« 肩甲下筋 | トップページ | ガーデニング »

2009/05/05

一番すごいのは

オステオパシーの技術はすばらしいと思います
きっとオステオパシーだけじゃありません
他の方が使われる技術でもすごいのはいくらでもあるんでしょうな

ただ時間の持つ力にはかなわないと思います
いやいや、否定的な意味ではなくて
時間の持つ力に逆らうような傲慢な考えではいい結果は期待できないということで・・・
自然の法則に則ってそれぞれの技法を使えばいいんだ

理屈ではわかっていても現場で実感することは滅多にありません
でもたまにそれを感じたときやってる私だけ密かに感動を覚えたりもします
誰にもわからないとは思いますがちょっとうれしいもんです

ま。。整体師のひとりごとということで・・・scissors

|

« 肩甲下筋 | トップページ | ガーデニング »

コメント

ヒロさん、おはようございます。

>時間の持つ力に逆らうような傲慢な考えではいい結果は期待できないということで・・・
>自然の法則に則ってそれぞれの技法を使えばいいんだ

同感です!こちらが焦って何とかしようとする気持ちが強い程、あまり良い結果が得られない気がします。待つことで、からだが自然に治っていく力が引き出されるようです。そのためには、施術者の呼吸が深いことが大切かなぁ?と思います。

投稿: だるま | 2009/05/05 07:57

同じ考えを共有できるというのは何よりもうれしいいです
近年技を自己の力と考えること自体傲慢と思うようになりました
おっしゃるとおり深い呼吸をすることにより自然の流れに同化できれば理想ですよね

投稿: ひろ | 2009/05/05 08:17

最近それを感じることがあったっちゅうことですかね?
手技の奥深さというものは、そんなところにあるんですよね。

投稿: うどん好きのあゆ | 2009/05/05 11:30

感じ出したのは何年も前のことですが
その回数や具体的な方法論にまで染み込んできたのは最近ですね

それでも小麦と会話しはるお人の域までは程遠いですわ(爆

投稿: ひろ | 2009/05/05 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/44891690

この記事へのトラックバック一覧です: 一番すごいのは:

« 肩甲下筋 | トップページ | ガーデニング »