« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

花盛り

3月も今日で終わり・・・
一年の四分の一が終わろうとしています
世間では年度末というか期末というか決算でおおわらわ
なんとか少しでも売り上げを伸ばすべく営業努力をされています
かつてはやり手の?営業マンだった私もこの時期は必死で売り上げを伸ばそうとしていました

そのためか毎日DMが送られてきます
白衣のカタログが送られてきました
そろそろ新しい白衣も考えないといけません
ちょっと変わった雰囲気のもいいですね

先日送られてきたのは粗品・記念品のDM
そうですね。。腰痛館の10周年になったらまた考えましょう
でも今は不必要なのでゴミ箱行き

昨日送られてきたDMはお灸の優待販売
残念ながら鍼灸師の資格は持っておりませんので買ったところで使えません
というわけでゴミ箱行き

こちらも決算セールなんでしょうか?
超能力セミナーのご案内・・・
なんでもセミナーを受けたらもれなく超能力の使い手になれるそうです
ありがたい話です
でも残念ながら当日は営業日ですのでわざわざ休んでまでは行けません
というわけでゴミ箱行き

この時期のDMは百花繚乱
いろいろなのが送られてきます

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/30

EBMとNBM

腰痛研究のオーソリティー菊池臣一先生が
「EBM」と「NBM」について書かれたサイトを見つけました
EBMとNBM
EBM(Evidence Based Medicine)とはデータに基づいた客観的医療をいいます
NBM(Narrative Based Medicine)とは近年出てきた考え方で
患者さんとの対話を通じて患者さんの語る「物語」(Narrative:ナラティブ)から病気に至る背景を理解し
対話から生まれる信頼関係を重視して、そこから新たな「物語」を創造するという臨床手法だそうです

さらに菊池先生はEBMとNBMの統合の必要性を説かれます
エビデンス(科学的合理性)の必要性についてはいうまでもありませんが
ただ現場においては生の人間が患う病気やケガを対象としている以上
科学的合理性だけでは対応できない場面もあり
そのギャップを埋めるためにNBMが補うという性格のものであり
あくまでもEBMとNBMは対立概念ではないということです

病院だけに限らず我々のような民間療法においても信頼関係は不可欠なことはいうまでもありません
いや、むしろ我々の方がひとりにかけられる時間も長く
より「物語」を聞くこともできます
「物語」を聞き相手を理解することから始まり
エビデンスを前提とした、これから先の「物語」(方針)をふたりで語り合い
高いレベルでの自然治癒力を引き出すことができたら
最もスムーズに「物語」の終わりにたどり着けそうな気がします

それと・・・
身体は嘘をつきません
本人の意識にかかわらず身体の変化は正直に現れます
もしすべての物語を聞く途中で意外なところにヒントが隠されてることもあります
簡単に症状を聞いているだけでは出てこない話もあります

このサイトを見てもなるほどと思うことはいくつもあります
意外とこういう考え方が整体院の運営には不可欠な要素だと思うのですが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/29

夢KAN

先日壱六庵さんに出かけたときまた別の蕎麦屋さんの名刺をいただきました
話によると本格的な蕎麦を打たれるそうですが少し変わった感じのお店だそうです
「変わっている」というフレーズに弱い私はB型です(笑

日を改めて自転車で向かった先は「うどん亭瀬戸香」さんのすぐ近所、昭和町の駅のそばでした

Photo
    夢KAN

以前は「夢カン倶楽部」と名乗っておられたようですが現在は「夢KAN」だけのようです
看板からしてなんとなく変わった雰囲気が漂います
レトロっぽいお店のなかに入るとカウンターが4席ほどあるだけ・・・
後からわかったのですが中に座敷がありそこでも食べられるようです

なんともいえない独特の雰囲気はカウンターの後にギャラリーがあるからでしょうか?
この日は壁一面にフエルト人形が展示されていました

「手打ちそばとおやきの店」ということなので野沢菜のおやきを注文しました

Photo_3

ピントが合っていないようですな^_^;
半分に切られたおやきの中から野沢菜が顔を出します
熱々のおやきをほおばるとそばの香りと野沢菜のシャキシャキ感が口の中でコラボします

Photo_4

焼酎の蕎麦湯割りにこれがまた絶妙に合う(^◇^)

Photo_5

Photo_6

色の綺麗な別嬪さんの蕎麦です
下町ののんびりした風情のお店の蕎麦と侮ってはいけません
シャープな感じの蕎麦です
香りもいいしのど越しがいい
値段の話はあまりしたくはありませんが
一枚500円で食べられる蕎麦ではありません

蕎麦つゆがしっかりとした味になっています
関西では甘さの強い蕎麦つゆが多い中比較的辛口に仕上がっています
これくらいの味のほうが蕎麦の良さを壊さなくていいと思います

ご主人やほかの常連さんと話が弾みます
とてもじゃないですけど初めて来たお店という感じがしません
敷居が高く感じるお店もありますが
ここのお店は独特の馴染みやすさがあります

・・・でついついもういっぱい

Photo_7

こんどは掛蕎麦

鰹だしがこれまたシャープに鼻をくすぐります
余分なものを排除したボクサーのような旨さを感じます

でもこのお店は評判どおり変わっていました
一度お店に入ると帰るのが嫌になる
そんなけったいなお店です
 
 
夢KAN
阿倍野区阪南町1-52-6
06(6623)0757
営業時間:11:30~20:00
定休日:水曜日

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/28

Bless you

アメリカではクシャミをしたときに周りの人が「Bless you!」というそうです
「God bless you!」が正式な言い方だそうですが
「神のご加護を・・・」という意味です
クシャミをするとき魂までが飛び出してしまいそうなのを揶揄してこのような表現になるそうです

世間では花粉症が猛威を振るっているようです
今朝なんかもバイクで颯爽と走るお兄さんが両方の鼻の穴にティッシュを詰め込んで通り過ぎていくのを見ました
バイクだからいいかもしれないけれど、あれで電車は乗れんだろうなと思わず笑ってしまいました
先日から空気清浄機のセンサーが敏感に反応しすごい勢いで運転を続けています
花粉症が治ったと思っていた私にも花粉は容赦なく襲い掛かります
ドアの開け閉めの後しばらくすると花がムズムズ・・・
ころあいを見計らって ハクショ~~ン
もちろん誰も「Bless you!」とは言ってはくれません

この程度で済む私はまだ「神のご加護」の恩恵を受けている方なんでしょう
目をウルウルさせ、赤い鼻で、まさに魂まで抜け出したかのような表情の人を見ると
「Bless you!(神のご加護を)」こう言ってあげたくなります

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/27

そば切り 壱六庵

先日初めて訪れた「そば切り 壱六庵」さん
ひょんなことからあるジャズバーの電話番号を調べようと検索していると
某ジャズバーのHPになぜか「壱六庵」さんの名前を発見
そういえば前回行ったときもBGMはジャズが流れていたような気が・・・
なんとなく縁を感じてもう一度出かけました

今回はおろしそばを注文

Photo_3

九割の蕎麦はシャキシャキしていて歯ごたえもいいですね
なんでも群馬産の辛み大根だそうですが、やっぱり辛い
辛み大根だから当たり前ですけど
最近甘みのある大根ばかり食べていると、ここまで辛い大根に懐かしさを感じます
本来ならば辛口の日本酒いただきたいところですがここは辛抱(笑

ご主人にお話を伺うとジャズバーのオーナーとはお友達だそうで
この日もステキなジャズが流れていました
帰りにライブのスケジュールと別の蕎麦屋さんの名刺をいただきました
楽しみが増えそう(^◇^)

近場のちょっと雰囲気のいい蕎麦屋
またもやいい隠れ家を見つけました

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/03/26

もうすぐ

咲くかな?

Photo

神社の桜もつぼみが膨らんできました

Photo_2

毎年この時期になると登場する春蘭です
こちらはほとんど咲いているようです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/25

矛盾

久しぶりにマクドナルドのハンバーガーを食べました
何年ぶりのことなんでしょう?
おそらく2年くらいは食べた記憶がありません
むかしは好きでよく食べたもんでした
お昼ごはんとして家族でドライブスルーに行ったり
待ち合わせでマクドナルドを利用したり・・・

マクドナルドだけではありません
ケンタッキーフライドチキンも数年間食べていません
嫌いというわけではありません
むしろ鶏のから揚げはうどんでも大好きなトッピングのひとつですから

だんだんこれらのファーストフードから遠のいていった原因は「油」
たいていのファーストフードでは「トランス脂肪酸オイル」を使用しています
ミスタードーナッツのHPでもトランス脂肪酸オイルについての説明がなされています
マクドナルドでも2003年2月までに全米13,000店での使用の油脂を
トランス脂肪酸の少ないものに代えたということですがこれはアメリカでのお話
日本ではその動きはないようです

トランス脂肪酸オイルとは植物油に水素を添加して分子の構造を変え
動物性油脂のような固形にしているのです
悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させたり
大量摂取により動脈硬化など虚血性心疾患の危険性があるといわれます
世間ではこのようにいわれ世界的にも使用を禁止したり制限する動きが高まってきています
日本の厚生労働省は日本人のトランス脂肪酸オイルの摂取量は少ないので
今のところ問題はないという説明をしています

こんなことからファーストフードを利用することもだんだん少なくなりましたし
トランス脂肪酸オイルの代名詞のようなマーガリンを使うことも無くなりました

でもね・・・
困ったことに我々が知らないだけで各所でトランス脂肪酸オイルが使われているようです
なにもファーストフードだけの問題じゃないんでしょう
現にこの記事を書きながら食べているポテトチップにも使われていそうな気がするんですよ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/24

うさみ亭マツバヤ

そのむかしいなり寿司のあげをうどんに入れてみたら美味しいだろうな
こんなヒントできつねうどんという大阪では定番中の定番メニューができたそうです
そのお店が「松葉屋」という屋号の老舗
今は三代目で「うさみ亭マツバヤ」という屋号になり
今もその味を引き継いでいます

Photo

南船場という商売人の古い町はもっとも大阪らしい雰囲気を今も残しています
老舗のうどん屋にふさわしいつくりはノスタルジックなテーブル、カウンター
トイレに向かう階段にいたるまで「むかし」をそのまま残しています
レジに置いてあった五つだまのそろばんは今も現役で使われているのでしょうか・・・

きつねうどんがこのお店の「売り」ですけど
もうひとつの人気メニューがかわっています
「おじやうどん」と呼ばれる他ではお目にかからないうどんです

Photo_2

黒光りした南部鉄瓶には穴子・シイタケ・鶏肉・うすあげ・かまぼこと具沢山
ただの鍋焼きうどんかというとまったく違うのが「おじや」
「おやじ」ではありません「おじや」です(笑
「おじや」とは大阪でいう雑炊
つまりはうどんの下にはご飯が隠れているのです

Photo_3

あまりの熱さにレンズも曇ります

Photo_4

もう一度撮りなおし・・・
ご覧の通りご飯はしっかりと入っています
一般家庭でこれをやるとなんとなく横着な感じもするでしょうけど
老舗の味でこれをやると素晴らしいメニューになります
これも大阪人の合理性を重んずる精神とマッチしているからこその人気メニューなんでしょう
あえて弱点があるとするならば量が足りないときにご飯を注文しにくいことでしょうか(笑

最近、讃岐系ばかりを食べているので
大阪のうどんの柔らかさを感じます
ダシが命の大阪うどん
薄口の味付けにしっかりとしたダシの香りが口に運ぶスピードを速めてしまいます

Photo
         きつねうどん口伝

二代目の宇佐見辰一氏が書かれたきつねうどんの本です

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/03/23

劇場に行こう!

Gekivol5

今回は関西ジャズ界の重鎮大塚善章さんのライブ
「劇場に行こう!」「花咲かじじい 浪華びとジャズ倶楽部」ということで
そごう劇場に出かけました
こんな大きな箱でジャズを聴くのは初めてのことです
「スーパー・ハード・バップ」というジャンルのジャズを楽しみました
私もほとんど意味がわからないのですが・・・^_^;

Photo_5

開演中は写真が撮れないので始まる前に一枚パチリ

ゲストボーカルとしてスージーこと黒岩静枝さんが出演
いつもの力強いボーカルは次第に観客の心を動かしていきます

Photo

私もスージー親衛隊として還暦記念のTシャツを着て声援を送ります(笑

前半部分では観客席とステージの距離感を感じましたが
だんだんと空気が動いていきます
このあたりの雰囲気作りはさすがですね

4月6日には万博記念公園で
5月16日にはここそごう劇場でと
2ヶ月連続で大きなステージで関西のファンを魅了してくれます

Photo_2

その後また弁天町からの夜景をバックに話が盛り上がります
毎回、修学旅行の学生のように深夜まで熱い話は続きます
あと少しで夜が明けるという時間でお開き・・・
また来月も楽しみにしています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/22

One Day

ある一日・・・

朝ごはん
Photo

なか卯「てんぷらうどん」
タピオカが入っていようと有科調であろうと朝からうどんが食べられることが何よりうれしい

Photo_2

近鉄百貨店の催事の「翁達磨」さん
やっぱり並んでました

Photo_3

これで「麺食いの足跡」200件目のエントリーです

Dscf0764

Dscf0765

高橋名人は打ち合わせ中

Photo_4

ところで・・・
Photo

もりそば1人前110g
たいていのお店が同じような量だと思うのですが
110gで足りるはずがありません
うどん屋さんでは250g~300g程度のお店が多いというのに・・・
「釜たけうどん」さんの生醤油なんかは500gの量があるのに
不思議です

物足りないので・・・
Photo_5

すぐ近くで売っていた「焼肉コロッケ」も食べました

そして夜
Photo_6

久々の弁天町の夜景

Photo_7

うわ~~ムチャクチャブレとるやないの(;´Д`A ```
せっかくの美味しい料理が・・・

ベイタワー磯風のみなさんごめんなさいm(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/21

中華工房 龍馬

ブログのネタを考える時間はなくても食べ歩きをする時間はある
この大きな矛盾を抱えつつ、しばらくはこのパターンが続きそうな予感がします
適当に書いているようでも真面目なネタのときは下調べをしてから書いております
いい加減な情報を発信してご迷惑をかけるわけには参りませんからな(´-`)
その点食べ歩きのネタならば感じたことをそのまま書けばいいので比較的楽ですわ

・・・というわけで今日は今年初めての来店
地元瓜破にある「中華工房 龍馬」
いつも食べているのはおじいちゃんの代から続く味噌ラーメン

Photo_4

時として麺の硬さが変わったりスープの味が微妙に変わったりすることもありましたが
今回の麺はちょうど好みの茹で加減です

Photo_5

この店自慢のニラみそを入れると味が引き締まります
汗をかきながらこのラーメンを食べ続けて二十数年・・・
(途中のブランクも長いですけど)
ずっと変わらないでいてもらいたいですね
 
 
ああ。。明日も食べ歩きのネタになるんでしょうな(笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/20

踊るうどん

「踊るうどん」さんを訪れるのもほぼ1年ぶり
行きたいお店はたくさんあるのになかなか行けないものですね
昨日は強烈な雨と風
駅に向かう途中傘が壊れてしまいサッパリわやや(;´Д`A ```

千林商店街から京阪滝井までは壊れた傘を恐る恐るさしながら向かいます
お店の中は団体さんでにぎわっています
過去2回はぶっかけを食べたんですが今回は釜たまを注文
水で締めたうどんもプリプリだったので釜揚げで食べたらどうなるのか興味津々です

Photo_2

メニューを見ると舞茸のてんぷらがメインになります
過去2回も舞茸を食べたので恒例により舞茸天かまたまにしました(笑

Photo_3

麺を食べたとき はっきり言って後悔しました
「なんでもっと早くこれを食べておかなかったのだろう」
想像以上のモチモチプリプリの麺です
ぶっかけがキレのいいタンゴなら
この釜たまは優雅に踊るワルツのようです
すごくステキな「踊り」です

クリスピーな舞茸天と絶妙のコンビネーションですね
今度来るときはかけうどんも食べてみたいです
もっと来よう・・・(´-`)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/19

伸張反射

伸張反射とは・・・
何らかの原因で筋肉が伸ばされたとき筋紡錘からのインパルスが増大し
α運動ニューロンを興奮させ伸ばされた筋肉が収縮することをいいます
簡単に言うと急激に筋肉が伸ばされたとき筋肉が切れないように自ら縮むことなんです
膝のお皿の下を叩くとピンと膝が伸びるのも伸張反射がその理由です

ストレッチをするときむやみに行うと伸張反射がおき突然筋肉が縮んで傷害にいたるときもあります
例えば疲れきった腕に対して無理やり手首を伸展しようとすると
こんなことになるおそれもあります
Photo

肘まで激痛が走りました(;´Д`A ```
十分お気をつけください

なんでも実践するのがモットーです(爆

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/03/18

お気に入り

K3100005


何気なしに撮った朝の大和川の風景です
いまさらですが撮影したのは元日のお墓参りの途中・・・
寒々した空からさす朝の光が水面に映ります
自分で言うのもアレですけど上手く写せたと思います(^◇^)
携帯のカメラもいいもんです

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/03/17

いつもここから

わからないことがあったら基本に立ち返るのが一番ですな

Kaibougaku

静岡のM先生 ありがとうございました
けっこう楽しんで読んでいます

・・・でも読まないといけない本がたまってきた(積読
 
 
 
Tanuki

基本といえばこちらも基本・・・
釜揚げうどん 桂ちゃんの「たぬき」
人が作るものは二度と同じものはできません
何度も食べているはずのこの麺がいつもよりもモチモチとした食感を見せます
これが手打ちうどんの醍醐味かもしれません
通いなれた者にしか味わえない喜びにちょっとうれしくなります

この日はテレビでやってた映画「UDON」を観て満足しながら床に就きました


Tukudani


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/16

飛散

Seijouki


空気清浄機がフル稼働です
ちょっとドアが開いただけでホコリのセンサーが反応します
道理で鼻がムズムズするはずです
相当花粉が飛んでいるんですね
花粉症の方はお気の毒です(;´Д`A ```

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/15

そば切り 萬零

先日、今川にある「そば切り 壱六庵」さんを訪れたとき
ほかにも近場で本格派の蕎麦を出されるお店をご紹介いただきました
ご丁寧に地図まで書いていただいて長居までたどり着きました

Photo_2

そば切り 萬零

ちょうど「釜揚げうどん 一心」さんからあびこ筋の反対側にあります
この付近もむかし通いなれた土地です

営業時間を確認せず出かけた6時からの営業時間よりも早くつきました
それでも気持ちよく中に通されて少し待たせていただきました
蕎麦打ち台は表通りからもよく見える造りになっています
店内はカウンターだけでこじんまりしています
なんとなく落ち着きやすいスペースですね

普通は二八蕎麦らしいのですが
限定の十割蕎麦の大盛りを注文
近場で美味しい十割蕎麦を食べることができたら気楽に来ることができますからね

Photo_3

まずは2~3本つまんでそのまま口に入れると
シャキッとした十割らしい食感が伝わります
噛むと蕎麦の旨みが広がります
ああ。。しあわせ~~(^◇^)

蕎麦つゆを含むとやはり甘みのある関西風
独特の鰹の風味は今までに味わったことのないそれです
2ヶ月ほど寝かしたというかえしはまろやかな味わいを見せます
なんでも以前は十割用と二八用でかえしを別々に作っていたというほどのこだわりよう
こういう強い個性を感じるお店は大好きです

Photo_4

シャレた容器の蕎麦湯です

Photo_5

今回はかなりサラッとした蕎麦湯です
でも旨みはしっかりと感じられます

このレベルの十割蕎麦を近場で食べられるなんてラッキーです
壱六庵さんと同様これからの楽しみが増えました

PhotoPhoto_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/14

Living Without Friday

一気に暖かくなりましたねぇ
着るものもずいぶん変わりました
マフラーも必要ありません

それでも三寒四温の季節ですからこのまま続くとは限りません
こんなときこそ体調を崩さないように用心した方がよさそうです
ウチでもここ一週間で急激に忙しくなりましたから・・・
早い目に確定申告を済ませておいてよかったと心から思う今日この頃です(笑

Photo
Living Without Friday 山中千尋

暖かくなると軽快なピアノの音色が恋しくなります
いつも自由な演奏で楽しませてくれる彼女のデビューアルバムです
中島みゆきの「砂の船」をアレンジした「A Sand Ship」も雰囲気抜群です
自由に大空を飛び回るカモメが描かれたジャケット
演奏もまさにそのイメージどおりです
脱いだ上着の分だけ心も軽やかになる
そんな季節にぴったりのアルバムかもしれません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/13

インターネットエクスプローラ 7

先日IE7をダウンロードしました
タブ切り替え機能も便利ですし、フィッシング詐欺に対する警告もしてくれるそうです

でもね・・・
Photo

こんなのがよく出るようになりました
ちょっと頻度が高すぎです
IEを立ち上げると半分くらいはこの画面がでます
PCの性能がついていけないのかな?
すぐにエラーが出てIEもシャットダウンするし・・・
Photo_2

私だけ?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/03/12

お買い物

いつも忙しくなるとブログのネタを考えている余裕が無くなります
食べ歩きネタが続くとき、音楽ネタが続くときは
「ああ、忙しくしているのだな」とお考えいただければ幸いです(笑

いつもネタに困ったときいいタイミングで現れるのが
このブログのレギュラーになりつつある柚香ちゃん
Yuzu1

今日もお母さんと一緒に来てくれました

Yuzu2

この日は粗品でもらったエコバッグに夢中

Yuzu3

どうやらお買い物ごっこになってきました

Yuzu4

お店で買ったものをバッグに詰め込みます

Yuzu6

ドラムを叩いているのではありません
買ってきた食材でお料理を作ってくれているようです
得意メニューはギョーザのようです

早く作ってよ お腹すいたから・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/11

そば切り 壱六庵

昨日のお話の続き・・・

リキューさんの個展を見て念願の孝助さんのうどんを食べて
自転車にまたがり家路に着く途中、駒川中野の駅の裏で「手打ちそば」と書かれた大きなのぼりを発見しました
慌てて急ブレーキをかけ引き返してみると、紛れもなく蕎麦屋さんがそこにありました

Photo

店の前にはメニューが貼られ
基本的には蕎麦のみでうどんの表示はありません
ご飯類や一品料理は豊富に書かれていました
うむむ。。これは本格的な蕎麦屋さんではあるまいか?
「壱六庵」という看板の左には「そば切り」の文字が・・・
どうやら間違いなく本格派の蕎麦屋さんです

怪しいオヤジは自転車にまたがり店内をしきりに覗き込みます
通報されなかったのが幸運というべきなのでしょうか?

翌日、出直しました
カウンターには数多くの焼酎や日本酒が並べられていました
私が一番好きな「七夕」もあるし、忘年会で飲んだ「きろく」もあるじゃないですか・・・
でも焼酎を飲んだら家に帰れなくなるので(笑
とりあえずざるそばを注文・・・

Photo_2
Photo_3

伺うと九割の蕎麦だそうです
道理でしっかりとした舌触りです
自転車で来れる範囲でこのレベルの蕎麦が食べられるとは驚きです
辛汁は関西風の甘さが強いタイプですかね

Photo_4

乳白色の蕎麦湯はトロトロです
かなり濃厚な味わいですね

ついついうれしくなって掛けそばも注文

Photo_5

九割だからこそできるかけそばです
甘汁の中でもへたった感じはありません
むしろ誇り高くシャキンとしています
かけダシも蕎麦らしくシンプル
潔さみたいなものを感じます
ネギも別で出てきます
細かい配慮はうれしいですね

Photo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/03/10

美章園にて

以前にも訪れた美章園のカフェ&アートギャラリー・エムズ
仕事を終えて自転車を飛ばして到着すると
「close」の札がかかっていました
それでもあつかましく中に入ると「どうぞどうぞ。。」とオーナーが招き入れてくれました
前回訪れたのを覚えていただいてたようです

Rikew8

リキューさんの個展「rikew works」が開催されています

無断ではございますが一部の作品です

Rikew2Rikew4

Rikew7

このほかにも楽しい作品がたくさんあります
詳しくはこちらをご覧ください

「また今度ゆっくり来ます」オーナーに告げてギャラリーを後にしました
美章園の近くで以前から気になっていたお店がこちら

Photo
手打ちうどん 孝助

夜に4~5回は足を運んだもののいつも営業している様子はありませんでした
ようやく営業しているのを見つけ中に入りました
聞くとご主人が事故にあわれてお昼の営業だけだったようで
夜の部は最近再開されたそうです

Photo_2

具沢山のぶっかけうどんです
生卵の甘みがいい感じです
通しあげの麺も細いわりにしっかりとしたコシ
職人気質のご主人は心斎橋の川福さんのご出身だそうで
喜久三亭川福さんのご主人とはもと同僚だったそうです
年季の入った職人さんの作るうどんはがっつりとお腹に染み渡ります

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008/03/09

蕎麦打ち

Photo

頂き物です
蕎麦とダシです

ある会社で蕎麦打ち会が催され、そこで打った蕎麦と、そこで取った蕎麦つゆです
はっきりいって素人の作ったものではありません

Photo_2

ここからは携帯のカメラなんで写りが悪いですけど
いろんな具をのっけてぶっかけにしていただきました

Photo_3

やっぱり香りがすごい!
ちょっと茹で時間が長かったかな?

Photo_4

一杯目は蕎麦とダシだけで楽しんで
二杯目からは具をのせていただきます
ダシも鰹の香りがプンプン
こんな贅沢な昼食は久しぶりです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/08

プラークコントロール

1月は歯周病に苦しめられました
結果的にわかったのは歯医者さんに行って歯周病といわれたときです
それまでは変な肩こりしか症状がなくて
また胃腸の調子でも悪いのかな?と思っていました
2月に歯石をとってもらい抗生物質の投与で歯茎の腫れは治まり
なんとか痛みもなくなりました

熱心に歯を磨いているつもりでも磨き残しはあるもんなんですね
やっぱり定期的に歯医者さんに行って歯石はとってもらうべきです
「あなたの歯はとても丈夫です」
「だからこそ逆に歯茎で苦しみやすいタイプともいえます」
こんな風に言われました
確かに虫歯はさほどならないようですが
ここ10年ほど歯茎の具合が悪いときが多かったように記憶しています

どうしても歯医者さんといえばドリルで歯をギリギリいわせて削る
怖~いイメージが強かったんですけど
意外に行ってみると丁寧に説明してくださり
痛くないかしきりにたずねてくれます

昔と違い歯医者さんの数も増え、私たちの町では過当競争気味ですが
その分インフォームド・コンセント(説明と合意)もきちんとなさっておられるようです
ずいぶん昔に行った歯医者さんでは、何の説明もされないまま
麻酔を打たれ、私が状況を把握したのはペンチのような器具で親知らずを挟まれたときでした
せめて「親知らずを抜きますよ」のひと言がほしかった(;´Д`A ```

私たちにも同じことが言えそうですが
患者の立場で行くと不安がいっぱいです
出来る限りの説明が不安を取り除き勇気を与えることを身をもって体験したしだいです

今回は前回の残りの歯石を取ってもらいに行ったわけですが
まだまだこの歯は大事に使いたいですからね
歯が痛いとうどんすら満足に食べられないことを痛感しました(笑

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/03/07

ふぅふ~亭

東住吉税務署
Photo

はっきりいって「ムショ帰り」です

娑婆の空気を吸った後は腹ごしらえ

Photo_2

お店の写真を撮ったのに手違いで消去してしまった(;´Д`A ```

Photo_3

ぶっかけうどん

Photo_4

おろしたショウガやきざみネギテンカス、ゴマをのせてダシをかけます
初めて訪れた「ふぅふ~亭
初めてなのに落ち着くお店です
やや細い目の麺はしっかりしたコシですな
「中」を頼んだんですけどかなりの量です
でも瞬く間になくなりました(^◇^)

Photo_5

出所のあとは親分にご挨拶
これ業界のジョ~シキ(笑

Photo_6

ほんでもって出所祝い(爆

ご馳走様でしたm(_ _)m

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/03/06

3月6日

毎年この時期になるとバタバタしてて忘れてしまってることが多いんですが
3月6日は腰痛館を開業した日です
これでまる7年、今日から8年目の営業が始まります
考えてみたらよくつぶれないで残ったものだと感心してしまいます(笑

素直に皆様に感謝いたします
これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008/03/05

肉すい

先日新聞で某コンビニで期間限定で「千とせ」さんの「肉すい」が発売されるという記事を読みました
千とせ」さんとは千日前にある老舗のうどん屋さんで
斜め向かいにある「釜たけうどん」さんと行列の長さを競い合うほどの有名店です
千とせさんの名物は「肉うどん」です
むかし吉本新喜劇の看板役者である花紀京師匠が二日酔いのときに千とせを訪れ
「肉うどんのうどん抜きで・・・」とオーダーしたのが「肉すい」の始まりだそうです
洒落のきいたエピソードもあって「肉すい」は千とせの看板メニューになったそうです

で。。私は千日前に出かけるとどうしても釜たけさんの行列に並んでしまうので千とせさんは未訪問
「肉すい」が近くのコンビニで買えるなんて千載一遇のチャンス\(^o^)/

Photo

Photo_2

Photo_3

牛肉・ゆで卵・豆腐などがはいっています
お味の方はノーコメントということで・・・(笑

実際に千とせさんに行った方がいいみたいです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/04

ファイトケミカル

Photo

頂き物の落花生です
皮を全部むいて加工したものよりもこちらの方が好きです

Photo_2

栗と同様、剥いて食べる楽しみもあります
豆自体の甘みも楽しめますしね
落花生の渋皮にはレスベラトロールというポリフェノールの一種が含まれているそうです

先週ご紹介した「サクセスフルエイジングのための3つの自己改革」にもポリフェノールのことが書かれていました
なんとなく「抗酸化物質」のことだとは知ってはいましたが
ポリフェノールは「ファイトケミカル」と呼ばれる植物栄養素のひとつだそうです

ファイトケミカルとは・・・
通常の身体機能維持には必要とされないが、病気を予防したり健康を維持するのに重要と考えられる植物による化合物を指す
免疫系の機能を向上させたり、バクテリアやウイルスに対して作用したり、炎症を抑えたり、がんや循環器疾患などに対して治療もしくは抑制効果があるとされる
フィトケミカルの多くは果物や野菜の色素や辛味成分であり、抗酸化剤としても用いられ、体内では抗酸化物質として作用する。 例えばルテインはトウモロコシの黄色、リコピンはトマトの赤、カロテンはニンジンのオレンジ色、アントシアニンはブルーベリーの青のもとである
フィトケミカルには抗がん性を示すものも多くある

なんとことがWikipediaに書かれていました

現在わかっているファイトケミカルだけでも1万種以上あるそうです
結局はまんべんなく多くの野菜を摂取した方がいいようです
「これさえ食べたら・・・」という甘言に乗ってスーパーの棚を空っぽにする必要はなさそうに思います
ファイトケミカルは色素に含まれるということなので
色とりどりの野菜で食卓を埋めることが一番いい方法なんですね
 
 
落下生は食べだしたらやめられませんが
食べ過ぎて何度も胃を荒らした経験があるので
ほどほどにしておかないとね(´-`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/03

不意打ち

私のような慌て者がよくやるのが「空踏み」
別のことを考えながら階段を上っていて
もう上り終えたのにまだ階段があると勘違いして足を上げると
そこには階段がなくガクンと踏み外したようになってしまいます
こんなとき筋肉は無防備なわけで怪我をしやすく
骨折、捻挫、肉離れなどの原因となります

筋肉の伸長は無意識のうちにいろんなコントロールをしてくれて
足が地面につくときにも身体を守るためにクッションの役割を果たしてくれます
ところが「不意打ち」の状態になるとその準備ができず
怪我をする危険性が一気に高まります

疲れたときに身体を動かすと「どっこいしょ」という言葉がでますが
これも無意識のうちに身体をかばおうとして発せられる言葉だそうです
筋肉が疲労しきった状態になると脳からの命令どおりに動くことができなくなります
腰の筋肉が疲れきった状態で伸びにくいとき
椅子から立ち上がろうとして疲れた筋肉を伸ばそうとして、もし伸びなかったら・・・
筋肉は伸張反射をおこして反射的に縮み腰を痛めます
これがぎっくり腰のパターンなんですが
動かす前に「どっこいしょ」と掛け声をかけて
疲れきった筋肉に「これから伸ばしますよ」と先に連絡をしておいたら
多少は準備してくれるようです
「どっこいしょ」のひと言が無意識に出るのも
怪我をすることを身体が認識してこの言葉をださせるのです

今から怪我をします・・・
こんなことを考えながら怪我をするひとも珍しいとは思いますが(笑
怪我をするときには「不意打ち」がついて回るようです

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/03/02

麺屋 彩々

「ゆきの」さんに出かけるとき必ず駒川商店街を通ります
この界隈では昔から人気のある商店街で
スーパーマーケットが立ち並ぶ世の中でも依然として人通りが多いようです
そのなかで一軒のお店が気になっていました

Photo
麺屋 彩々

なんでも、元々は普通の中華料理のお店だったのが
昨年ラーメンの専門店に変わられたそうです
麺も自家製麺というから魅力的です

よく前を通っていたのに素通りばかりでしたが
今回はご自慢の味噌ラーメンを食べるべく足を踏み入れました
店内はテーブルを並べたカウンター席(?)オンリー
その奥にはアコーディオンカーテンで仕切られた製麺室が見えます
積み上げられた小麦粉の袋が期待をよりいっそう膨らませてくれます

Photo_2

Photo_3

読んでみると強いこだわりを感じます

Photo_4

見るからに濃厚な味噌ラーメンです
プラス30円でバターをトッピングしてもらいました

太目の麺は濃厚なスープとの絡みがいいですね
黒大豆で作る自家製黒味噌と二段仕込みの追麹味噌が売りみたいです
トロトロのスープにとても強いインパクトを感じます

Photo_5
レモン餃子も思わず注文してしまいました^_^;
レモンを絞ってそのまま食べます
薄い皮の中はやや濃い目の味付けになっています
これならタレをつける必要はありません

今度はこの麺で作る焼きソバも食べてみたいな
いや、鶏塩も食べたいな~~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/03/01

うどん居酒屋 麦笑

Photo

ここはJR森ノ宮駅・・・
もう少し北に行くと私が生まれた鴫野の町があります

『あなたはもう捨てたのかしら?24色のクレパス買って~♪』
昔懐かしい歌詞に歌われた『クレパス』は
(株)サクラクレパスの製品ですが
森ノ宮にあるサクラクレパスの本社をさらに進みます
Photo_2

余談ではありますが・・・
「クレパス」が製品名ということでかぐや姫は「神田川」をNHKで歌うことができなかったそうです
山口百恵の「プレイバックPart2」でも「真っ赤なポルシェ」がまずいといういことで
「真っ赤な車」と歌わされたんでしたな
融通が利かない放送は興ざめです
かといって融通を利かせすぎて事実を捻じ曲げるのも困りものですけど(笑

そんなことを考えているうちに目的地に到着

Photo_3
うどん居酒屋 麦笑

「ばくしょう」ではありません「むぎわら」と読みます(笑
去年オープンして評判の高いお店です
単純にうどん屋というのではなく「うどん居酒屋」ということで
居酒屋メニューも豊富です
つい気を許してビールを注文してしまいました^_^;

Photo_4

生醤油うどんにちくわ天をトッピングでオーダーしました
薬味が3つの器に別々に用意されています
大根おろしを一緒に入れると濡れてしまうからなんでしょう
細かい配慮がうれしいです

Photo_5

麺がツヤツヤしてます
期待が高まります

Photo_6

薬味とトッピングのちくわ天をのせて醤油をかけます
麺を食べると噂にたがわず伸びのあるプニュプニュしています
強い弾力性としっかりしたコシを兼ね備えた麺です
病み付きになりそうな口当たりです

ちくわ天もカリッしてて食感も抜群
甘みのあるちくわですね

ご主人もフレンドリーな方で気さくに話しかけてくださいました
「お店に入ってきたときにうどん好きな方とわかりましたよ」
「そういうオーラが出てました」
うっ。。さすがプロ・・・
見抜かれちゃしょうがあるめぇ~~σ(^_^;)
そりゃそうかもしれません
初めてのお店に入っていきなり厨房がよく見えるカウンターに陣取り
鋭い目つきで中を見渡す
しかも写真を撮り始める・・・
考えてみれば怪しい客です(爆

ビールもいただいたので気さくなご主人との話も弾みます
なんとなくはじめて来たような気がしなかったのは
ご主人の人徳なのかも知れません

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »