« カレーうどんを食べよう@ゆきの | トップページ | ドライフラワー »

2008/11/20

運命を拓く

先日偶然読んだ「中村天風 もっと強くなれ、必ずそうなれる!」という本
思惑と違いご自身の書いた書籍ではありませんでしたが
その中に書かれた中村天風氏の哲学に感銘を受け
後日、購入したのがこの本です

Photo
運命を拓く

実はこの本も中村天風氏の著書というのではなく
講演の内容を忠実に文章化したものです
それだけに天風氏の熱い言葉が直接伝わってきます

「積極的に生きる」ことを主題に宇宙の真理を説いた天風哲学
学問のための哲学とは違い、実践向きの哲学です
当時の政財界の著名人が心酔し、没後も多くの崇拝者がおられる日本の哲人
Wikipediaに記された「天風氏に師事した著名人」を見ているだけでもそうそうたるメンバーです

宇野千代 ・東郷平八郎 ・原敬 ・後藤新平 ・山本五十六 ・浅野総一郎 ・ロックフェラー三世 ・双葉山 ・松田権六 ・松下幸之助 ・藤平光一 ・尾崎行雄 ・稲盛和夫 ・広岡達朗 ・永守重信

「積極的」ということの具体的な真理がここに記されています
哲学というと小難しい内容に思えますが
べらんめぇ調の話し口調には知らず知らずのうちに吸い込まれていくようです
毒舌たっぷりの話には吹き出す場面もあります
「力強い精神状態を常に自分の心に持て」というくだりでは
「その気持ちが薄くなってしまったら、もう戒名書いてもらってさっさと焼き場に行った方がいい。そんな者は何の役にも立たない。この世には糞製造機は要らない。立派に化学肥料が出来ている」
こんなユーモアたっぷりの毒舌で聞く人を引き込みます
実践派の哲学だからこそ多くの著名人が納得したのでしょう
「苦しい環境を楽しめ」「いつもニコニコ笑え」など日常の具体的なことが多いので
誰でもが取り入れることができます

最近本を読むとき大事だと思ったと箇所に線を引いています
気がついたらいたるところ線だらけになり何のために引いたのかわからなくなりました

まだこの一冊しか読んでいませんが、わずか552円で日本が生んだ哲人の言葉に触れることができるのなら値打ちありだと思います
読んだあとは自然と胸を張ってしまいます
背筋が伸びたその身体からは元気がにじみ出てくるはずです

|

« カレーうどんを食べよう@ゆきの | トップページ | ドライフラワー »

コメント

興味あり!!552円ですか!安い!そこも気に入った!
買いですっ!

投稿: うどん好きのあゆ | 2008/11/20 18:31

私も『十数年来』の天風先生のファンです。天風先生関係の本は三冊位読みました。天風先生曰わく『人生全て心一つの置きどころ。』
『晴れてよし、曇りてもよし富士の山。』

投稿: しげる | 2008/11/20 23:54

うどん好きのあゆさん

金額的にはお手ごろですが中身は濃い内容です
下手なHow toものを読むより意義はあります
「哲学」といっても万人にわかりやすく説かれておられます
昨日訪れたうどん屋の大将も読むとおっしゃってました(笑
 
 
しげるさん

実践するための哲学なので入っていきやすいです
多くのご著書があるようですが、これ以外にお勧めのものがあればぜひ教えてください
お願いします

投稿: ひろ | 2008/11/21 08:16

私が、十数年前、初めて天風先生を知ったのは、天風先生の『カバン持ち』をしてた愛弟子の『佐々木の将人』さんが著者の『人生、良いも悪いもどんと来い!』です。
『読み物』としても、『読んで大変楽しい本』です。
天風先生の『生い立ち』や、天風先生の『考え方の基』となった、インドのヨガの行者『カリアッパ師』とのエジプト、アレキサンドリアのレストランでの『偶然の出会い』~~等々、天風先生について面白可笑しく書かれています。
天風先生の『名言』や『お人柄』等々も書かれています。
私が天風先生を知るきっかけになった本です。
私にとっては、とても楽しく読めて、かつ有意義な本でした。

投稿: しげる | 2008/11/21 16:49

しげるさん

ありがとうございました
『人生、良いも悪いもどんと来い!』はぜひ読んでみることにします
元々天風先生を知ったのは稲盛和夫氏の講演を聞いたのがきっかけでした
それ以来ヨガの本やインド哲学の本を読んだりしていますが
当然ながら共通した「真理」が書かれています
これからも多くの知識を得たいと思います
そして天風先生の教えのとおり積極的に実践していくつもりです

またお気づきのことがあればいろいろ教えてくださいませ

投稿: ひろ | 2008/11/22 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/43160551

この記事へのトラックバック一覧です: 運命を拓く:

« カレーうどんを食べよう@ゆきの | トップページ | ドライフラワー »