« ダメ? | トップページ | 夏の想い出Ⅲ »

2008/08/23

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30・31・32番

どうもいけません
あまり詳しくないものをご紹介するときスラスラとブラインドタッチでキーボードが打てないのです
もとよりそこまで早くキーボードをタッチすることもできないのですが
知らんもんを知ってるかのように振舞うには小心すぎるということです

うどんでもそうですが、難しいことはわからないけど人並みに心に響くこともあります

ベートーヴェンと聞くだけで「運命」や「第九」しか浮かんできません
でも「ピアノ・ソナタ」って書いてあるのでBGMでも使えるだろう
ぶっちゃけこの程度の雰囲気で某レンタルCDで借りてきました

でもなんとなく相性のいい音楽ってあるもんなんです
けっこうわからんなりに毎日聴いてたりします

Photo_2
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30・31・32番 マウリツィオ・ポリーニ

静寂の中にピアノの音だけが存在するような繊細な演奏は静かにその世界に引き込まれます
聴いているうちにはまってしまいました
これらのピアノ・ソナタがどういう主題で作られた曲なのかがわかればもっと理解も深まるんでしょうね
神々しい旋律はこの曲を作ったときベートーヴェンに何が見えていたのか聞いてみたくなります

|

« ダメ? | トップページ | 夏の想い出Ⅲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/42221392

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30・31・32番:

« ダメ? | トップページ | 夏の想い出Ⅲ »