« ベーグル | トップページ | 肩甲下筋 »

2009/05/03

ドイツ街道を行く

きっと誰にでもあると思うんですがある場面を象徴する曲ってありませんか?
クリスマスソングが聞こえたらクリスマスの思い出がよみがえりますよね
いい思い出もあればそうでないのもあります
むかしサラリーマンやってたころ早朝会議があって
幹部が集まる会議にお茶くみとして参加しておりました
なにせ朝の7時ごろから始まる会議でしたから6時前には家を出て
開始までに書類を整理してコピーをとって役員に配るなどもっぱら雑用で大活躍でした
一応オブザーバーとして出席していたのですが
なぜか進行していくと私たち数名はつるし上げられて人間サンドバッグとして集中砲火を浴びるのがお約束になっていましたsweat02
9時になるころちょうど一般社員の始業時間になりいつもモーツァルトの交響曲第40番が流れるのでした

Dscf31721
NHK名曲アルバム第6集 ドイツ街道を行く

もうこれって売ってないんでしょうかね?
このシリーズって何枚か持っているんですけど聞き覚えのある曲が多いので聴く回数も自然と多くなります
バッハの「フーガ ト短調」とかも好きです
荘厳なオルガンの音色はいいですね
大昔、某女子高でパイプオルガンの演奏を何度か聴いたことがありますが
ひとつの楽器で重厚感が伝わってくるのは見事です
パッヘルベルのカノンは定番ですね
シューベルトの未完成交響曲はクラシックに詳しくない方でも一度は聞いたことのある名曲です

そうそう・・・
私が営業成績の進捗状況を報告して多くの役員の方々から熱い叱咤激励の声を受ける時間帯にちょうど流れてくるモーツァルトの交響曲第40番の演奏にかき消されて私の声は次第に小さくか細い声になり
「聞こえん!はっきり喋れ!!ヽ(`Д´)ノ」
このようなご指摘もいただき
私は塩をかけられたナメクジのごとく小さく小さくなっていったのでしたOrz_2

音楽の思い出はいい思い出ばかりとは限らないものです

|

« ベーグル | トップページ | 肩甲下筋 »

コメント

私はクラシックをかじった範囲にも入らないんですが(そんなのばかりですが 汗)パッヘルベルのカノンは、聞いたらすぐ分かるでしょうね。ということは、聞かないと思いださないということですね。coldsweats01
モーツアルトの交響曲40番は、昔好んで聴いていた気がします。ひろさんにはそんな苦い思い出があるんですね。

投稿: coply | 2009/05/03 23:07

私もクラシックは初心者です
楽しめたら何でもアリという性格なもんで・・・(笑

いまだにモーツアルトの交響曲40番を聞くと何かしらいいわけをしたくなりますcrying

投稿: ひろ | 2009/05/04 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/44852740

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ街道を行く:

« ベーグル | トップページ | 肩甲下筋 »