« 仕事の目的 | トップページ | 磯仁 »

2007/11/09

POESIA

久しぶりに民族楽器のお話です
「アルパ」と呼ばれる楽器があります
別名「インディアン・ハープ」とか「ラテン・ハープ」とかいうそうです
一般的なアイリッシュ・ハープがゆったりとした優しい音を奏でるのに対して
アルパはしっかりした明確な音がします

Essay1_2
日本で有名なアルパ奏者の上松美香さんです

Photo
POESIA 上松美香

琴の調べにも似たアルパの音色は日本の愛唱歌にぴったりです

1. 浜辺の歌
2. おぼろ月夜
3. 赤とんぼ
4. ロンドンデリー・エア
5. 故郷の空
6. 早春賦
7. 夏の思い出
8. 埴生の宿
9. 峠の我が家
10. 椰子の実
11. ふるさと
12. 花
13. 荒城の月
14. さくら
15. アメイジング・グレイス

曲目をご覧いただいても懐かしい曲がそろいます
久しぶりに聴く優しい音色の優しい曲
癒されること間違いなしです

|

« 仕事の目的 | トップページ | 磯仁 »

コメント

こんばんわ!
アルパっていう楽器ですか。
初めて聞きました。
しっかりした明確な音が出るのですね。

投稿: うさうさ | 2007/11/09 22:53

私もはじめて知った楽器ですが
キビキビした音色で心に深くきざまれる感じでした(´-`)

投稿: ひろ | 2007/11/10 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47311/17012477

この記事へのトラックバック一覧です: POESIA:

« 仕事の目的 | トップページ | 磯仁 »