« オペラの怪人 | トップページ | 内転筋 »

2008/06/17

脚気

ある方と膝蓋腱反射の話をしていました
膝のお皿の下あたりをコツンと軽く叩くと、自然に膝が伸びますよね
それを膝蓋腱反射というんです
「反射」という言葉を説明するときに一番わかりやすいので膝蓋腱反射をたとえにします
「あの脚気(かっけ)の検査のときに膝の下を叩くアレですよ」
こういうのですが、あるとき「脚気ってどんな病気ですか?」と尋ねられました
うむむ・・・・
専門外というのもありますけど、私自身も脚気がどんな病気かは全然知らなかったんです
Wikipediaによると

脚気(かっけ、英 beriberi)は、ビタミンB1欠乏症の一つで、ビタミンB1の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす疾患である。心不全によって下肢のむくみが、神経障害によって下肢のしびれが起きることから脚気の名で呼ばれる。

さらには

江戸時代の江戸では、富裕層に精米された白米を食べる習慣が普及し、将軍をはじめ富商など裕福な階層に患者が多かった。江戸時代末期には一般庶民も発症し、江戸患いと呼ばれた。大正時代以降、ビタミンB1を含まない精米された白米が普及し、副食を十分に摂らなかったことで非常に多くの患者を出し、結核と並んで二大国民病とまで言われた。戦後国民の栄養状態の改善に伴い激減したが、1975年ごろからジャンクフードの普及によって再発してきた。

だそうです

戦後生まれの私にとっては脚気になるほど栄養不足の人はお目にかかることもなかったようです
江戸時代では白米がご馳走だったわけで
ぬかにはビタミンB1が含まれているので玄米食の方がよかったわけですね
しかし脚気という病気はもうなくなったのだと思っていたら
ジャンクフードを食べることによって再発していたとは驚きです
飽食の時代でも食の質までが向上しているとは限らないようで・・・

|

« オペラの怪人 | トップページ | 内転筋 »

コメント

おはようございます!
早いでしょ(笑
脚気って、よく聞きますよね。
ビタミンB1欠乏症の一つなのですね。
玄米食って、ほんと健康的ですよね。
つい先日、高温殺菌した牛乳には、
殆ど栄養がないと聞き、驚きました。
豆乳や、玄米がいいそうです。

投稿: うさうさ | 2008/06/17 08:06

おはようございます

私自身、脚気という名前はよく聞くもののどんな病気かまったく知りませんでした
過去の遺物と思っていたらジャンクフードのおかげでまた復活しているそうです

今まで栄養価が高いと思っていた食品でも加工の仕方で栄養価が損なわれていることが多いようですね

投稿: ひろ | 2008/06/17 08:18

へー脚気って栄養不足の人だけがなると思っていたけど、ジャンクフードの普及で多くなっているって不思議ですね。
どれどれ、膝の下をたたいてテスト・・・・あれー動かないよー(笑)

投稿: みさ♪ | 2008/06/17 15:57

今のご時世で栄養不足になるのは皮肉なものです
きっと叩き方が悪いのでしょう
まさか栄養不足なんていわないでくださいよ
主婦のプライドがズタズタになりますから・・・

投稿: ひろ | 2008/06/17 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/41549340

この記事へのトラックバック一覧です: 脚気:

« オペラの怪人 | トップページ | 内転筋 »