないでしょうね

楽しく遊び感覚でやれたらもっと理想的です
「遊び半分」でやったらいけません
「遊び全部」でやるべきです
これを不謹慎だとは言わないでください
子供たちを見てください
遊んでいるときほど真剣な顔をしているじゃないですか
勉強しているときよりも遊んでいるときの方が没頭してはずです
「遊び」とは心の余裕を作ります

それがなかなかできないんですよね
だからまず好きになるところから始めないと・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/06/27

色彩のブルース

今からちょうど10年前・・・
当時話題になっていたのがノストラダムスの大予言
空から恐怖の大王が降りてくるとかいって大騒動したわりに
平々凡々の一年も終わり西暦2000年を迎えました

Photo
色彩のブルース EGO-WRAPPIN’

ちょうどそのころに流行った曲でした
エゴラッピンが有名になったのは「くちばしにチェリー」がドラマの主題歌として流れ始めたころ
今風のジャズというか、大人の歌謡曲というイメージで見事に嵌ってしまいました

1. NERVOUS BREAK DOWN
2. GIGOLO
3. 色彩のブルース
4. FLOWERS
5. タバコ

わずか5曲のミニアルバムという形式でしたが
この10年間で一番印象深いアルバムになりました

「Nervous Breakdown」は4ビートに乗せるラップが斬新でいきなり引き込まれました
「GIGOLO」は森雅樹が心酔するジャンゴ・ラインハルトをイメージした曲のようです
火傷で使えないジャンゴの左手の指までを歌詞に入れる念の入れよう
参加したアコーディオンとコントラバスのデュオmama!milkの演奏がジャンゴの世界に奥行きをつけます
すぐあとにmama!milkのアルバムも買ってしまいました
色彩のブルース」は60年代の昭和歌謡
泥臭い音楽に洗練された歌詞
コントラストのよさが光ります
「タバコ」ライト感覚のボサノバと重苦しい歌詞が妙にマッチしています

カラオケでも好んで歌う曲がいっぱいです
リリースするアルバムごとにテイストが異なるエゴラッピン
私的にはこれがベストです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/26

異変?

ここのとこしばらく忙しくしています
毎年前半のピークは3~5月にやってきて
ゴールデンウィークが終わったあたりから徐々にヒマになってきます
ところが今年は例年とは少し様子が違い
3~4月が比較的ヒマでして、ゴールデンウィークが終わったくらいから忙しくなってきました
いつもとまったく逆パターンになっています

今年の春先は雨も少なく桜も長い期間楽しめました
穏やかな春の日が多かった分だけ体調にも優しかったのでしょうか?
5月も気温が上がらず、朝晩涼しく過ごしやすかったからでしょうか?
比較的穏やかな日が続いたわりに6月になったとたん急に暑くなりだし
追い討ちをかけるように蒸し暑さも加わってきました

今まで過ごしやすい日が多かった分だけその反動が今になって出てきたんじゃないかと思います
ひとは環境の変化に意外ともろく、体力がある人ならば何とか乗り切れるみたいですけど
ボーダーラインぎりぎりで過ごしていた人は体調不良でダウンするみたいです

これから真夏に向けてどんな具合になるんでしょうか?
冷夏といわれた年の方が忙しいというデータもあります(当社比)
いずれにしても体調不良でダウンは願い下げです
こういう年の夏は例年より用心した方がよさそうですね

Photo_2

近畿地方の長期予報

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/25

デザート

Dscf3462


昼食後のデザートは今年初めてのスイカ
最近のスイカは甘いですね
当たりはずれがありません
食べ過ぎたかな・・・sweat01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/24

ヘルシーの行方

先日昼食を食べているとテレビで料理番組をやってました
テレビはつけているもののあまり注意深く見てなかったので、どんな料理を作っていたのか覚えていませんでした
ただ出演者のひと言だけが妙に引っかかったんです
「お野菜もたくさん入ってるからヘルシーですね」
まあ、普段どこでも聞くフレーズですわな
野菜がいっぱい食べられたらヘルシーだというのでしょうか?
この言葉の裏には肉や脂肪分を食べたらヘルシーではない
そんな意味が隠されているような印象を持っています

「ヘルシー」とは「健康によい」と言う意味です
ということは肉類を採ると不健康になるとでもいうのでしょうか?
皆さんご存知のとおり糖質、脂質、たんぱく質は三大栄養素と呼ばれ
生きていく上において必須の栄養素であることは疑いの余地もありません
肉類はそのうちたんぱく質や脂質を摂取できる食物です
なのにそれを食べるとヘルシーではない
現代の日本ではそんな間違った観念が横行しているような気がしてなりません
まあ、ほとんどイチャモンに近いかもしれませんけどね(笑

野菜にもたくさんの栄養素が含まれています
とりわけ三大栄養素の次に必要なビタミンやミネラルが豊富です
飽食の時代と呼ばれるようになってからはビタミン、ミネラルがもてはやされるようになりました
「現代人にはビタミン・ミネラルが足りない!!」
こんなフレーズで消費を促すCMを何度目にしたことか・・・

三大栄養素が過剰供給の傾向を見せる今、次なるターゲットはビタミン・ミネラルというわけなんでしょうか
それを強調するあまり三大栄養素がヘルシーでなくて、ビタミン・ミネラルという次の栄養素がヘルシーというレッテルを貼られてしまったような印象がぬぐいきれません

糖質・脂質・たんぱく質に加えビタミン・ミネラルの総称を五大栄養素といいます
どれがヘルシーでどれがヘルシーでないかという単純な問題ではなく
それぞれの摂取のバランスが一番の問題ではないでしょうか?

過剰摂取しておいて後から毒みたいな扱いはいかがなもんでしょうか?
塩分・糖分・脂肪分を「余分三兄弟」などといって悪者扱いするCMを見ては「それってちゃうやろヽ(`Д´)ノ」とツッコミを入れてしまいますが、それぞれなくては生きていけない重要な要素のはず
採りすぎてはいけないといわなければならないのに「○○○を飲んだら取り除かれる」みたいな言い方は納得いきません

何が一番悪いのかといえばそれらの栄養素ではなく採りすぎてること自体が一番悪いはず
感謝しても文句を言う筋合いはないと思うんですけどね

摂取カロリーを制限することによって長寿になるという傾向があるという研究結果も出ています
将来的に一定の食品をとることをヘルシーといわず
食事量を減らすことをヘルシーと呼ぶようになるかもしれませんね
「今日、昼ごはん抜いたんですよ」「そりゃ~ヘルシーですね!」
本末転倒ですな・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

ほとんど難癖つけるような考え方は年のせいでしょうか?sweat01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/23

毎度ありがとうございます 9000コメント

またひとつキリ番です!

久しぶりにいただいたすっぽん かみおかさんからのコメントで通算9000を数えました
かみおか先生の治療院には「秘伝のタレ」ならぬ「秘伝のツボ」という幟も立てられ
将来的には赤提灯や縄のれんも表に出そうかと計画されておられる異色の鍼灸整骨院です(笑

皆さんからお寄せいただいた温かいコメントの積み重ねがこれだけの数になりました
これから大台の1万に向けてお気軽にコメントやツッコミを入れていただければ幸いです

次は70万アクセスか記事数2000件目のキリ番が今年中に達成する見込みです
どうぞ宜しくお願いします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/22

ぶらぶらと四天王寺さん

Dscf3473

この近所まで来て時間があったので久しぶりに四天王寺さんにお参りしました

Dscf3480

珍しくエエ感じで撮れた五重塔

Dscf3477

「何ゆうとんねん!!この天王寺のドロガメがぁ」
「かあちゃん カンニン」
昔懐かしいギャグで有名な大阪名物四天王寺の亀(爆

Dscf3474

紫陽花もきれいに咲いてましたよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/21

目覚まし時計

Photo


愛用の目覚まし時計です
もう20年以上使ってます
スイッチのところも色がはげています
実は目覚ましが鳴らないことも増えてきました(笑

エエ年してミッキーマウスの目覚ましなんですが
これを買うときけたたましい音で起こされると一日中気分が悪いので
できるだけ楽しい声(音)で起きたかったのでこれを選びました

これを買う前はオーディオタイマーを使ってお気に入りの音楽で起きていました

Photo_2
いとしのエリー SPECIAL MENU 金子晴美

サザンの初期の曲をジャズにアレンジした作品で
透明感ある金子晴美さんの声で目覚めるわけだから気分も上々
学生時代からほとんどこのアルバムで朝を迎えていました

長いこと使ってるうちにタイマーが壊れてしまったので今の目覚ましを買ったんです
元々朝は目覚めのいいほうで目覚ましがなる前に起きてしまうので
お馴染みのマーチとともに聞こえるミッキーマウスの声も聴くことはありませんが
もう少し現役で頑張ってもらおうと思ってます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/20

梅雨の晴れ間に誘われて

Dscf3471

平野区にはわずかながらも田んぼが残っています
ウチのすぐ裏にある田んぼでも田植えが終わったようです
入梅宣言がされたというのに今週は雨が少ない
来週はずっと雨模様という予報が出ています

この日も晴れていたので前からずっと気になっていた窓の大掃除を断行

Dscf3469

サッシも網戸もはずして水洗い
拭いてるだけじゃきれいになりませんからね

梅雨が終わってからやりたかったんですけど
あんまり汚かったもんで・・・
気分が乗ったときにやるのが一番いいんですよね

Dscf3494

町では杭全神社の夏祭りの準備
毎年夏祭りが終わると梅雨が明けます
今年の祭りは晴れるでしょうかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/19

結局無理か・・・

先月パソコンのモニターが突然その生涯を終え、新しいモニターを買いました
19インチということで以前の14インチのよりも大きな画面で見られるのはよかったんですが
どうも縦横の比率が悪い・・・bearing
マニュアルもかなりテキトーな感じで詳細はほとんど書かれていません
そこでいろいろ触っているうちに比率を4:3にできたので縦横の比率は上手くいったんですけど
今度は左右の両端が使えず結局19インチにした意味がなくなりましたsweat02

Dscf3454

買った家電量販店にいって訪ねてみると「オールリセット」をする方法と
解像度を1440×900に設定する方法を教えてもらい
翌日やってみたのですがこれも同じことの繰り返しで上手くいきません
いろいろググッて調べてみると結局パソコン自体のビデオチップが古いので
1440×900の設定にできないそうです

なろほどね(⌒^⌒)b 
これで悩みも解決・・・
してへんがなcrying

| | コメント (7)

2009/06/18

間とタイミング

中学生のころ学校で流行りだしたのがDJ番組
思春期のころ今までは親と一緒にテレビを見ていたのが
急に部屋にこもりラジオを聴きだしました
クラスメートたちにはそれぞれ好きな番組があって
お気に入りのDJもいるわけなんですが
昔から変わり者だったんでしょう・・・
私が毎晩欠かさず聴いていたのは吉川英二原作の「宮本武蔵」の朗読番組
朗読していたのがその世界の第一人者だった徳川夢声
中学生にしてはなんともシブイ好みだったんですけど(笑
徳川夢声の朗読が生み出す独特の緊張感に引きずり込まれたんでしょう

その徳川夢声の名言が「間は魔なり」
間合いひとつによって朗読であれば聴き手に感動を与えたり
武道であれば勝敗にかかわり
人と人の係わり合いにおいても間合いというのは必ずついてまわります

Photo
月刊トレーニングジャーナル7月号

今月のテーマは「間とタイミング」
力だけで行うスポーツはほとんどないんじゃないでしょうか?
大きな強い力をいかに効果的に発揮することにスポーツの面白さや難しさがあると思います
野球でバッテリーと打者との駆け引きはいかに打者のタイミングを崩すか
あるいはいかに自分のタイミングで打つかにかかってきます
お互いが自分の間合いで競技し、なおかつ相手のタイミングを外すか
相手と勝敗を競うスポーツではそういう要素も重要です

抽象的な概念になりやすい間合いを分析してみるといろんな要素が出てくるんですね
心理的な要素もあり身体的な要素からくる距離の問題もあります
さらには呼吸と間合いの関係もあるとなれば
単にスポーツだけの問題ではなく人固有の問題なのかもしれません

私が施術するときも相手の身体の変化を読み取り間合いを計りながら行います
同じ技を使ってもタイミングや間合いを読みきれず行うと効果がないときもあります
その辺の難しさはスポーツにおける間合いと共通するものがあるようです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/17

秘伝の呼吸法

「ところ変われば品変わる」などといいます
仏教もインドで生まれて日本に伝わってきました
正直あまり宗教のことは興味ないので詳しいことはわかりませんが
仏教でも日本と外国のそれは内容が違うみたいです

ある方から教えていただきましたがタイで伝わる仏教の中で呼吸法の修行があるそうです
この間もお釈迦様の考案した呼吸法の本をご紹介しましたが
それとは少し異なり呼吸をするときのイメージとして
足の裏から息を吸い、同じく足の裏から息を吐く
そしてそれを長いリズムで行うというものです

普通に考えたら足の裏に鼻の穴があるわけでもなく
足の裏から息を吸ったら臭いんじゃないか?(笑)
そんなツッコミもあるでしょうが
実際にやってみると面白いことがわかります

Photo

この図のように腹式呼吸は横隔膜だけではなく
骨盤の底に付着した骨盤隔膜や腹横筋などの共同作業で行われます
そのとき横隔膜と骨盤隔膜は一定のリズムで動くわけですが
上記の呼吸法をすると骨盤隔膜が主導になります
実際は横隔膜が主導なんでしょうが下半身を意識することにより
その意識が骨盤隔膜にいくようです

どちらかといえば腹式呼吸をするときでも骨盤隔膜を上手く利用できないことが多く
多くの方は骨盤の底に筋肉があることすら意識にないはずです
そんな骨盤隔膜に意識を向けることにより
リズミカルに大きな呼吸をできるメリットがあるのでしょう

Photo_2

それと呼吸とともに背骨も多少の伸び縮みをします
ところが呼吸時に肋骨周辺に緊張が走ると背骨の伸び縮みもままなりません
ここで詳しい話をすると私の知識の浅さがバレますのでやめておきますが
クラニオセイクラルワークをなさってる先生方ならここから先のことはご推察いただけるものと思います

横道にそれましたが・・・
横隔膜や肋骨周辺に余分な緊張があると精神的にも緊張し不安定な状態になります
そこで下半身主導で呼吸すると上半身の余分な力も抜けリラックスでき
ひいてはそれが精神的な安定をもたらすのではないかと考えます
精神的なことだけではなく余分な力を抜くことにより身体の機能も活発になるはずです

・・・と考えると
こんなことがわかってこの呼吸法をなさってたでしょうかね
やっぱりお釈迦様ってすごいなぁ

(図:音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/06/16

四体液説

いつも「森へ行こう(心とからだと子育てと)」というブログを拝見しています
そこで子供たちの成長を通して人の心のあり方を勉強させていただいています
大きくなったとはいえ私にも子供がいますのでずいぶん参考になることが多く、どちらかというと子育てよりも自分の成長に役立てています

そのブログの中で四体液説というのがしばしば登場するのですが
非常に興味深いのでご紹介いたします

四体液説というのは医聖と呼ばれたヒポクラテスという古代ギリシアの医者の唱えた説で、病気は4種類の体液の混合に変調が生じた時に起こるという考えの下に人の気質は体液の多によって影響を受けるという説で
血液が多い人は楽天的、粘液が多い人は鈍重、黒胆汁が多い人は憂鬱(メランコリーの語源は黒胆汁である)、黄胆汁が多い人は気むずかしい気質を持ちます
もちろん現代医学ではそういった考えは継承されず、その正当性については科学的な根拠もないとされています(Wikipediaより)

ただ現代の日本でなぜか人気のある血液型診断と類似していてその分類が妙に説得力があるんですよね
元々ああいうのが好きなもんで、つい興味を持ってしまいます


胆汁質の人の目は非常に生き生きとしており、活発で、刺すような眼差しを見せています。
顔の輪郭は非常に鋭く、引き締まっています。
態度、言葉使いはとてもきちんとしていて、激しさがあります。
体格は、筋肉質でがっしりしている人が多いです。

感情は、愛憎が非常に激しくて怒りやすい感激家が多い。
一方、非常に誠実です。

思考活動について言えば、把握力が優れていて、物事をすばやく理解し、
それに明瞭な概念づけを行うことを好みます。
問題を曖昧にして残しておかないで、要するにこうなんだという結論を出したがる傾向があり、それだけにものの本質を把握する力に優れています。

意志の点からいうと、非常に決断力に富んでいて、他人に対して影響力を行使しやすい。
その反面、他人に対して権力的な態度で臨みやすく、また、厳しい評価を他人に対して行いがちです。

胆汁質は自我をとくに表にあらわす気質ですから、無意識と意識との間の葛藤が非常につよく、なにかというとすぐに真剣になってしまい、カッとなって血が騒いでしまいます。

多血質の人は血色がとてもよく、皮膚がきれいで、均整のとれた体格の持ち主が多いです。 多血質の人を後ろから見ると、踊るようにつま先立って歩いています。

感情は刺激されやすく、快や不快、喜びや悲しみに敏感ですが、とくに楽しいことが大好きです。
世の中のあらゆることに関心をもち、社交的です。
心配事は好きではなく、ユーモアがあって明るい人柄です。
なにかしようというと、よし、しようとすぐのってきます。
が、すぐまたイヤになって、イチ抜けたというのも多血質です。
出来上がった人格、自分で作り上げた人格というよりも生まれつきの子どものころからの性格が最後まで続いているようなところがあります。
したがって、とても人好きもするし、感じのいい人が多いのですが、案外あてになりません。

思考力の点では、思いつきも想像力も豊かですが、ものの考え方にはかなり遊びの部分がふくまれて、徹底的に突き詰める態度には不向きなのです。
すぐに判断を下すのですが、それも熟慮の末ではないのです。

意志の面では、持続力に欠けていて、中途で投げ出しがちです。
自分をコントロールしにくく、印象に左右されやすいタイプです。

多血質の人の性格というのが、アストラル体の特徴とまったく同じと言えます。
変化するアストラル体がその人間の気質の中で中心の働きをすると多血質の人が生まれてきます。


粘液質というのは、若いときは人生の上で厳しいことが多いですから、やせた人がいますが、40代50代になって太ってくる人の中に粘液質の人がわりと多いです。
言葉使いや態度も、テンポがゆったりとしていて、活気がなく、むしろ、鈍重な感じがします。
ゆったりと確実な歩き方をするので、歩いているところを見ても粘液質の人だとよくわかります。

休むこと、食べること、眠ることが大好きで、感情は好き嫌いをあまり表にあらわしません。
おおむね慎重な判断をします。
カッとなることが少なくて、ばかげたことなどめったにしません。

思考力があり、冷静で、計算の能力があって、ひとつのことを持続して考えることができます。
待つことが得意なので、チャンスに恵まれやすいのです。
なにかいい機会があると、それを逃さないというのは、粘液質の人の人生の知恵です。
社会をリードする政治家や学者のなかに粘液質のタイプの人が多いのは、そういうところからきています。
そういう人が道徳的な能力を身につけると、正義感がつよく、公正な態度を維持することができます。
しかし、もし、そういう人が道徳的な感覚を持たないで大人になってしまうと、非常に冷血で残酷な態度をとることができます。

意志の点からいうと、めったにやる気を起こさないで、楽な状態のなかに安住することが得意なのですが、一度、やる気を起こすと、大きなことを持続してやることができます。

これは、エーテル体の特徴と似合っています。
エーテル体の一般的な特徴のひとつは、感情の動きに左右されないで、記憶を保持する働きや新陳代謝・消化器系の働きをつかさどっています。
粘液質の人は、自分のなかのエーテル体に非常に敏感ですから、自分の胃や腸が正常に活発に機能していると、とてもうれしいのです。
それで食べたり眠ったりすることが好きなのです。


憂鬱質の人の外見はとても冷静で内向的です。
顔の輪郭ははっきりしていますが、やわらかい印象を与えます。
態度と言葉使いはゆっくりしていて、慎重です。
友達と話していて、なにかしようというと、多血質の人のように「よし、しよう」という言葉が出てこないで、「どうしてするんだ?」というところから始まります。

感情は外の世界に対して客観的であり、一見、無関心のように見えます。
しかし、その内部に深い世界を担っており、魂はとても深刻な姿をしています。
深刻であるだけに、すぐに失望してしまったり、不満を抱いたり、苦悩に陥ったりしがちで、それ故非社交的で孤独で、ときには自殺を考えたりします。
自分を含め、人間に対して容易に失望してしまうものですから、人間嫌いになるわけです。

思考活動は活発で、とても探求心が強く、ものごとをそのまま受け取らないで、懐疑的な態度で接しようとし、それだけにとても注意力が発達しています。
独創性に徹しており、想像力豊かですけれども、固定観念にとらわれがちです。

意志の点から言うと、持続力がとてもありますが、生活態度においては単調になりやすいので、一緒に生活すると、とても退屈な場合も出てきます。

地水火風の地の世界、肉体にとても結びついています。
したがって、本質的に実在論者になりがちです。
自分の行動やものの考え方が肉体の重みをともなって感じられるために、なにかしようと思うとすぐに自分の肉体の殻に閉ざされて、もがけばもがくほど、自分自身の限界をますます感じてしまいます。


これらの説明はサイト「愛し合ってるかい」より引用いたしました


科学的にどうこう言うつもりはありませんが
なんとなく納得できることがたくさんあるんですよね
私の場合たぶん「多血質」に当てはまりそうです
血液型のそれとは違ってどの分類に当てはまるかは自己分析ができないと難しいかもしれません
でも「そうそう。。あるある」って感じがするんですよね
ヒポクラテスは科学的な医療の発展させた「医学の父」といわれていますが
心の問題まで踏み込んで医学を考えておられたんですね
そういう意味では今の医学でも最先端の発想なのかもしれません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/15

一駅族

例によって腰痛館では多くの方に軽い運動をお勧めしています
私には痛みを軽減することはできても、運動不足による体力低下はどうしようもないからです
運動をするといってもオリンピックに出ようってわけじゃありませんので
その程度としては「軽い」もので充分です
もしオリンピックに出たいといわれるならば違ったやり方をお勧めいたします(笑

程度は軽くていいのですが大切なことはそれを長期間継続すること
毎日やるに越したことはないのですが、場合によっては週に2~3回でもかまいません
しかしそれを数年という単位でやっていただかないことには維持するということさえできません
何もしなければ当然年齢による衰えだけは黙っててもやってきます
正当理由の有無に関わらず情け容赦なしに年々衰えます
ご立派ないい訳をいくら言ってもこればかりは通用しません

だから軽い運動をしていただきたいのですが
ヒマとお金のある方ならばスポーツジムなんかで運動をしていただくのもいいと思います
設備もいいし、運動後にはシャワーを浴びて爽快な気分でお帰りになるのも気分がいいでしょうね
お金をかけなくても運動はできます
家を一歩でれば道がついています
一足の靴さえあれば歩いていただいても走っていただいてもけっこうです
歩くだけなら特段専門のウエアも必要ありません
普通の服でけっこうです

一番問題なのはヒマがないという人・・・
「仕事が忙しくて運動をしている時間を取れない」なんていわれる方も少なくありません
最近流行しているのが「一駅族」
通勤時に少し早い目に家を出て会社から最寄り駅のひとつ手前で降りて
会社まで歩こうという人が増えているそうです
ウチに来られてる方でも何人かの方は実践されています

考えてみればとても賢い方法だと思います
通勤だから週に5日は通わなければいけません
わざわざという感じもなく、途中下車するだけのこと
その習慣さえつけば雨の日やどうしても急ぐときくらい最後まで電車に乗っても差し支えないわけだし
会社から通勤定期はあるので特にお金を使うこともないしメリットも多いことでしょう
会社につくころにはすっかり血液の循環もよくなり身体は軽く頭は冴えるはず
普通に考えても仕事の効率もアップするでしょうね
慣れるまではちょっとしんどいこともあるかもしれませんけど
慣れてしまえば逆に疲労しにくい身体になることは間違いないはず

これからのビジネスパーソンは時間の有効活用が決め手になります
仕事中だけではなく通勤時間までも自分の味方につければこれほど強いものはありません
「一駅族」の人口はこれからも増えていきそうな予感がします

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/14

Gayaki On Violin  Dr.N.Rajam

ヴァイオリンといえばさまざまな音楽で登場し
オーケストラでは第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンがあるくらい中心的存在です
ポップスなんかでもふつうにでてくるし、ジャズヴァイオリンなんかも優雅ですね
ヨーロッパのジプシーヴァイオリンといえばひとつのジャンルになっているくらいで
世界のいたるところで多彩な音楽にヴァイオリンは活躍しています

Gaayaki2
Gayaki On Violin N・ラジャム

インド音楽にも独特のヴァイオリンが存在し
こちらはインドヴァイオリンを代表する女性奏者ラジャムの作品
ヴァイオリンだから表現できる繊細な音で綴られています
リズムに合わせる西洋の音楽に対して、間合いや呼吸をあわせて奏でる演奏は幻想的
ヴァイオリンだと知っているからわかりますが
予備知識なしに聴けばどういう楽器かわからないです
インドの打楽器タブラとともに流れてくるとオリエンタルな香りが漂うこと請け合いです

You Tubeでご覧ください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/13

ドクダミ

Dscf3419


ドクダミ~玄米~月見草~~♪
以前のお茶のCMに歌われたドクダミの花です
ちなみに現在のCMでは「はとむぎ~玄米~プーアールー~♪」と歌われているようです
(別にどっちでもいいですけど)

ドクダミという名前から毒があるのかと思えば漢方薬としても用いられ
動脈硬化の予防作用もあるそうです(Wikipediaより)

このドクダミは私の自宅のすぐわきにある路地に生えているものです
もちろん育てているわけじゃなく勝手に生えてきました
水もやらず肥料もやらなくてもこうして立派に育っています
人が手をかけて育てても枯れるものは枯れます
これが自然の原則なのかな・・・

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009/06/12

適度な運動って?

腰痛館に来られた方には必ずっていっていいほど申し上げているんですが
「自分の身体は自分で治す!」これが基本です
私ができるのはあくまでもお手伝いであって
「治すことはできない」とまで言ってます

たとえ痛みが取れても決して悪い状態が治ったわけではなく
痛みが再発することもありえます
そういった可能性をなくしたり、再発しにくい身体の状態に戻してこそ
「治った」と初めて言えるのです

痛みもとれずいぶんマシになったときから本人さんの努力で「治して」いただくわけです
そのとき必ずお願いするのは「適度な運動」です
ただ一般論として「適度な運動」というのはわかるのですが
どの程度の運動を適度というかはその人の症状や体力あるいは年齢などの要素によっても左右されます
なんでもかんでもやればいいかというとやりすぎることにより逆効果になることもあります
運動するということは「鍛えられる」というメリットがあると同時に
「疲れる」というデメリットもあることを覚えておかなければなりません

「努力は報われる」とはいいますが
どうせやるなら目的を明確にして効率的にリスクを避けて
上手にやった方がいいに決まってます
やりすぎて逆に痛い目をして途中で止めてしまう方を何人も見てきました
張り切りすぎる人もいて往々にしてこのパターンをたどるようです
やり方が拙くて「や~~めた」では何のためにやったのかわかりませんからね

All Abut 健康と運動に「運動時間・強度・頻度の目安」が詳しく説明されています
ここでは心拍数を運動強度の目安にするとあります

運動強度とは、運動の強さを表すものです。自分で運動強度をチェックできる一番簡単な方法は心拍数(脈拍)。平常時の心拍数を把握することから始めましょう。運動強度は運動直後の1分間心拍数で簡易的に判断することができます。

まずは安静時の心拍数を測りましょう。起床後、布団から起きる前に1分間の心拍数を計ります。誤差を少なくするためにはなるべく1分間の心拍数、もしくは30秒の2倍の値を参考にします。また日によって脈拍数に変動があるため、3日~1週間程度測定し、その平均値を安静時心拍数とするとより確かな指標となります。測定を行う指は人差し指と中指の2本を親指側の動脈にあてます。

運動習慣のない人の適切な運動強度(1分間心拍数)の求め方は、次の計算式で大まかに把握することができます。

運動強度(1分間心拍数)=「(220-年齢)×目標とする強度※」

※目標とする強度
・健康の維持・増進・・・0.5~0.6
・体重減量、筋力の維持・増強・・・0.6~0.7
・筋力・体力の増強 ・・・0.8~

個人差はあるものの、「会話しながら運動できる程度の強度」というのはおよそ心拍数が100~120程度であると言われています。運動強度としての一つの目安としてください。

運動の目的によって係数が定められているのはわかりやすいですね
ここにも書かれていますが運動は継続が最優先事項であって
負担になって止めてしまっては努力も水の泡
せっかくやるんだったら生活リズムの中に上手く組み込んで長く続けていただきたいものです

All Abut 健康と運動」にはその他にも運動と健康に関する情報がたくさんありますのでぜひご覧くださいませ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/11

エスプリ・デスカリエ

皆が楽しい会話を交わしたパーティーも終わり帰ろうと階段を降り踊り場まできたところで気の利いたジョークを思いついた
こういうのをフランスで「エスプリ・デスカリエ(L'esprit d'escalier)」というそうです
「階段の機知」と訳されるのですが
なかなかパーティーで皆が集まる中で気の利いたことを喋るのは難しいものです
いえ、パーティーに限らず機転を利かすのは難しいものです
誰でもそんなことができたらいいのはわかっているんですが
本番で緊張しているとそんなことを考え付く余裕もないんでしょうね
・・・で、あとから「こんなことを言っておけばよかった」と思いついても後の祭り

仕事のときでも同じだと思います
真面目にやればやるほど緊張するものです
終わってから「こうすればよかった」
後から悔やむから「後悔」っていうんですよね
そのときに気づいたらいいことはわかってるんですが
緊張しているときってそんなもんかもしれません

経験をつむことで余裕ができることによって頭のメモリを増やすことができるみたいです
メモリを増設すると処理能力が向上するのはパソコンに限ったことがないようです
メモリが少ないとデスクトップ上に展開できる量も少なく
複数の作業を同時にやろうものならすぐにフリーズしてしまいます

元々のCPUの性能によっても限界はありますが
多くの経験をつむことにより記憶(メモリ)の量が増えるようです
そうなると多少の余裕も生まれ適正な判断による適正な行動も可能になります

施術中にパッとひらめくことが重要に思えるようになりました
身体を触っていてこそ感じることもあります
そういう感覚を大切にするようになったからかもしれませんが
いいタイミングでひらめいたことが結果的に見て的確だったりします
何事もマニュアルどおりというわけにはいかず機転が利くかどうかが成否の分かれ目
瞬間に理解が広まり判断することも必要だと思います

昔と比べて家に帰って階段を上がるとき
アッと気づく回数がだんだん減ってきたんじゃないかな
長いことやってたら少しくらいは進歩しないとねcatface

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/10

器質的障害と機能障害

腰痛館にはいろんな方がやってきます
あえて具体的に列挙しませんがひとの身体の痛みや悩みは千差万別
だからといってなんでもホイホイ受けているわけではありません
私の手に負えないことなんていくらでもあります
当たり前のことですが骨折したときに整体に行く人はいません
どんな技を試みても骨折した骨が元通りになることはありません
肉離れや靭帯や腱の損傷もしかりです

器質的障害といって身体に物理的損傷がある場合は病院に行くべきです
もちろん病院に行ったからといって即座に骨折が治るわけではありませんが
少なくともその時点で必要な処置はあります
またこれも当然ですが胃潰瘍なんかで整体に行く人も常識的に少ないはずです

整体などの手技療法が得意とする分野は機能障害です
オステオパシーでは体性機能障害といって身体の正常な機能が損なわれ
なおかつそれがホメオスタシス(恒常性)により元に戻る機能が適切に働かないときにその有効性があるといわれています

簡単に言うとケガとかしていないのに身体の機能が上手く働かず痛みが出たとき
本当だったらそのうち自然に治るのにいつまでたっても治らず具合の悪い状態が続いたときがオステオパシーの出番というわけです
(噛み砕きすぎかなsweat01

「何かあったらとりあえず腰痛館に行っとけ」
こんな常連さんもおられますが、私もできないことはできません
むしろ器質的障害なんかの場合我々の施術でかえって痛みがひどくなる恐れもあります

基本的に手に負えないことや、命に関わる可能性を感じたときはウチでの施術はお断りして、速やかに病院での診察を受けることをお勧めしています

中には「何でもやります」みたいなところもあるようですが
ホンマかいな?と思うと同時に危険を伴う施術はするべきではないと思います

「難しいことを言われてもわからん」
といわれるかもしれませんがウチではダメなときはダメと言ってます
その代わり気を悪くしないでね

| | コメント (8)

2009/06/09

五感が息づけばからだは甦る

Photo
五感が息づけばからだは甦る!新・整体入門 岡島 瑞徳

久しぶりに整体関係の本を読みました
皮膚・鼻・口・耳・目
ひとはこれらの感覚器官から得られる情報をもとにして生活を営みます
感覚器官は他の部位と密接な関係を持ち微妙なバランスを保っているようです
それが崩れたときさまざまな影響を及ぼすんですね

野口整体の創始者である野口晴哉先生の本は以前に読んだことはあるのですが
その弟子でいらっしゃる岡島瑞徳先生の本を読むのはこれが始めて
前段で帯津良一さんとの対談が掲載されていますがとても共感しました
レベルが違うので私と同じ考えというと失礼に当たるかもしれませんが
「わが意を得たり」って感じです

もちろんこの一冊だけ読んで岡島先生のことをわかったような顔はできませんが
私にとっていい本にめぐり合ったことは間違いありません
岡島先生は昨年10月に他界されたそうなので残念ですけど
さっそく次の本を取り寄せてしまいました
楽しみです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/08

針小棒大

ダイエット:納豆、寒天、リンゴ、バナナ…根拠なし 空腹紛らすだけ

 納豆。寒天。リンゴ。バナナ。ゆで卵。手を替え、品を替え、登場する何々ダイエット。ごく最近はバナナダイエットがブームとなり、一時店頭からバナナが消える騒ぎもあった。何かを食べてやせるということは、ありえないと知っておきたい。

 昨年秋、テレビや雑誌などで、バナナダイエットが話題になった。うたい文句は、「朝、バナナを1~2本食べ、コップ1杯の水を飲むだけでやせられる」。昼と夜は好きなものを食べてよいという手軽さが受けた。
 バナナでやせられる理由として、(1)糖質や脂肪を分解・燃焼する酵素が豊富(2)抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれ、細胞の活性化と代謝を促す(3)食欲を抑えるアミノ酸が含まれる(4)便通をよくする食物繊維が豊富--などが挙げられている。

 こうした理由は科学的に正しいのか。

 バナナ1本(100グラムと仮定)は約90キロカロリーで、小さめのおにぎり1個程度のカロリーに相当する。バナナ2本で満腹感を得て、従来の朝食に比べて、摂取カロリーを減らせばやせられる可能性はある。
 だが、バナナで朝の摂取カロリーを減らしても、昼と夜の食事で摂取エネルギーを増やせば、やせることはない。体重を減らすには消費エネルギー以下に摂取エネルギーを抑えるしかない。

 食べ物健康法の問題に詳しい高橋久仁子・群馬大教授(栄養学)は「バナナを食べてやせたというのは、今まで食べていた朝食よりカロリーが減ったからだと考えられる。バナナダイエットは、要するにバナナを食べて、空腹を紛らすというだけのこと」と話し、特定の食品を食べてやせられると思うのは幻想だと強調する。

 酵素の豊富なバナナを食べると、一緒に食べた肉類などの脂肪を速やかに分解すると言われている。

 会報などで科学的な健康情報を発信している長村洋一・鈴鹿医療科学大教授は「酵素は胃や腸でほとんど分解され、体内で脂肪の燃焼にかかわることはない」と指摘する。

 ポリフェノールは大豆や他の果物にも豊富だが、体重の減少と関係ない。

 また、バナナに含まれる食物繊維は、ジャガイモやレタスと同程度で特に高くない。「特定の機能性成分を誇大視するダイエットは要注意だ」と高橋教授は訴える。

 「食欲を抑える効果のあるリジンやアルギニンなどのアミノ酸が豊富」という言い方はどうか。実は肉や魚にはバナナよりも多くのリジンが含まれる。この説だと肉や魚を食べても、食欲が抑制されることになる。

 「バナナにわずかながらリジンなどのアミノ酸が含まれている。しかし、そうしたアミノ酸が食欲を抑制させることはない」と味の素アミノサイエンス研究所の担当者は話す。

 雑誌の特集やネットなどでは「バナナを食べたら、やせた」という体験談が登場し、それを支持する専門家の発言も添えられている。最近は、バナナと同じ言い方でキウイのダイエット本まで出てきた。

 長村教授は「個人の体験談や一専門家の見解は、科学的な確かさのレベルは非常に低い場合が多いのでだまされないようにしたい」と市民の側にも冷静な目が必要だと説く。

 また、中谷内一也・同志社大教授(心理学)は「健康情報が多すぎるために、単純で分かりやすい情報に飛びつく側面がある」と分析したうえで、「そもそもダイエットはそんなに簡単に成功するものではないことを知っておくことが大切」と呼びかけている。
(毎日新聞)

まあこの手の話はいつの時代にもあるようです
結局、わずかでも効果があるならばことさらに強調して情報として流すのが手法のようです
押し売りがわずかに開いた扉に安全靴を押し込んで無理やり入っていくというやり方に類似した感じもします(笑
しかも心理学でいう「葛藤」の「接近-回避型」のパターンにつけこんだ巧妙な手口に思えて仕方ありません
簡単に言うと「フグは食いたし命は惜しし」といった魅力はあるけれどリスクもあるような状況で、これらが両立する解決法があれば人はたやすく飛びつくわけです

常識的に考えれば食べれば太ります
でも食べたいという欲求は捨てられません
だから食べて痩せることができればこんなにいい方法はないわけです
しかも1ぐらいの効果を10ほどあるかのように宣伝すれば多くのひとは興味を持つことでしょう
バナナに限ったことではありません
「脂肪を分解する」というキャッチコピーでダイエット効果があるような印象を与え売られている商品は少なくないと思います
何人が服用して一ヶ月続けて何kg体重が減った人が何パーセントいた
こんなデータをきちんと提示していただければいいのですが
たいていのCMではイメージをアピールするにとどまります

「食べて痩せる」ことはある意味例外的というか常識的ではありません
ならば原則はというと・・・
食べる量を減らすか、運動量を増やすことが常識だと思うのですが・・・

あふれる情報を目にするとどちらが常識なのか私にもわからなくなるときがあります

| | コメント (5)

2009/06/07

洗濯

昔々あるところにおじいさんとおばあさんがいました
おじいさんは山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました
このあと川から大きな桃が流れてくると「桃太郎」のお話へと続くわけですが
いまさら昔話をしようってわけじゃありません

いまどきの日本で川で洗濯といってもピンとこないでしょうね
私も川で洗濯をする光景を目にしたことはありません
子供のころたらいで洗濯板を使って洗濯しているのは記憶していますが
さすがに若い私ですから川で洗濯というのは知らないのです
(ここ笑うとこねcatface

前置きはいいのですが・・・
我が家の洗濯機が故障しました
数日待ってメーカーの修理担当の人に来てもらうと
修理するのと新品を買うのとさほど値段がかわらないとのこと
家電はこのパターンが多いですね
「消費は美徳」昭和の精神はメーカー側には今も根強く残っているんですね

結局新品を買う羽目になりました
しかし故障してから新しい洗濯機が届くまで数日あるわけです
仕事で出る洗濯物くらいは自分で洗わないといけません
久しぶりにたらいに水を張って洗い物をゴシゴシ
しばらく続けていると腰が痛くなります
中腰というのは実に危険な姿勢です
腰を伸ばして物干し竿に掛けるときはなんとなくホッとしました
思わぬところで数十年前の日本人の生活に触れて感動しながら腰をさするのでしたcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/06

SMAP VEST

この間の月曜日でしたっけ?
ニュースを見ようとしてたら子供とチャンネル争いに負けて「スマスマ」を見ることになりました
普段あまり見ないのに珍しいなと思ってたら、例の事件で謹慎していた草なぎ君が復帰していたのでした

番組ではたぶん口パクではない?歌を披露していましたがスマップは今や言うまでもなく国民的アイドルグループですからね
今更歌の実力が乏しいとか野暮なことをいっても始まりませんcatface

Sump_vest
SMAP VEST

音楽に関しては節操がありません(笑)
「BEST」ではなく「VEST」というのが面白いです
初期のものから「らいおんハート」「夜空ノムコウ」など数年前のヒット曲が収録された二枚組み
「Hey Hey おおきに毎度あり」なんかはもう二度と歌われることはないと思いますが大阪の商人(あきんど)の心意気を歌い上げている貴重な作品です(笑)
関ジャニ∞でもこんなん歌わんやろ!というほどの泥臭さ
無茶苦茶な関西弁は苦笑いするしかありませんsweat01
当時スマップをどう売り出そうか苦心していたのが伺えます
「がんばりましょう」は彼らが世に出た最初の曲
カラオケでもずいぶん歌いましたわkaraoke
Disc2を聴くとずいぶん子供っぽい感じがするのはさすがに十数年の歳月を感じますね
 
 
番組を見ながら大学生の長男に
「これからお酒を飲む機会があっても調子に乗りすぎんように・・・」と注意したら
「それはお父さんのことやろヽ(`Д´)ノ」と逆に注意されてしまいました

ハイ。。気をつけますヾ(_ _。)ハンセイ…

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/06/05

安物買いの銭失い

今使ってるプリンターも8年目
その前に使ってたのがヘッドの目詰まりでアウトになったので
当時破格値の8000円で売り出されるということで
近所の家電量販店で朝6時から並んで買ったものです
最初のころは良かったのですが新製品が続々登場するとやっぱり見劣りします
今では常識となった色別インクカートリッジもなく
三色一体となったものですから一色のインク切れで全部がだめになるんですよね

それでも充分使えるので不満タラタラで使っているうちに
近所の家電量販店でインクが売られなくなりました
探し周って買ったのですが今後の不安は残ります

先日とうとうカラーのインクが切れました
どうしようかとネットで探しているうちに補充用のインクが売られているのを見つけ
その後試しに安いのを買ってみたんですがどうもうまくいきません
インクカートリッジの上の部分に穴を開けてスポイドみたいなのでインクを注ぎ込みます
思ったより細かい作業で慎重にやってセットして印刷してみても使用前と同じsweat02
手間をかけたわりに時間とお金のムダ使いとなってしまったようです

結局アマゾンで取り寄せるのが一番安かったようで
最後はいつものように純正インクを3600円ほどで買ってしまいました
補充インクでうまくいったなら2~300円ですんだのになぁ
今でも未練タラタラですわ・・・gawk

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/04

涼しい?

怖いですねぇ~~気がついたらもう6月ですよsweat01
時間のたつのはホント油断もすきもない
ついこの間「あけましておまでとうございます」って挨拶してたんですよ
なのにもう夏ていっても差し支えない季節なんですもん
もうそろそろ年賀状を買いに行かないといけないかもしれませんよcoldsweats01

考えてみれば今年はまだ一度もクーラーを使ってないんですよね
実際にフル回転するのは6月のなかばからなんですけど
毎年一回や二回は5月中に使うことがあるんです
クーラーをつけようかと迷ったことはありましたが
結局今までクーラーは一切使わず扇風機だけで過ごせています
なんやかんやいいながらも今年の5月は例年より涼しい日が多かったんじゃないでしょうか?

電気代が安くつくのもありがたいんですけど
けっこう昔からクーラーが苦手でお腹をこわしたりするんですよ
やっぱり自然の風が一番身体に優しいようです

それと夏に向かって業務用エアコンの売り込みの電話が毎日のようにかかってきます

「8年以上使用された業務用エアコンは効率も落ち、電気代がかかります」
「今私どもでは省エネタイプの新型エアコンをご用意いたしております」
「そちら様でも業務用のエアコンはお使いだと思いますが・・・」

「いえ。。。。家庭用ですけど・・・」

「・・・・・失礼いたしましたsweat02

勢いよく喋りだしたわりに、妙な間があって電話を切ります(笑

お仕事ですから大変だとは思いますが
ヨソを当たってください  ハイ・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/06/03

朝食

Dscf3399

頂き物の食パンです
宝塚にあるパンネルで買ってきていただきました
食パンもいろいろあるそうですがここのが一番美味しいそうです
初日はトマト・レタスを挟んでサンドウィッチで食べましたが
モチモチした食感はさすがです
小麦の甘みがフワッ口の中で広がります

Dscf3412

二日目は贅沢に超厚切りをトースターで焼いて食べました
焦げ目の香ばしさが違いますよね
それでいて中身がフンワリしてモチモチ感も損なわれていません

最近食パンを食べることが少なくなりましたが
ありきたりのようでけっこう贅沢な朝食になりましたscissors

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/06/02

本物

週末テレビを見ていると話題になっているのがイギリスのスーザン・ボイルさん
48歳の歌姫が世界中で話題になったのも年齢や容姿と歌の実力とのギャップ
言われてみれば当たり前ではありますが歌の実力と容姿の美しさが比例するわけでもなく
ましてや年齢が若いほど歌が上手いならば幼稚園の発表会は大ホールでやるべきでしょう

逆に考えれば今の世の中大手がスカウトした若くて容姿のいい歌手を
お金をかけて宣伝しマスコミを使って売り出すというパターンが当たり前になっていて
またその宣伝に乗せられている客も多いということなんでしょう
いや、それはそれでいいと思います
しかしそうでないひとは世にでるチャンスに恵まれず
我々も本物の歌や曲にめぐり合えるチャンスが少ないということなんでしょうね

見てくれ重視の本末転倒の状況が続くと
いいものとそうでないものの区別ができなくなるような気がします
我々の感性も磨かれないまま、与えられたものをありがたく頂戴するのもイヤですなぁ

私の周りにもすごいシンガーは何人もいます
すごいプレイヤーもたくさんいます
別に彼らをテレビの画面越しに見たいとは思いませんが
こういう素晴らしい音楽があることさえ知らず
テレビに出ている若くてきれいな歌手を見ている人も多いのでしょう

人は人、自分は自分。。私には関係ないんですけどね
せめてスーザン・ボイルさんの話題がこれで終わることなく
素直に音楽を聴いて楽しめる人が増えたらなと思います
いいものをいいって思えることって大切ですよね
 
 
 
そうそう・・・
大阪では実力のある整体師が埋もれているそうですeye
やはり容姿端麗ではないそうですが・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/01

食べ物のせい?

暑いです・・・
それなのに身体が冷えている人が少なくありません
人間はカエルやヘビと違い恒温動物です
だから気温が上昇したからといって体温が上がるわけではありません
血液の循環が悪くなり、身体のさまざまな機能が低下してくると冷えやすくなります
今の時期に身体が冷えている人が多いのにはそういう理由があるんだと思います
「暑いのに身体が冷える」という現象は身体の中の機能低下と考えるべきです

「冷たいものを食べ過ぎたからなんでしょうかね?」
確かに冷たいものを食べ過ぎるとお腹をこわしますが
すべてを食べ物のせいにするのは間違っていると思います
「これを食べたら・・・」
こういうセリフを強調してあたかも食べ物だけで健康が得られるような風潮もあるようです
食べ物は動物が生きていくうえで必要不可欠なものであることには間違いありませんが
食べ物だけで健康になったり、損なったりするとは限りません

普段行く先々でビールばかりを飲んでいる誰かさんならいざ知らず・・・(自虐汗)
冷たいものを少しくらい飲み食いしただけで体調不良になるわけがありません
「寝不足が続いていませんか?」「気候の変化についていけてますか?」「ストレスを溜め込んでいませんか?」「最近、運動不足なんじゃないですか?」
尋ねてみたいことはたくさんあります

冷たいものを10回食べて10回とも体調を崩すならまだしも
10回食べて1回体調不良になってそれの原因を食べ物に求めるのは無理があります
むしろ冷たいものを食べたくらいで調子が悪くなるほど身体の健康レベルが下がっていたという認識の方が見方としては正しいんじゃないでしょうか?
もちろん具合の悪いときに冷たいものを控えるのは当然のことです

大切なことは体調が悪くなる前にその兆候に気づき、先手を打つことだと思います
食べ物ばかりを気にするより、その他の事柄についても気をつけて自分が今どういう状態なのか?
それを客観的にみる習慣をつけることがその第一歩だと考えています


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »