« たぬき | トップページ | ぼやき »

2009/01/14

時間

学生時代はといいますと・・・
テストの前になると慌てて勉強を始めました
普段やりもしないことをテスト前だからといって
チョコチョコと勉強したくらいでいい成績がとれるほど土台もよくない
結果は見えてますわな・・・

開き直ってテスト前にまったく勉強せずに臨んで散々な成績を頂戴して
父兄呼び出しの憂き目にあったこともありましたっけsweat01

要するに普段から勉強してりゃ一番いいわけで
付け焼刃の勉強なんぞ所詮試験が終わってしまえば忘れてしまい
後から振り返ればあんまりいい思い出もないようです

スポーツでも同じことでした
1年生のときから無理やり走らされて試合にも出してもらえず
面白いことなんて何一つなかったんです
ところが3年生が引退して自動的にレギュラーの座が廻ってきたとき
実力的にかけ離れていたはずの先輩と同じようなプレーが当たり前のようにでき
ランニングも周回遅れだったのが、いつのまにか先頭を走れるようになってました

「努力は報われる」

そうはいいますが実際にやるのは地道で時間がイヤというほどかかります
でも努力というものを自分で実際にやってみたら
いつの日かそれに気づく・・・
そんな感じなんでしょうね
 
  
誰だって痛いのはイヤです
一日も早く、一瞬でも早くこの痛みを取りたい
そんな切なる願いを込めてあちらこちらをまわられる
それでも思うような結果がでない
悩んだ挙句に整体に行く・・・
ウチでもそんな方が何人もいらっしゃいます

お話を伺ってても痛みを訴える目つきが違います
長期間痛みに耐えておられたのですから当然のこと
どこがどのように痛いかは千差万別
でも共通の願いは「早く何とかしてほしい」ということです

それは私にとっても共通の目的となります
私だって「一日も早く何とかしてあげたい」と思うわけです

ただ客観的な判断は失ってはいけません
長期戦を余儀なくされるケースも数多くあって
その状態と理由をじっくり説明してご納得いただくまでは施術にうつりません
一回や二回の施術で何とかなるんであれば、痛みさえなくなれば納得されます
うどん屋であれば百の言葉よりも一杯の美味いうどんを出せば客は納得します
ところがそれができないケースもあります(技量的な問題もあるでしょう)
そんなときにどちらかに焦りが生じると長続きしません

私は魔法みたいな技も持ち合わせていませんし
天才でもないことに最近気づきました(笑
普通にやれることを普通にするだけです
だからこそできるだけ効率よくしたいのです

痛みをとるためにはお互いの努力が必要です
施術だけでは足りないことが多くて
場合によってはご自身でやる運動療法をお願いすることもあります
そのときには長期的な計画を立ててがんばってもらいたいのです
付け焼刃の運動ではなく、しっかりした成果を上げるための運動です

二人三脚でマラソンをするような気持ちになるときもあります
もしどちらかに焦りの気持ちが出たら転ぶのは当然で
昔はむしろ私のほうがよく焦っていました
「早く何とかしたい」という気持ちが強すぎて
無理なことをして逆戻りさせたこともありました


「必要な時間は絶対に必要ですからね」
よくこのセリフを使いますが
実は自分に言い聞かせている方が強いかもしれません

|

« たぬき | トップページ | ぼやき »

コメント

日頃の努力ですか・・・・頭が痛いです(^^;

お昼はうどんをゆでてます。

うらやましい?(・∀・)ニヤニヤ

投稿: みさりん♪ | 2009/01/14 11:42

私もひとには「努力しろ」といいますが自分ではしません(笑

お昼は肉うどん二杯食べましたsmile

投稿: ひろ | 2009/01/14 12:09

こんばんわ!
テストの前になると慌てて勉強を始める、
それ、私も同じでした。
で、試験が終ったら、勉強した事は全て、
忘れてると言う訳です(笑
整体のお仕事は、受ける方の痛みや悩みも
それぞれ違うでしょうから、そういうのを
見極める目も必要なのでしょうね。

投稿: うさうさ | 2009/01/14 22:22

知識や経験を身に着けるために勉強しないといけないのはつい最近のことです
ずいぶん遠回りしましたね

他人の痛みは理解できませんが
少しでも理解するためにがんばらないといけません

投稿: ひろ | 2009/01/15 08:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/43726065

この記事へのトラックバック一覧です: 時間:

« たぬき | トップページ | ぼやき »