« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/30

ファン

最近どうも私の周りでファンがうるさい
まあ、整体師でも私らのレベルになるとファンのひとつやふたつ・・・
「ひとりやふたり」ではありません
ファンのひとつやふたつ取り替えるなんでなんてことありません

Dscf3205

ただ今回はいろいろと問題もあって短いドライバーを買ってきました

Dscf3210

狭いところもこれさえあればラクラク作業が進みます

Dscf3200

このファンに取り替えます
CPUの冷却用だから任務重大
ベアリングがおかしくなって異音がしてたのでしょう

Dscf3212

わずか5分足らずで取り付け完了
デキる整体師はファンの取り扱いもなかなかのもんです( ̄^ ̄) エッヘン

これで静寂が帰ってきましたHakushuHakushuHakushu

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/04/29

一喜一憂

ズバッとひとつの矯正で症状がなくなればカッコいいですよね
下肢のいやな痺れを取るときにはカウンターストレインが効果的
多くの場合腰椎の4番と5番辺りに狙いを定めて技をかけます

ここのところどういうわけか病院で腰椎椎間板ヘルニアだと診断を受けた方の来院が相次ぎます
ヘルニアといってもその状況によって千差万別なのですが
手術の必要性がなく保存療法を継続されている方が来られます

狙い通りに痺れがなくなるとうれしいもんです
もちろん私よりも本人さんの方がうれしいに決まってます
でも世の中そんなには甘くありません
そうそう簡単に消えてなくなるほどヘルニアも甘くないのです
実際には一回や二回の施術ですむケースはごくまれで
何度もお越しいただいて少しずつ楽になっていくのが通常で
場合によっては何度やってもまったく効果が出ないときもあります

それでも思い通りにいくとお互いに喜びます
ただこんなケースでは再び日常生活を繰り返すうちにぶり返すことも少なくありません
「せっかく良くなったのに・・・」
喜びも大きい分、失望も大きくなります
何回か通って繰り返すうちに心が疲れてしまうこともあるでしょう

本人さんの気持ちもよくわかりますが
予測できる範囲で元に戻る(悪くなる)だろうということを先に告げておき
できるだけぬか喜びさせないようにします
それでも悪い箇所の量的なものが少しずつ回復していけば少しずつ良くなったという実感はわいてきます
本当に喜んでいただくのはそのときまで待っていただきます
一喜一憂すると心が疲れるんですよね
ある程度長い目で見ないとどうしようもないことだってあります

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/28

チョイデブオヤジ

20歳時よりもやせた人の方が要注意

 メタボ中高年には心強い統計が出た。20歳のときの体重と、現在の体重を比較して「5キロ以上太った人」の死亡率が低かったのだ。

 厚生労働省研究班が実施した調査で分かった。調査は、岩手県、長野県など10都道府県の40~69歳の男女9万人が対象で、約13年間の追跡結果。

 20歳の体重を基準に(1)5キロ以上減少(2)5キロ以上増加(3)変わらず(増減が5キロ未満)に分け、がんや循環器疾患による死亡率を調べた。その結果、体重が増えた人の死亡率が「変わらず」に比べ0.89倍(男)、0.98倍(女)で、太っている方が死ににくいことが分かった。

 逆に「減った人」は、「変わらず」に比べ1.44倍(男)、1.33倍(女)と高かった。メタボは悪といわんばかりの風潮だが、決してそんなことはない。ちょいデブぐらいがちょうどいいのだ。

(日刊ゲンダイ2009年4月24日掲載)

まあ、何でも程度の問題で痩せればいいといことでもないでしょうし
だからといってメタボを推奨するするのも安直ですよね
年齢とともに基礎代謝量も減少するのが普通だから多少肥えるのは当たり前かもしれません

Photo
「HEALTH HACKS!」 ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術

毎度おなじみのこの本にもメタボな人より痩せ気味な人の方が短命だというデータが記されています
実際に日本の糖尿病患者のメタボ率は50%にすぎないとか・・・
どうやら大騒ぎすることにより極端に走る傾向があるようです
お腹周りのサイズの問題とは別にコレステロール値や血圧なども総合的に気をつけなければいけないようです

これからの時代はチョイ悪オヤジよりもチョイデブオヤジが流行るかもしれません
もちろんこれも極端なのはいけませんが・・・pig

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/04/27

皮肉

先週の今頃はとても暑く30℃に届こうかという気温でした
窓を開けてクーラーを入れようかどうか迷ったものでした
置いてあったハロゲンヒーターが目に入るだけでも暑く感じられ
しまいこんで扇風機を出してきました

Dscf3217

ああ。。それなのに・・・
春という季節はまったく油断なりません
また寒くなって久しぶりに暖房のお世話になりました

「暑いですね」こうぼやいていた私たちをもてあそぶように気温はいっきに下がりました
昨日は札幌で雪が降ったとか・・・
こたえますね 身体が軋みそうですsweat01

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/04/26

竹炭

Dscf3175

頂き物です
竹炭豆といって落花生の周りに竹炭の粉をまいたお菓子です

Dscf3213

見栄えはあまりよくありませんがこれがけっこういけるんです
前にもいただいたことがあってほのかな甘さの影に隠された一味唐辛子が微妙にいい仕事をします
竹炭といってもあまりそれ自体の香りはしません
今はなき幻の銘店「なかむら屋」さんでいただいた竹炭の入った味噌ラーメンはかなり竹炭の味となんともいえない独特の舌触りが印象的でしたが、この竹炭豆にはまったくその個性は感じられません

竹炭の活性炭は消臭剤としての吸着効果は抜群でいいものになるとお値段も張りますからね461
私の苦みばしった男臭さが奪い取られないか心配です
(オヤジ臭さとちゃうよ)

いけませんな・・・
食べだすとやめられません
一袋くらいはじきになくなります

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/04/25

B-ROXY

Dscf3182

黒門市場です
買い物に来たわけではありません
先日千日前から移転した白庵でうどんを食べたあとブラブラと・・・
日本橋筋を渡るとこんなところにでます

Dscf3187

こちらは桜川は井岡ボクシングジムの隣から移転した「ジャズライブバー B-ROXY
どうも白庵さんはナンバでライブを観る前の専用のお店となってしまったようです

Dscf3186

今年初の音楽鑑賞は女性ジャズコーラスユニット「THE HARMIS」
「エルメス」ではありません「ハーミス」と読みます(笑

Dscf3188

移転前のお店に比べこじんまりしています
これくらいの距離感が臨場感があっていいんですよ
気に入りましたね

Dscf3192

キャンディーズではありません(^w^) ぶぶぶ・・・
アカレンジャーでもミドレンジャーでもありません
関西でも珍しいコーラスユニット「ハーミス」
伊藤アイコ、南ルミコ、西脇千花の実力派ボーカリストが集うとても贅沢な組み合わせです
これで料金が一緒461だから得したような気分です(笑

Dscf3193

ボーカルは今まで何度も聴いてきましたがコーラスは初体験
生で聴くとハーモニーが身体の中までしみわたります
ジャズを中心に素敵な曲が続きます
南ルミコさんのステージでこれだけスタンダードを聴けるとは感激です
なにせ普段あまりジャズを歌いませんから貴重な体験です(笑

聴いているとなんとなく雲のじゅうたんに乗って身体が宙を浮いているような気持ちになるんですよ
このフワフワ感覚は病みつきになりそうです
高瀬芙紀子さんのピアノ演奏に載って魔法のじゅうたんがリズミカルに動き出しますnote

Dscf3190

歌だけではありません
やはり関西のトリオですから「しゃべくり」も絶妙
思わず客席から私もツッコミを入れたりなんかしますscissors

そのあとも夜遅くまで盛り上がり楽しい時間を過ごしました

5月には札幌から黒岩静枝さんがこられます
今年も素敵な音楽をいっぱい楽しめそうです
忙しくなるなぁ
 
 
 Dscf3204

帰り際にB-ROXYのママからこんなDVDをもらいました
恐怖映画のようです
「怖いから持ってかえって」ですって・・・
けっこう怖がりなんやけどなぁshock

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/24

「憤」という字を見れば「憤慨」とか「鬱憤(うっぷん)」とかいう言葉を思い出します
訓読みでは「いきどおる」と読みます
「憤」という字を今風に表現すると「チョー ムカツク」となるのでしょうか?(笑
感情的に憎悪の念を持つ状態をこの字で表すようです

ところが辞書でこの字を調べてみるともうひとつの意味があります
「ふるいたつ」という意味もあるようです
「発奮」という言葉でも「発憤」という字を使うこともあります
どちらも意味は同じなのですが
こちらの「憤」はポジティブな印象がありますね

「発憤忘食(はっぷんぼうしょく)」というのが論語の一節にあるそうですが
「食事を忘れて仕事などに打ち込むこと」がその意味です
これもやはり食事を忘れるほど奮い立つという心の具合を「憤」で表します

文字の意味の難しいことはわかりませんが
「憤」という文字は「フン」という発音に大きな意味があるような気がします
大きい声で「フン!」と発していただくとわかりますが
気持ちが高揚して、身体が興奮状態になります
拗ねて「フン(¬_¬) 」って言うんじゃダメですよ(笑
力強く「フン!!( ̄ε=‥=з ̄) 」って言ってください

「フン」は撥音便にあたりますが
この言葉を発音する際の発生は短く息を切ります
しかも撥音便の際の発声方法は力強くしないといけません

我々は緊張状態から逃れるためにゆっくりと大きく深呼吸をします
ここでは詳しい説明は割愛しますが長く時間をかけて息を吐くと
副交感神経が優位に立ちリラックスできるといわれています

その逆で短く強く息を吐くと交感神経に作用して緊張状態、興奮状態に入ることができるようです
最近「呼吸」について調べていますが
たいていは「長息」といって長く息を吐くことにより
落ち着いたり精神を集中させたりすることが書かれています

ということはその逆も可能じゃないでしょうか?
短く強く「フン!!」と息を発したら心と身体が興奮状態になって大きな力を発することができる
そんなふうに思うのです

緊張が悪く、リラックスがいいというわけではありません
それぞれの場面に応じて適切に変化することが大切です
昔の人は「憤」という字に興奮の仕方のキーワードを埋め込んだのか?
ふとそんなことを考える今日この頃です

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009/04/23

我が身も可愛い

ふと気がつくとまた一年以上目玉焼きを食べていないことに気づきました
目玉焼きを食べるときは断然ウスターソース派のひろですeye

先週の今頃はたいへんでしたね
週末から月曜日くらいにかけて30℃をわずかに下回る程度の暑さに見舞われましたwobbly
さすがに視界にあるだけでもうんざりしたハロゲンヒーターをしまい
扇風機を持ってきました
窓を開けても西日が差し込むとそこそこ暑く
さりとて室温計を見ればクーラーを入れるほどじゃない
こんな中途半端な暑さにグロッキー気味Orz
とどめとばかりに火曜日は朝から雨模様でムシムシmist
天気予報では気温が下がるといってたのに蓋を開けるとやっぱり暑い
涼しくなるどころかかえって蒸し暑さが激しくなって身体に優しくない一週間となりました

こういうときは仕事の依頼もいっきに増え
さほど忙しくないという思い込みに反して大忙し
私がしんどいときには皆さんもしんどいのです
人の身体はやっぱり同じだ!
身に染みて感じながら仕事に精を出しました

たまりかねて夜遅く飛び込んだクイックマッサージ
ホント久々でしたけど
これまた久々にあまりお上手じゃない方に担当していただき余計ストレスもたまりますgawk
人のこと言えないのでは・・・
自問自答しているうちに予定終了

いまいちすっきりしない身体で翌朝仕事をしていると
なんだかいつもはいている靴が窮屈で仕方がありません
どうやら足がむくんでいるようです
背中が重だるいはずです

こういう季節にウチに来られる方がどんな思いで来られるか
私にどういう期待を託して来られるか
身をもって体験した一週間となりました

しんどいのイヤやcrying

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/22

600000アクセス

まだ大丈夫だろうと思っていたら、知らない間にアクセスカウンターが60万を超えていました
バタバタしていて気がついていませんでしたsweat01

ご訪問いただいた皆様方まことにありがとうございます
気楽に6年続けたらなんとなく超えた数字です(笑

イチローのように頂までは登るつもりもありませんが
マイペースでボチボチとやっていきますscissors
いましばらくお付き合いのほどを・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新芽

Dscf3098

出勤途中にこの木の横を通ります
少し前まで息を潜めるような黒褐色一色だった木に鮮やかな緑が戻ってきました

Dscf3096

夏にはこの木の上でセミの大合唱が開催されますが
今まさにそのステージの設営準備が始まろうとしています

毎年冬になると枯れたのかな?
そう思うほど寂しい感じになるのですが
毎年きちんと息を吹き返します
何十年経っても芽が出ない私には憧れを感じずにいられません(笑

桜が散ったらもう夏の準備ですか・・・

Dscf31071

腰痛館の横の植え込みにも・・・
こんなそばにもきてたんですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/21

頭数

一頭、二頭、三頭・・・
眠れぬ夜に羊の数を数えているわけではありません
筋肉のお話です
筋肉の中には複数の頭があるものが存在します

Photo
(「ゴジラVSキングギドラ」東宝映画)

こんな怖いイメージではありません(笑
筋肉はたいていどこかの骨から別の骨に付着するのですが
その付着部分を「起始」「停止」という言葉で表します
「起始」は「筋頭」を表し「停止」は「筋尾」
さらにその筋肉の作用において比較的動きの少ない方を「起始」、多い方を「停止」とします
これ以上細かい定義づけを調べるのが邪魔くさいので話を先に進めます
筋肉の頭とも言える起始部がいくつかに別れている筋肉があるわけです

まずは二頭筋
腕にあるのが上腕二頭筋

Photo_5

この筋肉は起始部が肩甲骨関節上結節(長頭)と肩甲骨の烏口突起(短頭)にそれぞれ付着します

上腕三頭筋は腕の後ろ側、二頭筋の反対にあります

Photo_6

長頭は肩甲骨関節窩結節、外側頭は上腕骨後面、内側頭は上腕骨内側後面にそれぞれ付着します


太ももの前にあるのは大腿四頭筋

Photo_7

大腿四頭筋は大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋の総称です


大腿四頭筋の裏側にあるのは大腿二頭筋

Photo_8

だんだん細かい説明が邪魔くさくなってきました(笑

運動生理学の説明をここでするつもりはありませんので割愛しますが
それぞれの筋肉が起始部が分かれているのにはちゃんと理由があって
同じような動作の中でも細かい動きができるように役割分担ができているということです

例えば一番最初の上腕二頭筋なんかは
肘を後ろに引いて身体より後ろの位置から肘を曲げるときには長頭が主に活躍し
肘の位置が身体(体幹)より前にあるとき肘を曲げるときには短頭が主に活躍します
同じ動きをするのでも肘の位置によって主に使われる部分が違うということです

人間はロボットなんかと比べて決めの細かい動きができるわけなんですが
こういうきめの細かい作りが違うんですよね
人の身体は頭数が違います←結局これが言いたかったわけで・・・sweat01

(図:身体運動の機能解剖)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/20

再生治療で歯並びを治す

スポーツ選手がマウスピースをすることによってより大きな力を出したとかいう話を聞きます
それだけ噛み合わせが身体の他の部分に与える影響が大きいということです
発声を良くするために咬合の矯正手術をされたボーカリストもいます
歯のかみ合わせは単に食事のときだけではなく日常生活においても重要な役割を果たすようです

クラニオセイクラル・セラピーでも顎関節に対するアプローチもあり
関連したところでは舌骨筋といって喉の上方にある筋肉に対するアプローチもあります
歯や顎、あるいはその周辺にひそむ謎は、多くの症状の解決の糸口になりそうです

Photo
再生治療で歯並びを治す 吉野敏明

再生治療のエキスパートでいらっしゃる著者が咬合についての多くのエピソードを交えながら咬合の悪さから発生する諸問題とその解決方法(再生治療)について解説をされています
専門書というわけでもありませんのでそのメカニクスについて納得できるレベルまで言及されていませんので私自身は消化不良ぎみですが、そんなややこしい話を説明し出したらこのページ数に納まるはずもないし、それ以上に一般の方が読める本ではなくなるので致し方ないところです
生理学的な内容よりも今の日本人の日常生活の悪さが咬合の悪さに起因するという説明は思わず納得
サザエさん一家を引き合いに出しての説明は親しみやすくわかりやすいですね
歯のかみ合わせだけの問題ではなく身体全体の問題にもつながるはず
ふだん食事をするときしか気にかけない歯やその周辺に対してその重要性を理解するにはいい一冊です

そこから先の私の知りたいことについてはこの本に書かれていることをヒントにしてもっと勉強しないといけませんなsweat01

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009/04/19

100 Rikew Hearts

Dscf3151

腰痛館には人体図の横にこんな絵が飾られています
実は絵ではなく字なんです
「晴」という字をそのイメージで象形文字のように描いてあります
リキューさんというアーティストからいただいたのですが
この方の作品展があったので出かけてきました

Dscf31421

四天王寺さんを南に行ったところにあるアリタバー
大晦日カウントダウンライブに行って以来です

Dscf3143

Dscf3144

Dscf3145

Dscf3149

Dscf3146

文字とハートとをひとつにした作品です
もちろんリキューさんはマルチアーティストですから他にもいろんな種類の作品があるんですよ

残念ながら忘れ物を取りに帰られたとかで
この日はお目にかかることができませんでしたが
きっと来月にはお会いできるでしょう


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/04/18

一年

001

久々に小さなお友達がきてくれました
一歳のお誕生日を迎えたばかりのあまねちゃんです

009

一年前病院で写した写真です
ずいぶん変わるものです

002

白衣を着たこわそうなオッチャンを目の前にして緊張の面持ち
「注射せえへんやろな・・・」
顔にそう書いています(笑

003

少しずつ慣れてくると興味がいろいろなものに移ります
水槽のお魚を見て喜びます

005

しっかり立てるようになりました
一歩二歩と歩きます
今度会う時には走り回ってるでしょうね

007

スイミング帰りでお腹がすいているのでパンをいっぱい食べました

006

「ひとが食べてるときに写さんとってくれるか・・・」

ちょっとした表情がお父さんそっくりになってきました(^◇^)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/17

グロリュー ビートルズ・ピアノ名曲集Ⅰ

音楽のアレンジってすごい魔力を持ちます
同じ曲でもアレンジを変えたらまったく違う曲に聞こえたりします
むかしFly me to the moonという有名なスタンダードナンバーも
元々はワルツ調だったとか・・・
そのころはたいして注目されてなかったのが
ボサノバでアレンジしたとたんヒットしたということもありました

日本でも数年前に我々が学生時代に聴いた懐かしい曲を
ヒップホップにアレンジしてカヴァーするのが流行りました
「なごり雪」や「贈る言葉」をヒップホップで聞かされると
さすがに違和感を覚えましたけど・・・coldsweats01

Photo
グロリュー ビートルズ・ピアノ名曲集Ⅰ

このアルバムには恐れ入りました
どこから聴いてもクラシックにしか聞こえません
真剣に聴いているとどこかで聞き覚えのあるメロディーだなという感じです

1. イエスタデイ (ショパン風)
2. レット・イット・ビー~ヘルプ (シューマン風)
3. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ (モーツァルト風)
4. ヘイ・ジュード (バッハ風)
5. ミッシェル (ラヴェル風)
6. イエロー・サブマリン (ベートーヴェン風)
7. ガール~オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ (ブラームス風)
8. イン・マイ・ライフ (ドビュッシー風)
9. 悲しみをぶっとばせ~レディ・マドンナ (リスト風)
10. ア・ハード・デイズ・ナイト~涙の乗車券 (ヘンデル風)
11. ハロー・グッド・バイ (サティ風)
12. アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン (ガーシュイン風)
13. 一人ぼっちのあいつ~アイ・ウィル (メンデルスゾーン風)
14. サムシング (グリーグ風)
15. ペニー・レイン~エイト・デイズ・ア・ウィーク (グロリュー風)

面白いもので有名な作曲家の特徴をうまくつかまえてそれらしい雰囲気にしているので余計に納得して聞いてしまいます
いわば音楽の「物まね」
こんな芸当はよほど感性が鋭くないとできないでしょうね
鬼才と呼ばれるベルギーのピアニスト フランソワ・グロリューの面目躍如かもしれません

そういえばむかし清水ミチコが「幸せの骨頂」というアルバムで似たようなことをやっていたような記憶があったようななかったような・・・(笑


ちなみにこのアルバムとてもイメージから想像できないこの方からお借りしました(笑
ホンマにこんなん聴いてるのん?(^◇^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/16

「死語」の世界

密かに拝見しているブログがあります
ディスカバー社長室ブログ
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワンの社長干場弓子さんを中心とする社長室のメンバーの皆さんがつづるブログなんですが
けっこう興味深い情報も多く毎日チェックしています
今回、最強の「死語」ということで今は使われなくなった言葉のベストテンを発表されました
越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文」の著者越前敏弥さんのアンケートの結果だそうです


1 雨合羽
2 いかす
3 目方
4 襟巻き
5 すこぶる
6 ねずみ色  
7 月賦 
8 美男子
9 便所  
10 鏡台

これがその順位だそうですが
私の意識とはずいぶんギャップがありますsweat01
人はこれを「世代間ギャップ」と呼ぶのでしょうweep

雨合羽」なんてむかしバイクで通勤してたときもあったので必需品でしたよrain
ゴアテックスのいいやつを使ってたんですが・・・

いかす」というのは私らの世代の言葉じゃないですね
元々60年代に使われた言葉じゃないかなぁ
いかすバンド天国(イカ天)」なんかやってたのはもう20年前のことなんですね

目方」これは親がよく使ってました
目方でドーン」という番組なんかはもっと古いんですねcoldsweats01

襟巻き」といえばエリマキトカゲ
ミラージュのコマーシャルで印象深いのですがこれも1980年代の話
(テレビばっかりですがな・・・┐(~―~;)┌)

すこぶる」これは知らない人が多いでしょうね
高校生のころ太宰治がよく使ってたんで、カッコよく感じて使ってたんですよね
「頗る」という漢字も覚えました

ねずみ色」というのも最近は言いませんか?
でも知らないってことはないでしょ?

月賦」これは納得です
私が成人して月賦ができるようになったころはすでに「ローン」という言葉が一般的でしたもんね
「割賦販売」という言葉も聞かなくなりましたね

美男子」そうですね・・・
最近私も「イケメン」としか言われなくなりました(大嘘

便所」これも死語ですか(@@;
普通に使ってますがな・・・
便所愛好家のお友達もいますしscissors

鏡台」これも言わなくなりましたね
三面鏡というのもまだあるんでしょうか?
でもドレッサーっていうと舌をかみそうです

言葉は生き物です
その時代その時代を反映しながら進化を遂げて絶えることのない情報ツールです
時代が変わってその言葉に情報伝達の能力がなくなるとその役割を終えます
言葉の乱れといわれますが、おそらくいにしえから同じことが言われ続けてきたのでしょう
その時代に生きた人には愛着が深く、次の世代の人たちにとっては過ぎ去ったものかもしれません
世界がグローバル化しつつある今日ではより多くの人が共通の意思伝達ツールを必要とするからここから先の変化はもっと早いかもしれませんよ
ついていけるかなsweat01
100年200年先には人々はどんな言葉で意思を伝えているのでしょう

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009/04/15

ウォーミングアップ

有名人はいませんがスポーツ選手はそこそこ来られます
本格的にやってらっしゃる方もおられますし
趣味でやってらっしゃる方も大勢おられます
プロアマ問わずスポーツをするリスクといえばやはり怪我
どんなに楽しくても怪我をした時点で反転します
せっかく好きでやってるスポーツだって怪我をしたら台無しです
ウチに来られてる方がアキレス腱を断裂するという大怪我をしたこともありました

スポーツを楽しく有意義なものにするために怪我だけは避けなければなりません
そのために絶対に必要なのはウォーミングアップ
試合の方がやりがいもあるし、練習のときでさえ試合に近い形の練習のほうがやりたくなるのは当たり前のことですが、まずそのためにはその動きができる身体にしなければなりません
「(激しい動きを)やろうと思えばいつでもやれる」
本格的にやってらっしゃる方でも漠然とそういう意識を持った方が多いようです
ほとんどの選手が怪我をするまでそういう認識じゃないでしょうか?
一応周りからウォーミングアップの必要性を言われているから、知識の上ではわかっているけどそれを実感する選手はさほどいず、過去に自身が怪我をした経験を持つ人だけかもしれません

Tj5
月刊トレーニングジャーナル5月号

今月の特集は「ウォーミングアップ再考」
現場ではウォーミングアップに対する認識を各選手に持たせることに苦心なさってるんですね
本格的にやってる方でもウォーミングアップに対する意識が高いとは限らないようです

私はスポーツトレーニングに関してはまったくの素人ですから
具体的なウォーミングアップの方法を聞かれたときにはその知識の危うさに冷や汗をかきます
例えばスタティックストレッチでもやりすぎると伸張反射を起こしやすく
その程度には充分注意しないといけないとか知っておくべきことはたくさんあります
またウォーミングアップのやり方ひとつで効果もずいぶん変わるんですね
単調な面白くない項目も多いので楽しくできるように工夫することもできるようです

今月号から新連載になったメンタルトレーニングの記事も今後楽しみです
トップアスリートの言動を見ていると明らかにメンタル面での訓練を感じます
「不言実行」とかが美徳とされた日本人古来の価値観と異なる考え方と違う言動を近年見かけるようになりましたが、内面を鍛えることの重要性も平行していくことにより本番でより大きなパフォーマンスが実現できるのでしょう
メンタルトレーニングはスポーツの世界では当たり前のようになっていますが
リハビリをするときでも必要な事柄じゃないかと思います
いや仕事なんかでもメンタルトレーニングを導入したら成果も上がるはずなんですけどね
将来的にいろんな世界で導入されるような予感がします
そういう意味で興味深く拝読したいと思います

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/14

花びらが散ったあとの

Dscf3059

早いですね
ピンク色から鮮やかな緑に変わろうとしています

Dscf3067

それでもまだ残っています

Dscf3071

次の出番は八重桜

今日の雨は残った葉桜に衣替えをさせるのでしょうか・・・
無情(常)の雨です

全力疾走で春は駆け抜けていきます


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/13

薄着

暖かくなってきました
先日京都に出かけたときも汗ばむような陽気でした
もうヒーターを入れることもありません
仕事中に暑くて窓を開けました
否が応でも季節の移り変わりを感じさせられます

徐々にだったらいいのですが
急激に暑くなったり、そうかと思えば寒くなったり
毎年この時期には気温の話題が増えてきます

気温が上がって着ているものが少しずつ減っていくと
気持ちまで身軽になっていきます
「まだ急激に寒くなることがありますので注意してくださいね」
このように注意を促す機会も多いです
それでなくても体調不良を訴える人が多い中
ウチにこられる方は何か問題があるからこられるわけで
他の人よりも影響を受けやすいはずです
そういう私も先日、半袖姿でパソコンをやってたら
急に寒気がして危うく風邪を引きかけました

ただやみくもに暖かい格好をしていればいいかといえばそうではありません
むしろ原則的には薄着をお勧めします
ウチの近所の幼稚園では真冬でも園児たちが上半身裸で走り回ってます
これこそが究極の健康法だと思います
少なくとも哺乳類に限らず服なんてものを着ている動物は人間だけです
最近はワンちゃんだって服を着ているご時世ですが
普通野生動物は服を着ません
「寒いだろうな」と人間の発想で考えてはいけません
彼らは衣服で体温調節をしない代わりに身体の機能で体温調節をします
もちろん人間だってその能力を持っています
ただ衣服に頼るあまりその機能が低下して少々の気温変化でも体調不良に陥りやすくなります

元気な身体であれば身体の機能で体温調節を行う習慣をつけたほうが
いざというときに体調不良になりにくいのです
だから本来は薄着を心がけるべきです
ただ現在体調を崩している人や、体力面で不安のある人が無理をして調子を崩す恐れがあるので例外的に衣服や暖房器具に頼ると考えていただきたいのです
よくお腹をこわすから腹巻をする人がいますが
長期的に継続的に頼り切ってしまうと腹巻をはずすとお腹をこわしてしまいます
依存度が高くなればなるほど自分の機能で体温調節ができなくなるということです

いまさら人間が衣服を脱ぎ捨てることは不可能ですが
原則と例外の区別をきちんとして上手に衣服を着こなすことが大切です
その際年齢やその人の体力、体調などを考慮することは言うまでもありません
 
今週半ばにはまた気温が下がるそうです
お気をつけください

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/12

THE BEST OF ASTOR PIAZZOLLA

今までアコーディオンの演奏を何度か聴きにいったことがありますが
生で聴くといいですよ
こんなに情緒豊かに、哀愁深く音がにじみ出る楽器ってそうそうありません
単なる鍵盤楽器ではなく呼吸をする楽器なんですから
出てくる音が「音」ではなくて「声」のような生々しさがあります
アコーディオンでも鍵盤式のもあればボタン式のもあります
去年の秋に満月倶楽部さんの演奏を聴いたときはボタン式のアコでした
アコーディオンもいろいろと変化を遂げ1840年代にはバンドネオンというボタン式の小さな形のものができ、アルゼンチンで広まり後にタンゴという音楽が生まれたそうです
「スタッカート」といって一音ずつ短く刻む奏法が激しい息遣いのようにも聞こえ
さらに情緒をかき立てられるようなな魅力を感じます


バンドネオンといえば私じゃないほうのヒロさんがこんなCMをやってますね(笑

先日テレビでバンドネオンの話題が放映されて
むかしは製造されたバンドネオンの90%がアルゼンチンに輸入されていたのですが
今日ではほとんど製造されておらず
皮肉なものでそうなると古いバンドネオンが高額で売れる日本に売られ収集家の手に渡り
演奏されることなく飾られているそうです

Piazzolla
ベスト・オブ・アストル・ピアソラ

タンゴといえばアストル・ピアソラ
作曲家としての功績もさることながらバンドネオンの奏者としても情緒を激しく揺さぶる音楽で魅了します
モノラルの古い音源もありますが熱く耳元に迫り来る音は心がつい前のめりになってしまう迫力があります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/11

働き方

Dscf3028

この日は京都までお出かけ・・・
阪急烏丸にあるホテル日航プリンセス京都
稲盛和夫会長の経営懇話会です
経営のお話といっても「どうすれば儲かるか」とか「どうすれば会社を大きくできるか」とかのお話は一切ありません
「何のために生きるのか」「どう生きていけばいいのか」という哲学的なお話をベースに仕事というステージでの自分自身のあり方を教えていただきます
初回から皆勤で参加させていただいておりますが
毎回心も身体も熱くなって帰ります
(薩摩の芋焼酎もずいぶん飲んで帰りますので・・・good

新しいことにチャレンジすることは成功という結果よりも価値がある
今回はこの言葉が胸に響きました

Dscf3036_2
働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

稲盛会長の新刊です
懇話会での内容はこの本と共通します

Dscf3038

「天を敬い、人を愛せ」というサインもいただきました

Dscf3039

本の帯を読んだだけでも勉強になります
究極のビジネス本かもしれません

Dscf3034

今回は初めてこんなお土産も・・・
「六つの精進」稲盛会長がよく言われるお言葉です
これから仕事前にこれでお茶を飲みましょう


そうそう・・・
もちろん京都に行ってこれだけで帰ってくるはずもありません(^w^) ぶぶぶ・・・
麺食いの足跡
こちらでどうぞ(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/10

健康の秘訣は氣にあり

以前「氣」の威力という本をご紹介しました
力を自在にコントロールできてこそ本当の力を発揮できるという内容でした
本当の力を発揮するためには力を入れることではなく抜くことにある
合気道の達人である藤平光一氏は言われます
これが凡人にはなかなかできないんですよね
その極意は自然体になること
もしそれができたならその結果は単に強い力が発揮できるだけにとどまりません
自然体の身体には内的な機能にも無駄な力が入りませんので当然スムーズに動きます
そういう状態を健康と呼びます

Dscf2981
健康の秘訣は氣にあり 藤平光一

いまさら私が合気道を習得してどうこうしようってわけじゃありません
むしろここで書かれているような身体の使い方と健康の関係に興味があったんです

話はそれますがですが「成功の秘訣は氣にあり」というご著書もあって
古書なんですがアマゾンで買うと送料込みで341円という値段で買えたりします
しかも送料は340円で本の値段が1円なんです
興味がおありでしたらぜひどうぞ・・・

さてさてこの本を読んで一番興味を持ったのが
師でもある中村天風氏の極意とも言える呼吸法「クンバハカ」についてのくだりなんですが
ヨガの修行をつまれて悟りを開かれた天風氏の「クンバハカ」は肛門に力を入れて肩の力を抜くという説明だったのですが、この本によるとそれは間違いであると藤平氏は言われています
その関係の方々の中ではけっこう論争になっているみたいなんですが
藤平氏の「クンバハカ」は力を抜いてこそ肛門は閉まり、力を入れると逆に開くと言われ
その旨を天風氏に告げると今までの「クンバハカ」は間違いであったことを認めたとあります

かなりマニアックな話になるのですが
元々ヨガでいう「クンバハカ」とは呼吸を止めるやり方のことをいい
天風氏のそれとは意味を異にします
私ごときが両大先生の説についてどうこうといえませんが
面白いのは筋肉の話だけに限定すると両方の説は正しいといえます

肛門を締めるときには肛門括約筋が活躍しますが
この肛門括約筋には2種類あって自らに意志で動かせる「外肛門括約筋」と自律神経の支配で自然に動く「内肛門括約筋」とがあります
つまり自分の意思で肛門を締めることもできますし
夜中寝ているときには自律神経により内肛門括約筋が肛門を締めてくれるわけです
だからその点だけを見れば両者の意見は矛盾しません

この本も一般の方にもわかりやすい「How to」ものみたいな感じですので
難しい記述は少なく読みやすい本だともいえます

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/09

探し物は何ですか?

身体のどこかが悪いと何らかのシグナルがあります
我々が扱う事例の場合姿勢の異常というかたちで発現するケースが多いようです
「姿勢が悪いから痛くなった」
こんなふうに思ってらっしゃる方もおられますが
実際に姿勢を正したからといって痛みが治まるわけではありません

多くの場合筋拘縮により骨が引っ張られ骨格のアライメント(整列性)が損なわれ姿勢も悪くなるし痛みも出るというわけです
だから筋拘縮をとくことにより骨も元に戻り骨格系として一番バランスのいい状態に戻ります
そのとき痛みもなくなるというパターンなんです
本当はそんなに単純なもんではありませんが、便宜上そういうことにしておいてください

腰痛でも肩こりでも共通して起きる悪い姿勢の代表格といえば猫背
実際にやっていると「これを治せば問題解決」といった状態ではなく
複合的に、連鎖的に多くの筋肉にバランスの悪さが見られます
背中が曲がり肩が前に出て首を突き出し
この状態全部を解消しないといけないわけですけど
厄介なのがこの姿勢が一時的な原因でなる人は少なく
ほとんどの場合が何ヶ月もあるいは何年もかけてそうなるようです
その人のクセになっているものをいい状態に戻すのはひと筋縄では行きません

「ありがとうございます すごく楽になりましたわ」
予定通りにことが運ぶとこちらもホッとします
あと問題なのは生活習慣によって悪い状態に戻らないかが心配です
たまたまその人と町で出会ったとき
「その後どうですか?」こう聞くと
「おかげさまで今でもかなり楽です」
「ただびっくりしましたわ」
「家に帰って右肩が痒いから掻こうと思って左手を出したら右肩がなくなってるんです」
そんなアホな・・・ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン
「探したら右肩が後ろの方に見つかりました」
そういうわけね・・・coldsweats01
 
 
 
タイトルは「肩がない」の方がよかったかな・・・?(陽水汗sweat01

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/04/08

自然に逆らわない生活

毎年のことなんですがこの季節は時間帯によっても日によっても
あるいは週によっても気温差が激しいのが特徴
昔から「三寒四温」の言葉で表されるとおり
暖かい日が何日か続いたと思ったら、突然寒い日がやってきます
何度もそんな入れ替わりを経て夏に向かっていくんですよね

ところが身体にとってはたまったもんじゃありません
恒温動物である人間は体温を一定に維持しないといけません
暖かくなったら穴から出てきて、寒くなったら冬眠する変温動物とはその構造が違います
我々が無意識のうちに身体は常に一定の体温に維持しようと日夜がんばってくれてます
ところがこれだけ温度の変化が激しいとジェットコースターのように振り回されてしまいます
体温調節も自律神経の仕事になるわけですが
あまりのめまぐるしさに自律神経もついていけなくなるときもあります

そんなとき意外と冬場よりも身体が冷えてしまう人もいるようです
真冬ならば毎日朝から晩まで寒いので身体もそれなりに準備をするでしょうが
この時期は寒さそのものよりも変化についていけず体調を崩す人が出てきます

「寒いから厚着をしてます」「寒いから靴下を二枚はいています」
いくら着るもので調節しても着るもの自体は所詮常温
積極的に身体を温める効果はありません
これから先の季節暖房をガンガンかけてということもありません
むしろそんなことをしたら外気との差もより激しくなって余計におかしくなります
自然の出来事は小手先の人間の知恵では解決できないこともあるんですよね

誰もが自分の体のことになると何が何でも守りたい
自然にさえも抗いたい
そんなふうに思って当然だと思うんですけど
意外と自然に逆らうより、上手に自然の波に乗る努力をした方が正解なんじゃないかなって思います
少なくともひとは自然の出来事を制御できるほどの力は持っていません
だから自然の変化を感じつつそのなかで上手く暮らそうとした方がいいと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/07

満開

「can’t help ~ing」「~することを禁じえない」
確か中学か高校の英語で習った慣用句です
「そんな日本語使うやつおれへんでぇ」
こんなツッコミを禁じえない私でした(笑

Dscf3007_2

見事に咲いた桜を目の前にしてシャッターを切ることを禁じえませんでした
近い将来散るであろう桜の花だからこそ今のうちにとどめておきたいという気持ちがそうさせたのでしょう
自然とカメラを取り出しファインダーを覗き込んでいました

腰痛館から南にある盾原神社の桜です

Dscf3005_2

「喜連村」と呼ばれた昔からある参道
これがメインストリートだったのでしょう
広くまっすぐな道が続きます
旧の村中の入り組んだ細い路地とは対照的
遠くからでも桜の花ははっきりと見えます

ひょっとしたらむかしむかしに
この桜を見て戦地に行かれた方もおられたかもしれません
もっと昔にはちょんまげを結った人たちがこの木の下でお花見をしたかもしれません
そんなことを想像しながらこの桜の下を通りました
この桜はずっとむかしからこの町に住む人を眺めていたんでしょうな

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/04/06

なじみの本屋

Dscf2992

いつも利用する本屋さんです
イオン喜連瓜破店の3階にある未来屋書店喜連瓜破店です
この界隈では一番大きな書店です
知り合いがこちらのお店で働くことになったのがきっかけでした
私が読む本もたいてい変わった本ばかりで(専門書ともいいます)どこの本屋さんに行っても見つからないことが多く、そのためアマゾンを利用していたのですが、比較的早く取り寄せもでき仕事帰りに気軽に寄れるので最近はこちらのお店をよく利用します
普通に店頭に置いている本を買うことはあまりなくほとんどが取り寄せという面倒な客ではありますが気持ちよく応対して下します

この日も例によって取り寄せの本が入荷したと電話をいただいたので仕事帰りによりました

Dscf2993

おっ!!「HEALTH HACKS!」 ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術がレジ横のビジネス本コーナーの先頭に置かれています
うれしいですねぇsign03
「HEALTH HACKS!」をお求めの方はイオン喜連瓜破の未来屋書店でぜひどうぞscissors

Dscf3004

今回購入したのは「再生治療で歯並びを治す

歯と他の身体の部分とは密接な関係があるようです
こういうのを勉強したかったんです
専門家の大先生。。こういう関係でいい本があったら教えてくださいねscissors

しかし・・・

先週アマゾンで注文した古書が二冊
その前から読みかけの本が一冊
そして今回買ったこの本

Dscf3010

ああ・・・
またしてもパソコンの上に積読の春ですsweat01

しかももう一冊取り寄せの注文入れてきたし・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/04/05

こそっと

こそっと更新しました

麺食いの足跡「来来亭 長居公園店

夜遅くまで働いた私は夕食にありつけるのかsign02
感動の第二話bomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPEAK UP

ピアノ、トランペット、サクスホーン、ギター
ジャズの主役となる楽器は数多くあります
しかし素晴らしい演奏には必ずといっていいほど
いいベースの存在は欠かせません
音楽に奥行きを持たせたりきちっとしたリズム進行にはベースは不可欠です
ライブで聴くとベースのあるときとないときでは聴き手に対する伝わり方が全然違います
それだけにいいべーシストがいるとバンド全体が締まります
いわば扇の要としての役割を果たすこともあります
逆にベースが弱いと他の楽器がバラバラに聞こえ
聞くに堪えない状態だったこともありました

Speak_up
スピークアップ 井上陽介クインテット

大阪出身の有名なベーシスト井上陽介
このアルバムで共演するサム・ニューサム(ソプラノサックス) エイブラハム・バートン(アルトサックス)ジョー・フラム(テナーサックス)らのパワフルなサックスの演奏も見事ですが
それらをしっかり支えるベースの存在感も抜群です
一曲目の「蜜の味」は甘くはありませんよ
大人の渋い味わいにとろけそうになります
「リック・ユア・チョップス」ソロパーツで淡々と進行する緊張感は聴き応え抜群
「竹田の子守唄」はどこかで聞いたことのある曲だと思って題名を見て思わず膝を打ちました
見事なジャズに仕上がってたのでしばらく気づきませんでした

力強く安定感のあるジャズはさすが本格派といったところでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/04

のれんわけ

「整体師のひとりごと」も足掛け6年になります
記事の数も1700を超えるにいたり振り向けば膨大な量のデータがWeb上に存在します
自慢じゃないけど大半がど~でもいいようなことばかりなんですが
データ量の多さにはかわりはありません
当分大丈夫だろうと思ってはいたものの気がつけばココログから借り受けた容量の半分以上をすでに使用していました

その原因となるのが食べ歩きの記事
これがまた画像が多いもんだけらうどんの食べ歩きを始めるようになって
いっきにデータ容量までも食いつぶすようになったいました
このままではあと数年でいっぱいいっぱいになりそうなんで
このたびうどんの食べ歩きを中心とした食べ歩きのカテゴリーを別のブログに配置転換することにいたしました

麺食いの足跡(整体師のひとりごと別館)」と題してFC2ブログで再スタートすることになりました
ここならもう少し大きい画像をご披露することもできますので
迫力ある画像をお楽しみいただけるかもしれません

こちらはこちらで従来どおりやっていきますので
引き続きご愛顧のほど宜しくお願いいたします

なおグルメ系、うどん系でリンクさせていただいた皆様方のブログにつきましては
こちらは引き続き従来どおり、「麺食いの足跡」でも新たにリンクさせていただくつもりでございます
重複するとは思いますがなにとぞ宜しくお願いいたします
要するにこっちにも今までどおりツッコミ入れてくださいということですわscissors

さてさて・・・
その第一弾として「讃岐うどん工房 かどっこ」さんで食べた驚愕の新メニュー誕生秘話に迫ります!!
新メニュー かどっこ
ぜひご覧くださいませ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/03

大胆細心

今日4月3日は長男の入学式
とはいえ大学の入学式ですから可愛げはかけらすらありません(笑

何を隠そう私にも同じような時期がありまして・・・catface
ふと自分が大学に入ったころを思い出すと懐かしいものです
自慢じゃないけど、高校生のころまったく勉強もせずに三年間を過ごし
当然のように浪人してしまったわけなんですが
このころにいろんなことを考えたことが人格形成において重要なターニングポイントだったんでしょうな

そのころ感受性の強い少年だった(ウソと違いますcoldsweats01)私の悩みといえば気が小さいこと
結局この年になっても小心者であるという事実は変わりませんが
当時はなんとか自分を変えたいという希望を持っていました
そのころ胸を打ったのが「大胆細心」という言葉
当時現役だった野村克也選手がリードについて
「大胆細心にやらなければならない」
そんなことをおっしゃってたんですね
これをテーマにして、なんとかそう振舞いたいと思ったんです

大学に入ると高校時代までの友人はいません
だから過去の私を知るものは誰一人いないわけです
キャラを変えるには絶好のチャンス
そう思って大胆な行動を取ろうと決意しました

まずは入学式・・・
JRで行けば早く着くのにあえて私鉄に乗り込みました
乗り換えもあったのですがそれは計算に入れていませんでした
なんやかんやで入学式には30分遅れで到着
今でも約束の時間時はうるさい私なんですが
そのときだけは「大胆に 大胆に」と自分に言い聞かせて
「入学式に遅れても死にはせんわい」と心の中でつぶやきながら
新しいキャラを楽しんでいました
30分遅れて入った入学式の会場で
どうせやるならとばかりに一番前の席に座りました
遅れてきてコソコソ後ろの席に座るんならいざ知らず
静まり返った会場をひとり颯爽と歩いて最前列に陣取ったのです

私のいいところは自己暗示にかかりやすいところです(笑
調子に乗って一番前の席で居眠りまで始めてしまったのです
まあだからといって誰に叱られるわけでもなかったのですが
なんとなくそんなキャラで四年間の大学生活を過ごしてしまったんですね
おかげで「変なやつ」というレッテルを貼られたことはいうまでもありません

結構むかしは真面目なタイプでそんなにアクの強い人間じゃなかったんですけど
このころから今の下地ができてしまったようです
さらに年を重ねて横着さまで身に着けてしまったものでから
少年時代の神経質さはその面影すらありません
それでも自分で気に入ってるから問題ないですけどね(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/04/02

たぬきにばかされて

Dscf2968

中央環状線の上を走る近畿自動車道にも夜のとばりが下ります
この日も昼間は暖かかった割りに日が沈むと急激に気温が下がります
この信号を渡るとすぐにあるのが「釜揚げうどん 桂ちゃん」

昨日の記事でも申し上げたとおり4月1日は「ゆきの」さんと「桂ちゃん」の大将のお誕生日
それこそウソみたいな話ではありますが馴染み店のそれぞれの大将が同じ誕生日だとは・・・

最近、桂ちゃんのうどんをいかに撮影するかが話題になっています(一部の人の間で)

Dscf2970
(US師匠風撮影法)

このようにフレームの中にバランスよく被写体を収めるか
垂直に正面から撮る必要はないわけですな
しからば・・・

Dscf2973

こちらもエエ写り具合ですな(自画自賛scissors

美味そうに見えるだけではなく、実際にウマウマ
教えてもらうまで気がつきませんでしたけど微妙にダシが変わっています
「それでもまだ気が済まんか?」といいたくなるほどの向上心
さらに上の味を追求する姿勢は求道者のそれ
「どう変わったか?」
知りたい人は行って食べてください
あんなややこしい話、説明できません(笑
私のボキャブラリーには適切な表現方法が存在しません

大将の誕生日同様ウソみたいに美味いです
ここの「たぬき」は見事に化けました
でもダシに木の葉は使っていないそうです(爆

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009/04/01

きつねにつままれて

昼間は暖かいのに朝晩の冷え込みはいまだに冬将軍の影響下にあるようです

Dscf2963

日が落ちるのがずいぶん遅くなりました
夕日に染まる川沿いの桜も五分咲き
この光景だけ見れば暖かく感じますが実際の風は冷たいです

Dscf2964

この道を通ってたどり着いたのはゆきのさん
お店にたどり着くころには身体も冷え冷え
無性に温かいうどんが食べたくなります
昨日うどんは低GI食品だとわかってホッとひと安心
でも食べ過ぎないようにしないとねscissors

Dscf2967

全メニューを制覇したはずだったのに意外に食べたことがなかったきつねうどん
定食でミニのきつねうどんは食べていたんですけど
ふつうサイズはこれが初めて

ゆきのさんに通い始めたころは讃岐うどんという認識でしたが
食べ続けるごとにそういうカテゴリー自体が無意味に感じてきました
「美味いうどんを食べる」これが大切なことであって
讃岐だとか大阪だとかのこだわりってその次の話じゃないかなって思うようになりました
うどんを楽しむ要素はたくさんあり、ひとそれぞれ
でも食べたあとに「美味しかった」と思えることだけは譲れません

温かいうどんが冷えた身体を生き返らせます
甘く炊かれたおあげさんでなんとなく心が落ち着きます
こんなきつねにならいつまででもつままれていたいです

ちょうど今日4月1日は大将のお誕生日だそうです
究極の早生まれってわけですね(笑
なんと驚くなかれこの日はもうひとりお誕生日の大将がいらっしゃいます
長原の某釜揚げうどん専門店の大将だそうです
これはウソではありまあせん(笑

お誕生日おめでとうございます
オメデト( ^_^)∠※PAN!。.*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*\(^O^)/

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »